シルバー・アスリート日記

冬は全日本マスターズ・スキーレーサー、夏はウルトラマラソンランナーのシルバーアスリート日誌

ウルトラマラソン完走は、生涯消えない目標と輝きだ。

2020-11-02 11:01:17 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

ウルトラ・マラソンを走る動機はなにか?

ウルトラマラソンに参加するのは、年齢と共に大変になる。
シルバーは、もうとっくに、80歳をこえた。



動機・目標を立ち止まって考えてみた。
高齢と自覚した、ランアスリート皆様、考えましょう。


1:フルマラソンのランキング上げるために、
 その延長線上にあるのがウルトラマラソン。
 そのため、完走タイムをあげる。

2:ウルトラ・マラソンそのものを目標にする。
 完走回数をふやす。完走タイムをあげる。

3:完走10回の「タイトル」を獲得する。

4:高齢になっても、完走する。

5:超・ウルトラ大会、UTMB等の出場公認資格をとる。

6:1~4の複合。

若いころは、タイムをねらう、ランナーが多い。サブ10、サブ9、など。
走れなくなると、ピタッと競技をやめるランナーもいる。
完走を目標にする、ランナーが最多か。
高齢になっても、完走し続ける、ランナーもいる。

シルバーの目標は、

2:の完走回数を上げる、だったが、最近は
4:の高齢になってもウルトラ・アスリートでありたい、
と思うようになった。

だが、13時間終了の100㎞は、もうできない。
いや、15時間ならできそうだが。

来年は、せめて50㎞大会は、完走したい。

H26年(2014年)78歳が最後の完走。
乗鞍山大噴火のニュースを、大会当日、
大覚野峠を登り切った42㎞地点で、聞いた。

H26年(2014年9月)秋田100㎞大会

この78歳での完走記録は、いまだ破られていない。

写真:秋田杉の完走証、
66歳以上の完走者に与えられる、
A/3の賞状、
秋田こまち新米5kg、
と地酒の北鹿(ほくしか)1L

 

生涯の「どや顔」(お許しください)78歳で100㎞完走。

来年の秋田大会は、せめて50㎞の部完走したい。

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コロナ禍で大会皆無の、もやもやを、高水3山ラン・登山で、吹き飛ばした。

2020-10-08 12:05:17 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

 

9/27の秋田100㎞大会は、来年に延期。
その日に、仲間で、同じコースを、走ろうとなったが、参加できなかった。
コロナで、首都圏在住ランナーは、東北県には,来るなと言われた。

やむなし。

もやもやを吹き飛ばしたいと思っていたら、
SKI・登山仲間から、奥多摩登山をさそわれた。
「渡りに舟」。この誘いに、乗った。

千葉市・都賀発6:32に乗車。
2回乗り換えて、新宿 7:44発 奥多摩直通休日号に乗った。
青梅線御岳(みたけ)9:05着。
冷房車の中に1時間20分、いたら、身体が冷え切った。
持参の。お湯飲んで、身体温めて,ようやくスタートした。

みたけ駅(約SL250m) 9:20スタート。
惣岳山(SL756m) 11:18着
岩たけ石山(SL793m) 12:21着
同 休憩 13:27 発
高水山(SL759m) 13:54 発
軍畑(約SL240m) 15:41

計 6時間21分

写真:みたけ駅から、高水3山経由、軍畑(いくさばた)みとり図

写真:みたけ駅から、登り始めた場所に、ご神木ひのきの大木、樹齢500年か?

 

写真:3本の御神木、友人が小さく見えるほどの、桧木大木

真:岳かんばは、この大木1本だけ。この他、杉も1本しかなかった。

 

9/13に高尾山を歩いたが、
コロナにもかかわらず、登山者、ランナーで、混み合っていた。

高尾山を敬遠して、青梅線のみたけ山地区に行った。
登山者も、ランナーも、多数いたが、高尾山の、1/10程度。

みたけ駅から登りになり、樹齢50年ぐらいの、見事なヒノキ林が、つづいた。
間伐が行き届いた自然林と植林の混在。
気温が低いせいで、風は涼しく、心地よい。
広葉樹林もあったが、このコースは、ずっとひのき林がつづいた。

秋田県北部で、トレランをしたが、植生がまったくちがう。
杉、くるみ、岳かんば、トドマツ、こめつが、ナナカマド等がない。

これだけの、ひのき林は、初めてみた。
岳かんばが1本、杉も1本しか、見あたらなかった。
植物も、ふき、みず がまったくない。
この高山に、ヒガンバナが、2本あった。

シルバーにとっては、不思議な、植生だ。

コースも、ひのきの、根がコースに張り出していて、きわめて歩きにくい。
急登、急下り、が多く、ランなら、慎重に行動すべきだろう。
雨なら、ひのきの根はすべるので、要注意だ。

だが、千葉にはない、山と空気がすばらしい。

ゴール後、時間あったので、
青梅線の青梅と立川の中間の河辺(かべ)で途中下車。
ビルの中にある河辺温泉の生ビール半額サービスで、打ち上げした。

千葉までは、約3時間かかり、乗り過ごす心配で緊張した。


あずましい(秋田弁、心地よい)ランだったす・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9か月ぶりに、JRに乗り、高尾山一丁平往復「ラン・まがい」をした

2020-09-24 16:20:51 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

コロナ禍で、自粛していたが、9か月振りに、「ランまがい」した。
高尾山を軽く登るだけ。

千葉から、JRにのるのは、9か月ぶり。
仲間ランナーとは、タイミングが合わなくて、初心者をさそった。

高尾山口から、高尾山頂上は通らず迂回する、トラバースルート経由。
「一丁平」を往復するだけ。
バーナー・コンロ、ビール、ワイン、スパゲッティ―、枝豆、水2リットル、持参。
荷物約7kg。

トレランではなく、「ハイキング」レベル。

だが、山の中、を「歩く」だけでも、心が躍る。

高尾山口、朝10時30分発。
曇り、雨が降りそう。

尾尾山頂上にへ行く6号ルートには行かず、トラバースルート。

コロナだから人はいない、と思いきや、登山者がいるわいるわ。
だが去年の11月に来た時のような、「外国人」は、まったくいなかった。

高尾山頂上横位置まで1時間半。
雨になった。

一丁平に、13時15分着。
付近の、ベンチでは、登山者が、大勢飲食していた。

ウエアーは汗と雨でぐっしょり。
ハイキングレベルだとの油断。シャツがもめんだった。

スパゲッティをつくり、
枝豆、ちーず、スモークベーコン、350ML ビール2本。
いつもは、景信山往復なので、こりゃー楽だ。
コーヒーまで、沸かしてのんだ。
時間たっぷりと思い、
油断したのか、
気づいたら15時になっていた。

15時15分、下山開始。すでに、うす暗い。
ガスがかかってきた。
桧木の根が、複雑に広がる急な下り。転倒すれば、大けがだ。
初心者の、スピードがあがらない。
日没は17時45ふんだ。
初心者とはいえ富士山登頂経験者、の荷物をチェックしたら、7㎏ある。

シルバーの荷物は5㎏、初心者に荷物背負わせたまま、歩くと、
日没前に、高尾山口には到着は無理と予測した。
やむなく、2人分、背負った。

2人分で12㎏はあるだろう。片手では、背負えない。
こんな重量では、はしれない。

初心者を、を待ちながら、止まり、止まりあるいた。
16時30分になっても、まだ高尾山の横の、トラバースいちだ。
おやっと、思ったのは、この時刻に、登ってく登山者がいるのだ。

曇りで、霧雨なので、日没より、早く、暗くなる。
ヘッドランプ、手提げランプ、何も持参しなかった。
大きなミスだ。

後ろの初心者を気遣うので、飛ばせない。焦る。
残り1㎞で、元気の良い、女性に追いつかれた。
この女性について、12㎏せおって、急下りを走った。
女性のおだてに乗って最後の急登山路をはしった。

高尾山口最後の50mの階段で、ふーっと腰が砕けた。
尻もち寸前で、手すりにつかまり、身体をたてなおした。

写真:

高尾山登山口、16時55分ちゃく。
追いつかれた、女性と同行の男性と、高尾山口にて。
シルバーは荷物2人分持っている。

腰砕けは、しっかりこの女性に見られた。

写真:

高尾山口の、ケーブルカー駅16時56分着。

17時発頂上行きの発射ベルが鳴る。
ビアガーデンが営業していルトいう。飲み放題2500円だとか、
登山者がいたのは、これか・・・。

この後、最終下山列車は、山頂21時発。

写真:

高尾山温泉のレストランで、焼きそばと生ビールはおいしかった。
同行の初心者、追いついてきた若いすてきな女性および、同行の男性。
この二人は、武蔵五日位置駅から、トレランしてきた、という。
女性は、マラソン・ランキング、毎年10位以内だという、素敵なランナー。


同行の初心者も10分遅れで、到着。よくがんばってくれた。
日没前に、けがもなく下山できた。よかった。
反省の多い、「ランまがい」高尾山だった。
だが、久々の、信号のない、山道を歩けて、心は満たされた。
コロナ禍の最中なので、久々の、山はストレスを和らげてくれた。

初めての高尾山温泉に入り、
温泉レストランで生ビールと、
日ごろ塩分制限のため、食べられなかった、やきそば。
今日は、「ごほうび」の
「あこがれ」のヤキそばが、本当においしかった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月11日、太陽ぎんぎらの猛暑日だったが、定例のラン・フォームチェック撮影した。

2020-09-06 11:41:43 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

 

コロナ禍、かつ猛暑に耐えねばならない、ランが続く。
定例のランフォームチェックをした。

シルバーの年齢も含め「高齢者」は、
猛暑の日は、エアコンを26℃以下にして、
部屋にじっとしていろ…、
とNHK、他TVで絶叫している。

毎年、自分のランフォームをチェックするため、ラン動画を撮ってもらう。
ヤクルト配達の「お姉さん」に撮影をお願いしている。

①頭の上下、左右の揺れ、

②脚をまっすぐ振出し、

③腕の振り、きっちり肩甲骨を動かしているか、腕を左右に振らない、

この3点のみでもチェックしたい。

突然、双方の都合がつき、
8/11に、撮影となった。
13:30、ウオーミングアップなしで、突然の撮影。
少し危険を感じたが、実行した。

気温35℃、室内でも、35.3℃。
路上は42.4℃。

風もなく、快晴、じりじりと暑い。
道路に瀬している、足の裏が、暑くはないが、暖かい。

1本目、3%の勾配道、往復、125m×2=250m、1分16秒。
約5分/㎞、約30秒/100m

休憩なしで、

2本目、3%の勾配道、往復、75m×2=150m、37秒。
約4分7秒/㎞、25秒/100m。

ウオーミングアップなしなので、
アキレス腱、大腿四頭筋等肉離れ、の危険があるので、
100%の走力は出せなかったが、かなりがんばった。
目がくらむぎんぎらの太陽光、
すぐに、焼けるような暑さに全身が包みこまれた。

だが、気持ちが良い。

この日の午後の千葉市は,
高齢者は、運動危険時間に屋外の激しい運動は禁止だった。

それでも、支障もなく、撮影はできた。
シルバーの年齢で、走るなんてしてはならない、
この動作ができることは、

両親からのDNA,家族の理解があるからだろう。

ラン撮影ができて本当に良かった。

マスターズ陸上競技、3000m、800mを続けてきたので、
急な動きに身体が、対応したらしい。

今年は、フル大会、陸上競技、何も大会が無いのが、淋しい。

この撮影のあと、通常の家事を実行した。
もちろん、熱中症の兆候は、まったくなかった。

すぐ牛乳2杯飲んで、その後夕方焼酎の炭酸割りが、うまーい。

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コロナ環境だからだろうか、歩行者・市民は、ランナーを、「暖かく見守る」なんて、ないと思い知った。

2020-08-21 11:59:03 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

コロナ禍で猛暑日のランは、やはり大変。

暑さも辛いが、「変な人」に出会うと気分が滅入る。

8/8のこと。15:00~16:00頃。千葉市内。
晴れ、気温33℃、暑い。
思い切って、14㎞ラン。もちろん単独。

歩行者と、すれ違った時のこと。

その1 1㎞地点

走りはじめは、風がここちよかった。
初めて、65歳ぐらいのらんなーとすれちがった。
シルバーはマスクなし、相手もマスクなし。
「今日は、すずしいですね」
「ん、そうだね」

その2 2.5㎞地点

細い道路から、市道の4m幅の歩道に出たとたんに、
自転車の全員マスクなし女子中学生6人がおついてきて、囲まれた。

「自転車は、歩道だめなんだよ」

「・・・・」

むっとした顔で、上級生らしい、かわゆいマスクなし中学生に、にらまれた。

その3 5㎞地点

風が止み、蒸し暑くなった。
同じ4m幅の歩道で、
ぶらぶら歩きの70歳ぐらいの、マスクなしのランニングシャツの、ジッコに追いついた。
いつもは、人から4m離れて追い越すため、車道に飛び降りてランする。
この日は、忘れて、このジッコの横をマスクなしで追い抜いた。

追い抜くとき、
「今日は暖かいですね」
「知らねーな、知らねーのに、話しかけるな」
「・・・・」

「走ってるから、偉いと思ってんだろう」
「そんなことはないですよ」

シルバーは、のろいとはいえ、ランだから、10mは先をラン続行。

「えらいと思ってんだろう、ばかやろう」
「・・・・・ばかやろう、ばかやろう」

「ばかやろう」の連呼が背中に、まとわりついた。

この、「イベント」のあと、さらに9㎞ラン続行。

 

 

マスクなしランナーにたいして、伊藤四朗俳優が、文化放送のスタジオで、
「マスクなしランナーに、しぶきをかけられ、きわめて不快」としゃべった。
と聞いた。

このジッコも、この俳優と、同一線上にいる。

一般市民から見ると、ランナーは、不快な人間なのだ。
市民は、ランナーを、「暖かく見守る」、・・・・なんてないのだ。

シルバーは、ずっと、考えながら、残り9㎞をランし続けた。

今後は、歩行者を追い抜くときは、4m離れて追い抜く原則をわすれない。
知らない人には、「はなしかけない」。

後味の悪いランをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランナーはマスクなしでは走るな…、との投稿。どうしたらよいのだろう、困ったなあ。

2020-07-22 16:30:16 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

コロナ・ランは続く。場所は、千葉市内。
エントリー済の大会は全て中止になった。
今年の大会はない。

だが、「エンジン・ボイラー」の火を「落とし」(ボイラ―の火を消す)てはいけない。
学校や職場が再開されてから、ラン最中に人とすれ違いは減少した。

このカテゴリーの中に、気になる投稿があった。
ラジオで、
伊藤四朗俳優が、荒息ですれ違ったマスクなしランナーに「怒り」を向けた、
という投稿があった、と言うのだ。

 

シルバーも、マスクなしランをしている。

今週7/21(日)に、いつものコースで14㎞ランした。

すれ違った人21人。
途中、3m幅の歩道があるコース6㎞を通過する。
この6㎞間は、人とは4m離れるようにしている。
歩道内では、すれ違い、追い越しはしない。
20cmの段差を車道に飛び降り、またとびのる。

今回は4回、飛び降り、乗りをくりかえした。

6/21のラン中、車道に飛び降りるとき、けつまづいて、転倒。
左ひざから出血した。
これが原因かは、定かではないが、右足首くるぶしの靭帯を痛めた。

2週間の休養になった。

先週ラン再開。
今週、7/21のランでは、21人とすれ違った。

14㎞中、残りの8㎞は、歩道のない、3m~4m幅の道路がある。
たまに、蛇とも出会う。

 

すれ違った人達の半分は、マスクしていなかった。
ランナーと4人すれ違ったが、全員マスクなしだった。

幅3mの田んぼ道、両サイドは1mの崖。
小学生・中学生5人とお母さんが、道一杯に、マスクなしで、広がって向かってきた。
崖の端に小さくなって、フリーズ。

 

 

犬の集団がきた。
6/21に転倒したときに、出会ったシェルティー犬たち5匹だ。

座り込んで、犬たちに「あいさつ」したら、
覚えていたのか、汗だらけの、脚、顔をたくさんなめられた。
若い女性の飼い主さんとも、「今日は何㎞ですか」などと、
ゆっくり話ができた。

この女性も、マスクはしていなかった。
気持ちが、ふーっと穏やかになった。

すれ違った人達に、いやな目線を向けられたことは、1回もない。

伊藤四朗俳優が怒ったのは、こころに嫌なことを抱えていたのだろうか。
ランナーではない人たちには、大いに気を使って、マスクなしランをしている。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

コロナ禍がまた、再興しており、かつ「くるぶし」違和感もあったが、14kmランできた

2020-07-16 11:53:28 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

7/15、3週間ぶりにランできた。
週に4回もランしたら、右足首くるぶし周囲が「チクット」痛くなった。
大会もないので、3週間もだらだらを決め込んだ。

3年前、右足首の「こう」を痛めた。
「足根洞炎」との診断。全治7か月。
恐ろしい、傷害だった。
この傷害で秋田100㎞を48㎞でDNFした。
これで、100㎞を引退する羽目になった。

久々に霧雨模様で涼しいこともあって、いつもの14㎞ランした。
だら生活だったが、体重も52.5㎞、BMI・20.5、に調整していた。

いつもの、3m幅の歩道4㎞通過は、人から「4m」離れる原則にのっとり、
20cmの段差を車道に飛び降り、飛び乗りを4回実行した。

だがコロナ真っ最中は、35人もの人とすれ違ったが、今日は9人だった。
やはり、仕事に行った人が断然多いのか。
テレワーク中らしい大きな体格の若者(33歳ぐらい)が、
7%の登りを、5分30秒/kmぐらいのスピードで、
小気味よく追い越して行った。

まぶしいほどのスピードだ。

もう一人、60歳台後半の、やや高齢おじさんとすれ違ったが、
シルバーと同じ速さだ。

いつもと同じぐらい「軽い」ランだと思い
内心「まだやれる心」だったが、
なーんだ7分/kmをはるかに超える、1時間45分のランだった。

いつも通り、最後の400mは、2分44秒で「飛ばした」。
これは、秋田100㎞コースの、
最後の鷹巣商店街を右折してから、ゴールまで直線の400mだ。

「キロ8」にもならず、なんとか、14㎞ランできた。
翌日も足首くるぶしは、静かにしていたので、うれしい。
走れるだけでも、喜びだ。


この頃は、TV で、シルバーより若い人が、
寝たきりの映像に目が行く。
シルバーよりはるかに若い72歳の人が、
脳こうそくで寝たきりになった。
コロナ予防体力増強のため、経口食を家族にたべさせてもらう映像だった。

いつものことだが、
その人達のことを思うと、ランできる有難さを噛みしめる。

「キロ8」でもよいのだ、その人達のぶんも走ろう、と思う。

キロ6分なんて「夢」を追うことはない。
今を大事にしよう。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

80歳過ぎても、ウルトラや、フルは走れる・・・・かな。

2020-07-09 11:02:13 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

何歳まで、ウルトラは走れるか。

80歳超えるとフルでさえ、難しい。
80歳になると、歩くだけでも、たいへんだ。

2019年度の、マラソンランキング。
フル完走した、80歳以上は、日本中で157人しかいないのだ。
80歳以上の完走人数。
80歳44人、81歳36人、82歳25人、83歳以上86歳まで22人うち最高齢86歳1人。




ウルトラ(フル以上)はエントリーするだけでも、気力がいる。
キロ4、キロ3半とか、若い皆様は、考えているようだが、高い目標は、よいこと。
だが、80歳超えるまで、走るのはたいへんですよ。

シルバーより高齢先輩からみると、「お主は若くていいのう…」と思うのだろう。

今を大事にしよう。

先日、右足くるぶしの周りが、「ちくっと」きた。
コロナ・ラン6km~14㎞を週に4回実行した。

人とすれ違い時は、4m間隔明けるため、
1kmの間に、歩道から20cm下の、車道に8回も飛び降り飛び乗った。

ちょっとした凹凸に、足を引っかけ、車道でべたーっと、転倒。
幸い、左すねから血が出た程度ですんだ、風呂ではしみて、いたい。

これが原因かどうかは、不明だが、翌日くるぶしに痛み発症。

3年前の、足のこう、足根洞炎の、再発だとすると、全治7か月になる。
これまでなら、ほっとくが、時期が悪い。

安全みて10日間もラン休み。
ああ、これが歳ということか・・・。
幸い、治ったので、ラン開始と思ったが、毎日風雨。

今日こそは、ラン開始だ。
1㎞、7分で走れればよい。
ゆっくりランの代名詞、「キロ8」にならぬよう、がんばってみるか。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャンピングカーシックハウスは、思わぬ重大なことに・・・・

2020-07-06 13:37:45 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

 

気ままランナー」さん、

あなたの投稿にコメント方法わからないので、あえてお知らせします。
楽しいCCライフに、水を差すようで、ごめんなさい。

 

シックハウスだとすると、重大な、後遺症をはらんでいます。
50年間後遺症で苦しんでいます。新建材からでる、「ガス」です。

連絡いただければ、私の経験開示します。
この投稿のコメントに連絡先入れておきます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

H29年出版の「秋田100キロマラソンに賭ける」の、ハイライトは「第14話」DNF部分・・・・

2020-07-05 10:58:31 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

「秋田100㎞マラソンに賭ける」の現在、その2

まえがき3頁、4頁、5頁を掲載する。

まえがきには、ウルトラを走る動機、なぜ秋田100㎞にこだわるか、を述べた。

初参加66歳から、約15年間の練習方法や、失敗を全18話にまとめた。
全国の、九州から北海道までの「秋田100㎞」を愛している、
「ウルトララン・ブロガー」さんに読んでいただいている。

シルバーの、もっとも気にいっているのは、
第2話初完走。67歳。
1月にSKIで、ふくらはぎの肉離れを起こした。
悪化して血腫ができたので、4月に血腫摘出手術を
実行して、6月から、練習開始。
第14話99.97㎞でリタイアー、77歳。
ゴール手前、30mで、競技終了の「煙火」が上がった。
ゴールの鷹巣交流センタ―内の、多目的トイレで、思いきり嘔吐を繰り返した。


医師からマラソンは、もう走れないといわれたが、初完走できた大会、第2話。
他の完走した大会より、DNF:リタイアー大会がわすれがたい。第14話。


秋田100㎞マラソンに興味ある方は、
連絡先は、この投稿の「コメント」覧、参照。

 

まえがき全5頁の、3頁

 

まえがき全5頁の4頁

まえがき全5頁の5頁

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

H29年に発表した「秋田100キロマラソンに賭ける」3年後の現在はどうなったか。

2020-06-28 11:49:06 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

ウルトラマラソンについて記述した書籍は、日本中に、9冊しか刊行されていない。
(2017/4現在)。

これは、少ないとの思いもあって、H29年9月に、シルバーのラン経験について述べた、
「秋田100kmマラソンに賭ける」を自費出版した。
出版から、間もなく3年になる。

作成した部数は、皆様のご支援もあって、残部も本当にわずかになった。

初マラソンは、高齢に足を踏み入れた、H14年66歳で参加した、
秋田100㎞
マラソンだった。
秋田100㎞マラソン大会は、66歳で完走すると「チャレンジ賞」を
いただけることを後日知った。

20年間若いウルトラマラソン先輩達のアドバイスをもらいながら、
練習して、82歳まで、秋田100㎞マラソン大会の100㎞の部のみに賭けた。

83歳から、50㎞の部に変えた。

当時より、ランナーも増えて、しかもランナーが若返っている。
高齢ランナーも増えている、とはいうものの
66歳以上のランナーは、大変な苦労をして、ウルトラに参加している。

高齢でなくても、連続7回参加して、ついに完走できずに、
50㎞の部に、変更した、複数のラン友が、シルバーの近くにいる。

「100kmウルトラマラソン」:2002年 夜久 久著
に記述されている古田利子さんは、
サロマ湖100㎞を15回連続DNFしている、とある。(2001年現在)
その後の状態は、不明だが、多分完走しただろう。

 

シルバーも、、連続DNFを何回も、味わった。
ものすごい努力もした。
66歳以上の日本中のラン仲間に、
シルバーの著書「秋田100㎞マラソンに賭ける」が、
参考になるだろう、との思いで、一生懸命・まじめ書いた。
初参加から、秋田地元の「北鹿(ほくろく)新聞」に投稿した記事を、
編集、少し加筆して出版した。
「第1話」から「第18」になった。

当時の文章なので、未熟な部分もあり、批判の余地はあるとおもうが、
新たに加筆した「話」以外はそのままにした。

「秋田100kmマラソンに賭ける」 表表紙と裏表紙

 

著書は筆者の「思い」を「はじめに」に書く。
「秋田100㎞マラソンに賭ける」の「はじめに」は全5頁あるが、

とりあえず2頁分のコピーを、載せる。

 

「はじめに」の第3頁以降は次回。

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2019年度全日本マラソンランキングが公表された。

2020-06-23 10:59:34 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

2019年度の「全日本マラソンランキング」が、
ランナーズ誌8月号(6/22発売)に公表された。

 

完走内訳

   2018年度    2019年度  
男性 296,547人    253,541人  ▲43,006人
女性  79,360人    59,506人  ▲19,854人
計   375,907    313,047人  ▲62,860人

対象大会数 80大会   68大会  ▲12大会

東京、名古屋、びわ湖 大会は、エリート選手のみの参加

完走人数は、62,860人で、▲16.7% だった。
大会数も80大会が68大会になった。

6年前の完走人数60,830人に戻った。

62,860人もの選手が、大会に参加・完走できなかった。

シルバーは、2019年9月22日の秋田100k大会50㎞の部、完走したので、
一休みと考え、3月の佐倉大会にエントリーしていたのみだった。
油断だった。
佐倉大会は中止になったので、2019年度は完走した大会は、皆無。

ランクインはできなかった、残念。

2019年度マラソンランキング表紙

ランナーズ誌8月号付録、通常7月号だが、今年は8月号になった。
(対象期間2019/4~2020/3)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2020年9月の秋田100キロ30回記念大会は1年延期になった、やっぱりかあ・・・。

2020-06-11 17:19:53 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

6月10日の、秋田HPの、内容はすごかった。

2020秋田100㎞30回記念大会は、1年延期し、2021年9月26日開催する、
まではいいのだが、

申込は、6/30まで、と出た。
え、来年の大会のエントリーが、(今年の)6/30まで?????

これは、「ミス」に違いない、だが、もし本当なら大変だ。
6/11の事務局にようやく電話がつながった。

HPの内容が誤り、と平謝りしてくれた。

6/11訂正公表のHPを下にコピーした。ご覧ください。

先日5月末に事務局に、今年の開催を問い合わせたら、
エントリーは待った方がよい。
6/10に開催可否を決定する、との回答を得ていた。
なので
、エントリーすれば、事務局の手間が増える、
と思い、待機していた。
何とか、冷静に対処できた。

 

  今年の目標大会は全て、中止になった。
  残るは、奥武蔵ウルトラ、8月に延期とあったが、どうなったか。

  多分中止だろう。

だが、練習はしよう。
モティベーションをどうやって、維持するか。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

6/13、「2020秋田100キロマラソン大会の開催可否決定」、に向けてモチベーションを切らさず練習している

2020-06-10 15:58:16 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

秋田100kmマラソン大会に向けて、
気持ちを切らさず、モティベーションを高めて練習している。
これは大変なことなのだ。

今年は、まだどの大会にも出ていない。

太平洋戦争中。
大日本帝国海軍の、戦艦、巡洋艦は
いつでもすぐ出港できるよう、
エンジンボイラー1基は24時間燃焼,「かまたき」状態にしていた、という。

全休してはいけない。
すぐにでも、大会に駆けつけられる心身状態にしておく。
最低でも、週に1回は14㎞ランをする。
家にこもりきりはいけない。

こもるばあいは、家族に対し「得点」かせぎ。

家事をせっせとやる。
庭手入れ、買い物、屋根の修理、エアコン点検、
自転車せいび、屋内の掃除、
家族にたいして「ゴマ」をするのだ。

いつもの14㎞ランをするのだが、日曜日は最悪だ、1回やったが、もう止めよう。
日頃みない、親子、家族ずれが、ぞろぞろ、
歩道や狭い、田圃道、林のの中にあふれかえっていた。

日曜日の夕方は避けて、
6/9(火)に14㎞ランした。
5%~12%の「峠」7か所設定。
秋田100㎞コースの89㎞地点の急登を想定。
気温29.6℃~26.3℃、熱い、マスクはしない。
キンキンに氷結した350MLペットボトル持参。

歩道のある道路は人から原則4m離れる。車道に出るということ。
狭い、歩道のない道路は、2mはなれる。
コンビニトイレはしない。
もちろんたちどまらない。

 

3m幅の歩道4㎞ラン。車道との高低差は20cm。
散歩者とすれ違い、追い越し20人。
追い越しは、人の3m手前から、車道にとびおりて、また歩道に戻ること8回。
車道は、後ろから車に追突されないように気をくばる。
ラン初はよ良いが、後半はつらい。

幅員4m以下の、田んぼ道、林の中道、計4㎞は、散歩者に声掛けする。
「2mははなれるので、ごめんなさい」・・・・と言いながら、追い越す。

 

このうち、未舗装道が100mある。
弱い風なのに、1.5mほどの、太い木の枝????がおちていた。
またぐか、蹴飛ばそうか、と思いながらちかずいたら、木の枝が、動いた。
青大将・蛇だ、藪に消えるまで、たちどまりだ。

幅員3mの狭く暗い12%坂。
40歳台、お姉さんがマスクせず、ゆっくり道路幅一杯にのぼっていた。
「すみません、マスクしていないけど、横通ります」。
にっこり笑って、「だいじょうぶですよ」と道を開けてくれた。
うれしい。

いつもは、1時間37分ぐらいだが、1時間46分もかかったが、達成感はあった。
ゴール後、顔を洗ったら、塩味がした、やはり、マスクランはむりだ。
熱中症にもならず、ランできた。

 

追い越し、すれ違い人数 計35人。
70歳以上の、散歩者0人
ランナー  0人、
危険スマホ、0人、
歩道自転車10台、
うち、ぶらぶら散歩20人(70歳以上は0人)。

学校がはじまったので、子供 0人、
気温が高いのと、週日のため、高齢者、子供は0だった。

 

最後の町内の7m幅道路400mは、0人。
いつもどおり、スパートランできた。2分33秒だった。

これは、秋田100㎞コースの、最後の直線400mコースを想定している。

過呼吸状態まで、スピードアップして走りぬけた。
熱中症にもならず、何とかいつものランができた、健康に感謝だ。

いつでも、フルはしれそうだ。
6/13には、あきた100㎞大会、開催可否が、秋田HPに公表されるという。
50㎞の部にエントリーしよう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2020/3/29開催だった佐倉朝日・小出メモリアル大会が、中止になり、参加賞が送られてきた

2020-05-20 09:19:35 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

今年は、マコロナ禍でラソン大会が次々に中止になった。

今年最後の、「ランキング」指定大会の、
「佐倉朝日・小出メモリアル大会」も例外ではなかった。

密かに、ランクインを、この大会に賭けていたが。ダメになった。

半ばあきらめながら、参加費6500円はどうなるか?と思っていた。
佐倉市の、大会事務局から、先週、意外な返信が届いた。

参加賞が送られてきた。

ビブナンバーカード、
参加賞Tシャツ、
参加賞のお茶、
3000円の CUO カード1枚。


ちょっとほっこりするではないか。
東京マラソンは、大会中止後何も、リアクションはなかったと聞くが。

 

このCUOで、5/22発売の、今年度のランキング付録のついた、
ランナーズ7月号購入するか。

 


2020/3/29開催予定だった、佐倉朝日・小出メモリアル大会の、参加賞
3000円のCUO カードが同封されていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加