地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思うこと

2006-04-29 00:54:04 | Weblog
昔、SAXふきだった。
そのころからROMってたサイトが一つ終わる。
あぱあぱするすけさんのサイト。

http://www.ne.jp/asahi/sax/apaapa/index.htm

私がHPを立ち上げたのは、一つは、この人の
「セッション旅日記」のコーナーを見て、
おもしろいなあ、俺もこんなん書きたいなあ、
って思ったことも発端だったと思う。
サイト運営からは足を洗うけど音楽活動はますます頑張るようだ。

他、知り合いじゃないのに見に行ってるSAXふきのサイト。
ミキさんて人のBLOG。

http://blog.livedoor.jp/miki992/

練習のこととかすごくリアル。
ものすごいまじめで、なんか、まじめすぎて、
最初は、
「これは実在の人物ではなくて、
 SAXメーカーか何かが作り上げたフィクションでは?」
なんて疑っていたぐらい。
昔は練習の話ばっかりだったのに、いつの間にか、
ライブもがんがんやるようにならはって。

さて、いよいよ明日はサナッティ・パーティー本番。
まずはそっちに集中だけど、その数日後には高槻ジャズストだ。
気合入れていくぜ。
みんな頑張ってる。

コメント

ちんちんカンタ

2006-04-23 18:49:36 | 文化
踊る!
コメント

部室の写真2

2006-04-22 23:22:41 | 演奏
さっきの記事、送る写真を間違えた。
「ハチ行き中止」って、あれじゃ意味わからんな。
先週末に熱が出て以来、息子がずっと泣き虫甘え虫モード。
妻がへとへとぼろぼろ切れる寸前。
で、練習にならないの覚悟の上でブルーソニック練習に連れてきた。
その写真を送ったつもりだったんだけど。
それがこれ。

ずーーーっと、抱っこ。
うれしかった。。。って、言ってる場合か。

予想通り、全く練習に参加できず。
来週末、いよいよ、サナッティ結婚パーティー本番。
ブルーソニック演奏はいかに?
そして、オリジナル「ブルーソニックのサナッティ」の行方は?

更には、本日、高槻ジャズスト用の練習をして、
メンバーW氏とハチへ行く予定だったが、
それも中止。
はっきり言って、昨年の高槻に比べ、練習量10分の一以下。
一体、どうなってしまうのだ?

ふさぎこみながら、息子を後部座席に乗せ、
部室を後にした。
息子が、鼻歌を歌いだした。

「ふっ。いい気なもんだ。
 ん?このメロディ。。。なんだったっけ?
 はっ。」

キキキー。
あまりの衝撃に、車を止め、振り返った。
そう、このメロディーは。。。

「ブルーソニックのサナッティ」ではないか!!

Bメロ部分を繰り返し歌っている。
本来、ベースを弾きながら歌うのだが、
今日は息子が泣き虫だったので、抱っこしたまま、
ベースは弾かずにただ歌っていた。
その間にメロディーを覚えたのだ。

「♪プーポイーコパーパイー(ブルーソニックのサナッティー)・・・♪」

いつまでも終わらないBメロ部分を聞きながら、

「よし。全てうまくいくさ。。。」

根拠のない自信に満ち溢れていく私がいた。

コメント (2)

部室にて

2006-04-22 14:59:55 | Weblog
ハチいきは中止
ただいまブルーソニック部室
コメント

演奏予定更新

2006-04-19 03:19:01 | 演奏
写真は高槻用リスト。

 ★セッション@インタープレイハチ 【新規掲載】
  4月22日(土)20時ごろ~ セッションスタート。
  
 ○ちんちんカンタ 【再掲】
  4月23日(日)14時ごろ~ カンタブラジル@ちんちん電車
  非公開です。ちんちん電車貸切でやるって。
  妻子連れて行きます。何か弾き語るぞ。

 ○ブルーソニック etc. 【再掲】
  イベント名:サナッティーの結構披露パーティー 
  日時:4月の終わりごろ
  場所:ないしょ(招待客ONLY)

 ○高槻ジャズストリート 【再掲】
  アインダ・ナオンイスで出場します。
  メンバー:Kaz(G&Vo),W(Pianica)
  日時:5月3日(水・祝) 15:00~15:45
  場所:JK高槻

 ★Kaz&Summy with O futuring S & Kana 【新規掲載】
  5月8日(月)21時ごろ~ @神戸ホンキートンク
  ボサノバ

以上
コメント (2)

アインダ・ナオンイス@カンタブラジル

2006-04-18 02:59:40 | 演奏
みんなで交代にブラジル音楽をやりましょう。
それが、「カンタ・ブラジル」。
大阪・本町のカイピリーニャというバーで、月に1回ある。

ピアニカW氏と行った。
つまり、「アインダ・ナオンイス」。
高槻ジャズストリート出演に向けての肩慣らしだ。

「前に行ったインタープレイ・ハチとは違って、
 おれ、カイピリーニャではヨソモンやからね。
 ひっそりしておこうね。」

などとW氏には話していたが、行ってみるとびっくり仰天。

ウリボッサさん、KOBAさん、AZUMAさん。
私の数少ないボサ仲間(先輩)たちがうじゃうじゃ!
・・・あれ?3人か。ごっつ感激してんけど、
冷静に振り返ったらそれほどのことでもないか。
なんせ、ミュージシャンだけでも20人以上は
いたからなあ。

 【演奏報告】カンタ・ブラジル@カイピリーニャ
  日時:2006.4.15 PM8時~
  メンバー:W氏(ピアニカ)、OOTA(ギターボーカル)
   (1)イパネマの娘
   (2)エリス(インストロメンタル)

時間が押して2曲しか出来なかった。
なんせ、記念すべき100回記念カンタ。
ま、めでたい席に(知らずに)参加できて、
よしとしておこう。

カンタに参加すると、いつも思う。
パーカッション、てやつは、なんて無限の力を持っているんやろ。
パーカッションこそ、音楽。
大げさだけどそれぐらい言いたい勢い。
我々の演奏のときも、客席から、
大太鼓(?)、パンデイロ(タンバリンのようなもの)、
シェーカー(マラカスのようなもの)、などなど、援軍があり、
帰りしに私はW氏に言った。

「録音しとけばよかったなあ。
 多分、高槻本番よりかっこええで!」

うそ、うそ。高槻ではかっこよくやりますぜ。
よければきてね。

おやすみ。



コメント

「BSのST」音源と楽譜データ

2006-04-13 00:47:40 | 
4月1日に録音してたのをすっかり忘れていた。
先日サナッティから音源を催促されてたけど、本当に忘れてた。
今聞き返すと、音痴だし歌詞も古いけど、サイズや展開は最終版と同じ。
だからとりあえずアップしておこう。

http://www.eonet.ne.jp/~oota-kazuhiro/blog/060401sana_al.mp3

楽譜は、昨日完成した。
PDF化しようと思ったけど面倒なんで、そのまま。

http://www.eonet.ne.jp/~oota-kazuhiro/blog/SANATY.MUS

フリーのNOTE PADてソフトをインストールしたら、読める。
ま、無理に読まなくても、(共演する予定のサナッティとエチュとミゾレには、)
今週末の練習のとき紙で渡すよ。

メールで送ればすむ話か。
ま、せっかくだから。

コメント

06.04.10(月)神戸ホンキートンク

2006-04-12 01:18:35 | 演奏
「み、み、みなさん、こ、こんばんは。」
久しぶりのお客さんを前に、私の声は震えまくっていた。
「い、一曲目は、い、イパネマの娘!」

などと、演奏スタート。
うーん、この日は最後まで舞い上がってたなあ。
なんせこのところ全く練習してない。
仕事が超ヘビーで昼練すらしてない。
そんな状態で数ヵ月ぶりにお客さんを前にして、声を震わすなと言う方が無理な注文だろう。
もっとも、この日普通にホンキー入りできたことからして、ほんまにヘビーなん?と自分に突っ込みたくはなるが。

 【演奏報告】06.04.10(月)神戸ホンキートンク
  Kaz&Summy with O futuring S & Kana
   1st:
    (1)ジェット機のサンバ
    (2)トラベッシア V
    (3)まなざし
    (4)大いなる愛 G/P
    (5)トリステーザ
    (6)十字路 V
    (7)ウェイブ

   2nd:
    (1)イパネマの娘 V/P
    (2)フェリシダージ P/G
    (3)コルコバード V/P
    (4)レオンジーニョ G
    (5)マシュケナダ V/P
    (6)おいしい水 G
    (7)サマーサンバ G/V

歌とベースを除く演奏自体はとてもよかった。
どんどんまとまっていくよ、このバンド。

終電間近、店を出ようとしながら、呟いた。
今日は俺が調子悪かったけどそれは今日だけのこと。
次回からは薔薇色の日々の始まりさ!
そんな私に、マスターが叫んだ。

「太田ー、ええかげん歌うまなれよ!
 ロングトーンとか、してるか?
 いつまでもぶるぶる声震わすなよ!」

なんだって?俺がしょんべんビブラートをかけてるって?
そんなバカな。トーシロじゃあるまいし。
あ、そうか。
マスター、それは、違うんだ。
今日は、久しぶりのお客さんに緊張して、声が震えていただけなんだ。
次回からは薔薇色の日々の始まりさ!

さあ、真実は、いかに?
毎月第2月曜日。
神戸ホンキートンクに、真実はある。
どうぞ。

コメント

ミスター・ジャズが帰ってきた

2006-04-06 02:33:35 | Weblog
「BSのST」に、軽く管のパートを加えてみた。
今日、一応一区切り。
結果は。。。わからない。かなり無意味であほみたいかもしれない。けど一度やってみたい。

全然別の話。
「KEISUKEさん」が帰ってきましたよ!
(例えば私のHPの活動歴史コーナー第5部その7や8に登場している。)
ますます面白いことになってきたぜ!

コメント

かんかん2

2006-04-02 20:54:36 | Weblog
今日の散歩は夕方
コメント

06.04.01セッション@インタープレイ・ハチ

2006-04-02 14:52:05 | 演奏
はあ。
たった今BLOGを読み返して確認したところによると、
なんと、2ヶ月近くハチに行ってなかったんだ。
まあ、いろいろあったしなあ。
しかし何とかせねば。
行けば行っただけ学べるところだから、
もっともっと行きたい。

さて、この日は、ピアニカW氏を連れて行きました。

「カランカラン。お久しぶりです!」

ハチの扉を開け、中を見渡した私は、小躍りしながらW氏に囁いた。

「Wさん、今日はあたりですよ。楽しめると思いますわ。(^^)」

SAXフジイ氏、コルネットMIKA女史はじめ、そうそうたるメンバー。
でも。。。私は顔をしかめ、ひとりごちた。

「ベーシスト多いな。。。
 これじゃ、ベースでの出番はないな。(TT)」

いったい、いつ以来ハチでベースを弾いていないか、
もはやわからんぐらい弾いてない。
なんせ、今のハチは、ベーシストが多い上、
みな、神業的に上手く、なかなか声をかけてもらえない。

だが、奇跡は起きた。
コルネットMIKA女史、

「さあ、セッション始めましょうか。
 あれ?ベーシストがみんな食事中だわ。
 どうしましょう。。。」

ハンバーグ定食にがぶりつこうとしていた私は、
フォークとナイフを投げ出して叫んだ。

「おれ、おれ、太田、行きます!
 さあ、Wさん!」

同じくがぶりつこうとしていたW氏から
フォークとナイフをひったくって、
ステージへ押し出した。

【演奏報告】4月1日(土) インタープレイ・ハチ

  第1セット:
   MIKA(cornet),W(piano),OOTA(bass),KSHR(dr)
   (1)Bye Bye Blackbird
   (2)There will never be another you

  第4セット(ぐらいだったと思う):
   W(pianica),OOTA(G & Vo)
   (1)イパネマの娘
   (2)我が心のインタープレイ・ハチ
   (3)ストーリー・トゥー・グローリー

今日も楽しかった。
それに、いろいろ勉強になった。
やっぱり来てよかった。
また、近いうちに来るぜ。
そう考えながら、W氏とともに店を出ようとしたところ、
マスターが叫んだ。

「Wよ、よかったぞ。また来てくれ。
 太田はなかなかこーへんから、
 太田なんか放っておいて、一人でも来てくれよ!」

・・・。
やっぱり連れて行ってよかった。
Wさんよ、また、行ってくれ。

コメント