星を見ていた。

思っていることを、言葉にするのはむずかしい・・・。
良かったら読んでいってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリーム色の家(7)

2012-03-24 16:17:45 | クリーム色の家
「切迫早産です。取りあえず安静な生活を心がけて下さい。」
土曜日、2週間ぶりの妊婦健診に行くと、担当の医師はカルテを見ながらそう言った。早産、という言葉に反応して言葉が口を出ないでいると、医師はそのことに気付いたのかやや穏やかな顔になり「しばらく安静な生活をして、それでも早まりそうなら臨月になるまで入院して点滴になりますかね。」
私は生まれてこの方入院をしたことが無かった。大きな怪我もしたことが無い。このままあと数か月穏やかに妊婦生活が送れると思っていた私は事態が急変したことにどうしていいものか途方に暮れてしまった。
「仕事は?デスクワークなんで大丈夫ですか?」
真っ先に仕事のことが気になった。
「とんでもない。安静ですから仕事は当然だめです。お休みしてください。」
「お休み・・・。」
ただでさえ妊婦になったことで色々と迷惑をかけているのに、いきなり休みます、と言うのはいささか気が引けた。上司は割と情が深い人なのでいいよいいよ、と言ってくれるのだろうが、一緒に机を並べている独身のお姉さんのほうの反応を思うと気になった。
「まあお仕事もあるでしょうけれど、子供が無事生まれてくることが今いちばん大事ですから。今生まれてしまってもまだいろいろな機能が完全に出来てませんから。」
「・・・はい・・・。」
「ご主人は、今日は一緒に来てます?」
夫は今日は仕事があると言って出掛けて行った。
「いえ。今日は一人で来ました。」
「そうですか。ご主人にも協力してもらわないと。」

結局、次の週の検診で入院することが決まってしまった。今回の検診はさすがに夫が車で送り迎えをしてくれた。
「入院だって。ご主人にも話をしたいって。」
俺に?、と言いながら夫は診察室に入っていった。担当医は私に話したこととほぼ同じ説明を夫にした。
「わかりました。」
私は何となく、頻繁にお腹が張る感じからおそらく入院と言われるのではないかと予想していたので、やはり、という感じだった。夫は顔つきこそ神妙にしていたが、私に対して何か気遣うようなセリフは特に無かった。私は何となくそのことが淋しくなり、「月曜はタクシーで行くからいいわ。」と口走っていた。月曜日が入院する日だった。
「いいのか。仕事午前中だけ休んで連れてくよ。」
「いいよ。別に大したことじゃないから。」
前回の検診から2週間、夫は特に生活態度が変わったわけでも無かった。私は最低限の家事をし、昼間はほとんど座ったり横になったりしていたが、夫は食事を作ってくれるわけでもなく掃除をしてくれるわけでもなかった。安静にしていればと言っても、普通の家事程度は普通にしてもいいのだと思っているようだった。私がだらだらと家にいるのが鬱陶しく感じているのではないかと思わずにはいられなかった。
もしかしたら私が入院してしまうほうが、好きなことをしていられる、と思っているのだろうか。何時に家に帰ってきてもどこへ行っても、誰も咎める人はいない。そんなことを思っているのではないかと疑ってしまう自分がいた。



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
人気blogランキングへ

コメント (2)

クリーム色の家(6)

2012-03-10 11:32:57 | クリーム色の家
結局レシートはしばらくそのまま取っておいたけれども、私はその件を切り出す勇気がなかった。結婚式を挙げ、まだ1か月ほどしか経っていなかった。もし浮気だとして、それだからといってどうしたものだろう。ついこの間親戚友人関係者の前で結婚を誓ったそのたった一か月後に、その結婚を破断させる勇気はその時の私には無かった。
あの結婚直後のレシートの件を思い出すと、やはり今回もかなり疑わしいとしか思えなか
った。

私が相変わらずじっと空を見て佇んでいると、夫は台所に行き、冷蔵庫からミネラルウォーターを出しコップについだ。
「どこって御殿場だよ。場所はお前に言ったって分かんないだろう。泊まったのは箱根。」
夫はまくしたてるように言い、箱根の私も一度行ったことがある旅館の名前を言った。
「誰と行ったの?会社の人?」
夫はグラスを流しに置くとそのまま居間へ行きソファにどかっと座った。
「会社のほかの課の人とだよ。会社の人に決まってるだろう。いつものメンバーとちょっと違うけど。」
私が今度は夫の顔をしつこく視線で追いかけていると、夫は私と目を合わさないようにテーブルにあった新聞を手に取り、眺めていた。
「正直に言って。誰と行ったの?」
私は視線を外さなかった。横を向いている夫の顔を凝視していた。
「誰とだっていいだろう。お前に関係ないじゃないか。」
「関係なくないでしょう。昨日だって仕事の件で佐藤さんから電話が掛ってきて、私いつものように佐藤さんと行ってるものだとばっかり思っていたからそう言ったら、佐藤さん、えって感じだったわよ。電話掛ってきたってどこに行ったのかも誰と泊まっているかもわからなければそういう時困るでしょう。」
私の話をさえぎるように「佐藤から家に電話掛ってきたのか?」と夫はこちらを向いて言った。
「そうよ。携帯が繋がらないって困ってた。急な仕事があるからって。恥ずかしかったわ。何も聞いていなかった私も悪いけど。」
佐藤さんは夫と会社で同期の、私が唯一何度も会ったことのある人だった。
「誰と泊まったの?」「誰か、女の人と泊まったんじゃなくて?」
「佐藤たちと違うメンバーだったんだ、今回は。中には女の人もいたよ。だけどそれは浮気じゃない。」
私は昼間電話を掛けてきた佐藤さんの、泊まりで、と言った時の困惑ぶりを思い出した。
「こんな時期に、ちゃんと連絡とれるようにしてくれないと困る。もうすぐ8か月なんだからそろそろいつ生まれてもおかしくない。私も呑気だったけど、だいたい妻が妊娠中だったら遊びに行かないよね。」
私はまた視線を外さなかった。夫はソファから立って今度は荷物を持って部屋へ行こうとした。
「遊びじゃないよ。これだって人脈を作る仕事だろう。」
吐き捨てるように言って、居間を出て行った。
「分かった。もういい。」
私は疲れてしまった。またお腹が張ってきて息苦しくなった。



にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
人気blogランキングへ
コメント