何となく歩いた結果

デジカメを持って色々な場所に出没し撮影した写真を公開。最近は東京の夜と里山をメインテーマに撮影中。システム開発の話題も。

散歩写真 千葉市・昭和の森(1)

2014-04-30 13:19:23 | 散歩写真
4/28(月)ちょっとだけ昭和の森を散策。


ツツジが見頃を迎える。


今日はあらかじめマクロレンズを付けてきた、なのでドアップ写真多め。


こうしてアップにして見ると情熱の花って感じ。


こっちは純白のドレス。


鯉のぼりが上空で泳いでいる。


子どもたちも楽しそうだなー、天気もいいし快適な季節だ。

次回へ続きます。
コメント

散歩写真 みんなでしあわせになるまつりin夷隅(3)

2014-04-29 21:47:41 | 散歩写真
お祭りのメインストリートをちんどん屋がやってきた。子供の頃にはよく見たけどな。


このヤマハは昭和50年前後かな。昔は街道沿いでよく見た風景。


お祭り会場を離れ、いすみ鉄道国吉駅の周辺にある古い建物を探す。色あせたカンバンを拡大すると商店がずらりと並んでいるのが見える、やはり昔はかなり賑わった街らしい。


鉄道模型に使えそうなタクシー会社。


手前は昭和40年代頃の建築かな、民宿で商売が成り立ってた時代があったのか。その後ろはもっと古いな。


昔は商店だったろう、街道沿いによくある建築様式。


普通の民家かもしれないけど味がある。

昭和をウリにするにはちょっとインパクトが弱いかな、という感じはするけど、いすみ鉄道は昔のディーゼルカーを保存するのに熱心だし、もっと昭和で街を活性化して欲しいものだ。
コメント

散歩写真 みんなでしあわせになるまつりin夷隅(2)

2014-04-28 08:36:48 | 散歩写真
このお祭りの見どころは昭和の旧車の展示、旧車と言ってもスポーツカーじゃなくて普通に街中を走っていた車たち。


子供の頃に、駅前商店街にある商店の中にオート三輪がとめてあったことを思い出した。


「みんなでしあわせになるまつり」は、もともとは、宮城県栗原市で開催していたお祭りらしい。「お客様、運営者、商店街すべての関わった人たちが、一日を幸せな気持ちですごせますように」と願い名づけたらしい。


街のあちこちに旧車が展示されている、ナンバーが付いているので現役で走れるのだろう。


ガソリンスタンドの給油機は現役ではないが、昔にタイムスリップするための小道具として重要なポイント。


驚くほどシンプルな運転席。こんな車に乗って仙台まで国道6号線を走った記憶がかすかに残っている。


スーパーカー全盛期、ポルシェを見たくて田園調布まで行ったっけ。


いつかはクラウン。車がステータスだった時代、リストラなんて言葉もなく、みんなひたすら働いていた。


ワーゲンビートル、美しさと気品が漂う。

次回は街をじっくりと見学。
コメント

散歩写真 みんなでしあわせになるまつりin夷隅(1)

2014-04-27 22:08:04 | 散歩写真
4/27(日)いすみ鉄道国吉駅周辺で「みんなでしあわせになるまつりin夷隅」が開催されたのでバイクを飛ばして見に行った。

駐車場にバイクを止め歩いて国吉駅へ。駅前には小さなオート三輪と赤丸ポスト、気分は一気にに昭和だ。


駅構内にはキハ30が止まっていた。久留里線で使ってた車両か。


線路は繋がっていないのでここで保存するのかな。八高線とかで乗った覚えがある。


駅前広場ではミニ鉄道試乗会が行われていた。


ん?ワーゲンバスも走ってる…。誰かがリモコン操作をしているのか、突然バックしたり、止まったりで子供は大はしゃぎ。


いすみ鉄道箱が並んでる…。その後ろを走り去るワーゲンバス。


近くには本物のワーゲンバスが止まってた。

次回へ続きます。
コメント (2)

東京湾景 東京湾大観音

2014-04-24 13:23:16 | 東京湾景
富津岬から見えた東京湾大観音に到着。デケェ…。


坂を下って新舞子海水浴場へ、さきほどの観音様がよく見える。


まるで新潟の親不知のような断崖、東京湾と思えないダイナミックな景色。


ぼんやりと富津岬の展望台が見える。


ここには昔、海水浴に来たことがあるな、なんとなく見たことある景色だ。


海沿いにはこの花があちこちに咲いていた、調べてみたらハマダイコンらしい。

次はどこ行こうか悩んだけど、結局、上総湊からR465、亀山を通り、中野、大多喜へとやたら大回りして帰宅。薄曇りで写真的にはイマイチだけど、旅気分は味わえたかな。
コメント

東京湾景 富津岬(2)

2014-04-23 13:23:44 | 東京湾景
富津岬の先端にある展望台からの眺めを堪能。


首都防衛のために明治に建築された人口の島、軍事要塞である第一海堡が見える。


こちらは第二海堡。


岬から富津漁港へと移動。


遠くに横浜のランドマークタワーが霞んで見える。手前は海苔の養殖場だろうか。先日発生した船の衝突事故で、漏れた油による被害にあったのはこの付近ではないか。


これはタコツボかな。巨大な船が往来するこの辺りはまた豊かな漁場でもある。

どこへ行こうか悩んだけど、東京湾大観音を目指してみることに。以下、次回。
コメント

東京湾景 富津岬(1)

2014-04-22 14:08:16 | 東京湾景
殺風景な工業地帯と松林の一本道を抜けて富津岬に到着。


東京湾に伸びた砂州なので先端から見下ろすと左右両方に海が見える。


潮干狩りをやっている人たちがいる。ここは自由にできるみたいだけど、最近は重油騒ぎがあったし、貝毒とかもあるので自己責任だと怖いな。


モーターパラグライダーっていうのか、ブーンブーンと自由自在に飛んでる。


ちょっと未来的、でも昭和っぽい展望台があった。思いのほか高くて上るのに疲労困憊。


どんよりとした曇天なので見晴らしはイマイチ。

次回へ続きます。

コメント

東京湾景 木更津

2014-04-21 13:22:07 | 東京湾景
久しぶりに東京湾の写真を撮ろうとバイクで出発、まずは木更津へ。

潮干狩り場へ渡る中の島大橋、木更津港に入港する船を通すため見上げるほど高い。


この潮干狩り場には何度も来たけど、帰り道にアサリと砂出し用の水を持って歩くのはホントつらかった。ちなみに昔は小舟で渡ったものだった。


アサリを採る人々、この日は3月並みの寒さだった、みんな震えながらやってると思うよ。


後ろに見える要塞のようなのはアサリの密猟者を監視するための監視台。ここまでしないと密猟から守れないものなのか、と複雑な気分。


君津の製鉄所が霞んで見える。いやー萌える景色だ。

次は富津岬へ向かいます。
コメント

散歩写真 菜の花

2014-04-20 21:34:18 | 散歩写真
千葉市富田都市農業交流センター近くの菜の花畑。


春の香りを胸いっぱいに吸い込む。


季節的にはもう終わりかな。


自分のとっては桜よりも春が来たことを実感する花。


千葉・房総半島って菜の花のイメージがあるけど、確かに菜の花は多い気がする。


全体はこんな感じ、ちょっと離れた場所にも同じ位の畑がある。ちなみに秋はコスモス畑に。
コメント

散歩写真 芝桜

2014-04-19 22:11:22 | 散歩写真
千葉市富田都市農業交流センターの芝桜が見頃、ということでバイクを飛ばして見に行った。


なるほど、これは見事。


黄色い菜の花も交え、春満開って感じ。


色が違っても全部芝桜なのかな?


天然のカーペットだ。


御成街道からちょっと中に入ったところにある、駐車場はそれなりにあるので渋滞にはなってなかった。


コメント