中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

得意料理をその季節にも合わせて食べるには、東光飯店新館がよいかもしれない。

2020-01-21 07:22:40 | 香港路

この時期の季節として「特製牡蠣の鉄板1800円」が出されていたハーフで頼んでも8子程度は行っているはずだからこれを基本に、「アサリの(トウチ)炒め1300円」・「蝦夷アワビ冷菜1800円」を組み合わせ、「豚角煮2000円」で箸休め、最後はスパイシーな「ソフトシェルクラブ(カニと唐辛子の炒め)1800円」で仕上げれば、4人で愉しめる。割り算しても、2500円程度、5品でこの価格、意外とアラカルトでまとめるのも楽しいかもしれない。その場合お薦めの店である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数名でランチメニューのみで楽しみたい おすすめ② 2014

中華街でランチをシェアして楽しむ店

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 私が中華街で食べ放題ですす... | トップ | 龍城飯店でも魅力的な「上海蟹... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

香港路」カテゴリの最新記事