星を見ていた。

思っていることを、言葉にするのはむずかしい・・・。
良かったら読んでいってください。

苔ツアー②

2018-08-26 11:38:04 | 日替わり
家に帰り上の子(大3男)にその苔寺の様子を話した。


すると結構インスタグラムなどに苔を接写した写真をアップされたのが最近よくあるのだそうだ。


苔を森に見立てたりするそうなのである。息子は植物関係の学科にいるのでそういう子が周りにいるだけなのかなと内心思っていたのだが、翌日朝ぼけっとテレビを見ていると、某番組で朝園芸のテレビをやっていて特に興味はないのだが何となく見てしまうことがあるのだが、まったくいいタイミングで苔の特集をしていたのである。


苔を、小さなガラス瓶に入れて箱庭ではないけれど小さな世界感を表現するものらしい。牧場に見立てたり森に見立てたり、そこに小さな人間の模型とか小道具を配置したり。そういったことを教える教室もあるそうなのである。


苔はものすごい種類があるそうなのだが、性質は様々なようで、置く場所の環境に合わせて選んだ苔を色々とアレンジして作るそうだ。手入れもあまりかからないのでインテリアに部屋や仕事場に置くのに適しているらしい。
なかなか面白そうだった。

今回の京都ツアーは天気がいまいちだったけれどなかなか癒された旅だったな。
次はいつ行けるのやら。
コメント

混雑が嫌い

2018-05-24 12:32:13 | 日替わり
ゴールデンウイークの最後の方でプラド美術館展を見に行った。
だいたいこういうのは混雑していてゆっくり見れない。平日に行けるわけもないし、GW中はどうだろうと迷ったが、開館時間直後ならいいんじゃないかと思い休みの日にしては早く家を出た。いつも夕方とか期間間際とかに行くから余計混んでいるのかもしれない。


やはり開館直後ではないものの、いつもよりはかなり空いていた。チケット売り場がそもそも並んでいない。わーいと思って中に入ると中はやや混んでいた。でもちゃんと絵を真正面から見ることが出来るし、かなり大きいサイズの絵もあったのだが離れてみることもできた。


いちばん気に入ったのは、聖霊降臨、という作品。大きい作品でこれを見ている場所はかなり空いていて、じっくりいつまでも見ていることができた。


一時期、あの混雑が嫌でこういった大規模な美術展は行かない時期もあったが、やはり何百年の海外の作品なんて現地に行かないとなかなか見れない。だから最近はやはり見に行かないと後悔する、と思って行くようにしている。


もっと勉強しなきゃな。
コメント

のんびりした

2018-05-21 06:32:51 | 日替わり
旅行サイトのポイント期限が過ぎそうで、勿体無いから思い切って一泊泊まりに行くことにした。




のんびりした週末だったな。
コメント

結果はどうであれ

2018-02-13 06:54:53 | 日替わり
今日で娘の入試の最後の一校が終わる。結果はまだこれからだけれど、親としてはインフルエンザにも掛からず、大雪にも見舞われず、何とか全て受けることは出来そうなのでひとまずホッとしている。


明日から本命の結果がぼちぼち出始めるけれど、終わったものは仕方ないから後は待つばかり。


さてどうなることやら。
コメント

悔しいけど

2018-02-09 07:03:56 | 日替わり
きっといつか人生で役に立つと思う。
頑張れ。
コメント

気づかい

2018-02-08 12:36:47 | 日替わり
娘が昨日の試験会場で時計を忘れたらしい。おっちょこちょいの子なので会場にはだいぶ前に着くようにと言ってだいぶ前に着いているはずなので、購買に行き、安い時計が売っていたので買ったそうである。


レジをしていたおばちゃんが、時計忘れちゃったの?と声を掛けてくれ、そうなんです、と娘が答えると、頑張ってね、と言ってくれたそうだ。その一言でどれだけ娘は勇気付けられただろう。


その件もある、すごく良いイメージで帰ってきて一気に話していた。


なんか、ほっこりしてしまった。ありがとうごさいます。売店の方。
コメント

かまっていられない?

2018-02-08 12:22:39 | 日替わり
娘が試験を受けに行くのに、寒いから私のダウンジャケットを貸してくれと言う。そのジャケットは確かにダウンの密度が違うというかかなり暖かく、私もだいぶ気に入って着ていたが、かれこれ10年くらい前に買ったものだし、今のよりダウンがモコモコしている感じがしてさすがにこの数年私も着ていない。そんな古いの着ていいの?と聞くと、え、全然大丈夫、と言ったがやはり迷ったらしく自分のコートを着て行った。


だが会場が意外に寒かったらしく次の試験の時には着て行ったようだ。凄く暖かかったと言ってその後の試験には立て続けに着て行った。



今まで何回も寒いならダウンのコート買ってあげようか、と言っても嫌だと拒んできたのに、さすがにオシャレになんか構っていられなかったのか、着てみたら案外違和感無かったのか知らないが、親としては風邪やインフルエンザになられては困るので何でもいいから暖かい格好をしてほしい。


だいたい皆んな自分のことに一杯一杯で人の格好なんか見ていないだろう。毎日前髪だけ巻いているようだがそれも時間が勿体無いから止めればと言っていたがどうしてるのだろう。出掛けるところを見てないので分からないが。


あとちょっとで幾らでもオシャレなんか出来るんだから。
コメント

お天気にドキドキ

2018-02-08 06:58:31 | 日替わり
北陸の方では記録的な大雪で大変なことになっているのをニュースで見た。雪国に住んでる方は本当に大変だと思う。自衛隊の方々も人海戦術で雪かきをされていて大変な作業だなと思った。早く雪がおさまると良いけれど。


こちらは雪などちょっと振るだけで大騒ぎな地域だが、今週は娘の受験が引き続きあるので天気とインフルエンザにハラハラしていた。雪は全くなさそうなので一安心である。インフルエンザはもう予防に徹するしかなく、何とか逃れそうだが油断してはいけない。



職場のインフルに罹った人はだいたい若い人ばかり。私を含めオーバー45は誰も掛かっていない。若い子の方が
弱いのかしら。皆んな予防接種はしているけれど。



節分を過ぎたら日も伸びたし気持ち春らしくなったかなと思ったが昨日からまた凄く寒い。16日連続最高気温10度を超えないらしいが慣れてしまったのかそんなかなあ、とも思う。でも今の時期いつも若干の違和感というか、陽は伸びるのに寒さは増すというちょっと不思議な感覚になる。


春まであと少し。
コメント

映画に行ってきた

2018-02-05 06:47:23 | 日替わり
黒土三男さんという映画監督の映画が気になっていたので見に行ってきた。もう7、8年かもっと前に監督の話を聴きに行く機会があって、その時に次の映画の構想のようなものをちらっと話された記憶がある。昨日見に行った映画は「星めぐりの町」という映画だか、あらすじを見てそのことを思い出したのだ。それでどんな映画になったのかを是非見てみたかった。


上映している映画館が神奈川では二ヶ所しかないので、近い方に行ってきた。映画を映画館に観に行くのは本当に久しぶりで、多分7、8年振りではないかと思う。最後に観たのが確かディズニーのミュージカル映画を小学校の娘と観に行ったのだから。



やはり映画館てなんかこうワクワクする雰囲気がいつ行ってもいいなあと思った。子供が小さい時は旦那が子供達を連れて行くことがほとんどで、今時の映画館て昔私が子供だった頃憧れていたポップコーン山盛り、でかいジュース、が当たり前のようにあって子供達は半分それ目当てもあったのではないかと思う。



映画は、黒土さんの蟬しぐれ、と同じように、豊田の自然の美しさが画面いっぱいに映し出され、正直愛知の豊田のイメージは自動車の町、としかなくて、あれ程の自然豊かな美しい場所とは思っていなかった。普通の人が普通に暮らしている場所が実はあんなに美しいのだと気づかされる。



実は観に行こうと思った理由の一つに壇蜜さんが出ているというのもあった。田舎の、昔ながらの家に昔ながらの様に暮らす主人公の娘役なのだが、バイクを乗る姿も格好良いし、それでもやはり色っぽいし素敵だった。あの人は声がとてもいいのだなと初めて気付いた。


東日本の映像なども入るのだが、しみじみと良い映画だった。


たまには映画に行こうかなと思った。

コメント

うつらないで!!

2018-02-03 11:38:01 | 日替わり
インフルエンザが流行っているらしい。今娘の受験真っ最中なのでハラハラしている。なるべく人混みは避けて欲しいので、もう塾へ行くより家で勉強したらと言っている。



職場では、若い男の子がインフルに先週なって、その数日後に若い女の子がなって、それぞれ一週間休んでいる。そしてもう一人男性がインフルに。次々に休んでいくが私は今年だけは掛かるわけにはいかない。今インフルエンザになったらもう本当に泣ける。娘は来週乗り切れば何とかなるのではないかと思っているので、この週末何がなんでも乗り切って欲しい。


雪は来週は大丈夫そうだけど…色々心配があり過ぎて早くあと10日ほど過ぎて無事に終わって欲しいな。


もうちょっと。何とか頑張って。
コメント

医者いらず

2018-01-30 12:29:45 | 日替わり
昔の実家にアロエが生えていて、母は、医者いらず、と言っていた。火傷のときに貼るといいとか聞いていたが、あれを飲まされたことがある。


兄が幼い頃小児ぜんそくを持っていて、夜中に発作を起こして病院に連れて行ったりしていたようだ。それで喘息に良いものはなんでも食べさせようと思っていたのか、アロエの擦ったものを飲まされたことがある。私は風邪ひとつ引かない超健康優良児であったが、何故かついでにあんたも飲みなさい、みたいな感じで飲まされた記憶がある。


もう、何とも言えない苦さとエグみと青臭さと、とにかくあれは人が食べるものではない、と思う。


その記憶があって、大人になってアロエ入りヨーグルト、などという商品が出てきたが絶対に食べなかった。なんでなんなもの流行ってんのか良く分からないと思っていた。しかしその後分かったがあれは果肉だけ使っているので、苦くもなんともない。私がおえーっとなったのは皮の青い部分だ。あんな皮の部分そもそも使わないんじゃないかと思う。母が何か聞きかじって何も考えず皮ごとすりおろしたんじゃなかろうか?


今の家にもアロエが何故かある。母が昔の家から移したんだろう。ちょっと前まで目立たなかったのだがこの数年で巨大化し、この間アロエのすぐ横の滅多に開けないドアを開けようとしたら塞がれて開かなかった。いつの間にこんかに繁殖しているのだろう。怖い。


アロエの拡がりを見ると、リトルショップ オブ ホラーズ、という映画を思い出す。根から切り落として全滅させてやりたいが、ああのさばってしまうと…大変そうだ。


やっぱりある種トラウマになってるんだな、きっと。
コメント

あと少し

2018-01-28 20:57:24 | 日替わり
今週から娘の試験が始まる。

あと少し。頑張れ。
コメント

忘れっぽい

2018-01-28 20:49:59 | 日替わり
私は記憶力も悪いのだが忘れやすさも酷い。50にも近いので歳のせいと思いたいが、若い時から忘れっぽいので元からなのだろう。



プライベートでも困るが、仕事では忘れてたでは済まないので自分なりに防御策をしている。といっても当たり前のことだがとにかくメモするなり紙に書いておく。翌日しなくてはいけないことなど机の目立つところにメモを貼っておく。仕事とプライベートを分けると言ったら聞こえはいいが、家に帰ると仕事のことは全く考えてないので、金曜日に、週明けやろうと思っていたことを月曜日の朝ころっと忘れそうで怖いのだ。



プライベートはとにかく手帳に書いておく。スマートフォンでスケジュール管理すれば良さそうなものだが、どうも馴染めない。予定もそうだが払わないといけないお金やら子供の予定やら、とにかく書いておく。



余りにも忘れっぽいので、少々心配になり一年くらい前に脳ドックを受けてみた。前から受けてみたいと思っていたが、普通の人間ドックではないので高い。でも心配だったので思い切って受けてみたのだ。結果は、何の異常も無かった。まああっては困るのだがひとまずホッとした。



滅多に風邪すらひかない私は掛かり付け医がないのだが、新しく出来た内科に去年貧血で行った。そこは内科の他に物忘れ外来というものがある。もっと年を取って怪しくなったらそこで診てもらおうと思っている。





コメント

路地裏が好き

2018-01-28 06:41:45 | 日替わり
散歩が好きである。歩くのが苦にならないので知らない場所を歩くのも好きだ。旅行に行った時は観光地を観て廻るのもいいのかもしれないが、馴染みのない土地の、普通に暮らしているであろう場所を歩くのもいいと思う。ただ普通の住宅地など余所者が歩いていると不審者と思われないかなどと思う時もあるが。


自分の住んでいる近所も意外と駅までのルートとか決まった道しか通らないのでたまに違う路地を通ると色々発見がある。


この間元旦に氏神様までお参りに行ったが、その道は年に一回、つまりお正月しか通らないのでその一年の間に家が建て直っていたり空き地になったりと変わっていた。


子供が小学校に上がったとき、その学校は自分も通っていた学校なので凄く久しぶりに通学路を通った。いちばん驚いたのは、昔はもっと路が広かったように思っていたのだが随分と路が狭く感じたこと、それからあまりの変容振りに一瞬この道で合っていたっけ、と迷ったことである。道は単純な行き方なので間違えようが無いのだが、余りにも空き地やらなんでもない土地があった場所に家やらアパートやらがびっしり建っていて、以前はもっと隙間のあった空間が違う場所に見えてしまったのである。でも中には昔からあるお宅もあり、やはりここだった、と思ったのだが。


近くの森のある公園も、子供が保育園の時は毎週のように行っていたが、最近ずっと行かなくなった。秋は紅葉、春は桜、と中々趣のある公園なので土日などちょっと散歩に行こうかなと思う時もあるのだが、なんだかんだと行ってない。


歳とったら犬を飼うかなあ。そしたら無理矢理にでも散歩に行くだろう。私が死んだらワンちゃん子供が引き取ってくれればだけど。
コメント

冷凍庫で遭難

2018-01-24 08:21:31 | 日替わり
週末に買い物に行き、一週間分の食料を買ってくる。野菜は野菜室、ストック品は戸棚、肉、魚はその日に使わないものは冷凍庫、それ以外は冷蔵庫にしまう。



一週間献立を考えているわけではなく、だいたいの物を適当に買って毎日献立を考える。肉や魚は店に行ったらお買い得になっている物を優先して買い、それから何となくこれなら何が作れそうと思いながら他のものを買っている。野菜は季節のものを買っているのでだいたい毎回同じような物しか買ってない。



買ったものは一週間で使い切らないと、と思うが冷凍にしたものはまあいいとして、冷蔵庫の物は、子供が夕飯いらなかったり自分が飲み会になったりで、やはり余ることも多い。朝ふと冷蔵庫を開けたとき、使うつもりでいた食材の賞味期限が切れそうになっているのを発見し、時間が無いのでまいっかと取り敢えず冷凍庫に避難させる。



また餃子を作った時など、皮が足りなくなって具だけ残る時がある。何となく、今度餃子作る時にこれも使えばいいかと、やはり冷凍庫に避難させる。



と、そんな風に冷凍庫の中には一時避難民達がひっそりと待機しているのであるが、数日は頭の片隅に、あれが入ってると思っているのであるが、そのうちにスッカリ忘れ、しまいには、これ何だっけ?となるのである。



冷凍庫を整理したりすると、そのような物が奥から出てくる。使えそうな物はレスキューして使うが本当に何時のものか不明なものもありさすがに廃棄する。ちなみに餃子の具は再利用したことが一度もなく数回捨てているので、もう餃子を作るときは具を少な目に見積もって作るようにしている。


だいぶ以前よりスッキリしたとは思っているけど、まだまだダメだな。
コメント