イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

久々に登場、ストックポートで見かけた皮膚たるみ犬、かわいい!

2019年09月01日 09時00分00秒 | イギリスの犬
5年ほど前、ストックポート日報の連載が始まったばかりの時にも特集したことのある天下の珍犬種、だぶだぶ皮のシャー・ペイ Shar Pei


ああ、かわいい...

今回もまた、子犬です!
名前はキック。

かわいい...!

シャーペイ(沙皮)という中国語の犬種名で予想がつきますね、同じく渋い顔つきをしたチャウチャウと同じ、中国原産。
シャーペイというのは砂のような皮膚という意味の中国語だそうです。

成犬になったら紙やすりのような硬い短毛になるそうです。

中国古代からの犬種に西洋の闘犬、マスチフ系を掛け合わせた獰猛な闘犬として確立した犬種ですが、戦後中国の文化大革命の頃、元貴族や富裕な市民に飼われていた背景が中国共産党に毛嫌いされたため、中国本土ではほとんどすべてが殺されて絶滅したのだそうです。

ひどい話です。
香港で発見された生き残り200頭をもとにアメリカ人が繁殖に力を尽くし性格のおだやかなペット用の犬種として新しい犬種としてよみがえらせました。

日本ではまだあまり見かけないそうですが、イギリスではけっこう見ますよ。

ストックポートのタウンセンター、おなじみの景気の悪い通り、プリンセス・ストリートのチッピー(フィッシュ&チップスレストランのことをイギリスではこう呼びます)の外の席に座っていた若い女性の飼い犬です。



かわいい...!

毛布をかぶっているような柔らかい余分な皮膚が引っ張るとのびる、のびる!
たるむ、たるむ!

つきたてのお餅のようでした。



かわいい...!!!!

どうでもいいことですが、右側の男性は飼い主の女性と電話番号の交換をしていました。ナンパでしょうか。





シャー・ペイの子犬の皮のあまり具合は座っているときにより強調されます。
以前の記事のリンクを貼りました☟

座っているシャーペイ子犬の胴回りを取り巻く多数の「リング」に驚愕してください。

全身毛布をかぶっている!!イギリスで人気の珍犬種、シャー・ペイ  

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 懐かしい1990年代趣味の... | トップ | ストックポートのショッピン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石関@なかなか冷夏)
2019-09-01 11:03:32
そんなつもりはないのに、なぜーか悩んで困っているように見えてしまいます、シャーペイ。弛んでる皮は柔らかいのですね。
夫婦喧嘩は存在しない (浅井洋)
2019-09-02 19:01:13
文化大革命の頃 絶滅させられた との事

納得させられます あの頃の 中国は怖かった

イや 今も 表面上は 穏やかに見えるだけかも
浅井さんようこそ (江里)
2019-09-03 05:59:21
中国に事情に詳しい方ですか。
犬もとばっちりを受けた「反革命狩り」怖そうです。
今もいろいろありそうです。
石関さんへ (江里)
2019-09-03 06:04:10
闘犬系の犬はなぜかみんな憂い顔です。
子犬の皮は滑らかですべすべ柔らかいです。
成犬の皮膚は短い毛が固く、紙やすりのようと形容されていますが...さわってみたい!
堅いしわがきっちり寄り集まって流動性はなくなるらしい。
子犬のようにたるんでダブダブではないそうです。

コメントを投稿

イギリスの犬」カテゴリの最新記事