地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

眠れない / I can't sleep.

2014-03-25 08:08:49 | Weblog
多分横隔膜に刺激を与えてる。
咳がよくでる。
父さん母さんが本当によくしてくれる。
本当にありがとう。

Maybe it gives stimulus to my diaphragm.
Severe cough.
Dad and Mam are very good to me.
Thank you very very much.


小説! / Novel!

… 3/17↓

「これは!嵐が来るぞ!帆を畳め!」

"Oops! Storm will come up! Fold sail!"


俺は船長ピチャポチュ。
20籍の船団をひきいて「和の国」を目指している。
俺たちの故郷、「南の楽園」から「和の国」へは海流が運んでくれるから、帆は必要ないんだけど、それはまあ気分だ。

I'm Captain Pichapoch.
I'll go to "Country of WA" with 20 ships.
We don't need sail because ocean currents carry us from our home town "Paradise of the South" to "country of WA", but I like it.


俺の船には俺の家族と友人家族、計6名が乗っている。
どの船も男出を2人揃えている。
結局、嵐にはならずラッキ-!
本格的な嵐が来たら、ひとたまりもない。
命懸けの航海だ。

In my ship, there are my family and my friend family, total six people.
Every ship has 2 men.
After all, storm didn't come. Lucky!
If big storm come, it's big problem.
It's a voyage of life and death.


異民族の島「台湾」を通加、仲間が多くいる「琉球諸島」へ。
特に交流がさかんな「緑島」を目指す。

We passed "Taiwan" of immigrant groupisland's island. And we are "Ryukyu Islands" where is many fellow.
We aim to "Green Island" where alternating current is thriving in particular.


ピチャポチュの家族 / Pichapochu Family
click!

… Today 3/19 ↓

俺たちは緑島で長老と会った。
干し肉や貝の燻製が喜ばれ、たくさんの水を頂いた。
その上、宴まで頂いた!

We met the Elder at Green Island.
Dried meat and Smoked shellfish pleased him, and he gave us many water.
Moreover, he gave us banquet!


エメラルドグリーンの海に夕日が沈んで行く。
赤ちゃんの息子ポラロンも、珊瑚礁が作り上げた美しい色にご機嫌だ。
俺と妻ピョンヤンは、「米焼酎」を抱き合って頂く。
初めての味わいだ!

The sunset is sinking to emerald green sea.
my son Polalon of baby yet enjoys beautifully color of sea by coral reef.
My wife Pyonyan and I are drinking "distilled spirits" while we hug each other.
It's first taste!


美味しい料理の数々!
海ぶどう、うどん、獣の脚の煮込み、など!
全部サイコー!

Delicious foods!
Sea grapes, Wheat noodle, Stew of beast legs, etc.!
Super Great!


… 3/20 ↓

「楽しんでるかの?」長老が現れた。
「お陰さまで。ありがとうございます!」
皆が車座に集まった

"Having fun?" Elder appeared.
"Yes! Thank you very much!"
Everybody gathered sitting in a circle.


「1年ほど前に君に良く似た男が来たの。知った者かの?彼らも和の国を目指していたようだの。」
俺は興奮した。
「おお、やっぱり!パラオーという私の友人です。」

"About 1 year ago, a man much like you came hear. Do you know him? They also seems to go to Country of WA."
"Oh! I blieved it! He is my friend Palao."


友人どころか大親友だ。
心は南の楽園へぶっ飛んでしまった。

He is my close friend.
My heart flew to Paradise of South.

… 3/21 ↓

家が隣で、ゆっくり歩いても10分の距離だったから、よく一緒に遊んだなあ。
2人の時は、獣や魚を取って食べて遊んでた。
多分2人とも狩りが得意だったからだろな。
他の友人とは海や川で泳いだり森を走ったり木から木へ飛んで遊んだよ。

Our houses next door, so we played many times.
we enjoyed hunting and eating when we are 2.
Maybe we were good to hunt.
We played swimming at sea and river, and running at forest, and jumping from tree to tree.


父も毋も優しかった。
その父がまだ子供の俺に猟を教えてくれた。
多分そういうのが好きだったんだろな。

Both of Dad and Mam were kindly.

Maybe we were good to hunt.
We played swimming at sea and river, and running at forest, and jumping tree to tree.

…3/22↓

パラオーとは何から何まで馬が合った。
恋をしたのも同じ時期だった。

Parao and I are get along about everything.
We got love at almost same time.


俺の相手は隣の村の女の子。
5才頃だったかなあ。
彼女は名をピョンヤンと言う。
つまり、我が妻だ。

My partner is a girl of the next village.
Maybe I was about 5 years old.
Her name is Pyonyan.
That means, she's my wife.


今、そのピョンヤンと、息子ポラロンと共に、パラオーを追いかけている。
一年前に出発した。
和の国の北部、奴の国へ到達してるはずだ。

Now, with that Pyonyan and our son Polaron, I am chasing Parao.
He went a year ago.
Now He should be at Country of NA
of north of Country of WA.


「おお!」
和の国が近いことに気付いた。
「みんな!進路を北へ!親潮から対馬海流ヘ乗り換えるぞ!」

"Oh!"
I found Country of WA was near.
"Everybody! Go to north! From Oyashio Current to Tsushima Current!"


続く! / To Be Continued!


back to Top
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 惑星からの物体X / Object X ... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事