何となく歩いた結果

デジカメを持って色々な場所に出没し撮影した写真を公開。最近は東京の夜と里山をメインテーマに撮影中。システム開発の話題も。

散歩写真 土曜午後(2019/5/19)(2)

2018-05-20 09:20:31 | 散歩写真
市民農園の一角で黄色く鮮やかな花が咲いていた。多分オオキンケイギク、特定外来生物に指定されていて栽培は禁止されている。


綺麗なんだよね、キバナコスモスに似てるし。でも、もの凄い繁殖力で在来種をアッと言う間に駆逐するらしい。


空き地に咲く昼咲月見草、この花も年々勢力を拡大。


トウモロコシはまだ芽が出たばかり、すぐに背丈よりも高く成長。


ここにも麦が植えられている。約8000歩でウォーキング終了。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩写真 土曜午後(2019/5/19)(1)

2018-05-19 19:08:31 | 散歩写真
ここんところ持病の股関節痛が和らいできたので、家の近所のウォーキングを再開。一眼レフは重いのでコンデジと思ったけど、それでも重いのでスマホだけを持って家を出る。スマホはASUSのスタミナだけが取り柄のやつ、なので画像はそれなり…。

麦秋というのかな、麦が小麦色に輝いている。


これは雑草じゃないよな、あちこちで見かけたので栽培してる作物だと思う。


外房線平川踏切に到着、ちょうど下りの209系がやってきた。


印旛沼へと流れる鹿島川の最上流地帯を走る。線路の向こう側は東京湾へと流れる村田川の最上流地帯。ここが要するに分水嶺。


これは多分牧草、近所に牧場あるし。

次回へ続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大多喜城(2018/5/2)

2018-05-05 13:03:53 | 散歩写真
房総半島旅行から帰る途中で大多喜城へ。今年3回目かな…。


有名武将の鎧が展示されていた。


左から、武田信玄、徳川家康、井伊直政、真田幸村、本多忠勝、山中鹿介。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かつうら海中公園海中展望塔(2018/5/2)

2018-05-04 13:59:55 | 散歩写真
ゴールデンウィークなんだからどこか行くべぇ、ということで房総半島へ車を走らせた。リニューアルオープンした鴨川の道の駅を見てから、地魚を食べさせてくれる店で海鮮丼に舌鼓をうち、かつうら海中公園海中展望塔へ。


海へと伸びる通路を歩いて展望塔へ、この辺りには何度も来ていながら実際に中に入るのは初めて。


鵜原周辺のリアス式海岸。この辺りの崖はサスペンスドラマのロケ地としてよく使われるらしい。


かつてイワシやエビを養殖していた施設らしい、廃墟じゃなくて人が住んでるっぽい。嵐の夜とか怖いだろうな。


94段もの階段を降りて塔の中へ。おー、イシダイが泳いでる。ちなみに、この日は海が濁っているとかで、入館料が割引になっていた。


エサに集まる魚たち。まぁ、ぼーっと見ているだけで癒やされますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両総東金支線円筒分水 再び(2018/4/28)

2018-04-30 09:31:36 | 散歩写真
今年の1月にも来たけど、その時には水が全然なくて、っていうことでリベンジ。ちなみにその時のブログは→こちら

今回は水がある。円筒から溢れ出た水が用水路へと流れている。


でも、反対側はチョロチョロって感じで…。田植えの頃が一番水を必要とすると思うのだが…。


周囲にはハルジオンが大量に咲いていた。


全方向に水が流れるのは見られなかったけど、現役で稼働する様子は見られたのでヨシとする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外房線 大網-土気旧線(2018/4/29)

2018-04-29 18:52:49 | 鉄道写真
平坦な土地が多いと思われる千葉だが、外房線の大網-土気間は一駅で100m近い勾配差があり、昭和47年に現在の線路に切り替わる前は、トンネルと急勾配、急カーブで難所として知られる場所だった。

最近、旧線跡で盛んに工事が行われている、今どんな状況なのか、工事がお休みの時に見させて頂いた。
土気トンネルの入り口付近まで歩いてくるとちょうど特急わかしおが通過。右側へ延びる道が旧線跡。


総武快速直通の217系が通過。この場所、他の方の廃線探索記を読むと、かつてはひどい藪で入ることができなかったそうだ。


その先には、見上げる高さの凄い切り通し。地面にはまだバラストが残っている、ここをSLやディーゼルカーが走っていたと想像すると興奮する。


一旦大網方面に戻り、旧線跡が道路となっている場所を歩く。よく見ると枕木が何本か立っている、ここにはかつて踏切があったそうだ。この辺りもなにか工事が行われている。


この先、大網方面は築堤になっている。藪は刈り取られかつての路面が姿を現している。


ここからは大網コンクリート橋が良く見える。

旧線跡をサイクリンクコースとかに活用しようというのだろうか。ググっても何も出ず…、一体どうなっていくのか、引き続き追いかけてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富田さとにわ耕園 シバザクラ(2018/4/22)

2018-04-24 16:05:40 | 散歩写真
前は千葉市富田都市農業交流センター、という名前だったけど、最近愛称がついたらしい。春のシバザクラと秋のコスモスで知られる。


カラフルな絨毯で覆われる。


GWは混雑すると思うけど、人もそれほど多くなくのんびり見られた。


手前はネモフィラ、奥はポピー。


ミツバチがネモフィラの蜜を求めて飛んでいる。


カラフルなポピー。


ネモフィラと言えば、ひたちなか海浜公園が有名だけど、ここでもそれなりの風景を見ることができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村田川 鯉のぼり(2018/4/22)

2018-04-23 13:48:46 | 散歩写真
千葉市と市川市を流れる村田川。市原市瀬又で今年も鯉のぼりが元気に泳ぎはじめた。


地域の住民たちが川沿いを整備して四季折々の花などが愉しめる場所になっている。


まだ4月なのにもう夏日。心地よい風にゆったりと舞う鯉のぼり。


子供の数が減り、このくらい大きな鯉のぼりを上げる家というのも少なくなってきている。


田んぼに水が入り、間もなく田植えだ。


チェーンソーアートをやる方が近くに住んでいるようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つつじ リソル生命の森(2018/4/22)

2018-04-22 18:48:00 | 散歩写真
リソル生命の森は、千葉県長柄町にある複合リゾート施設。エリアに入ると別荘や保養施設が点在し、なんとなく軽井沢ぽい雰囲気。和食レストラン翠州亭の前は、ツツジの名所として知られている。


この建物、昔はスイス大使館として使われたものを移築したそう。


バックに見えるのはホテル「トリニティ書斎」。


ゴールデンウィークにはつつじ祭りが開催されるのだが、この感じではもう枯れているような…。今年は桜もそうだったけど1週間以上早く咲いている。


この花が咲いたら、春も終わり季節は初夏へと移っていく。


夏になると多くの人で賑わうラク・レマンプール。


日本メディカルトレーニングセンターというスポーツ選手のための施設があって、有名なアスリート達が合宿をしているらしい。それに、ターザニアという冒険施設。周囲は千葉の田舎なのにちょっと異質な世界が広がっていたりする場所である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京夜旅 第274夜 大井町

2018-04-20 10:11:46 | 東京夜旅(とうきょうよたび)
約1年ぶりの東京夜旅の更新。股関節を痛めてから満足に歩けない上、東京の街に風情ある建物や場所が少なくなり興味を失いで、夜に出歩くこともなくなってしまったが、この日は大井町で打合せがあったので久しぶりにデジカメを持って駅周辺を散歩。

右手に見える、肉のまえかわ、はかつては看板通りの肉屋だったけど、今は激安の立ち飲み屋。背後に見えるのが大井町駅ビルのアトレ。


駅前の細い路地を入ってみる。両脇に飲み屋が連なり、昭和の時代へタイムスリップ。


もともとは闇市だったんだろうな。この周辺に会社があったら毎晩飲み歩き間違いなし。


ブルドッグは老舗の洋食屋。巨大なメンチカツが有名で一度入ってみたい店のひとつだ。


駅からちょっと離れたゼームス坂。木造2階建ての建物が連なり、かつての東京の風景を思い出させてくれる。


銅板葺き看板建築のお店がまだ残っている。

ほのかに昭和を感じられる街に満足して、大井町駅から京浜東北線に乗車して帰路へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加