興味津々心理学

アメリカ発の臨床心理学者黒川隆徳によるあなたの日常の心理学。三度の飯よりサイコセラピーが好き。

歌からの連想と追憶

2007-03-06 | 戯言(たわごと、ざれごと)
毎年この季節になると、なんだか胸騒ぎがして
ずっと昔の自分が聴いていた曲や、いつか流行っていた
曲などが無性に聴きたい衝動に駆られることがある。
そういう訳で、先日の深夜にいろいろと思いついた曲を
ネットで漁り、ダウンロード可能なものを片っ端から
落としていった。

 音楽とは不思議なもので、忘れていたその時の
気持ちだとか、出来事だとか、情景だとか、
その時に自分の人生の中にいた人のことだとかが
自由連想的にどんどん思い出されてゆく。

 自由連想法(Free Association)という心理療法の
テクニックを生み出したフロイトは、後に、
自らがつけたこの名前は、そのテクニックの性質に
おいて語弊があると認めている。確か。。。

 つまり、自由連想法の実態は、ある事象からそれに
付随して思い出されることをどんどん述べていくの
だけれど、「自由」と言われるその発想は、実は、当人の
コントロールを超えていて-つまり、本人の意思とは
無関係に-どんどん思い出されていくものなので、
-それが良性であれ、悪性であれ-「自由」という
名称はおかしいのではないかということだ。

 自由な連想であれば、思い出したくないこと、
連想したくないことは、その人間によって
コントロール可能でなくてはならない。そういう
ロジックだ。この話を何かで読んだ時に、自分は
非常に興味深く感じたのを覚えている。「自由連想」は
「強迫的」に、無意識から意識へと、時に洪水のように
押し寄せ、時に暗闇のように忍び込んでくる。

 一方で、思い出したいことが自動的に思い出されて
いく時に、人は春の夜のそよ風のような心地よさを
感じたりする。心地よい追憶は、こころに優しく、
気持ちよく、しばしの間その人間を上等なワインの
ようなほろ酔いへと導いてくれる。

 春という季節は不思議である。

 一般的に、人はこの時期にいろいろなことを
思い出すように思われる。

 こころに闇を抱える人々が特に不安定になるのも
春であることが多いも、なんだかよく分かる気がする。


 人は、何故春に思い出すのであろうか。
 それが楽しいものであれ、悲しいことであれ。

 春の夢。
コメント (2)