何となく歩いた結果

デジカメを持って色々な場所に出没し撮影した写真を公開。最近は東京の夜と里山をメインテーマに撮影中。システム開発の話題も。

Bridal SNS開設記念 会場アルバム 世界貿易センタービル スカイホール

2007-04-12 14:31:24 | 式場散歩
Bridal SNSという結婚関係のSNSを立ち上げました。結婚準備中や結婚式が済んでみんなにアドバイスをしたい方などさまざまな人の参加をお待ちしています。

JR・東京モノレールに直結した世界貿易センタービル・スカイホール。交通の便の良さと素晴らしい眺望を誇る会場だ。

チャペルは、ビル内という事で天井の高さには制限があるものの大きな窓から明るい光りが差し込み汐留方面の眺望が素晴らしい。

スカイホールは「ペントハウスウエディング」がテーマになっているので、バンケットも都会的なセンスにあふれてスタイリッシュなパーティが可能だ。料理は定評ある東京會舘なので味の面でも申し分ない。



窓の向こうには東京タワーと六本木ヒルズ。夕暮れや夜景も見てみたいものだ。
デートがてらブライダルフェアで会場を見学しつつ素晴らしい眺望を楽しんでしまおう。

Bridal SNS参加お待ちしていまーす!
コメント

KKRホテル東京 ブライダルフェア

2007-03-29 20:47:52 | 式場散歩
皇居に面したKKRホテル東京はバンケットからの眺望が素晴らしい事で知られている。皇居の向こう側に見える東京タワーと高層ビル群。夜景ならば更に素晴らしいだろう。地下鉄東西線の竹橋駅に直結し交通の便も良い。
国家公務員共済組合連合会略してKKRの施設なので料金もリーズナブル、この日のブライダルフェアも多くの人で賑わっていた。

チャペル「スカイコートガーデン」はオープンエアで開放的な気分で挙式ができる事で人気だ。


もう一つのチャペル「エーデルバウム」での模擬挙式を見学。見学者が続々と集まり一時は立ち客もでるほど。


この会場は、やはり高層階から皇居を見下ろす披露宴会場というのが最大の魅力。特に地方からの来客だと喜ばれるだろう。それにしても来場者が多くこの人気ぶりには改めて驚かされた。

カテゴリー「式場散歩」では、様々な結婚式場を実際に見学したレポートを掲載しています。結婚式場選びの参考にしてみて。
コメント

東京大神宮 ブライダルフェア

2007-01-28 10:40:44 | 式場散歩
東京大神宮は飯田橋にあり「東京のお伊勢さま」との呼び名で親しまれている神社だ。意外に思う人も多いと思うが、結婚式で広く行われている神前式の結婚式はこの神社が発祥の地だ。
神前式は日本古来の結婚式の形態と思ってしまうが、高度成長期の頃までは花嫁行列での嫁入り、家で行う式が主体であった。式のスタイルという点では、歴史的にはキリスト教式のほうがはるかに長い。
とは言いながらも、日本古来の神様の前で行う神前式は厳粛な気分になり日本人である事を再確認する良い式の形態だと思う。一時期は神前式の挙式件数も減少の一途だったが、最近は和婚が見直され件数を伸ばしつつあるようだ。

東京大神宮では神職、巫女、新郎新婦、参列者が参進で並んで正面から神殿に入る。神殿の中に入るとさすが神社、ホテル内神殿と比べるとかなり立派。
一般的に神殿内の撮影は厳しく模擬挙式でも許していない事が多い。この日は正式な取材だったので撮影許可を神社から頂いたが、立ち位置や撮影可能シーンなどについての説明が一通りされた。模擬挙式に参加しながらの撮影は無理だと思ったほうが良いだろう。

新郎新婦の立ち位置や巫女の舞など、他での式とは内容も一味違う。挙式後の披露宴は敷地内にある東京大神宮マツヤサロン。会場もゲストハウス風にリニューアルされておりなかなか良いと思う。純日本風が良いのなら「神路の間」が良いだろう。

事前に「参加者が多いですよ」とは聞いていたが模擬披露宴会場も立ち客が出るなど、すごい人気ぶりだ。ここの神殿と披露宴会場なら人気が高いのもうなずける。
コメント

ホテル アジュール竹芝(その2)

2006-12-05 13:52:11 | 式場散歩
最上階21階にあるフレンチレストラン ベイサイドからの眺望は素晴らしい。レインボーブリッジからお台場、晴海、勝どきまで遮るものが無く見る事ができる。広さはさほど広く無いので大人数には向いていないが、人数的に合えばぜひ検討したい。ここから夕景を見たら素晴らしいんだろうな。


続いて会場を13Fに移動して模擬披露宴を見学。ここでは数々の演出の紹介をしていた。まずは、入り口に生ケーキを置いて出席したゲストに最後の飾りつけをしてもらうもの。ゲストも楽しみながらできるので結構いいかも。
キャンドルサービスやルミファンタジア(グラスに液体を入れると色が変わるもの)のデモンストレーション、ドライアイスを使ったものなど次から次と見せてくれる。最後に、体重と同じミッキーを両親に渡す演出。そして出口でのケーキの試食と、短時間で色々見せてくれた。演出の参考にするには最適だ。


羽田からモノレール直結、山手線、都営線(大門)に近いという交通の便と素晴らしい眺望な検討のポイントと言えるだろうか。ちなみに、運営は藤田観光がやっている。藤田観光と言えば椿山荘、つまりサービスについてはかなり期待してもいいと思う。

作者のサイト「何となく歩いた結果 本館」もよろしく!
コメント

ホテル アジュール竹芝(その1)

2006-12-04 14:03:43 | 式場散歩
ホテルアジュール竹芝は浜松町駅から徒歩7分。ゆりかもめの竹芝駅だと徒歩1分と交通の便が良い。
東京湾に面しているので眺望が素晴らしい。目の前にレインボーブリッジやお台場が一望できる。

まずは、チャペルを見学。チャペルは2ヶ所あり、3Fと直結しているオープンスペースにある「レインボーチャペル」と1Fにある館内チャペル「オーシャンチャペル」。
レインボーチャペルは、海を望む素晴らしいロケーション。スペース的にも広く開放感たっぷりの式ができるだろう。

次に見学したオーシャンチャペルでは、模擬挙式が開催された。海をイメージしているというシンプルなチャペル。ちなみに、カメラマンが模擬挙式に参列している人達を写真に撮っていた。参加者を写真に撮るという事は始めて見たが、これは後ほど模擬披露宴の中で、ある演出に使われる。デジタルカメラならでは演出で、今後こういうのが増えてくるんだろうな。これは、まぁ、見てのお楽しみ。

次回は、素晴らしい眺望のバンケットルームをご紹介。

作者のサイト「何となく歩いた結果 本館」もよろしく!
コメント

ウエディングホール ラ・ボア・ラクテ(その2)

2006-11-23 20:18:02 | 式場散歩
写真は、ラ・ボア・ラクテのメインバンケットVega。着席でも最大162名という広さだ。フェアの当日は、婚礼が入っているとの事でテーブルセッティングが行われているところだった。会場が広いのでゆったりとしたセッティングができそうだ。
目に付くのは、フレスコ画と豪華なシャンデリア。チャペルと同様、キリスト教色をちょっと強く感じた。ヨーロッパ的だと言えばそれまでだが、もう少し宗教色を弱めたほうがいいかもと思うのは余計なお世話か。

模擬披露宴が行われたのは、オリオンという会場。ペントハウス系のおしゃれな内装だ。

模擬披露宴では、一通りの演出デモを行う。キャンドルが花火になっているもの、グラスに液体を注ぐと色が変わるもの(ルミファンタジア)、ケーキ入刀、ビデオ上映、体重と同じベアを両親にプレゼントなどなど、コンパクトにまとまっていてわかりやすい。

最後に、モデルによるドレスのファッションショー。外人女性モデルが3人、イケメン2人が出てきてドレスを披露する。何だかわからない迫力に圧倒された。

模擬披露宴の後は、会場をビーナスに移動して無料試食会。料理は、オードブル、魚料理、肉料理、デザート(生ケーキ)の4皿。一皿ずつ丁寧な説明付きでこれもわかりやすい。料理も、お世辞抜きに、なかなか美味しかった。

立地的には少々厳しい感じがするが、内装、サービスで何とかしようという意気込みを感じる。駅から徒歩3分と近いので電車で来るゲストにも便利なはずだ。西武線、東上線、川越線沿線居住であれば検討しても良い会場だろう。
コメント

ウエディングホール ラ・ボア・ラクテ

2006-11-21 13:38:31 | 式場散歩
久しぶりに結婚式場のブライダルフェアを見に行った。
川越駅から徒歩3分にあるウエディングホール ラ・ボア・ラクテ。土気からだと片道3時間近くかかる。移動だけで6時間…。これだけで疲れた…。

まずは、チャペルでの模擬挙式を見学。大理石でできたバージンロードは幅広くゆったりとしている。椅子席も館内チャペルのわりには数も多く、かなりの人数が参列できる。

模擬挙式が開始されると、父親と新婦が並んで入場してくる。一般的なフェアでは、新郎新婦が一緒に入場するケースが多いが、ここでは、細かいところまで本番に近いスタイルで模擬挙式をやっている。が、新婦には驚いた、外人である。これは初めての経験。

壁のステンドグラスは美しいが、ステンドグラスに描かれた宣教師や、十字架の装飾、後で見ることになるバンケットでのフレスコ画など、かなりキリスト教色が強い。キリスト教以外を信仰する人には気になるところだろう。

模擬挙式が終了したら、次は、模擬披露宴。色々な演出をわかりやすく紹介してくれる。(以下次回)
コメント

フラールガーデン東京

2006-09-24 21:59:31 | 式場散歩
東武伊勢崎線竹ノ塚にある、フラールガーデン東京に見学に伺った。名前にあまりなじみが無いと思う人も多いかもしれないが、平成14年に東京高砂殿から名称を変更したとの事だ。
チャペルは6Fにあるが、正面から外の青空が良く見え、明るい光が差し込み気持ちよい。新郎新婦が立つあたりの上は、丸いドーム型になっている。ドームの関係か音響も良く、音が良く響く。
チャペルにつながるようにブライズルームが5室用意されている。中のインテリアもそれぞれ違い、好みにあわせて選択する事ができるようになっている。

チャペル見学のあと、4Fフロアを見学。4Fはバンケットが2室とテラス(中庭)があるが1フロア全てを貸切にする事ができる。使い方は様々で、特にテラスは、天気が良い時には本当に気持ちの良い空間だ。挙式からデザートブッフェまでアイデア次第で色々な構成が考えられる。ディズニー好きな人ならディズニーキャラクターで埋め尽くす、という事もやるそうだ。個性を重視したい人にはお勧めだろう。

小さい会場であったが、担当の方が熱心に色々なサービスを考えている姿には、何か感じるものがあった。足立区近辺だとどうしても都心に目が向いてしまう人も多いだろうが、一度は見て検討してもらいたい会場だ。
コメント

世界貿易センタービル スカイホール その2

2006-09-03 13:36:56 | 式場散歩
スカイホールでのパーティに1度だけ出席した事がある。窓のカーテンが閉まり、最初は、薄暗い中でパーティが始まるが、乾杯の合図と共にカーテンが開きゲストは窓からの景色に圧倒された。
写真は、8月にリニューアルされたバンケット「オリオン」から見たレインボーブリッジ。お台場方面の景色が一望できる。反対側のバンケットからは、東京タワーや六本木ヒルズが見渡せる。地方から来たゲストには大好評なのは間違い無いだろう。お洒落なペントハウスで都内の人気スポットを一望しながらのパーティ。これがスカイホールの最大の魅力だ。それに交通アクセス至便なポイントがプラスされる。
都会的でおしゃれな結婚式を考えているならばかなりオススメできる会場である。
コメント

世界貿易センタービル スカイホール

2006-08-27 20:46:57 | 式場散歩
世界貿易センタービル スカイホールは、羽田モノレール、JR、地下鉄大江戸線と直結のアクセスと、38F・39Fという高層からの眺めが自慢の会場だ。
ペントハウスウエディングがキャッチフレーズで使われている。ペントハウスというのは、Yahoo辞書によると「アパートや高層建築の最上階のテラス付き高級住宅。また、機械室や階段部屋などに使われる屋上家屋。」という事だが、これだとスカイホールのイメージと一致しない。でも、ニューヨークとかにある、モダンシックなインテリアの高層マンションという事をいいたいのだと思う、、、多分。
チャペルは、館内チャペル。高層ビルなのでしょうがないが天井が低い。そのかわり、窓からの眺望は素晴らしい。夜は、窓の外のイルミネーションとキャンドルで幻想的だろう。ナイトウエディングも見学してみたかった。
8月お盆明けの日曜という事もあってたくさんの来場者で賑わっていた。元々結婚式場として設計されたわけでは無いと思うので、通路を歩いていると圧迫感あったりという点があるが、それを上回る魅力はある。
次回は、バンケットを紹介しよう。
コメント