地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2度目の発作(てんかん未満)その3(最終回)

2010-11-28 19:32:57 | Weblog
漢字アタックを受け始めてから30分ぐらいでフッと意識が元通りになった
薬が少なくて血中濃度が足りてなかったとのこと
脳腫瘍が小さいから薬なしでも発作が起きる可能性は少ないけど念のため出しておこう、ぐらいのノリだったんだけど、運悪くその見通しがハズれた、てわけ
何事も注意が肝心
発作の木曜から入院、外泊許可が出て昨日土曜からうちで過ごし、日曜の今病院へ戻ってるとこ、明日月曜退院、会社へは火曜から出る
そんなとこ
特に今回は見せ場はないんだ
薬しっかりとってるんでもう発作はない
次回病気関係の日記を書くのは手術前後になるだろう
演奏もないしね
よければ書評などに付き合ってくれ
多分腫瘍のため文字を読む速さがべらぼうに遅くなってるのが悩みの種だが
以前漢字が遅かったけど今はひらがな
不思議やねえ、アタックしてくるのは漢字やのに
写真は昨日のマークン
チャオ
コメント

2度目の発作(てんかん未満)その2

2010-11-27 13:08:51 | Weblog
国立大阪医療センターでは、新主治医の先生から驚きの説明を受けた
曰わく、左脳言語野近くの腫瘍切除により、

・一時的(もしくは永遠)に言語機能が落ちる
・ごくまれに、音程がわからなくなる(歌ピンチ!ショック!)
・運動への影響はまずない(カポエイラ、セーフ)
・落ちた機能を術後リハビリで回復させる

とのことだ
リハビリは、

・数日~二週間で、手術前のレベル、がまずは目標
(それじゃこまるんだなあ、実は今、以前よりかなり落ちてる)
・手術前よりよくなることも十分ある
(先生の経験上はこっちの方が多いって、ほっ)
・数ヶ月かかったり永遠に戻らないこともある

思ってたより危険だな、全くショックがなかったわけではないが、まあしかたない
それより驚いたのは、手術中の話だ
なんと、術中に一旦覚醒させて、会話により脳のダメージを確認しながら進めるとのことだ
全くイメージがわかないな
よもやこの後すぐ実践することになろうとは、この時点では知る由もない



で、話を元に戻す
漢字アタックがブオン、ブオン、と襲いかかる度にふうっ、ふうっ、と意識が遠のく
もうだめだ!
てんかんに落ちる!
その時まあちゃんが叫んだ
「リキんで!意識を集中して!力を入れて!」
「えっ、頭に血が上ったらいかんのやないんか?」
「いや、大丈夫、ネットで調べた」
なんとか意識を保ったまま、病院2階、脳神経外科へ…たどり着けず2階上がったところでベンチにしゃがみこむ
(こういう待合いやないなんでもないところにベンチがあるような遊び部分が多いところも好きな理由の一つ、閑話休題)
さっき世話になった看護婦さんがバタバタと走り回る
私はあることに気づきキョロキョロと辺りを見回した
「どしたん?」
とまあちゃん
「右上に漢字軍団があって、時々中央に躍り出てくるねんけど、これら一切が幻なのか、それとも単語一個ぐらいの欠片が本当にあってそれが増幅されてるのか、どっちかな、と思って」
「…大丈夫よ、しっかりして」
とまあちゃんが私を抱きかかえる
後で聞くに、実はこのときの私はただウォウウォウとわめいているだけだったとのこと

これは何ですか?
と医者がピッチを取り出し問いかける
私、無言
次に鍵を取り出す
これにいたっては名前どころか使いかたも怪しかった
うーん、ちくしょう、なんでわからんのやろ、と叫び身悶えた
この頃は意識はハッキリしていた
それなのに名前がわからない
そうか、術中に確認するのはこういうことか!

つづく

写真は今朝の屋上風景
外泊許可が出たんで家に戻るとこ
その前にどうしてもラーメンが食べたくなって、珍しく並んでる
上本町、麺乃家
ちなみに国立大阪医療センター、ごはん美味いねんけどね
コメント

2度目の発作(てんかん未満)その1

2010-11-26 19:28:08 | Weblog
昨日、国立大阪医療センターを出た私はウキウキしていた
やっと日程が決まったんだ
12/13手術
肩の荷降りた、と言えば気が早すぎるけど、地に足ついたというか
それに、この病院、気に入った
古い町並みのような、探検するほどに新たな発見がありそうな不思議な作りだ
「また来月来るぜ、待ってろよ」
建物を振り返ってそう呟き、正面に向き直って進み出して、
「あれっ?」
何か違和感を感じ後返る
「どしたん?」
まあちゃんが問いかける
「いや、気のせいか…」
うまく言えないけど兎に角違和感、マトリクスに似たシーンがあったな、あんな感じ
そして気のせいなんかではないとこもマトリクス同様だ
門をでた頃、視界の右上方向に漢字アタックが出現しだす
もう疑いの余地はない!てんかんだ!
「もう駄目だ!!」
地面に崩れる
「カズさん!!」
まあちゃんが叫ぶ
死ぬとは思わなかった
でももう失神して「あーー」とか言いながら手足をバタバタしたあげく、顔面蒼白・唇紫で手足を痙攣させるのはいやだ!
漢字アタックがブオン、ブオン、と襲いかかる度にふうっ、ふうっ、と意識が遠のく
どうする、カズよ、もはやこれまでか!

つづく

注: 今は元気です
写真は病院の屋上から
大阪医療センターって、市立や府立もあって紛らわしいけど谷四にある国立のね
いや、別に来てくれって言ってるんじゃないよ
術後は記憶が混乱する
あなたのことも忘れてるかもね
コメント (4)

世界人類のために

2010-11-25 10:10:43 | Weblog
これからの人生、世界人類のために捧げよう
思い立って2日経つけどまだ気持ち変わらないから本物だろう

これまで私は自分のために生きてきた
家族のためとかもあるけど、それだって世界か自分かと言えば自分だ
仙人のような生き方が理想、俗世間から離れ、他人に迷惑をかけず、他人からも迷惑を受けない
現実はそうはいかないが、それでも、自分のために歌い、自分のためにカポり、自分のために働く、自分、自分、自分
仕事については最近はお金とかじゃなく(それもあるけど)、仕事それ自体が崇高なもので、割合じゃなくてお金もそれ自体の崇高さもそれぞれに100なんだ、という高みに達したが、それだって所詮自分のため、の枠から離れない

来月入院・手術
その間全てはお休み
万が一腫瘍が悪性でしかもたちが悪いものだった場合は万事休す、さようなら
両性だったらカムバック、そこから再開、自分のために歌い自分のためにカポり自分のために働く、自分、自分、自分
そんな人生いやだなあ、と思った
もちろん家族のために、とか、悲しむ人がいるよとか、それはそうだ
自分、自分、自分、の人生は意味がないと言っているのではない
そうじゃなくて、私が感じたのは、カムバックした後もう一度、自分、自分、自分、な人生を頑張る気持ちになれそうにない、てことだ

世界人類のために生きる
今は具体的な方法はわからないけど、きっと出来るさ
なんたって人生は長い



阪大病院で紹介状を受け取って新しい病院へ向かってるとこなう
勘違いしないでね、歌とカポエイラはガンガンやってくよ、むしろそこが起点になればいいな
写真はモノレールから
もう一人撮ってる人いたみたい、ピロロン、て聞こえた
今度こそ阪大病院よさらば
スタバのコーヒー美味かったよ
コメント

演奏報告、オイトコラサォン@ハチ

2010-11-24 23:28:56 | Weblog
1st
1.宮古の君
2.5月の高槻
3.カサフォーレバー
4.エテルナメンテ
5.ストーリートゥグローリー
6.時間の旅人

2nd
1.恋するクリスマス
2.ライフ・イズ・ミュージック
3.かなで
4.ココロのキョウダイ
5.トキンサンバ
6.我が心のインタープレイ8



コード譜面広げてるのにコード間違えまくる
上野さんの音を聴けない
いやはや、やりなれない曲やると俺の実力こんなもんやね
来月もいつもどうり最終水曜日がオイトコラサォン
私が無理な場合もオイトコラサォン名義でハチオールスターズ率いて上野さんがキメてくれる
男気感じるよ
感情

来てくれた人やらメッセージ送ってくれた人やら(遠くは中国から)
感謝
コメント

カポエイラの秘密

2010-11-22 21:10:28 | Weblog
話はずいぶん遡る
我がコハダン・ジ・コンタス大阪、秋のカポエイラ合宿イン淡路島、宴会にて
プロジェクタに映されたカポエイラ映像、なんだか殺気立っててバタバタと派手に転がしあってる
コハダンではないようだ
思わず声を荒げた
「なんて攻撃的な団体だ!悪者め!」
ところが先生、
「これはトーナメントやからね」
えっ?カポエイラに試合があるのか?
まさか相手を転がしたら勝ちとか?
「いや、転がせばええってわけではないです
横に審判がいるでしょう
彼らはみなメストレ格です
彼らがちゃんと見てます
ねえ、ロクさん、ちょっと頭叩いてみてよ」
ロクさん、先生の頭に渾身のアタック
先生、ひょいっと後ろへよける
ロクさん空振り
(二人とも座ったまま)
「これが『引く』
もう一発来て」
ロクさん、再び渾身のアタック
と思いきや、先生の手刀がロクさんの首もとにすっと入り寸止め、ロクさん、上げた手をふり下ろせない
「これが『押す』
相手が攻撃してくるのを察知したら、とるべき行動は、『引く』か『押す』か、簡単に言うとね
二人で演武しながら流れをよんで有利な展開に導いて…
力ずくで押し倒してもそれはダメなんです」
すごい!
カポエイラは格闘技だったんだ!
我々が学んでいる舞のように美しい技の先に、哲学的ですらある格闘技の世界が広がっているんだ!



昨日、まあちゃんの運転で教室へ
(あれ以来一切運転してない)
私は見学、マークンのみ参加
病気の話とともに年内見学が続くだろうことを先生に伝えた
マークンのこと、よろしく頼む
先生がマークンに語りかける
練習しいや、君なら頑張ったらすぐ年長さんグループ(私のグループ)に入れるで
なんだかマークンすごく目をかけてもらってるんだ
実際いい生徒だと思うよ

「定年退職したら、カポエイラ教室やりたいなあ、心と体を高めあう、理想やなあ」
などとつぶやく私をまあちゃんが笑う
「定年後も働いてもらわんと困るなあ、学習塾ぐらいにしときよ
それに、メストレの帯とらんと資格もられへんのちゃう?」
それなら道場作って学習塾と兼用するか
20年あればメストレとれるように思うねんけど、ダメだったら新流派・太田流でも立ち上げよう
君もぜひ門下入りしてくれ



ビデオは手前がマークン
コメント (2)

スタンダードよさらば(上野さんへのメールFW。24水ハチライブ)

2010-11-21 00:22:56 | Weblog
上野さん
太田です
事情あり今月だけオリジナル祭りさせて下さい!
事情は当日説明します!
コード譜は会社メールに送りました!
申し訳ありませんがよろしくお願いします!

1st
1.宮古の君
2.5月の高槻
3.カサフォーレバー
4.エテルナメンテ
5.ストーリートゥグローリー
6.時間の旅人

2nd
1.ライフ・イズ・ミュージック
2.かなで
3.恋するクリスマス
4.ココロのキョウダイ
5.トキンサンバ
6.我が心のインタープレイ8

よろしくお願いしますm(_ _)m

---

阪大病院、最後の診察にて。
「逆立ちはダメ!頭に血が上るのはダメだ!」
くわっと目を見開き先生は叫んだ。
そりゃそうだ。
脳腫瘍だってのにカポエイラどころじゃないわな。
「このMRI写真を見てください。」
冷静さを取り戻し、先生は厳かに語った。
「直径2~3センチ。大きさとしてはそれほどじゃありません。
 しかし場所が悪い。
 言語野のすぐ脇です。
 おそらく既に影響が出ていることでしょう。」
はっ。私は叫んだ!
「もしや、漢字が読めなくなったり!?」
「ええ。でもそれだけじゃありません。
 読み・書き・会話などの言語機能すべて。
 更には、記憶力にも影響します。」
それじゃ、先日の漢字が読めない騒ぎは、
薬の副作用じゃなく、病状そのものだったのか!

よもや、私がこんな弱い人間とは知らなかった。
疑心暗鬼。
これまでの私のアホの数々は、性質だと思ってたが、
実は病気だったのか?
そういえばこのところアホ度が増してるのは、
病気が進行しているのか?

はっ。
ふと気付けば、来週水曜、ハチライブ。
おそるおそるギターを手にしてみる。
しかし、もはや、スタンダード曲を聴かせようという
気概のカケラも残っていない。

「どいうするカズよ、もはやこれまでか?
 はっ・・・、その手があったか!」

で、冒頭のメールと、アイナリツカマツル。
ライブでやるにふさわしくない曲の数々。
こんなの初めて。
本当の戦いが始まった!











コメント (4)

阪大病院よさらば

2010-11-19 21:05:42 | Weblog
ウミではないことがわかった
ずっと蓄膿が回ったんやと思いこんでたが違った
腫瘍だ
この病院では5月まで手術室に空きがなく別の病院を紹介してもらった
来月手術
良性悪性転移有無などはまだ不明
「子供と体操教室通ってるんですが構わないですよね」
さりげなく聞く
「まあ軽い運動なら…」
その時、同席していたまあちゃんの余計な一声
「違います、カポエイラです!逆立ちとかします!」
先生の目がくわっと見開いた
「逆立ちはダメ!頭に血が上るのはダメだ!」
ガックシ、トホホ

先週は千里セルシー祭り出演を逃した
明日は千里インターナショナルスクール祭りを逃す
年末の大ホーダ大会もダメだ
いや、別にホーダで逆立ちを披露できる腕前じゃないけど、逆立ちダメなら練習に参加できないし

最後に屋上スカイレストランで食事
来てくれた母親とまあちゃんの手前、美味しい美味しいていいながら食べたけど、正直、高い割りにイマイチだぜ
阪大病院いくなら、一階の大食堂の近くにある小さな丼・うどん屋さんがいいよ
安いし、うまいし、応対に愛情を感じるんだ

ん?なんだか俺、微妙に性格悪いな
まあ今は大目に見てくれよ
コメント

タンザニア旅行記7、ザンジバルよさらば

2010-11-18 23:11:42 | アフリカ旅行記
■9 月10 日(金)第7 日目 〔朝食〕
午後 ご自身でホテルからフェリー乗り場へ(徒歩で約15 分程度)
フェリーにてザンジバルを出発
ダルエスサラーム着 ご自身でホテルへ
夜 ご自身で音楽ライブをお楽しみ下さい。 【ダルエスサラーム泊】

---

迷路のように入り組んだ白い石材の街、ストーンタウンは、白い儀礼衣装をまとった人たちでいっぱい
子供たちも白い儀礼衣装を決め、でもやることは子供、ご近所さんを訪ねてお小遣いをもらってる
小銭だけどお年玉みたいな感じだろうか
太鼓隊の練習場横を通った
一瞬、心躍るポリリズム
一瞬で終わり、長い休憩、残念無念
建設中の巨大お祭り広場があった
ああ、麗しのラマダン明けイン・ザンジバル、わずか一日の差が致命傷、がっくしとほほ、ザンジバルよさらば!

出国手続き(!)を済ませフェリー(と言っても日本で言う高速艇)に乗り込む
来るときと打って変わって海が荒れた
マークンまあちゃんダウン
マークンに外の空気吸わそうと席を立つが揺れがひどくて扉までたどり着かず途中停止
「オエー!」
マークンが叫ぶ!
「これを使え!」
ビニール袋が飛んでくる!
パシッ!ゲロゲロ!間一髪セーフ!
「縛ってこれに入れろ!」
ゴミ箱が通路を滑って来る
シューッ、ガチャ、ポイ、ありがとう
やっぱり外に出ないとダメだ、ジェットコースターのように揺れる中マークンを抱え扉へ向かう
扉の横の爺さんが手伝ってくれてたらグラッと来て思いっきり爺さんの歯の辺りに頭突きをかましてしまった
めちゃめちゃ手応えがあった、ごめんなさい!
でも爺さん全く平気でニコニコと扉を開けてくれた
強い!流石はザンジバルの男!

外も人でいっぱい、我々は階段に腰掛け、それから到着まで約二時間、ウォータースライダー状態でずっとうっすら波をかぶってた
マークンはすぐに眠ってしまった
幸せなやつ

海が荒れてたせいか予定外に時間がかかった
ホテルについてすぐにジャタへ
荷物預けてたし、それにライブ情報をくれる約束だ
ところが鍵が閉まってて手紙があった
「太田さんへ
荷物はホテル受付に預けました」
おーのーれー!社長め!
このあと軽く3人で近くでご飯食べた後私一人ふらふら散歩
街はラマダン明けを祝って外食する子供連れ家族で賑わっていた
やっぱタンザニア料理屋で食べればよかったなー、どうしてもカルボナーラが食べたいてマークンが言って、船で可哀想だったから妥協したけど「えっ俺船で寝てたっけ?」て全然覚えてなかったしなー
音楽はみつからなかった
多分時間が早すぎた
それはわかっていた
たがもうヘトヘト
とても深夜まで待てない
断念してホテルへ戻りながらつぶやいた

「果たしてタンザニア滞在中に音楽を楽しめるのか
本当の戦いはこれからだ
それにしても、おのれ社長め
もうジャタなんて信用しないぞ」

よもや旅の後半に大きなトラブルに巻き込まれ、ジャタツアーの存在に助けられることになろうとは、この時点では知る由もない

写真はまあちゃんの手、ラマダン明け祭り仕様、現地の女性はもっと派手やけど、これもなかなかのもんやろ?帰国後も一週間ぐらい残ってたよ

なお、ダルエスサラーム中心部ではライブはないようだ
周辺の田舎というか、本当に住んでる人で賑わってる街にあるらしい
後半に似たエピソード出てくるけど、タクシーに尋ねればよいよ
彼らは知ってる
よく考えたら日本でもそう
例えばハチやホンキーやオールウェイズの3軒向こうで「この辺でライブやってませんか」て聞いても「知らない」て返るさ
でもタクシーうんちゃんは知ってる
これから行くひとは是非頑張ってくれ

次号、ルカニ村編、スタート!
コメント

薬の恐怖よさらば

2010-11-17 20:07:39 | Weblog
(この話は思い込みかもしれませんので、切羽詰まってるかたは注意願いす
薬の副作用でなく単に病状という可能性も、ないとは思いますが否定できません)

てんかん薬で一般的に言われてる副作用は、眠くなる、ボーとする、など
ただ私が処方された薬はネットですこぶる評判悪い
薬名と、「アホ化」ぐらいで検索したらうようよ出てくる
私自身が体験したアホ化は以外3つ

1.理解力低下
普通の会話は普通なんだけど、仕事上の専門的な打ち合わせについていけない
話を理解しながら派生的な内容に頭が行かない
でもこれについては微妙
もともとアホやからね
少なくともメンバーには違和感をもたれてなかったみたい(;_;)

2.判断力低下
どっち選んでもいいような簡単な選択でもものすごいパワーがいる
どうでもいいことでもいちいち力込めて行動決めてるんで精神的に消耗する

3.読解力低下
特に漢字が読みにくくなる
例えば「読解力低下」てのを見てもぱっと読めない
「読解」か「読解力」ぐらいまではすぐわかる
どうも普段は画像認識みたいな感じで切れ目を判定してるのかな?
仕組みはよくわからないけど、とにかくヨミを頭の中で再現するのに時間がかかる
「読解力低下」なら2秒ぐらいだったかな
ヨミが再現できれば意味はすぐわかる
不思議な経験

木曜まで飲んでたけどこれは変だと思った
金曜から飲むのをやめた(先生事後承諾済み)
土曜、ちょっと楽になった
でもこのときは会社休みだからかもしれないなと思った
日曜、薬の半減期72時間が経過し、はっきりした
新聞がすらすら読めて気持ちいい
月曜、火曜、仕事中も絶好調

ところがここにもう一つの変数が入る
月曜の午前にエムアールアイ受けた
その際、喘息発作予防にステロイド投与を受けた
あれって筋肉増強剤?
火曜の昼休みに軽くカポ練した際、ストレッチで膝に頭つくわ、20年ぶりに立ったまま反り返ってブリッジに移行できるわ、なんだかソウ気味にハイやし、どないなってるんかと思った

今日はちょっと反動?
もの静かなり
でももう漢字が読めなくなったりはしない
薬の恐怖よさらば

さて、いよいよ明後日金曜に結果が出る
本当の戦いはこれからだ
コメント

頑張れマークン

2010-11-16 21:38:50 | Weblog



倒れて明日で2週間
気丈に振る舞ってるが6歳幼稚園児マークンには相当なストレスだったようだ

一枚目、太陽がない
私の目の前で描いた絵
太陽がないのは珍しいから、フニャフニャしてるのが太陽だと思ってたけど、あとの絵見たらこれは雲やな
2枚目と3枚目、太陽が雲に隠れてる
まあちゃんによると太陽は子供の心理学的には父親を表すらしい
この土曜日まで、私と風呂に入りたがらない(風呂入って倒れたから)一方、一人で入ってたら「あまり入りすぎないでね」なんて声をかけに来てくれてた
純粋に喜んでたけど危機的な状況やったかも
一昨日の日曜、喧嘩もしつつ仲良く遊んで晩は一緒に風呂入って、そのあとやおら描いたのが4枚目、見事に太陽出てる

もう一つ象徴的な話
その日曜昼に、突然「バンビ」のビデオを取り出して、見たいと言った
驚いた
3歳頃以来だ
「どしたん?なんで急に?」
「んー、なんかそろそろ見たいかなあ、て…」
この「バンビ」、「強い父親」がテーマの中心をなす感動大作、かつてマークンの中で私の位置付けが重要になっていく頃に何度も見ていたものだ
今回もそういうことか?
これにて一件落着!

と思いきや、翌月曜(昨日)の朝、ゲロッた
戦ってるなあ
ごめんなあ
頑張れマークン

追伸
仕事おそなりついで、ハチセッションに寄ろうかと思い、さっきまあちゃんに相談したら、マークンが心配しまくってるぞと怒られた
ダメな父親である
コメント

今月の散髪したて(昨日)&ブログ再開宣言

2010-11-15 22:06:25 | Weblog
どうも薬があわなかったみたいで先週はきつかった
やめて4日、徐々に元気、今日は絶好調だ
(先生には事後報告、快諾得てます)
もっとも病気は病気、注意はするけどね、これからもガンガンやってくんで、みんなも頑張ってくれよ

というわけで、ブログ再開します
まずはご挨拶まで
コメント

ブログよさらば

2010-11-11 22:39:49 | Weblog
振り返れば、ああ、あの人多分てんかんやってんな、て場面に何度か遭遇してるけど、昨夜のオールウェイズスタッフの二人はかねてより霊感強い二人で(関係ない?)、強烈に遭遇を繰り返してはって、いろいろ面白く聞かせてもらった
てんかんは珍しい病気じゃない
ましてや私のはハード的な問題を治せば治る話でビビることはない
だからこのネタはそろそろ終わりにしようじゃないか
最後に一つだけ言おう
私はなんてラッキーなんだろう
死んでもおかしくなかったよ
風呂に浸かってるときに景色が鉛筆画みたいにブレて漢字アタックを受けてるような違和感を受けたけど、別に苦しくなったわけじゃなかったし、だから湯船を出たのは気まぐれだったんだ
多分まあちゃんに話しに行ったんだ
「まあちゃん、なんかへん、」を繰り返しながら風呂出たとこで落ちた
もし湯船のままならどうなったか
落ちるときは全身麻酔受けた時みたいに一瞬、あっと思う間もなかった
ラッキーなこの命、大切にせねばならない
どう考えてもストレスは最大ファクターだろう
このところ日記には仕事のストレスネタをくどくど書いてたけど、告白してしまうと、最近最も悩み続けてたのは「家族」にまつわる話
冬だ
入院、手術だ
やがて春
キャンプ道具を買おう
テントにバーベキューセット、つり道具を揃えよう
まずは家族でキャンプに出よう
そこから新しい人生が始まる
オータカンタカズ、第2の夜明けが始まる
本当の人生が始まった!

(完)

というわけでブログ終了します
長らくご愛顧ありがとうございました!
コメント (2)

演奏報告?伊丹オールウェイズ

2010-11-10 23:17:21 | Weblog
ボッサコラサォン(太田&ミヤゲヤ)

エテルナメンテ
ストーリートゥグローリー
ビリンバウ

お客さん:ゼロ

今宵カウンターに入ってた稀代のアコーディオン奏者五月エコさんは事前にブログで私の病気知ってくれてて、酒注文一杯ごとに水一杯ついでくれてかたじけない
(その、ええからとにかくのんどけ、ないいっぷりは演奏と同じく男前だった、かたじけない)
コメント

演奏予告&日記(可哀想なマークン)

2010-11-10 19:55:31 | Weblog
ボッサコラサォン(太田&ミヤゲヤ)

エテルナメンテ
ストーリートゥグローリー
宮古の君
トキンサンバ

補欠:
トラベシーア
エモルドゥラーダ
ビリンバウ

ぐらいにしとこう
今夜も目標十時半退出、11時半帰宅

昨夜、早く帰ってマークンと寝たら怖がられた
ショック
以前は手をつなごうと言われてつないでやったらすぐ眠ってたもんだが
地獄の鬼より強かった父親はもういない、可哀想なマークン
コメント