何となく歩いた結果

デジカメを持って色々な場所に出没し撮影した写真を公開。最近は東京の夜と里山をメインテーマに撮影中。システム開発の話題も。

帰宅の旅 その11 市川~西船橋

2008-05-31 09:04:11 | 帰宅の旅
会社近くの靖国神社(九段)から家(千葉市土気)まで歩いて帰る旅。今回は第3回目、小岩駅を19:24スタートして市川駅前を20:05に通過。

国道14号千葉街道沿いに歩を進める。旧街道沿いは、時々古い商店や民家などがあって楽しい。上の写真は酒屋のディスプレー。


本八幡を過ぎて巨大なショッピングモール「ニッケコルトンプラザ」を20:46に通過。ニッケ=日本毛織、コルトン=コットン・綿(多分…)ということで元々は日本毛織の工場跡。江戸川に住んでいるときにはバイク(当時はヤマハセローだった)に乗って良く買い物に来た。


真間川は、両側がコンクリートで埋められ巨大な水路という感じ。
住宅地に入ると写真撮影の対象が無くなりただ歩くのみになる。下総中山駅21:01通過。

線路沿いの細い道を歩く。市川辺りは古い建物が多く広い庭を持つ家も多い。だけど夜なので黒々とした松などの木が闇に浮かぶばかりで写真撮影はできない。


西船橋の手前で千葉街道の真ん中に大木が残っていた。
飲食店が増え通行人が多くなってきて西船橋に21:26着。出発して約3時間。今日はここまで。

駅の入り口にツバメが巣を作っている。ツバメが一匹ちょこんと座って通勤で疲れた人々を見下ろしていた。
コメント

帰宅の旅 その10 市川橋

2008-05-30 06:57:34 | 帰宅の旅
会社近くの靖国神社(九段)から家(千葉市土気)まで歩いて帰る旅。今回は第3回目、小岩駅を19:24スタートして千葉県境にある市川橋に19:44に到着。ここでカメラに三脚をつけて土手の暗闇の中で撮影開始。

昨日も同じような写真をアップしたけど、こっちのほうが良く写っていた。鉄で出来た無骨な橋って素敵だ。


江戸川の向こうには高層マンション群。市川は快速停車駅で東京から近いし川沿いだし、環境もなかなかよく人気の出るのもうなずける。
写真にも見える超高層マンションの鉄筋不足が発覚し、工事が途中で止まっているのが痛々しい。


橋を渡って市川側から東京側を撮影。土手で待っていると総武線の快速電車、総武緩行線、成田エクスプレス、特急などがひっきりなしにやってくる。

出発して20キロでようやく千葉県に入る。以下次回。
コメント

帰宅の旅 その9 小岩商店街

2008-05-29 07:24:47 | 帰宅の旅
会社近くの靖国神社(九段)から家(千葉市土気)まで歩いて帰る旅。今回は第3回目、小岩駅を19:24スタート。

江戸川・篠崎に4年ほど住んでいたので、たまに小岩駅前に買い物に来た事もあり懐かしい風景だ。当時は古い建物が数多く残り昭和の商店街の雰囲気を残していたが、今では大分少なくなってしまった。


妙に低い位置にあるアーケード。背が高い人なら看板に頭をぶつけてしまいそうだ。昔ながらの商店がポツポツと残っている。


江戸川の手前で千葉街道(国道14号)が蔵前橋通りと合流。市川橋で江戸川を渡る。
今日はミニ三脚を持ってきているので好きな場所で撮影ができる。市川橋は無骨でいかにも国道の橋という感じがして好きだ。
コメント

東京ミッドタウン 夕景

2008-05-28 00:43:22 | 散歩写真
今日は六本木で待合せ。会社を6時にそそくさと出て、赤坂、東京ミッドタウンを抜けて六本木まで徒歩で向かう。最近は、1時間程度の歩きなど歩いたうちに入らないほど歩き慣れてきている。

待ち合わせまで若干時間があったので、東京ミッドタウンで夕暮れ時の風景を撮影。


建物の中から外へ向かって撮影したが、ガラスに反射して外なのか中なのかわからないような不思議な写真が撮れた。


時間的にはちょっと戻って、赤坂見附弁慶橋からの夕景。水面に浮かんだ雲が美しい。
コメント

夜景 平井大橋

2008-05-27 00:19:13 | 散歩写真
会社(九段・靖国神社)から家(千葉市土気)まで歩いて帰る旅というのをやっている。先日ブログで平井大橋での写真を公開したが、その他にもボツにするのが惜しいのが何枚かあるのでアップしたい。

上の写真は、平井大橋の欄干にカメラを置いて首都高速中央環状線「かつしかハープ橋」を撮影。手前の道路に車を光りのラインで入れたかったが、車が通らなかった…なんせ手ブレを防ぐためにセルフタイマーなもんで。


総武線の鉄橋と暗闇の中の鉄塔。左手から電車がゆっくりと進んできた。


こちらは新中川の「上一色中橋」。もう少しカメラを上に向ければ良かったのだが、月が画面途中で切れた。水面に反射する月の光りが美しい。
コメント (2)

水田 オタマジャクシ キンチョール

2008-05-26 07:17:50 | 散歩写真
今日は木更津で潮干狩りの予定であったが生憎の雨模様でやむなく中止。
午前中は近所のショッピングセンターで買い物をした後、午後は近所を散歩。

ゴールデンウィーク頃の田植えから20日あまり。稲は順調に生育しているのであろうか。


水田にはおびただしい数のオタマジャクシが泳いでいる。その割にはカエルを見かけない。大きいのは足が生えてきているが小さいのは米粒のようなものもいる。カエルの種類が違うのか。

懐かしいキンチョールの看板。その隣には「キリストは十字架で人の罪を負った」というのも張ってある。黒字に黄色でキリスト云々と書いてあるこの手の看板は何故か田舎にマッチしている。


日暮れ時、空がだんだん暗くなっていく時間が好きだ。
コメント

東京夜旅 第102夜 皇居夕景

2008-05-25 07:09:26 | 東京夜旅(とうきょうよたび)
会社帰りに皇居を眺めながら東京駅まで歩いて帰る。悩みがある時には考えながら歩くに限る。いろいろな考えが浮かんでは消える。


半蔵門から桜田門方面。真っ暗よりはこの程度空に明るさが残っているとより美しく見える。歩く横をジョギングをする人が次々と追い抜いていく。そういえば久しく走っていない。以前は月に50キロは走っていたのだが。


この皇居の風景は江戸時代から変わることが無いのだろうか。しばし立ち止まりお濠の向こうを見て江戸の昔を想う。
コメント

帰宅の旅 その8 小岩

2008-05-24 14:50:13 | 帰宅の旅
会社近くの靖国神社(九段)から家(千葉市土気)まで歩いて帰る旅。今回は、錦糸町をスタートし亀戸、平井、荒川そして新小岩を通過し蔵前橋通りを歩いている。現在の時間は21:22、錦糸町からは2時間ちょっと経過した。

新中川にかかる「上一色中橋」から総武線を撮影。橋の欄干にカメラを置いていつでも撮影できる体制にして電車を待つ。結構通行人が多いので不審な目を向けられる。暗い中でカメラを持ってうろうろしている人間がいれば、そりゃ怪しいと思うよな。

月明かりの列車が一筋の光の帯として写る。かなりお気に入りな写真が撮れた。


蔵前橋通り沿いには中古車販売店が多い。ネオンがアメリカっぽいので、月を入れて撮影。このカメラで撮影すると、月だかライトだか分からなくなってしまうが、プロならこういう場合どうやって撮影するのか聞いてみたいものだ。


今日は小岩駅で終了。時間は21:34。小岩駅には昔ながらのホーローの案内版(船橋津田沼千葉方面)が残る。

本日歩いた距離を調べた約9.6キロ(行ったり来たりした分を含む)。総武線の途中駅からでは座って帰れないのが難点。あー疲れた。
コメント

帰宅の旅 その7 平井大橋

2008-05-23 09:30:39 | 帰宅の旅
会社近くの靖国神社(九段)から家(千葉市土気)まで歩いて帰る旅。今回は、錦糸町をスタートし亀戸、平井を抜け、荒川放水路に架かる平井大橋へ、現在の時間は20:17、錦糸町から丁度1時間経過した。

最初、川下側の歩道を歩き始めたものの、夜景的には川上側の歩道のほうが景色がいい。しかし蔵前橋通りは交通量も多く橋の上では道路を横断ができないので、一旦橋を渡りきってから地下道で道路を横切り川の途中まで戻ってきた。

いつものように欄干にカメラを置いて2.5秒の露出。コンパクトデジカメのレンズではどうしても光りが滲んでしまう。本格的な夜景撮影ではいいレンズが欲しくなる。


首都高速中央環状線「かつしかハープ橋」がライトアップされている。この道は景色はいいが、6号との合流部分が渋滞するし、流れている時には平面クロス状態になり神経を使うのであまり通りたくない。外環道の開通が待ち遠しい。


橋の上からは東京タワーが見えた。方角的に予想外に見えたのでどっちに向かってあるいているのか少々混乱する。


時間的には荒川の前になるが、旧中川に架かる江東新橋。

平井大橋を渡ると新小岩はすぐ。20:48に駅前着。この駅前では過去いろいろあって懐かしい。この後、どうしようか悩んだが小岩まで行くことにする。

以下、次回へ続く。
コメント (2)

帰宅の旅 その6 錦糸町

2008-05-22 00:18:45 | 帰宅の旅
会社から千葉市土気の自宅まで歩いて帰るというのを試み中。
前回、第一回目は九段から錦糸町まで歩いたが、今回は、錦糸町をスタート地点として蔵前橋通りに沿って歩くことにする。

この日初めてモバイルSuicaを使ってみた。本当に携帯で駅の改札を通過できるのかビクビクもの。入場駅(半蔵門)と出場駅(錦糸町)では人のいない頃を見計らって改札に携帯をかざしてみる。無事に残額が表示され改札を出ることができた、これはかなり感動ものだ。ちなみに、Suicaアプリは起動してなくても改札を通る分には関係ないらしい。

さて錦糸町出発19:17。楽天地前の交叉点からガードを抜けて線路沿いを歩きはじめる。


錦糸町駅は総武線の線路が4本ある他に留置線が何本かあるので、駅のガード下は幅が広い。この辺りは昔は貨物駅になっていて、地平にも踏切があり入換えの蒸気機関車が行き交い道路も渋滞したらしい。


小さな民家とマンションが続く街並みというのは夜の被写体としては難しく。撮影ができない状態が続く。
亀戸駅を19:35に通過し、東武亀戸線の踏切を越える。うーん写真は暗すぎたか。
線路に沿って歩き19:50亀戸水神駅を通過。

以下次回へ続く。
コメント