星を見ていた。

思っていることを、言葉にするのはむずかしい・・・。
良かったら読んでいってください。

2007.6月に思ってたこと

2011-05-01 19:19:09 | つぶやき
運命という言葉はあまり好きじゃない。自分の力では及ばない、どうしようもないことに対してしばしば使われる、それは運命だったのだから仕方がない、というような言葉が、あまり好きではない。運命と言ってしまうと、まったく本当に自分の意思ではどうしようもなく、まったく自分の手の届かない範疇のことであるような気になるけれど、そう言ってしまうことで、頑張れば何とかなるようなことまで、諦めてしまっているような気がする。

確かに、これだけ長い人類の歴史の中で、たまたま今の時代の、この国の、この両親のもとに生まれて、なんとか成長して生活している、これだけでもう何かの偶然とか奇跡と思える。そして運命とも。それなのに、人類の何千年の歴史から見たら、ほんの些細な違いを嘆くなんて、ちょっと馬鹿げているのかもしれない。

ほんのちょっと、自分の今までたどった軌跡がずれていたならば、私はあの人と会うことも出来なかった。私の生まれてきてからのすべての偶然があったからこそ、出会いがあった、そう考えたら、それは、それこそ、ものすごい確率で、私はなんて運が良かったのだろうかと感謝の気持で一杯になる。

あなたに出会えてよかった。



今もまったくそう思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加