星を見ていた。

思っていることを、言葉にするのはむずかしい・・・。
良かったら読んでいってください。

fortune cookies(15)

2009-02-22 16:15:21 | fortune cookies
「ねえ、こんなこと聞いたら怒るかもしれないんだけど」
 私はやはり、こんなことを聞いたら美沙子姉さんに失札ではないかと思いながらも、逆にこんなことを聞けるのは美沙子姉さんしかいないかもと思いながら尋ねてみた。
 「恋愛が先か、結婚が先か、って私は思うんだけれども。人の紹介って謂わば結婚が先だよね。結婚が前提っていうことだから。そんなに結婚をしたかったの?」
 美沙子姉さんは少しの間無言でこちらを見ていた。この子にむずかしいことを言っても分かるかしら、とでも言っているかのようだった。
「それはきっと、すごく好きな人がいてどうしようもなく好きな人がいて、その人とめでたしめでたしって結婚できて一生その人と離れないでいられるのがいちばんの幸せだと思うわ。でもね、」「そんなのって奇跡よ。」
 
私は美沙子姉さんの顔に少し影が出来たように感じた。気のせいかもしれないけれど。美沙子姉さんは私に対しての質問に、どうしてそんなことも分からないのかなあ、と言うような表情をして見ていた。
「そういう人もいるかもしれないわ。すごく普通に、そういう経緯をたどって結婚していく人もいれば、その自分の好きな人を離さないために死ぬような思いをする人もいるかもしれない。それに、順調に好きな人と結婚できたとしてもその結婚生活がうまくいくかもわからないわ。」
「そうだね。」
「まあ、私は根性が足りなかったのだと思うわ。そういう、恋愛に対しての。だから自分にたまたま巡ってきた運命にうまい具合に乗っかっちゃったのかもしれないな。それに、あの頃の私は、自分が誰かを熱烈に好きでいるよりも、誰かに好かれ結婚するほうが幸せになるだろうって、思い込んでいた節があったかもしれない。」
 
姉さんはハンドバッグの中から何気なく四角ばったガマ口を取り出した。たばこケースだった。
「姉ちゃん、ここ、禁煙だよ。」私は正直ぎょっとした。
「ああ、そうだった。いけないいけない。」
 美沙子姉さんはたばこは吸わない人だったと思っていた私は、なんだか意外なものを見てしまったようにそのガマ口を見つめた。
「時々隠れて吸ってるんだ。でも本当に時々。」
 姉さんはガマ口の口を開けたり閉めたりしながら呟いた。
「そうだったの。隆さんは知ってんの?」
「知ってるけど家では吸わないから。本当に、時たま。ね。」
 姉さんは口ではそう言っているけれど多分そこそこ日常的に吸っているのではないかと思った。でなければ咄嗟にこういう行動はしないだろう。
「姉ちゃんストレス溜まってるの?」
 私が聞いたところで、正直に家の事情や気持なんかを話してくれるとは思わなかったが、つい聞いてしまった。
「まあね。結婚したら誰だってそこそこあると思うけれど。でも私、呑気だからさ。」
 
私はなんというか消化不良のようなものを感じた。美沙子姉さんに聞きたかったことは、もっと本音の、本当の気持ちなんだけれど、そんなものは中々私なんかには話してくれないのだろう。いや誰だってそんなは容易く人に話すようなことはしないのかもしれない。私は美沙子姉さんの顔を何気ない風をしながら観察していた。本当は、もっともっと別の、言葉にはできない気持ちがたくさん封印されているように思えた。姉さんは良い嫁として親戚の評判もすこぶる良かった。ご主人のご両親の商売を手伝い、自分の親の面倒もよく見ていた。他に男の兄弟もいるのに、美沙子姉さんの両親はあえて養子の美沙子姉さんに老後を見てもらうつもりでいるらしかった。その為に介護の資格を取るための勉強もしているということも聞いていた。
「私は美沙子姉さんみたいに、いいお嫁さんにはなれないなあ。きっと。」
 私は無意識に本音をつぶやいていた。
「私いいお嫁さんじゃないよ。そう見えるだけ。」
 美沙子姉さんは少し遠くを見つめながら小さくそう言った。

***ご感想などコメントいただくと励みになります***
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
人気blogランキングへ
コメント

215

2009-02-17 01:01:30 | つぶやき
楽しみと苦しみ。期待と後悔。嬉しさと悲しさ。想像と嫉妬。興奮と冷静。

後悔、不安、不甲斐なさ、自己嫌悪。

でも全部流された。

残る気持はいつも変わらない。

コメント

fortune cookies(14)

2009-02-11 17:44:50 | fortune cookies
「ねえ、美沙子姉ちゃんは隆さんと結婚するとき、何が決定打だったの?」
 私はコーヒーカップを置くと、なんとなく何時も疑問に思っていたことを唐突に美沙子姉さんに尋ねてしまった。熱烈な恋愛の終焉から一転、どうしてお見合いで紹介された人と短期間で結婚することを決めてしまったのだろう、と思っていたから。
「どうしたの急に。」
 私は一瞬、まずいことを聞いてしまったかと思って言葉にしたことを後悔した。だがその割に美沙子姉さんはにこにことしてこちらの表情を伺っていた。私は少し言い訳じみた言い方で追加した。
「私ね、信次とは結婚をしたいとは思わないの。結婚って何か、自分たち同士の問題ではなくて、家と家っていうか、そういう付き合いとかが面倒になるだけって感じがして。」
 これは正直な私の意見だった。
「そうね。確かにね、もうひとつ家族が増えるというか、面倒が増えるということは確かね。」
「私は信次と一緒にいたいとは思うの。たまにとかでなくね、日常的にそばに居てほしいと。離婚した奥さんとか娘さんとか、そういった人たちに気兼ねせずにね、二人だけでいられるならそれならいいのだけど。じゃあ結婚したいのかと言われたらそうじゃなくて・・・。」
 私が本当に聞きたかったのは、どうして熱烈な恋愛関係にあった当時付き合っていた人と結婚しなかったのだろうということだった。相手のご両親の反対があったりしたのは聞いていたが、でもただそれだけで諦められるものなのだろうかと、それ程好きで愛していた人をそんなに簡単に諦めることができるのだろうかと単純に思った。

こんなこと言ったら恥ずかしいんだけど、と前置きしてから美沙子姉さんは答えてくれた。
「隆さんが結構ああ見えて押しが強かったのよ。どうしても、って。それで何だろう、自分が必要とされる場所があるのかもって思ったって言うか。」
 美沙子姉さんは少し照れているようだった。
「こんなこと言ったら姉ちゃん嫌な気になるかもしれないけど、なんか結婚することが結構早く決まっちゃったから。どうしてそんなにすっぱり決断できたのかなあ、って。」
 私には、美沙子姉さんが、自分の意思というものを押し殺して、両親や周りのいいなりになって結婚を決断したように見えたのだ。それはその前の人との婚約の破棄とか、その前の段階の既婚者とのお付き合いがあったことや、そういったことがあったために自棄になってしまったのではないか、とも思えた。自分の恋愛や人生に、自棄になってしまったのではないかと。
「どういう風に言っていいか分からないけれど、自分がいる場所、っていうのが、やっとできた風に思えたのかな。だから割とすんなり、ああ、この人と結婚してもいいやって、思ったのかもしれないわね。」
 美沙子姉さんは正直に答えている風に見受けられた。

「あ、思いだした。」
 美沙子姉さんは穏やかな笑顔でこちらを向きながら喋った。
「ずっと前にさ、里江ちゃんの家に泊まったじゃない。叔母さんが入院するとかで。」
「うんうん。」
「あの時にクッキー作ったじゃない、おみくじの入ったやつ。あれでさあ、里江ちゃんが作ってくれた紙にさ、私23歳で結婚するって書いてあったんだよね。でね、里江ちゃんは知らないかもしれないけど、私隆さんと結婚するまえに実は結婚の約束までいった人がいたのよ。それがね、23歳のときでさ、結婚が決まった時里江ちゃんのおみくじ思い出しちゃってね。」
 私は自分の聞きたい方向になぜか美沙子姉さんの話が向ってくれたので少し驚いた。
「私も覚えてるよ。私のは好きな子と席が隣になるってやつだった。私は席が隣にならなかったけど。じゃあ、その時結婚してたら、私の占い当たってたね。」
 私は美沙子姉さんの顔を少し伺った。美沙子姉さんは特に表情を変えることもなく相変わらず穏やかな面持ちで「だめになっちゃったけどね~」と笑って言った。もう、美沙子姉さんの中では、その事は感傷的になる材料ではないのだと思った。
「どうしてその人と結婚しなかったの?」
 私は自分が、子供じみたこと聞くなあと思いながらもこの機会を逃すともう二度と聞く機会はないのではないかと思い聞いてしまった。
「若かったのよね。何も分かってなかったのかな。多分。」
 私はまた、美沙子姉さんとの年の差を、最近ではまったく感じなくなっていた年の差を感じた。と同時に、これ以上深い説明はしたくないのだという答えだなと思った。
「私里江ちゃんてある意味偉いと思うわ。私が里江ちゃんだったら信次さん、だっけ、相手の人に結婚して結婚してって迫っちゃうわ。今思えば結婚なんて別に囚われる必要なんてなくて、大事なのは一緒にいるってことなのかもしれないって思うわ。形はどうであれ。結婚て、大雑把に言えば本当に家と家が結婚するようなものだもの。」
 美沙子姉さんはため息ともつかない言葉を発し、コーヒーをまた一口啜った。

***ご感想などコメントいただくと励みになります***
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
人気blogランキングへ

コメント

fortune cookies(13)

2009-02-01 10:36:08 | fortune cookies
 私がその人を、美沙子姉さんの旦那さんになる人を初めて見たときの感想は、「なぜこんなおじさんと?」というものだった。半分白髪の、スポーツ刈りがうんと伸びたような髪型、いろいろな色と柄の入ったセーター、ジーパンでなくスラックスを穿いていた。職業柄か肌が陽に真黒に焼けていた。

「私の従姉妹たち。で、この人が隆さん。」
 美沙子姉さんは両方にざっと紹介をした。私はテーブルの向こう側に並んだ二人を見て、どう見ても違和感のあるカップルだと思った。こういう人のお嫁さんは美沙子姉さんみたいな人ではなく、何というかもっと違う人がお似合いの気がした。私だけでなく多分他の従姉妹も多少なりともそういう感想を持っていたようだったが、私よりも普段から親戚とのやりとりが多い他の従姉妹達は、もう既に美沙子姉さんの旦那さんになる人に対しての、大まかな情報を持っていたようで私ほどの驚きはなかったようだった。

「新婚旅行はどこに行くんですか?」
 ひとしきり、おめでとうと挨拶したり、私達が用意した結婚祝いの品を渡したりとが済むと、美沙子姉さんの次に年長の従姉妹が隆さんに質問をした。
「あー沖縄に。3泊4日で。」
 この短い返答の中にも、この人の性格が表れているようだった。ゆっくり朴訥とした話し方は、何となく東北方面の出身の人のように思えたが、勿論この人は地元の人なのだった。けれど、ぼそぼそっという話し方ではあるけれど話すことは好きなようで、そこから先この人は沖縄の魅力についてのんびりと語りだした。私は美沙子姉さんの表情を伺った。特に困惑した感じでもなく、その訥々と話す様子を見守っている感じだった。外見上は実際の年齢よりもうんと年が離れているように見える二人だったけれど、会話をしている雰囲気はどちらかと言ったら美沙子姉さんの方がしかりとした姉さん女房のような感じだった。
  
 私がその時に抱いた印象は、あれからもう10年以上経つのだけれどほとんど変わりがなく、おっとりとした旦那さんに優しくてしっかりした奥さん、というのがこの夫婦に対して私が持つイメージとなった。うんと年上の旦那さんなら、美沙子姉さんは甘えられるのかなというのは逆だったようだ。むしろ旦那さんが美沙子姉さんに甘えているように傍からは見える。子供がずっとできなかったというのも余計にいつまでも仲睦まじいご夫婦という雰囲気を損なわないのかもしれないと思った。

 美沙子姉さんと旦那さんは、いつ会っても穏やかな雰囲気だった。熱烈の恋愛の末に結婚したカップル、という風にはやはり見えなかったけれども、結婚した当初から、もう既に結婚をして随分と年数の経っているような雰囲気を醸し出していた。美沙子姉さんから結婚生活の愚痴を聞くこともなかったし、旦那さんのご両親と同居しているにも関わらず、その不満というものも聞いたことがなかった。結婚と同時に仕事を辞めた美沙子姉さんは、旦那さんの実家の家業の手伝いをしていた。旦那さんは家業を継がなかったけれども、その兄弟が家業を継いでいたようでその店番をしたり事務仕事の手伝いをしていたようだった。家も旦那さんの実家の、狭いふた部屋だけが夫婦の自由に使える領域で、仕事に行っても向こうの親戚の人ばかりだというのに、それが苦にならないのかもしくは顔に出さないだけなのか、いつでも穏やかな顔で穏やかにおっとりと話す美沙子姉さんなのだった。

***ご感想などコメントいただくと励みになります***
にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
人気blogランキングへ


コメント