地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日の/今日の俳句/演奏予告

2010-06-30 19:48:51 | Weblog
頭に水
心にビリンバウ
カポエイラ
…水て季語やったっけ
(昨日のツイッターより)

ワールドカップ
負けて重たい
カポエイラ
…ワールドカップって季語やったっけ
(今日のツイッターより)

ワールドカップ余波などで眠い
でも戦いはこれからだ
日本代表の分まで頑張るよ
今夜、ビリンバウを引っさげハチにてボサリコさんと対決!
(うそうそ、胸を借りて楽しんで参ります
聴く方も楽しみ!)
コメント

カポエイラ真の歴史1

2010-06-29 21:05:20 | Weblog
カポエイラの始まりは全くの謎だ
奴隷解放前の黒人文化の資料が全く残っていない
何らかの事情で政府が意図的に消し去ったらしい
ただ、奴隷解放時にはすでにバイーアにはカポエイラがあったことはわかっている
それは、今のアンゴラに見られる非常にゆっくりとした、格闘技というより踊りの要素が強いものだった
愛と平和の武道、カポエイラ
よく言われている、「奴隷時代の黒人が手を鎖でつながれてたままいつか将来の反乱を目指して踊りのふりして武術をみがいたのが始まり」てのは何の根拠もない作り話だ
もっとも深層心理的な話まで否定はしないけど、それ言い出したらサッカーでもなんでも相当ドロドロしてると思うよ
想像してくれ
サバンナで自由に暮らしてたのに、突然の束縛
コーヒー農園で重労働
でも歌い踊ることは許された
椰子の実やありあわせのもので楽器をこしらえた
ビリンバウと名付けよう
輪になろう
順番に輪の中で踊ろう
二人ずつ息を合わせて踊ろう
スローモーションで蹴ってよけて回って逆立ちして、てやってみたくならないか?
そうして始まったんだよきっと、愛と平和のカポエイラ
奴隷解放後もバイーアを中心に(バイーアは最初の首都)カポエイラは脈々と発展する
たがその後、その愛と平和は打ち砕かれる
誰にかって?
他でもない
カポエイラ自身によって打ち砕かれるのだ
舞台はリオデジャネイロ
カポエイラ暗黒時代の始まりである
続く
コメント

歌紹介:ビリンバウ

2010-06-28 20:45:13 | Weblog
さすがモライス作品、詩も半端やなかった
訳詞、かなりグレードダウンやけど私のカポエイラレベルには丁度いい

---

ビリンバウ
>直訳
★訳詞

Dm7 | Dm7
Quem e' homem de bem na~o trai
>私が裏切らなかった善人
★蹴りをおまえにやる、なんて

Am7 | Am7
O amor que lhe quer seu bem
>彼の善を望む愛
★思い切り蹴る、なんて

Dm7 | Dm7
Quem diz muito que vai, na~o vai
>行くとよく言う人は行かない
★喧嘩上等なやつも来い

Am7 | Am7
Assim como na~o vai, na~o vem
>同様に行かないと言う人は来ない
★今ここに来い、だって

Dm7+5 | Dm7+5
Quem de dentro de si na~o sai
>自分の中の去らない誰かは、
★結局自分自身のこと

Am7onD | Am7onD
Vai morrer sem amar ningue'm
>誰も愛さぬまま死ぬだろう
★愛することせぬままの人間

Dm7onC | Dm7onB
O dinheiro de quem na~o da'
>お金を与えない人のお金
★うー、自分の敵すら愛

Am7onBb | Am7
E' o trabalho de quem na~o tem
>仕事を持たない人の仕事
★することだよ、カポエイラって

「1
Dm7onB | Dm7onBb
Capoeira que e' bom na~o cai
>よいカポエイラは落ちない
★カポエイラでもしないか

Am7 | Am7
Mas se um dia ele cai, cai bem
>でももしある日落ちればよい方へ落ちる
★しよう、ではやるかい、さあ今

ジャージャー
ジャージャー

Gm7onD | ConDb | FonC | F7onB
Capoeira me mandou dizer que ja' chegou
>カポエイラは私にもう到達したと言うよう命じた
★カポエイラに惑い惑わされた

Bb7 | A7
Chegou para lutar
>戦いへ到達したと
★僕らの歌

ジャージャー

Gm7 | C | F | F7
Berimbau me confirmou vai ter briga de amor
>ビリンバウは私に愛の闘争があるだろうことを保証した
★ビリンバウは奏でる、愛の戦いと

Bb7onE | A7
Tristeza, camara'
>悲しみよ、友よ
★悲しみの歌

ジャージャー
ジャージャー
ジャージャー
ジャージャー

D.C.

「2
Gm7 | Gm7
Capoeira que e' bom na~o cai

Gm7onE | Gm7onE
Mas se um dia ele cai, cai bem

Em7×4、G7×4
Em7×4、G7×4
Em7×4、G7×4
Em7×4、G7 | G7 |A7 | A7

Gm7onD | ConDb | FonC | F7onB
Capoeira me mandou dizer que ja' chegou

Bb7 | A7
Chegou para lutar

ジャージャー

Gm7 | C | F | F7
Berimbau me confirmou vai ter briga de amor

Bb7onE | A7
Tristeza, camara'

ジャージャー
ジャージャー
ジャージャー
ジャージャー
コメント

カポエイラ歴史新説3(最終回)

2010-06-28 20:43:05 | Weblog
古代のカポエイラ、アンゴラ
我がコハダン・ジ・コンタスはアンゴラを大事にしてて、大ホーダ大会では最初の30分ぐらいそれに割く
非常にゆっくりした動きで、だからこそ達人にしかできない
想像してくれ
微笑み見つめ合いステップを踏む二人
一方が右下から左上に向け蹴りを放つ
超スローモーション
受ける方は、相手の足元で姿勢を低く、片足を延ばして鋭角の三角定規体勢
蹴りはその爪先から頭までの直線をゆっくり撫でるように(ユニフォーム3の写真を参考にしてくれ)
その間も微笑みを絶やさず
更に互いになめるような蹴りの応酬、いつの間にか双方お尻を向け合い両手をついて股ぐらから見つめ合ってる
右から蹴るか
左から蹴るか
リズミカルなフェイントの応酬、お尻ダンス
そのビートはまるで獅子舞かはたまた中華街の旧正月の龍の舞のような、神に捧げる種類の美しさ
二人の舞のコラボレーション、まるで一つの生き物のようだ
素朴で力強い歌とビリンバウの調べが、二人のみならずホーダ(輪)全体の魂を高める

これのどこが戦争の道具やねん!
私自身がカポエイリスタとなった今ますます強く感じる
大地からパワーを得ながら相手と息を合わせ身体の機能を最大限にあげていく

百歩譲って最初のカポエイリスタが反乱の手段としてカポエイラを考えたとしよう
でも彼はすぐに考えを変えたんだ
いや、カポエイラ自身に取り付かれた
そして、愛と平和の武道としてカポエイラを発展させた

「…てわけで、カポエイラは愛と平和の武道やねん
互いに攻撃を無力化するねん
そういうとこ合気道にも似てるよ
でもカポエイラは相手を倒すことすらしないねん
攻撃を無力化どころか、なかったことにするねん」
と私、ハチにて

「なるほど、カポエイラは、ピタゴラスイッチのアルゴリズム体操やね!」
とピアニスト

うまい!座布団十枚!

どうすか、納得いきましたか
太田の主観だけじゃちょっと…てとこでしょ
で、その後いろいろ調べてみた
事実は想像より奇なり
私なりにまとめてみよう
次号から、カポエイラ真の歴史編、スタート!
こうご期待!

カポエイラ、我が人生
コメント (2)

ユニフォーム3

2010-06-27 22:05:45 | Weblog
コメント

ユニフォーム2

2010-06-27 22:05:16 | Weblog
コメント

ユニフォーム

2010-06-27 22:04:27 | Weblog
カポエイラ協会コハダン・ジ・コンタスのユニフォームを頂きました
チームの一員となれた気がします
ますます気を引き締めて参ります

(ツイッターより)
コメント

伊丹野外センター

2010-06-27 13:37:58 | Weblog
でも三田
コメント

オタマジャクシよさらば

2010-06-27 13:36:03 | Weblog
二重の意味で
コメント

ヤマタニシ

2010-06-27 13:07:43 | Weblog
カタツムリ、フタ付き
珍しくもないらしいけど初めて見た
コメント

昨日のカポエイラ俳句/今日のカポエイラ川柳

2010-06-25 21:47:24 | Weblog
晴れわたる
空に汗の雨
カポエイラ

(昨日のツイッターより)

今日も降らぬ
神々の加護か
カポエイラ

(今日のツイッターより)

雨、て季語やったよな?

部室でビリンバウに取り組んでて、はっと気づくと3時間立ってた
でもまだ全然
間に合わないかもしれない
いやいや
本当の戦いはこれからだ
コメント

演奏予告、ハチ、史上最大の作戦(上野さんへのメールフォワード)

2010-06-24 21:39:49 | Weblog
1イパネマの娘
2ウェイブ
3サンパ
4ビリンバウ
5.宮古の君
6.我が心のインタープレイ8

30日(水)よろしくお願いします
ボサナイトに少し立ち寄った時に素晴らしいボサノバのボサリコさんという人に声をかけて、来てもらうことになりました
二部構成で片方ボサリコさんにやってもらいます
それで曲少ないです
あと、トランペットまゆちゃんと話して、イパネマとウェイブに参加してもらうことになりました
一応他のにも参加してもらいたいと思ってますがダメなら曲順変えるかもしれません
それからビリンバウはエーメロDm7,サビGm7のキーで
またコード譜送ります
よろしくお願いします!

---

まだ影も形もないビリンバウ
でもやらずにいられるか
ジョイスのビリンバウがかっこよすぎるんだ
やるしかない
そして、ボサリコさんの前で無様な姿は見せられない
決めるしかない
本当の戦いを始めよう
カポエイリスタの誇りをかけて

注:ビリンバウはカポエイラで使う楽器

カポエイラ、我が人生
コメント (4)

カポエイラ歴史新説2

2010-06-24 08:39:26 | Weblog
話はひと月かふた月かさかのぼる
旧友と神戸の立ち飲み屋で飲んでた
「カポエイラは愛なんだ!」
などと叫ぶ私
美人ママが叫んだ
「格闘技なんてもとをただせば殺し合いでしょ!戦争の道具よ!カポエイラだってそうに決まってる!」
はっ、私は狼狽しながらつぶやいた
「…確かに…カポエイラ、て、ブラジルの奴隷時代の黒人が手を鎖でつながれてたままいつか将来の反乱を目指して踊りのふりして武術をみがいたのが始まりなんやって…」
「ほれみてみい、そやのに愛だのなんだの、これだから男って奴は…野蛮な男のアホなメルヘンの陰で泣くのは女よ!」
いや、そんなバカな…
それからずっと考えてた
そして、わかったことがある
次号、カポエイラ史の新説を語る!乞うご期待!

カポエイラ、我が人生
コメント (2)

今日のカポエイラ/昨日のカポエイラ会話(カポエイラ歴史新説)

2010-06-23 19:41:13 | Weblog
梅雨空の
隙間に放つ
カポエイラ

(今日の昼休みのツイートより)

---

我が社のグランドは水はけがよい
直前に止んでくれたら十分なんとかなる
いい天気より人目が減って好都合だ
もっとも、もはや人目そんなに気にしてないけどね

昨夜、8にて
「カポエイラ、て、ブラジルの奴隷時代の黒人が手を鎖でつながれてたままいつか将来の反乱を目指して踊りのふりして武術をみがいたのが始まりなんやってね」

と私に語りかけるピアニスト
そう、それが定説だ
だが私はしっかりと頭を振った
「いや、違う、それについてずっと考えてたんだ、聞いてくれ」

次号、カポエイラ史の新説を語る!乞うご期待!

カポエイラ、我が人生
コメント

ライブ鑑賞報告、昨夜、ビクター瀬川と阪急友の会@インタープレイ8

2010-06-23 10:00:04 | Weblog
魂のボーカリストビクターセガワ氏、ついにジャズデビュー
ジャズだろうがポップスだろうがセガワ氏が歌えばセガワ氏の歌だ
満場のお客さん(いいなあ)を前に堂々たる歌いっぷり
魂、しかと受け取った
バックも8最高峰のメンバー、すみちゃん、とのくん、さかいさん、ブラボー

それにつけてもビクターセガワ、ピッチはいいしビブラートも操るし声は甘いし力があるし、要するに私の何倍も上手い、しかも将棋も強い、私負け越してる、天はニブツを与えるんだなあ

ここで報告終わってもいいんだけど、将棋仲間やからね、ちょっと辛口なことも書いておこう
私の何倍も上手いんやけど、強弱と伸ばしの長さについてはちょっと思うところあり
具体的にはポンと高いとこに移るフレーズでフォルテが欲しいとこが何度かあった
それと伸ばしが短いと思うことがあった、特にエンディング
氏は魂のボーカリストで、だからセッションなどで勢いで舞台にあがるときは魂の赴くままに歌い、強弱も伸ばしの長さも完璧になる
しかし今回のような大舞台になるとなかなか百パーセント魂を解放するのは難しい
ある程度理性でコントロールする必要があるようだ

とはいえ一貫してセガワ節炸裂、アンコールにはトランペットまゆちゃんも登場、贅沢なステージ
これが本格的ジャズ進出第1回、今後が楽しみである

---

電車なう
飲みすぎた
遅刻だ
コメント