イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

ストックポートのショッピングアーケードに出現した、夏の終わりのレトロな海辺のファンフェア、追記。。。

2019年09月02日 09時00分00秒 | イギリスのキッチュ
海辺の雰囲気を盛り上げるリアルなカモメの置物....


観光客の手からアイスクリームやフィッシュ&チップスをかすめ取り、所かまわず糞を落とすイギリスの海岸で思い切り評判の悪いカモメ!

今回は先週の、ストックポートタウンセンターのショッピング・アーケードに出現したファンフェア(モドキ)の記事(リンクです☟)の追記です。
写真は金曜日と土曜日に撮りました。


ストックポートがキッチュな海辺の遊興地に!ショッピングアーケドに出現した小規模なレトロ・ファンフェア

もう一度読んでください。

海辺のムードにそぐわない、いかにもショッピングセンターに買い物に来たという身なりの通りがかりの人々がデッキチェアでくつろいでいます。


いえ、くつろいでいるというより、この頃はみんな腰を下ろすなりスマートフォンのチェックです!

ライドで遊ぶ子供たちを待つ親かもしれません。

ここ一週間、すっかり涼しくなりました。
8月の終わりは夏の終わり。

週明けの今日から新学期(新学年度)がはじまりました。
毎年、9月の最初の週の月曜日が新学年の始まりです。

でも、イギリスのほとんどの学校では昔から児童、生徒の初登校は火曜日か水曜日に繰り下げられているのが普通です。
なぜかというと、先生方の打ち合わせや設備のメインテナンス、検査などに週の最初の1日か2日目があてられるからなのです。

そういうことは夏休みのうちに(夏休みの最後の日にでも)やっておけばいいのに!と思いますよね。

イギリスのたいていの保護者もそう思っていますよ。
だけど、夏休みは教職員に保証された完全休暇期間なので1日も削るわけにはいかないのです。

....それはともかく、一時かなりの量の雨が降ったものの天気が回復、好天の夏休み最後の週末、例のしょぼいお子様ファンフェアを通りかかったのでまた何枚か写真を撮りました。

無料の砂場(free beach と看板が出ています)の角には、イギリスの海辺のレトロな風物詩、「顔ハメボード」


イギリスでは確か photo stand-in とか言ったと思います。
それにしてもショボい絵柄ですね。

しまりのない体形のお母さんと海水パンツが落ちかかっている(?)少年。いったい誰がなり切って写真をと撮ろうと思うのでしょうか。
ハワイアンカップルのサーフボードののり方も手の位置も思いっきり不自然です。

実際の海岸には憧れの筋肉もりもりのムキムキマンやピンナップガール、ユーモラスな太ったおばちゃんなどのレトロな絵柄のフォト・スタンド・インが用意されているはずです。

顔を穴に通さないよう、注意書きが書いてあります。



この対角の位置にはプリンセス・アリエール(リトル・マーメイド)のスタンドインがありました。


ディズニーがま版権のことで何か言ってこないのかって?
そもそも顔の部分が丸く抜けているのでこれは問題がないといってもいいのではないでしょうか。


いいえ、それどころの騒ぎではありません。


ティ―ポットに「ディズニー」と書いてあります。心臓に毛が生えているとしか言いようがありません。

ふてぶてしくも ディズニーの古典キャラクターに...


反対側には比較的新しい(それでも古典的人気の)カーズのライトニング・マックイーンとバズ・ライトイヤーが描かれています。


このカルーセルは上の息子が小さかった時から、20年来この場所に永久設置されています。


ね、前回ケロッグの登録マスコット、トラのトニー君が描かれたアイスクリーム・ヴァンの件で、キッチュ意匠では無許可のキャラクター使用がほとんど野放しになっているらしい」と、私が言ったのがわかっていただけたでしょうか。

トラ・ヴァンの側面に描かれたトニー君...ではないソフト・アイスクリームをもって筋肉をひけらかしてすごむ険悪なトラの存在に前回は気がつきませんでした...だれ?



前回、すべてのライドは50ペンス、と書きましたが、カン違いでした。
ほとんどが2ポンドでした。



これが同時進行の「ウィスタリア・ウォーク」のディスプレイです。




イギリスの盛夏の花ウィスタリア(藤)の造花の飾りつけがなかなか華やかなのですがさすがに9月になると季節感の欠如が気になります。

土曜日の午後4時ごろ、その日の「店じまい」をしているところに行き当たりました。




空気を抜いたヘルター・スケルター、タコスのように両側をおり上げた「ディズニー・ティーカップ」この後いたずら盗難対策をどうしたのかは見届けませんでした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 久々に登場、ストックポート... | トップ | ヘルター・スケルター 昨日の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イギリスのキッチュ」カテゴリの最新記事