興味津々心理学

アメリカ発の臨床心理学者黒川隆徳によるあなたの日常の心理学。三度の飯よりサイコセラピーが好き。

無意識の攻撃性

2019-06-14 | プチ精神分析学/精神力動学
前回書いた「無意識のストレス」、意外に多くの方が読んでくださっていて、肯定的な感想をくださいました。誰もが経験しているのが無意識のストレスであり、その潜在的な問題に、気づいておられる方は多いようですね。

今回扱う「無意識の攻撃性」は、「無意識のストレス」と密接に関係しているものです。

この「無意識の攻撃性」が問題になっている人は、日本社会に遍在しておられますし、この攻撃性は、本人の自覚がないままに蓄積されていくこともあり、それが極端に大きくなった時が怖いです。

その攻撃性が他者に向けば、対象を著しく傷つけることになるし、それが自分に向いた時、極端な場合、自殺にも繋がります。心優しい人が、本来他者に向けるべき正当性のある怒りを表現できずにその破壊力が自己に向いて自分を傷つけるのは本当に痛ましく、やり切れません(自殺のすべての原因が自己に向けられた攻撃性とか言っているわけではありません。ひとつの可能性としての話です)。

ストレスが溜まってイライラする、という経験は誰にでもあるでしょう。

こういう時、健全なあり方のひとつとして、自分が強いストレスを感じていたり、慢性的にストレスが溜まっている事をきちんと自覚して、「ストレスでイライラする」と、自分のストレスにも攻撃性にも自覚のある状態が挙げられます。このように自覚のある人は、不機嫌になるものの、自分も他人も傷つけるには至りません。なんとか時間を見つけてその人なりのストレス軽減法を実行しますし、可能な限り、ストレス源そのものの解消を試みます。

問題は、こうした自覚があまりなかったり、皆無だったりする人達です。自分は機嫌がいい、絶好調と思っているけれど、無自覚の攻撃性がすごくて職場や家庭や学校などで自分よりも弱い立場の人に八つ当たりします。

カスタマーハラスメント(カスハラ)とか煽り運転などにもこうした原因があるかもしれません。

声を荒げたり、相手に対してものすごく無遠慮で無神経な、暴言とも取れるようなことを言っていて、無自覚に他者を傷つけているひとも多いです。こういう人は、その時の自分の言動を覚えていない事も多いです。なにしろ、自身の攻撃性に無自覚ですから(ストレスが溜まっている事を自覚していて他者を使ってストレス解消をしている方はまた別の次元のお話です)。

ストレスに、意識化できている領域と、無意識の領域があるように、攻撃性にも、自覚できている部分とそうでない部分があります。

ここでよくある誤解ですが、すごく穏やかで優しい人は、実はものすごいレベルの怒りを無意識に抑圧しているのでは、という話ですが、本当に健全で、攻撃性の低い方も世の中少なからずおられますし、この仮説は基本的には不正確なものです。この仮説のような人は確かに存在しますが、こうした人は、どこか無理をしているのが伝わってくるものです。

ついつい話が横道に逸れてばかりでなかなか本題に入れません。

さて、今回私が問題にしたいのは、先述した、「無意識のストレスに起因する、無意識の領域の攻撃性」です。

本人が自分のストレスや攻撃性に全く無自覚、ということはあまりありません。ほとんどの人が、多かれ少なかれこうした事には自覚があります。

問題は、本人が思っている攻撃性のレベル、つまり、ストレスレベルが、かなりの過小評価であり、実際は相当な強度の攻撃性が抑圧されて無意識に存在している状態です。

昨今、幼児虐待の報道が後を絶ちません。親側に明らかな悪意があり、深刻な病理があるケースもあれば、突発的に取り返しのつかない事をしてしまうその瞬間までは、すごく良いお母さんであったと周りから定評のある方も少なくありません。

周りからのサポートがなく、頼れる人もいない中で、ストレスを感じながらなんとかワンオペで育児をしていた母親が、ある晩衝動的に、というケースです。

彼女達は、深刻なレベルにまでストレスが溜まっている事を感じています。私やばいかも、とも思っていたりします。

でもまさか、自分が衝動的に子供を殺めてしまうとまでは思っていなかったかもしれません。

鉄道自殺をする人達もそうです。

「飛び込み自殺は、後日遺族に高額な賠償金の請求がいくから、飛び込み自殺をする人は家族に恨みのある人だ」という説が、大間違いである事も、自殺学がはっきりと示しているところです。

例えば、自殺をされた方の遺留品の鞄の中からは、その日の会社の会議で使う予定であった資料や、有効期限がずっと先の定期券などが出てきます。

彼らの多くはむしろ、その日も昨日と同様になんとか生きるつもりだったのです。

しかし、疲れ果てて、視野狭窄の精神状態に陥り、判断力が低下し、吸い込まれるように飛び込んでしまうのです。

自殺を、自己に向き変えられた攻撃性とみる立場には賛否両論があり、認知行動療法の創始者のベックなどはこれをきっぱりと否定しています。しかし、精神力動的な心理療法で自殺念慮が消失していった数え切れないほどのクライアントさんを見てきた臨床経験から個人的に思うのは、こうした側面は確かに存在する、という事です。

というのも、ぼろぼろになって、自殺念慮に苛まれてやってきたクライアントさんと対話を重ねていく中で、今まで「自分が悪い」と激しい自責の念や罪悪感に苛まれていた人たちが、そうでない要因、本質的な問題に少しずつ気づき始め、そうした対象に対して激しい怒りを経験するようになります。

それは時に本人も驚くほどの強烈な怒りですが、そうした怒りに二人で向き合い続けていくうちに、自殺念慮は次第に減退し、その人が心の整理ができて怒りが解消して元気になる頃には、自殺念慮もすっかり消え失せている、という事が本当に多いからです。

こうした事は、多くの皆さんにとっては極端なお話かもしれません。

ただ、こうした大変な事になる前の予防策として、自分がイライラしているなと感じている時、そのイライラの原因についてゆっくりと考えてみるのも良いと思うのです。

実はそれはものすごい怒りの氷山の一角なのかもしれないし、本当に小さな苛立ちに過ぎないかもしれません。

原因がわかってきたら、早い段階で、できれば根本的なストレス源の改善、解消を目指したいですし、それが現実的でないのであれば、他者に助けを求めたり、自分のリソースを増やしたりして、ストレスを一定以上溜めない事を心掛けましょう。本当につらかったら、逃げたっていいんです。

コメント

無意識のストレス

2019-05-29 | プチ精神分析学/精神力動学
以前、ストレスとは、その人がストレス源であるその事象をどう受け止めているか、どう解釈しているかで、軽減することもあれば、増大することもある、と書きました。

これはつまり、極論すると、自分の受け止め方次第で、同じ事象がストレスにもなれば、喜びにもなり得る、という話です。認知行動療法が、自分の「考え方について考える」事に重きを置くのもこのためです。

この基本姿勢はとても大切ですし、実際、我々が人生のあらゆる困難や逆境をうまく乗り切る秘訣は、その時々の苦境に対していかに楽観的(optimistic。楽天的ではありません)でい続けられるかだと思っています。

ただ、同時にとても気がかりであるのは、こうしたメンタリティに固執し過ぎて自覚すべきストレスを認識できないで生きている人たちです。これは一種の過剰適応であり、「前向きに考えよう」、「ポジティブ思考」、「大変だけれどいいことはたくさんあるし」、「辛いと思うから辛いんだ」、「ネガティヴに考えてもいいことないし」、「人生こういうものだ」、「心頭滅却すれば火もまた涼し」と、物事の良い側面ばかりにフォーカスし、そうでない側面から目を逸らしたり、そうした側面の影響力を否認して生活している事の現れです。

このような姿勢でいないと生活が立ちゆかないという現実も多々ありますし、「そうでない側面」を認識したらやってられなくなる、動けなくなってしまう、嫌になってしまう、といった不安が背景にある方も多いです。

それで生活が回っているのだからそれでいいじゃん、というわけですが、物事そんなにシンプルではありません。

実際、このように、合理化や否認の防衛機制によって巧みに無意識に抑圧されたストレス、意識の片隅に抑制されたストレス達は、消滅したのではなく、密かに生き続けています。まるで圧力釜です。こうした無意識のストレス達は、認識される機会を、表現される機会を狙って息を潜めています。

息を潜めていた無意識のストレス達は、その人の意識に上ろうと試みるのですが、そういう時、その人はその「意識に浮上してくる得体の知れない何か」に不安を感じ(これも無意識的な働きかけですが)、さらに合理化や否認、投影、抑制、抑圧、昇華などの防衛機制を総動員してストレスの意識化を制御します。

これで再び無意識のストレス達は一時的に制圧されるのですが、圧力はさらに増し、遂には暗躍を開始します。

この「無意識のストレスの暗躍」は、当人の意思とは無関係に、様々な形でその人を困らせるようになります。それは抑うつ状態かもしれないし、パニック障害や全般性不安かもしれないし、過剰な飲酒とそれに伴う問題行動、薬物依存、買い物依存、ゲーム依存、ギャンブル依存、摂食障害、不眠症、夫婦間葛藤、恋愛関係の困難、恋愛依存、性依存、クレプトマニアなどの反社会的行為、間欠性爆発障害、慢性疲労症候群、身体表現性障害など、枚挙にいとまがありません。

前向きに生きること、楽観的に生きることは、とても大切なことです。ただ、ここが本当に難しいバランスですが、ある程度以上の困難な状況に対して、「きちんとストレスを感じる」こと、「自分にストレスを認識することを許してあげる事」も、実はとても大切なのです。状況に不釣り合いにストレスを感じないのは要注意だということです。さらに厄介なのは、確かにストレスを一応は認識しているけれど、きちんと経験できていない人たちです。ストレスは、意識できる領域と、無意識の領域がありますが、こうしたケースでは、水上に現れた氷山の一角を全体だと錯覚している状態です。

ストレスをきちんと感じると、今までよりも疲れを感じやすくなりますが、その分無理をし過ぎる事もなくなり、より深く人生を経験することができるようになります。地に足をついて確かに生きているという感覚が増します。

ちゃんとストレス感じましょうって、世の中の多数派の価値観や考え方とはだいぶ異なりますが、ストレスを感じられずに生きづらさを感じている人が余りにも多い昨今の世の中には不安を感じるのです。もっと愚痴ったらいいです。もっと文句を言っていいんです。不平不満を言語化して表現していきましょう。

言わずもがなですが、こじらせましょう、などと言ってませんよ。こじらせるのは違います。ストレスのないところからストレスを作り出している人たちは、この記事の冒頭に戻って考える必要があります。でも「面倒くさい人」は意外と倒れないものです。過剰適応の人たちは、こじらせ系の方たちの「面倒臭さ」をもう少し取り入れるといいと思うんです。
コメント

横浜カウンセリング 2019年6月23日 日曜日

2019-05-28 | 横浜出張カウンセリング

皆さん、こんにちは。

横浜出張カウンセリング、2019年6月分について、お知らせします。

 

【日程】: 2019年6月23日 日曜日

【料金】(いずれも税込み価格)

個人セッション 1セッション 50分 7000円

※ご希望の方には、スカイプセッションも可能です。料金は7000円になります。

カップルセッション 1セッション 50分8000円

※ご夫婦、カップル、親子、友人など

 

【予約可能な日時】 

 2019年6月23日(日)

A)10時30分~

B)11時30分~

C)12時30分~

D)13時30分~

E)  14時30分~

F) 15時30分~ 

※数に限りがありますので、興味のある方は、お早めにご連絡ください。

 

【場所】

横浜駅東口から徒歩2分の小さな会議室で行います。

*詳細の場所は予約が確定した方にお知らせいたします。

 

【予約方法について】

A~D)のご希望の時間帯をこちらのアドレス宛にご連絡ください。

メールアドレス:drtakakurokawa@gmail.com

 お支払い方法についてご連絡いたします。

 

【お支払い方法について】

 ご入金後、予約確定となります。

 

・銀行振込(ジャパンネットバンク)

・クレジットカード(Paypal)

 

*キャンセル料につきましては、予約日から1週間以内で料金の50%、3日以内のキャンセルは、全額頂いております。

コメント

横浜カウンセリング 2019年5月26日 日曜日

2019-04-29 | 横浜出張カウンセリング

5月分の予約は只今満席です。キャンセルなどで空きが出ましたら、随時お知らせいたします。

尚、本サービス2回目以降ご利用の方で、5月にどうしてもご予約をお取りになりたい方は、その旨をメールにてお伝えください。別枠を考慮させてただきます。ご予約が取りづらく、ご迷惑お掛けします。どうぞ宜しくお願い致します。



皆さん、こんにちは。

横浜出張カウンセリング、2019年5月分について、お知らせします。

 

【日程】: 2019年5月26日 日曜日

【料金】(いずれも税込み価格)

個人セッション 1セッション 50分 7000円

※ご希望の方には、スカイプセッションも可能です。料金は7000円になります。

カップルセッション 1セッション 50分8000円

※ご夫婦、カップル、親子、友人など

 

【予約可能な日時】 

 2019年5月26日(日)

A)10時30分~

B)11時30分~

C)12時30分~

D)13時30分~

E)  14時30分~

 

※数に限りがありますので、興味のある方は、お早めにご連絡ください。

 

【場所】

横浜駅東口から徒歩2分の小さな会議室で行います。

*詳細の場所は予約が確定した方にお知らせいたします。

 

【予約方法について】

A~D)のご希望の時間帯をこちらのアドレス宛にご連絡ください。

メールアドレス:drtakakurokawa@gmail.com

 お支払い方法についてご連絡いたします。

 

【お支払い方法について】

 ご入金後、予約確定となります。

 

・銀行振込(ジャパンネットバンク)

・クレジットカード(Paypal)

 

*キャンセル料につきましては、予約日から1週間以内で料金の50%、3日以内のキャンセルは、全額頂いております。

コメント

自分のなさから確かな自己感へ

2019-04-24 | プチ精神分析学/精神力動学
「自分がない」、と仰る方と交流していく中で、その方が少しずつ自己感を取り戻し、やがて強く自分を認識するようになるという過程は、私の日常であり、サイコセラピーの醍醐味のひとつだと思うのですが、それまでにさんざん自助本を読み漁り、自己開発セミナーに参加しても自分がよく分からなかった方たちが、どうして一見シンプルな対話の中で自分を見つけられるようになるのか、ときどき考えます。

そこにはいくつかの要素がありそうですが、決定的な要素として、「共感する他者」としての私という主体性が関係しているように思います。

というのも、本当のところ、「自分がない」人などいません。私はこれまでに何千人の人々と向き合ってきましたが、本当に自分がない人とはただの一度もお目にかかった事がありません。

自分がない、という人のほとんどは、自分が見えなくなっていたり、認識できなくなっている状態がとても長い時間続いている、という事だと思います。

そして、こうした人たちが自己感を強めていくためには、彼らの自己を認識する他者の存在が必要なのです (それは必ずしもセラピストである必要はありません。共感的他者、「良い対象」、new object としての他者です)。

なぜなら、こうした人たちの自己感の希薄さは、通常幼少期の、場合によっては大人になってからの、主要な他者からの、共感不全によるものだからです。

共感不全にはいろいろな理由がありますし、これは犯人探しではありません。

その人は、病気であったり、経済的な問題であったり、自身の心の問題であったり、夫婦関係や義理の家族との困難な人間関係であったり、それ以外の内的あるいは外的な問題で、大切な人にきちんと寄り添うことができなかったわけですし。

いずれにしても、人は、重要な他者から比較的一貫して共感して寄り添ってもらう中で、自分の「いま、ここ」の本当の気持ちを認識して、累積的に自己感を強めていく存在です。

クライアント本人にも最初はわからない気持ちを、セラピストは、セラピスト自身の自己、つまり心を使って、認識し、必要に応じて言語化して伝えていきます。それはちょうど、とても小さな子が転んでなんだか分からないけど怖くてとても不快で泣いている時に、お母さんが、「痛いね、痛いね」、と寄り添って共感してくれる事で、その怖くて不快な感覚が痛みであるとその子が理解していく過程と似ています。

「痛くない!」、「強い子は泣かない!」、「我慢できて偉いね」、とかではなく、ただその人の本当の情動に寄り添って一緒にいる感覚です。

人は、自分の経験を正確に映し出してくれる他者の存在を通して自己を認識します。他者の自己に認識される事で、自身の自己を認識する事が出来るようになるのです。
コメント