志太泉オフィシャルブログ

静岡県藤枝市の地酒の蔵元。志太泉酒造のブログ。違う角度から見た日本酒の現在とは

平成30酒造年度酒造り開始

2018-10-18 11:09:01 | 酒造り

数日前。本年度はじめて蒸米を麹室に引き込み。精米歩合60%五百万石。

コメント

時代は変わる

2018-09-06 19:49:59 | 社会問題
先日、所用で藤枝市役所に行ってきました。
書類を交付されるまでの待ち時間にスマートホーンを持っていなかったので
待合の場所にある漫画を読み始めました。
漫画は「民暴の鷹」です。
監修は日本弁護士連合会です。
真面目ではなくちょっと不良っぽいがハンサムな熱血弁護士が暴力団におびえる無辜の民のために巨悪に立ち向かうというストーリーだと思います。
思うと書いたのは、冒頭の数ページしか読んでいないからです。

その冒頭の数ページの熱血弁護士のセクハラ発言がものすごいのです。
ちょっとこの場には書き起こせないな。

多分、熱血弁護士は、お堅い弁護士さんではなく市井の事がわかる庶民派だという事を強調するために、熱血弁護士にちょっとHな発言をさせるという表現だと思います。

でも、天下の日弁連です現在ではきっとセクハラ撲滅も大事な目標でしょう。今これを発刊したら焚書坑儒的な大炎上でしょう。

この漫画が、発刊されたのが1992年、今2018年、26年前のポリティカルコレクトネスでは、けっこうな親父的のH発言も日弁連監修時にもOKが出たのですね。

時代の流れを感じるとともに、もう一つは、ちょっと不良っぽいけど本当は頭良くて熱血漢という定型キャラが少なくなっちゃたなという懐古の念に一抹の寂しさかな。
コメント

インターナショナルワインチャレンジ 大吟醸 シルバー

2018-08-30 14:08:24 | 鑑評会 コンテスト
そういえば、すっかり忘れていましたが
インターナショナル・ワイン・チャレンジで大吟醸がシルバーでした。
出品料が高いので、大吟醸1点しか出品していません。
出品1、内シルバー1なので良しとしておきましょう。

http://www.sakesamurai.jp/iwc18_medal.html


⑥の大吟醸の部のところにあります。
コメント

第275回稲毛屋地酒の会

2018-08-29 13:57:39 | 志太泉が関わるお酒の会やイベント
8月28日に開催された第275回稲毛屋地酒の会は、志太泉の会でした。
全275回中、志太泉の会は、11回で約4%を占めます。
69名のお客様が参加され、志太泉単体の会では最大規模です。
お酒もH29BYを中心にたくさん出品しました。
レアなお酒といえば、H19BYの愛山とH29BY愛山生原酒です。
それぞれの魅力がありました。
コメント

職人杜氏トークライブ2018 8月26日

2018-08-24 13:23:23 | 志太泉が関わるお酒の会やイベント

急なお知らせですが、志太泉酒造の西原杜氏が、新宿で開催される「職人杜氏トークライブ」にトーク参加します。

蔵元は、清水で船に乗っています。

蔵元も、トークライブを聞きたいと言ったら嫌がっていました。

https://nihonshucalendar.com/show_event.php?id=8vkbdkk8215pmjil7g71e94j5o
コメント

平成30年度蔵人募集についてと製造部求人について

2018-06-20 08:16:32 | 酒造り
平成30年度秋からの蔵人季節募集は終了しました。

志太泉の製造部(瓶詰作業主体)としては、引き続き将来的に蔵の中核となる人材を探しています。
ご興味がある方は、ご連絡ください。
コメント

平成30酒造年度蔵人募集

2018-06-04 11:12:51 | 酒造り
今年も蔵人1名募集します。

平成30酒造年度(今年の秋から)の季節雇用の蔵人を募集します。
募集人員 1名 期間 平成30年10月上旬頃~平成31年4月初旬頃(季節雇用)
資格 特にないが、健康で身体が頑強な人
年齢 20歳以上~概ね50歳くらいまで 経験 全く経験がなくても可能ですが、その場合は苦労すると思います。経験者(即戦力)歓迎します。
その他 志太泉は能登杜氏ですが、経験者の場合は杜氏集団は問いません。原則蔵に泊り込みの作業となります。 (地元の方で通勤を希望する場合は応相談)。喫煙者でも可能ですが、採用において、応募者の他の条件がほぼ同じの場合非喫煙者を優先します。
社会保険、雇用保険、災害時共済保険に加入します。

※平成31年4月酒造り期間が終了後、年間雇用への転換についてはご希望があれば検討します。現時点での確約はできません。

その他、詳細は、お電話でお問い合わせください。電話054-639-0010(担当 望月雄二郎)
コメント

第114回能登杜氏(とうじ)自醸清酒品評会

2018-04-26 13:45:58 | 鑑評会 コンテスト

能登杜氏(とうじ)自醸清酒品評会「吟醸の部」で5位になりました。

詳細は北國新聞のサイトへ
(石川県では日本酒を文化と意識してくださっているのか、あるいは酒造業が産業として認めていただいているのか北國新聞が品評会を後援してくださっています。)

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20180425002.htm

ところで、能登杜氏の品評会は、何位入賞というだけでなく、下のリストのように特別賞として様々な機関から表彰して頂けます。
今年の5位入賞は、「石川県杜氏振興協議会会長賞」となります。
私は、この仕組みの古色蒼然とした趣きが好きです。

コメント

愛国田植え2018

2018-04-24 09:52:07 | 酒造米

2018年愛国の田植えを5月13日(日)に行います。

詳細は下記のPDFファイルで
http://shidaizumi.com/rice/aikoku/aikokudayori2018.04.pdf

現地の地図は下記のPDFファイルで
http://shidaizumi.com/rice/aikoku/aikokusaibaimap.pdf

コメント

藤枝おんぱく2018 志太泉関連まとめ

2018-04-17 16:26:50 | 志太泉が関わるお酒の会やイベント

「おんぱく」とは、温故知新博覧会の略語で、藤枝市で4月下旬から6月上旬まで
多彩なジャンルの少人数での体験型イベントが断続的に開催されます。

志太泉は、立ち上げの時期からずっと参加させて頂いております。
なぜか昨年から3つのイベントに関わるようになりました。

★志太泉主催イベント。
新緑の志太泉の蔵元で味わう「一日日本酒講座」各6名で4回。一日で完結。
5月11日(金)5月12日(土)6月1日(金)6月2日(土)
※現在キャンセル待ちとなっております。
朝から午後まで、ずっと日本酒について学びます。
日本酒の理解への切り口は、米、水、製造法、利き酒、食べ物との相性体験、ラベル、日本酒の歴史等です。
学びの内容としては分量は十分あるかなと思ってます。
一応SSIという(日本酒の)利き酒師の団体の標準的なプログラムは踏まえています。
(そのため、参加者のうち希望者は日本酒ナビゲーターという日本酒愛好者のための民間資格が取得できます。但し認定料は有料。強制も推奨もないので希望しなければ取得する必要は全くありません。)

☆志太泉参加イベント。
①4月28日(土)
旬を食べ尽くすツアー 志太泉・助宗編(藤枝)
助宗の誉富士農家の大塚さんの田んぼやオリーブを見て
宮原の志太泉で蔵見学して
最後は藤枝駅前の鼓童(こわっぱ)でお酒を飲むイベントです。
志太泉もいっしょにお酒を飲んで酔います。

5月5日(土・祝)匠の競演リターンズ まぐろ×日本酒×役者
藤枝駅前おさかな亭で
鮪の匠「魚時会館」石上社長。
日本酒担当「志太泉」望月雄二郎。
役者担当「個性派俳優」石上亮。
の繰り広げる夢の時間。内容はお楽しみ。

詳しくは、藤枝おんぱく2018公式サイトへ
https://shizuoka-onpaku.jp/fujieda/

 

コメント