星を見ていた。

思っていることを、言葉にするのはむずかしい・・・。
良かったら読んでいってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

医者いらず

2018-01-30 12:29:45 | 日替わり
昔の実家にアロエが生えていて、母は、医者いらず、と言っていた。火傷のときに貼るといいとか聞いていたが、あれを飲まされたことがある。


兄が幼い頃小児ぜんそくを持っていて、夜中に発作を起こして病院に連れて行ったりしていたようだ。それで喘息に良いものはなんでも食べさせようと思っていたのか、アロエの擦ったものを飲まされたことがある。私は風邪ひとつ引かない超健康優良児であったが、何故かついでにあんたも飲みなさい、みたいな感じで飲まされた記憶がある。


もう、何とも言えない苦さとエグみと青臭さと、とにかくあれは人が食べるものではない、と思う。


その記憶があって、大人になってアロエ入りヨーグルト、などという商品が出てきたが絶対に食べなかった。なんでなんなもの流行ってんのか良く分からないと思っていた。しかしその後分かったがあれは果肉だけ使っているので、苦くもなんともない。私がおえーっとなったのは皮の青い部分だ。あんな皮の部分そもそも使わないんじゃないかと思う。母が何か聞きかじって何も考えず皮ごとすりおろしたんじゃなかろうか?


今の家にもアロエが何故かある。母が昔の家から移したんだろう。ちょっと前まで目立たなかったのだがこの数年で巨大化し、この間アロエのすぐ横の滅多に開けないドアを開けようとしたら塞がれて開かなかった。いつの間にこんかに繁殖しているのだろう。怖い。


アロエの拡がりを見ると、リトルショップ オブ ホラーズ、という映画を思い出す。根から切り落として全滅させてやりたいが、ああのさばってしまうと…大変そうだ。


やっぱりある種トラウマになってるんだな、きっと。
コメント

あと少し

2018-01-28 20:57:24 | 日替わり
今週から娘の試験が始まる。

あと少し。頑張れ。
コメント

忘れっぽい

2018-01-28 20:49:59 | 日替わり
私は記憶力も悪いのだが忘れやすさも酷い。50にも近いので歳のせいと思いたいが、若い時から忘れっぽいので元からなのだろう。



プライベートでも困るが、仕事では忘れてたでは済まないので自分なりに防御策をしている。といっても当たり前のことだがとにかくメモするなり紙に書いておく。翌日しなくてはいけないことなど机の目立つところにメモを貼っておく。仕事とプライベートを分けると言ったら聞こえはいいが、家に帰ると仕事のことは全く考えてないので、金曜日に、週明けやろうと思っていたことを月曜日の朝ころっと忘れそうで怖いのだ。



プライベートはとにかく手帳に書いておく。スマートフォンでスケジュール管理すれば良さそうなものだが、どうも馴染めない。予定もそうだが払わないといけないお金やら子供の予定やら、とにかく書いておく。



余りにも忘れっぽいので、少々心配になり一年くらい前に脳ドックを受けてみた。前から受けてみたいと思っていたが、普通の人間ドックではないので高い。でも心配だったので思い切って受けてみたのだ。結果は、何の異常も無かった。まああっては困るのだがひとまずホッとした。



滅多に風邪すらひかない私は掛かり付け医がないのだが、新しく出来た内科に去年貧血で行った。そこは内科の他に物忘れ外来というものがある。もっと年を取って怪しくなったらそこで診てもらおうと思っている。





コメント

路地裏が好き

2018-01-28 06:41:45 | 日替わり
散歩が好きである。歩くのが苦にならないので知らない場所を歩くのも好きだ。旅行に行った時は観光地を観て廻るのもいいのかもしれないが、馴染みのない土地の、普通に暮らしているであろう場所を歩くのもいいと思う。ただ普通の住宅地など余所者が歩いていると不審者と思われないかなどと思う時もあるが。


自分の住んでいる近所も意外と駅までのルートとか決まった道しか通らないのでたまに違う路地を通ると色々発見がある。


この間元旦に氏神様までお参りに行ったが、その道は年に一回、つまりお正月しか通らないのでその一年の間に家が建て直っていたり空き地になったりと変わっていた。


子供が小学校に上がったとき、その学校は自分も通っていた学校なので凄く久しぶりに通学路を通った。いちばん驚いたのは、昔はもっと路が広かったように思っていたのだが随分と路が狭く感じたこと、それからあまりの変容振りに一瞬この道で合っていたっけ、と迷ったことである。道は単純な行き方なので間違えようが無いのだが、余りにも空き地やらなんでもない土地があった場所に家やらアパートやらがびっしり建っていて、以前はもっと隙間のあった空間が違う場所に見えてしまったのである。でも中には昔からあるお宅もあり、やはりここだった、と思ったのだが。


近くの森のある公園も、子供が保育園の時は毎週のように行っていたが、最近ずっと行かなくなった。秋は紅葉、春は桜、と中々趣のある公園なので土日などちょっと散歩に行こうかなと思う時もあるのだが、なんだかんだと行ってない。


歳とったら犬を飼うかなあ。そしたら無理矢理にでも散歩に行くだろう。私が死んだらワンちゃん子供が引き取ってくれればだけど。
コメント

冷凍庫で遭難

2018-01-24 08:21:31 | 日替わり
週末に買い物に行き、一週間分の食料を買ってくる。野菜は野菜室、ストック品は戸棚、肉、魚はその日に使わないものは冷凍庫、それ以外は冷蔵庫にしまう。



一週間献立を考えているわけではなく、だいたいの物を適当に買って毎日献立を考える。肉や魚は店に行ったらお買い得になっている物を優先して買い、それから何となくこれなら何が作れそうと思いながら他のものを買っている。野菜は季節のものを買っているのでだいたい毎回同じような物しか買ってない。



買ったものは一週間で使い切らないと、と思うが冷凍にしたものはまあいいとして、冷蔵庫の物は、子供が夕飯いらなかったり自分が飲み会になったりで、やはり余ることも多い。朝ふと冷蔵庫を開けたとき、使うつもりでいた食材の賞味期限が切れそうになっているのを発見し、時間が無いのでまいっかと取り敢えず冷凍庫に避難させる。



また餃子を作った時など、皮が足りなくなって具だけ残る時がある。何となく、今度餃子作る時にこれも使えばいいかと、やはり冷凍庫に避難させる。



と、そんな風に冷凍庫の中には一時避難民達がひっそりと待機しているのであるが、数日は頭の片隅に、あれが入ってると思っているのであるが、そのうちにスッカリ忘れ、しまいには、これ何だっけ?となるのである。



冷凍庫を整理したりすると、そのような物が奥から出てくる。使えそうな物はレスキューして使うが本当に何時のものか不明なものもありさすがに廃棄する。ちなみに餃子の具は再利用したことが一度もなく数回捨てているので、もう餃子を作るときは具を少な目に見積もって作るようにしている。


だいぶ以前よりスッキリしたとは思っているけど、まだまだダメだな。
コメント

涙活

2018-01-23 07:06:32 | 日替わり
るから始まる言葉って少ない。この日替わりシリーズを始めてから、ほぼ毎日のように○○から始まる言葉、っていうのを検索している。しかし、る、ってないなあ。



で、涙活とは、意識的に泣くことでストレス解消を図る活動、なのだそうである。私はこの言葉をちょっと前まで知らなかったが、辛くて辛くてにっちもさっちもいかない時に、愚痴を言える相手が居なかったり、そんな余裕もないくらい切羽詰まった時は、ああ一人になって泣きたい、と良く思った。これも涙活なのかもしれない。



自分の実体験から言えば、効果はあるかもしれない。少しは心が落ち着く。誰も自分が大変だとか苦しい立場にいるって分からないのだから、自分が自分を大変だね、と思ってあげて、泣いていいよ、と言ってあげても良いのではないか、と最近思う(だって本当に誰にも言えないし)。



感動的な映画を見て涙を流したり、なども良いらしい。感情が揺さぶられて流す涙に効果があるのだろう。でも体というか心が本能でそれを分かっていて、悲しい時は悲しい映画を見たくなるし悲しい歌を聴きたくなるような気がする。悲しいときに元気になるように明るい映画を見たいとは思わない。私だけかなあ。



週末の昼間ドキュメンタリーの再放送をしていて、戦争で被害にあった女性達の証言やらを聞いていたらあまりの壮絶さに涙が出てきた。あまりにも酷く、言葉もない。涙活にはこれは関係ないけど本当に悲しいし酷いと衝撃を受けた。私くらいの世代までは今の若い人より戦争体験を聞く機会がまだあったと思うが、あまりに酷かったことは語られていないのだろう。あまりの内容に衝撃を受けるがやはり後世の者達は知っていなければならないと思った。
コメント

リッチな朝食?

2018-01-21 11:42:16 | 日替わり
年末にいつも寄る駅前のスーパーで、クレープの生地が12枚入ったパックを見つけ、フランス産だしレンジで10秒チンすれば良いだけだし原材料もシンプルで余計な物が入っていないし、と購入した。お正月三が日って朝お雑煮を食べて昼間それほどお腹が空かないけどコーヒーなんか飲みたくなって、すると甘いもの食べたくなって、と毎年なるので、お茶請けに良いかな、と思ったのだ。



生クリームにバナナとチョコレートソース(買い置きがあった)を巻いて食べたら美味しい!娘はもう少し小さい頃何処かへ出掛けるとクレープを食べたがったが(あとホットケーキ、あ、パンケーキ?)、私も美味しそうだなと思いつつ案外外で食べたことは無い。こんなに美味しいのね、と思ったが、12枚のうち私が食べたのは2枚だけ。後は娘がほぼ食べた(らしい)。



それまで店舗で見たことが無かったので、年末だから売っていたのかな、と思っていたがまた一昨日見かけた。しかし意外に高かった。千円近くする。年末は御用収めの飲み会の帰りにほろ酔いでスーパーに寄り、バスの時間があったのでろくに値段を見ないで買っていた。せいぜい4、5百円かと思っていた。ちょっと高いなあ、と躊躇したが20パーセント引きのシールが貼ってあり、でも賞味期限はまだまだ先だったので、いっか、と買ってしまった。あ、ちなみにこの日も飲み会帰りだったな。


話はそれるが飲み会の帰りって、何となく子供達にお土産を買って行きたい気分になるのは何でだろう。この日も年末も、別に会社の強制参加の飲み会で全く嬉しくない飲み会だったので別にお土産と思った訳じゃないが、個人的な友人との飲み会の時は、何となく自分一人美味しい物を飲んで食べて気が引けるというか、ちょっと甘いものでも買って行ってやろうかね、という気分になるのである。


で、クレープはどうせならと思い生クリームも一緒に買っていって、何だか余分な出費だが、まあいいか、小洒落たカフェでお茶なんかしたらこんなもんじゃ済まないからね、と自分を納得させ帰った。


まあこんなんで幸せな気分なら安いものだ。


コメント

楽観主義

2018-01-18 12:34:09 | 日替わり
自分はもともと後ろ向きで怖がりで心配性で、つまり消極的で物事を悪い方悪い方に取ってしまう質だと思っていた。勿論今もそういう傾向はある。でも歳をとるごとにあまり細かいことがどうでも良くなってしまったというか、割と楽天的に物事を捉えるようになった気がする。



職場の人には悩みが何も無くていいね、というようなことを言われる。正直そういう人には腹が立つ。あなたは私の何を知ってそんなことを言うのですか?と。まあ個人の色々な事情なんて大なり小なり誰でもあるだろうから、そういう時は、そうですね〜私何もストレス無くて〜と笑って返すが。



でも良く良く考えてみると、特にこの2、3年くらいは確かに楽天的な性格に変わってきたような気がする。何かあっても、どうにかなる、と思う。子供もほとんど手が掛からないくらい大人になったし、もし今私が死んでもこの子達は何とか生きていけるだろう、という年齢になったのでそれもあるかもしれない。それは自分の老後とか母のこの先とか懸念事項は有るけれど、一番の心配していたのは子供がもう少し小さい時、私が働けなくなったら、とか私が病気になったらこの子達困るだろう、というものであったから。片親はそれがいちばん怖い。



元夫と別居して離婚して調停してそして母が倒れ、とこの7,8年前から3年前くらいが先の見えないジェットコースターに乗ってしまったような感じだったので、この2年程は本当に平和だと思う。


この先も人生なにがあるか分からないのに、こんなに平和でいられるのは、もしかしたら根が能天気だからなのかもしれない。
コメント

洋服がおばさん化

2018-01-17 12:29:57 | 日替わり
最近つくづく思うのだが、自分の洋服が何だかとてもおばちゃん化しているような気がする…。まあアラフィフなのだから正真正銘おばちゃんなんだけど、若作りしたいとは思わないけれど少しでも小綺麗な雰囲気でいたいという思いもある訳で。


もともとオシャレじゃないけれど、冬はダウンコートを着て、大判のマフラーをぐるぐる巻き、靴はもうヒールなんてとんでもなくブーツである。



いつからこのスタイルになったのかと考えると、もう少し若い時はダウンを着なかった。モコモコしているしお洒落じゃないなあと余り好まなかったのだが、冬の京都に行くためダウンのコートを買ってみたら、もう暖かくてダウンの無い冬は過ごせなくなってしまった。



ブーツも朝の通勤の風が通り抜けるホームで電車を待っていると、パンプスなんてとんでもない。ブーツを履いていても寒くて足が強張ってくる。真冬でもピンヒール履いてストッキングでさっそうと歩いている女性がいるが、無理、と思ってしまう。自宅から駅まで歩くのでそれもありヒールのあるものも履けない。



マフラーもスッキリしたコートにセンス良く巻いたら素敵なんだろうけれど、ダウンを着て厚手のマフラーを巻くともう何だかセンスも何もあったものではない。雪国のおばあちゃん(想像)みたいである。



つまりお洒落って我慢なんだな、と思った。快適さと見栄えの良さを両立するのは中々難しい。それと私のセンスの無さが問題。


次にコートを買うときはダウンじゃないものにしようかなとちょっと考えている。


コメント

雪に憧れるけれど

2018-01-16 12:34:34 | 日替わり
先週はニュースを見ると、雪の降る地方では強い寒気の影響で尋常ではない降雪量だったらしく車が立ち往生とか電車が動かなく1時間とかもう災害レベルではないかという程雪の被害があった事が伝えられていた。



一年にまともな雪なんて数回降るか降らないかの場所に住んでいると、あの雪の被害は想像出来ない。本当に住んでいる方は大変だと思う。



一面雪景色を見てみたいなどと以前の記事に書いたが、ああいった大変な事が分かってないから言ってしまうんだろうな、とちょっと自分の能天気さを反省した。



しかし思うのだが、雪の多い地方で高齢でご夫婦とかお一人で暮らしている方は雪掻きはどうしているのだろう。体が丈夫なうちは良いが体力が厳しくなったらどうするのだろう。買い物や病院などもどうしているのだろう。車だって雪国の人は雪の中を運転するのは慣れていても車にだって雪は積もるし出すのにも大変だろう。雪の降らない地域に居たってお年寄りは生活も色々大変だろうに、雪国の人はさらに大変だろうなあと思ってしまう。


受験生も大変そうだった。試験の時期をずらしたらいいのに、なんで毎年毎年厳冬期なんだろうと思うが、そう年度始まりの関係で簡単には時期をずらせないのであろう。



今日は気温が高く、北海道では積もった雪が雨で大分溶けたみたいだ。気温が高いと雪崩とかの危険もあるのだろうなあ。本当に大変だと思う。








コメント

やれやれ

2018-01-16 07:04:32 | 日替わり
今娘が受ける大学の出願期間になっているので、先週今週末に大体の届け出をした。今時の大学はウェブ出願が大半なので、自分のパソコンを持っていない娘は週末私の部屋でパソコンとプリンターに苦闘していた。パソコンは娘は娘のアカウントで勝手に使って良いことになっているが、アイフォーンを持つようになってからはほとんど使わなくなった。出願もスマートフォン出来るがプリンターと接続出来ないし、何だか入力間違いしそうなので、やはりパソコンが良いであろう。


といっても、毎日帰ってくるのは11時だしパソコンが何故か異常に動きが悪い日があったりでなかなか進まず、まあ途中からは慣れもあってサクサクいっていたようだが。


学校によって若干差はあるが、写真もデータで添付など便利なようだがうちの子のようにアナログな子には紙ベースがいいのだろうか。端で見ていてあまりの遅さにイライラするが、自分の事なのだからと当たり前だが自分でやらせた。とりあえず書類は間に合うように出せたのでひとまずほっとした。


結構受かるとか受からないとかそれ以前に、こういった手続きが出来るかとか会場にきちんと行けるか、などと心配してしまう。


あと一ヶ月。頑張れ。
コメント

もっと早く使えば良かった

2018-01-14 09:35:02 | 日替わり
タンスの奥をふと見たら、3、4年前に買った毛糸のパンツが出てきた。娘が制服のスカートの下が寒いというので買った時に、3枚幾らで売っていたので一枚私が家にいる時使おうと買ったのだった。すっかり忘れていた。



素材がモフモフしていていかにも暖かそうなのだが、これを履いて上にスカートなりズボンを履くとウエストがあまり細くない私は凄いことになりそうで、やはり家でしか使えない。家の中はそれほど寒くないので結果タンスの奥に潜っていたのであろう。



しかしこの数日の寒さといったら、暖房を25度くらいにつけていても生温く感じる。朝起きるのもつらい。毎朝らあー、タイマーでエアコンセットしとけば良かったと思う。自分の部屋ではホットカーペットから離れられない。私がよく見ているブログのネコちゃんは床暖房エリアから離れられないらしいが、私には良く分かる。もう冬中ホットカーペットの上で暮らしたいと思う。


それで目に付いたその毛糸のパンツをパジャマの下に履いてみた。これは凄い。劇的に暖かい。もう何年も着ているパジャマのせいか、私の胴が長いせいかお腹がよく出るのである。夜中に気になって仕方ない。パジャマの下に肌着も着ているが、何故かお腹がスースーする感じがする。この毛糸のパンツのお陰でもうお腹周りがっちりガードしました!って感じがする。頼もしい。


あー、もっと早く使えば良かった。洗い替えも買っとこう、と思うほどである。なんで忘れてたんだろ。


去年から使っている、モフモフした肌触りの毛布と敷きパットも暖かい。あの、布団に入った時のひやっとした感じがない。あー、幸せ、と思う。


でも布団から出れないのが難点。
コメント

滅多に風邪も引かないのに

2018-01-13 08:35:42 | 日替わり
夕方息子から、熱があるから仕事帰りに飲みもの買ってきてとラインが来た。この時期に来てインフルエンザか、と思い、受験期の娘に移ると大変だし明日すぐさま病院連れてかないと、など色々考えていたら病院は自分で行ってインフルではないと言われたと言う。



行くのが早すぎて反応でなかっただけで実はインフルなんじゃないのか、等と過敏に反応してしまう。これが去年とか来年の話ならもう大人だしさほど気にしないのであるが、下の子の受験がある。今これから本番なのだからやはり移ってもらいたくない。まあ電車の中や学校や塾など人が多数いる場所は他にもあるのだからどこで移るかもしれない可能性があるもあるのだが。



しかし、息子は生まれた時は昔なら未熟児と言われたんじゃなかろうかと言うほど小さく、私が仕事に3ヶ月で復帰したのでミルク育ちだし、ミルクもよくこの量で生きていられるなと言うほど少量しか飲まず、成長期め少食で他所の男の子さん達のように1日4食とか丼飯おかわりなんてことは程遠く、文字通りもやしっ子みたいな体型をしているが不思議と丈夫である。娘は逆に一年育休を取ったので完全母乳で育て、赤ちゃんの頃から丸々太って、ガツガツとご飯も食べているが意外に弱い。保育園も何だか万年風邪っぴきみたいにしょっちゅう休んでいたし、肺炎で入院もしたし、何かと病院に行っている。男の子は体が弱くて女の子は割と丈夫よ、と良く聞くがうちは逆である。



そんな滅多に風邪をひかない息子がなんでこの後に及んで熱なんだろう。本当にただの風邪なら良いが。



今朝はセンター試験に娘は出掛けて行った。国公立は受けないがセンター利用の私大を受けるらしい。うちの地域は雪は関係ないが雪の多い地域の子達は大変だろう。無事に受けられますように。


コメント

胸が違うだけで…

2018-01-12 07:08:56 | 日替わり
娘と私は顔立ちや背の高さ等は結構似ているが、当たり前だが明らかに似てないところも多々ある。最近思うのは胸のサイズが全く違う事である。



私はもう、はっきり言ってフラットに近いのであるが、娘はそこそこある。あの子は私の洋服を無断で良く着ていくが、胸のサイズが違うとこんなにも洋服の雰囲気が変わるものなんだというのが最近分かった。私は好んで、割と体にフィットしたタートルネックのセーターを着ていたのだが、娘が私のセーターを着ると何かまったかく違うのである。娘も実際着てみるとイメージと違うらしく、やっぱいらない、と返してくる。



通販で良く服を買うが、あまり胸囲を気にしたことが無かった。どちらかと言うとウエストはきついかも、とか股下が長い、とかはあるが上半身は割と大丈夫だし胸よりも二の腕がキツイとかのほうが気になる。娘が受験で忙しいので代わりに通販で服を頼んだりしたが、身長と体格だけ考えると私と同じサイズで良さそうなものだが、胸囲を考えるとワンサイズ上かなと思ったり。今までそんな事考えて服を買った事がなかったので、何というか新たな発見だった。


若い頃は胸の豊かな人に憧れ、人並み?にパット入りの下着など愛用してしていたが、最近まったく気にならなくなった。歳のせいかな。
コメント

みかんの効用?

2018-01-11 06:57:20 | 日替わり
年末12月にまた実母からみかん一箱が送られてきた。子供達は果物が好きなので有難い。娘は今受験期なので風邪をひかないかインフルエンザにならないかとハラハラしてしまう。今のところ乗り切っているが、あと約一ヶ月このまま無事に行って欲しい。


風邪予防のためにも毎日みかんを食べさせたいと思っていたので丁度良かった。私が子供の頃は冬になるとみかんが箱で買ってあり、お菓子は厳しく制限されていたがみかんは特に何も言われなかったので3つも4つもいっぺんに食べた記憶がある。大人になって分かったが、みかん一箱はかなりの値段がする。みかんに限らず果物が高い。なのでお正月ように年末しか買わなくたってしまった。しかもみかんの箱が昔より小さい気がする。実母から送られてきたみかんは昔のサイズの箱だった。


大人になると、あまりみかんを食べたいという気にならないのはどうしてだろう。ビタミン摂取のために食べたほうがよかろうと思うがあまり積極的に食べたいと思わない。


娘は毎日数個食べているようである。そのせいかどうか分からないがお腹も便秘解消にはなっているらしい。とにかくあと一ヶ月弱、がんばれ。
コメント