アジア・オセアニアNews blog ~お日様とお月様の光と影~

アジア・オセアニア地域の通信社が配信する記事から『中国の領土紛争問題』を伝え日本の安全保障などのニュースブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海上自衛隊とロシア海軍が共同訓練 (NHK NEWSWEB)

2014年10月28日 | ロシアのニュース
海上自衛隊とロシア海軍が共同訓練
NHK NEWSWEB 10月28日 15時01分 

この訓練は、海上自衛隊とロシア海軍が平成10年以降、ほぼ毎年、日本とロシアの海域で交互に行っています。
15回目となる今回はロシア極東のウラジオストク沖で行われ、28日朝、海上自衛隊の護衛艦「はまぎり」やロシア海軍の太平洋艦隊の駆逐艦などがウラジオストク中心部の港から訓練が行われる海域に向かいました。
訓練は、ロシアの船が火災を起こしたという想定で行われ、双方が連絡を取り合って消火活動に当たったほか、上空から船を探し出し、乗組員を救出する訓練が行われました。
訓練はウクライナ情勢が緊迫して以来、初めて行われましたが、日本が欧米と共にロシアに対する制裁に加わり、日ロ関係にも影響が出ているなか、海上自衛隊は不測の事態を避けるため、現場レベルでの意思疎通を図ることが重要だとして例年通り行うことを決めました。
一方、ロシア海軍は、訓練の実施について「ウクライナ情勢との関連についてはコメントできない」とした上で「訓練を通じて日本との協力関係がいっそう深まることを期待している」と話しています。
コメント

北海道で日米共同訓練スタート (ロシアの声)

2014年10月28日 | ロシアのニュース
北海道で日米共同訓練スタート
 ロシアの声 27 10月 2014, 10:56

北海道千歳市にある演習場で27日、日本の陸上自衛隊と米陸軍の共同訓練がスタートした。射撃訓練などが行われる。
訓練は11月7日まで続き、自衛隊と米軍合わせて約1800人が参加する。
 訓練で使用する米軍の攻撃ヘリコプターは、船で北海道の港へ届けられ、岸壁で組み立てられた後、演習場へ向かった。
 共同訓練では、空から米軍のサポートを受けながら、自衛隊の部隊が、防衛や攻撃の訓練も行うという。
 ロシアと隣接する北海道には、日本最大の陸上自衛隊の演習場がある。

 イタル・タス


コメント