地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真のマクロビオティックの素晴らしき世界

2012-04-30 19:25:51 | 
新星出版社・大森いっきゅう?著「いちばんやさしい! マクロビオティック おいしいレシピ98」で、マクロビの勉強中。
レシピに入る前に、陰陽に関する壮大な説明、なんと、17ページ!
難しい!
わからない!
その最後の最後のところで、ふわっと目が覚めた。

マクロビは、各人の体質に合わせ、食事を選ぶ。
陽の人には陰のものを。
陰の人には陽のものを。
でも、ガン患研の「治る食事」は、ガン患者が対象だ。
各人の体質は、全て、「陰」だ。
だから、「治る食事」は、マクロビの陰体質対応版を、理論抜きで実践してると思えばわかりやすい。

該当箇所の記載によれば、玄米は、ビタミン、ミネラルなど、パーフェクト。
副食は、玄米よりすくない量で足りる、て。
これは、まさに、「治る食事」そのものだ。

サイファのランチは、最高に美味しい。
でも、副食の量については、どうしても、客のニーズに近づけなければならないから、多めになる。
注意、注意。
(彼女たちは、すごいと思う。
普通よりは少な目だし。
デザートは、フルサイズもあるのに、ミニサイズを勧める。
美味しくて、健康、それがサイファのマクロビ。)

****







いや、よく見ると、サイファの副食、玄米より少ない?
おそれいりました!




コメント

肩の力を抜く。

2012-04-28 19:38:12 | 健康


凡事徹底、凡事徹底、て、気合いを入れすぎてたんやな。
肩に力が入ってたようだ。
気血の流れは良くなってきたのに、相変わらず手首から先が冷たい。
漢方・井上クリニックの井上先生によれば、これは、自律神経の問題。
リラックス出来てない状態だそうだ。
確かに、肩に力が入ってる。
どうすれば肩の力を抜けるのだろう、と、考えた。
昨日のことだ。

今朝、抜けるような青空のもと、愛宕山へ。
簡単なことだった。
肩の力を、抜けばいい。
ただ、それだけ。
遅刻したので、そうそうにクマンバチに追い払われる。
ボイトレは諦めて、
「ごめんよ、これだけ言わせて。
太田のガンは治る!ワッハッハ!
ありがとー!」
などと語りながら、下りる。

トカゲのお見送り三昧を楽しみながら、どんどん、リラ~クス。
今日は、はめを外そう、と思った。

写真のサイファのデザートは、昨日のもの。
いつも、ランチのあと楽しんで、お土産も買って帰る。
私はマクロビで行こうと思ってるので、その考えに基づくケーキやフルーツは食べてもよい。
だが、ガン患研の玄米菜食(治る食事)では、それらはNG。
だから、昨日は、リラックスしてなかったかもしれない。
今日は、ベジ・ケーキを、家族三人で心から美味しくいただい頂いた。

神社ヨガのあと、さらにはめを外す。
いつもと違うインド料理屋で、ナンを食べる。
流石に動物たんぱくは外してもらう。
旨かった。
そのあと、畑へ。

今日は久しぶりに、まあちゃんの最高手料理、五時にいただく。
現在、半身浴中。
まあ、はめを外すと言っても、この程度。
ヨガの前の少量のベジ・おやつや、昼の小麦なら、たまにはいいだろう。
(と、私が勝手に思ってるだけなので、食事療法中のかたは、真似しないでね。)

昨日、井上先生は、私の、原因分析によってステロイドなしで咳を鎮められそうという話を聞いて、では、処方は変えない、と。
その代わり、欲しければ、あげるよ、と、ただで、もぐさをくれた。
大感謝!
ツボの位置は、先日のお手当てセミナーで学んでる。
昨夜、早速実施。

今日は、手が、熱い。
顔に手のひらを当てると、顔より手のほうが、熱い。
この感覚、いつからぶりか、覚えていない遠い昔の感覚。
リラックスが効いた?
もぐさ温灸が効いた?
単に今日は真夏日だったから?
一番最後のかな。
それでも、リラックスできれば、それでいい。
さあ、明日も、リラックスして、凡事徹底を楽しもう。

コメント (3)

強い心・原因を見つける姿勢

2012-04-26 20:28:37 | 健康




昨夜は五時過ぎに晩御飯を食べ、ハチへ。
帰宅後、すぐ、と言ってもスケジュールの二時間遅れ、十一時に寝た。
珍しく、朝まで咳が出なかった。
しかも、初めて寝坊した。

寝坊ついでに、朝から料理。
水菜の湯豆腐。
一緒に並んでる煮物の出汁を使用。

久しぶりに会社に顔を出し、昼は「ニンジン」の山菜天ざる。
こしあぶら、たらのめ、筍が最高。

授業参観に参加後、愛宕山へ。
早めに引き上げて、料理。
五時半に晩御飯。
今後は、まあちゃんに協力してもらうけど、今日は初日だったので、晩御飯、自分で料理した。(朝は趣味。)

会社に向かいながら、最近の咳の原因を探った。
今のところ、朝まで咳が出なかったのは、七時半までに晩御飯を食べるか、九時までに寝るか、食べてから寝るまでに三時間空けるかした日だ。
どれが効いてるかわからないから、&をとることにした。
六時に食べて、九時に寝る。
余裕を見て、五時に食べるのを目指す。(今日は五時半になった。)

しばらく家族団らんできないけど、仕方ない。
やめ時は、気道や便の状態でわかる。

咳が出るようになった、外的な原因はわかってる。
でも、もっと大きな問題は、その結果起きた、たくさん食べたい欲求や、普段あまり食べないものを食べたい欲求に勝てなかった、弱い心。
それと、原因分析を怠った、甘い姿勢。

「凡事徹底」、「原因と結果」、など、ガン患者学研究所基礎編セミナーの教えをわすれずに、けっこう降りてしまった「下りのエスカレーター」を上りたい。
コメント

【歌紹介】地球に夢中

2012-04-24 09:27:16 | 










昨日、晴れ。
夏の陽気の中、上半身裸で作業。
気持ちいい~♪

コーンも、芋も、ハーブも、豆も、ゴボウも、植えたものは、全て目が出ていた。
ネズミさんは活動中。
ま、いいさ。
トマトの家、作ってたのだけど、壊れてた。
構造上の欠陥を見つけ、改良して、作り直した。
豆の鳥避けを設置。
豆とゴボウと雑草と見分けれるかなと心配してたけど、豆は、どこからどう見ても豆だった。

この畑に、夢中だ。
初ガエルがゲコゲコ泣きピョンピョン飛び回る。
走り回る地元の子供たちの声と、ハーモニーを奏でる。
いい感じの盆地のため、音の響きがすごくいい。
天国みたいな場所、と感じる理由のひとつに、音の響きの良さがある。

帰宅後、突然、歌が作りたくなった。
あっという間に八割がた完成した。
明日のインタープレイ8で披露出来るだろう。
もちろん、高槻でも。
コメント

ガン患研、お手当て基礎

2012-04-23 06:25:34 | 健康




ガンの患者学研究所(いのちの田圃の会)のセミナー第二段、「お手当て基礎」を受講した。
半身浴の効果が絶大だったので、他のお手当ても学びたいと思ったから。
また、楽しみにしていた「心の免疫セミナー」が中止になったようで(日程が延びただけだと後で知った)、職場復帰前に学べるものは学んでおきたいと思ったから。

結果。
市川式手当ての数々、ものすごく興味深い!
間違いなく、効く。
ガンだけでなく、怪我、病気、健康法。
でも、現在の私の、凡事徹底に組み込む必要はないように思う。
私は、もう既に体にいいことをたくさんしている。
それが、一つ目の気付き。

二つ目。
私は、ガン患研に、依存していたかもしれない。
先日、高野山で、「憂」(=肺)から卒業したことを確認した。
今の私には、新しい技は必要ない。(半身浴中に、本読みは、する。)
憂を卒業してるのだから、心の免疫セミナーも必要ない。

今は、凡事徹底を実践する時。
職場復帰後も、それは、可能。
言い訳はダメ。
それを教えてくれたのは、ガン患研。
感謝してしてます。
ただし、依存はしない。
自分の主治医は自分。
責任を取る。
無知、依存、自立の概念。
これらを教えてくれたのも、ガン患研。
本当に感謝感激してます。

****

以上を五百文字程度にまとめて、感想文としてセミナー係へ送る。
上手く書けてたら月刊紙に採用される。
こんな生意気なん、あり得経んけどな!

****

行きのお昼はお弁当。
現地は玄米菜食がセット。
山がなかったので、太極拳を途中までと、気功体操と、ジョグ。
コメント

春の恵み

2012-04-18 11:00:59 | 


















宝塚「ニンジン」の天ざる、海老抜き。
この写真は地味な方で、すごい日は、お花畑のようになる。
海老を抜いただけで、あとは同じだと思ってたけど、私だけの大サービスだったのだと、つい最近知った。
ありがたいなあ。

九度山帰り、ひと駅手前で降りて、桜並木をてくてく歩いてて、教えてもらってた食材屋さんの横を通りがかった。
まだ開いてなかったので、桜を眺めながら、待った。

かんぞう、山葵菜、菜の花を購入。
菜の花料理二品、最高!
菜の花のお蕎麦と、菜の花の炒めもの。
特に、炒めものは、素晴らしいよ。

人参の歯応えと、味、香り。
菜の花の、春の日差しを思わせる、爽やかな香り。
ゴマ、醤油の香りとの、ハーモニー。

私の料理も、なかなか。
山葵菜の炒めものは、私、作。
山葵菜、キツいわ。
最初失敗して、改善バージョン。
これぐらいの分量でいい。

太極拳の先輩に、こごもを頂いた。
先の三品とともに天ぷらにしてみた。
卵を使わず、片栗粉だけで、少量のオリーブオイルであげたから、唐揚げと言うべきか。
最後の方片栗粉&山菜炒めみたいになって、しかも生っぽかったから、もう一度炒めた。
それでも、めちゃめゃ旨かった。
素材の勝利!

普通に蒸しただけのも、すごく美味しかった。
近所の自然遊び名人から、ゼンマイと、自然薯と、椎茸(全部天然もの)を頂いた。
ありがたいなあ。

先日、玉ねぎが倒されてるのを発見。
慌てていろいろ意地悪したけど、もう、ええわ。
玉ねぎぐらい、ネズミさんにくれてやるよ!

春は、素晴らしいなあ!

コメント (2)

高野山~九度山の凡事徹底

2012-04-15 06:28:20 | 健康












二日前、高野山。
三時間の、町石道ショートコース。
それを四時間かけて、ヘトヘトになって、到着。
空中都市、て、そういえば耳にしたような気がする。
こういうことだったのか!
森の中に、ポツポツ寺があるのをイメージしてたので、びっくり。

宿坊に留まり、半身浴。
広い風呂を独占。
いい段差があって、椅子を浴槽に入れないで半身浴出来た。

翌朝、おつとめ後、奥の院へ。
弘法さまにお礼をのべた。
わが社の創業者のお墓を見つけたので、お参りした。
私が見つけた歴史上の人物の墓の中では、伊達政宗のが一番かっこ良かった。
蜂須賀家の墓の前で、私に何かが宿るのを感じた。
阿波・徳島と書いてあって、小六さんとは別人だと思い込んでたけど、昨夜聞いた話では、小六さん、山生まれ、山育ちだけど、後に海をおさめ、水軍を率いたらしいね。
現在、野山に生きるベジタリアンでありながら、海洋民族の魂を秘めた私を、蜂須賀小六さん、サポートしてくれる気持ちになったのかもしれない。

ケーブルカーで下山後、今度は、隣の、いつもの九度山・久保地区へ。
三時間のうち、後半二時間は、ずっと上り。
キツかったけど、全然、へこたれなかった。
でっかい頂き物をしてたから、あとは、私が頑張る番だ、と、思ってた。
登りきった時は、高野山を登りきった時より嬉しかった。

それから。
焚き火の輪に加わったり、半身浴したり。
九時に寝る。

今朝。
四時起き。
半身浴(今も)。

どこにいても、凡事徹底は、できる。
それに気づいて、参加やみるつもりだった花見に顔を出すことが出来た。
それは、私の力ではなく、縁によって、頂いた、気付き。

中崎町ヨガの人たちと、高野山の宿坊でヨガをする話が盛り上がった。
その際、高野山が、九度山の隣であることを、先生から教えてもらった。
しってたはずだけど、うっかりしてた。
二ヶ所での凡事徹底と、弘法さまへの挨拶。
これぐらいのビッグイベントでないと、行かなかったかもしれない。
すると、会社復帰後も凡事徹底が出来るという気付きもなかったかもしれない。
私は、本当に縁に恵まれている。

今回、高野山へは、お礼を述べに伺ったのだ。
ところが、予想もしなかった、大きなご褒美を頂いてしまった。
(蜂須賀小六さんの守護神のことではない。
会社復帰後のことでもない。)
下山の準備をしていて、突然、涙があふれでた。
泣きなから、ありがとうございます、を、繰り返した。
気付きで泣いたのは、初めてだ。

また、お礼に行かねばならない。
次は、家族で行きたい。
コメント

昨日の凡事徹底・今日の旅立ち

2012-04-13 10:06:42 | 健康


太極拳。
ようやく、形になってきた。
会社復帰するころには、なんとか手順を覚えて、休み時間に取り組めるだろう。
今は、安心して、山にこもろう。

畑。
モグラ・ネズミ避けのペットボトル風車、よく回ってて、安心。
(設置した日は風がなくてよくわからなかった。)
相変わらずネズミが活動した形跡はあったけど、そのうち退散してくれるだろう。
安心して修行に打ち込める。

数ヵ月前、弘法さまに、一度助けられた。
今回また、助けられた。
弘法さまの導きにより、会社に戻っても凡事徹底できることに気づけたのだ。
それには、いろいろな人たちとの縁があって、そういうことになったのだけど。
そういうことも含めて、しっかりお礼を言って来ようと思う。
コメント

5月以降の凡事徹底

2012-04-11 18:35:50 | 健康












今のところ、雨の日も風の日も、毎日徹底できてる。
旅行中は、魚食べてたけど、玄米持ち込ませていただいたし(どの店も親切だった。逆にサービスしてくれた店もあった。)、山は毎日登った。

ステロイドが要らなくなるなど、状況が劇的に変わり、日々の記録内容か減った。
すると、記録帳のスタイルがシンプルになった。
そして、計画表も、簡単でいいことに気づいた。
さらに、会社に行きだしてからも、ほぼ同様の取り組みが出来ると気づいた。
それが最後の写真。

実は、凡事徹底を始めて、あまりの体調の変わりように、5月職場に復帰は、早まったかな、と、思った。
治ってからにすれば良かったな、て。
欲が出てしまったんだな。
本当は、どんな状況でも、出来ることはある。

私の力ではなくて、凄く良い縁があって、気づくことができた。
ありがたいなあ。
コメント (2)

春のヨガ ( 初の外ヨガ♪)

2012-04-09 18:22:30 | 健康
扇町公園、桜満開!

奥がアッコ先生。
左端は、まあちゃん。
右端の無人のタオルが私がヨガしてた場所。
気持ち良かった~♪

アッコ先生からは、月に二、三回、インド料理屋でランチ付きでヨガを楽しましていただいてる。
私は、ヨガはもうひとつやってて、どちらもそれぞれ特徴があって、素晴らしい。
アッコ先生のヨガは、言葉が美しく、瞑想に入りやすく、清々しい。
気の高まりに満ちている。
野外では、ますます気持ちいい。

先月、今月、と、カフェバーイマドマのツキイキヨガに参加した。
来月からは、もう参加できない。
その貴重な二回のうちに、なんて素敵な経験が出来ただろう。

先月は、日本家屋イマドマでヨガ。
今日は、外ヨガ後、イマドマから出前頂いて花見カフェ。
ヨガとか、健康なことに興味を持って、実践する人たちって、感度が高い。
話してて、いろいろ面白くて、感動のあまり、モヒカンのお兄さんと握手してしまった。

最近、よく眠ることも含めれば、二十四時間、治すことに集中している。
(今だって、半身浴中だ。)
今日は、久しぶりに、花見なんて浮いたことをしてしまった。
ま、太陽の光を浴びるとセロトニン増えるらしいし、ま、いいか♪
コメント (2)

春の畑 (風キャビン農園)

2012-04-08 17:24:36 | 




玉ねぎ、元気に育ってます。
ネズミさん、住んでるみたいだけど、玉ねぎは、食べないみたい。

その左、一面ジャガイモを植えるつもりだったけど、予定変更。
半分はトウモロコシとした。
どちらも完了。
こちらは、有機石灰と、有機肥料を全体に加えて耕している。

その左、いろいろ予定変更。
トマト、黒豆、ゴボウを種で植える。
茄子を苗で植える。

トウモロコシは、摘みたては、生が最高に旨いって。
ても、無農薬だと、ほぼ全部、虫さんが入ってるので、市場では絶対手に入らないって。
絶対作りたくなるわなあ。

ゴボウは、間引いた小さいのを、葉から根まで丸ごと天ぷらにしたら、凄く美味しいって。
それも、普通には口に出来ない。
絶対作りたい!

豆。
値につく菌が、空気中の窒素を固定し、土を良くする。
神秘的!
最近、納豆や冷奴を醤油なしで食べるようになって(もちろん美味しく感じてる)、豆に神秘的な力を感じてるだけに、この話にはまいった。

左の畝は、まだ肥料を入れてなかった。(有機石灰は、入れていた。)
夏野菜を植え、合間に、豆を植える。

私は、特に食べたいものを作るという意識はなくて、単に、土をいじって地球を味わう、というか、雨上がりと晴れが続いた日の違いを感じたり、そういうのを楽しむ、て感じだったんだけど、新たな楽しみができてしまった。

元気に育てよ!野菜たち!
コメント (2)

凡事徹底の素晴らしき世界( 愛宕山、半身浴、玄米菜食etc.)

2012-04-08 10:11:34 | 健康












今日は、畑で野菜作りセミナー。
ベジ丼、ゼンマイ煮物、の、お弁当持って、出発。
その他、旅行後の我が家の玄米菜食写真だ。
旨そうでしょ。

凡事徹底の素晴らしいところは、体の変化がすぐにわかること。
すると、心も変わる。
自分で治せる、て、信じることができる。
この変化を感じるの、凄い快感。
やめられない。

愛宕山、半身浴、玄米菜食、これらは、会社行くようになっても、毎日やるよ。
コメント

カーネーションよ、ありがとう。( 渡辺あやさん、ありがとう。)

2012-04-07 22:57:07 | 文化
昨夜、布団に入ってから、突然、更に理解した。
この作品は、単に、死の直前に人は魂のレベルか最高に達することを世に知らしめた作品なんかでは、なかった。
小原糸子のモデル、コシノ三姉妹の母の生涯を描いた作品、言わば、彼女の魂そのもの。
命そのもの、と、言ってもいい。
だからこそ、魂を込めて、命がけで、作ったのだ。
最後の演出は、その表れだったのだ。

見たときは、凄い自信だなあ、と感動しながら涙した。
この作品は、自信作だから、彼女の魂が宿してますよ、と、言ってるのかと思った。
でも、そうじゃなかったのだ。
彼女の魂を引き受けるという、覚悟。
あるいは、決意。
凄い使命感だ。
だから、あの演出が可能になる。
そう思うと、また、泣けてきた。
私は、それほどまでに、命を懸けれる使命を、まだ、はっきりとは手にしてない。

脚本家、渡辺あやさん。
テレビでも、映画でも、小説でも、賞をとってる。
テレビにはテレビの、映画には映画の、小説には小説の美しさがあって、この人は、間違いなく、それぞれの美しさを引き出しているはずだから、それぞれ味わいたい。
病気が治ったらね。
コメント

ストレスよ、ありがとう。

2012-04-06 09:26:36 | 健康
前に少し紹介した本、「脳からストレスをスッキリ消す辞典」、最近、買って、少しずつ読んでる。
面白いし、ガンを治す役にたつ。
私が信じて実行していることは、科学的に意味があることだったのた。
ぱらぱらと眺めてみて、登場する多くの項目を、既に実施してることに驚いた。

「はじめに」に、感激。
ストレスは、スパイスだ、と。
トレーニングにより、ストレスという人生のスパイスを楽しむことができるようになるだろう、と。
まるて、川竹さんの、「幸せはガンがくれた」と同じ味わいの表現だ。
たしかに、この一年、大きな悩みを越える度に、ステップアップしてきた。
ストレスよ、ありがとう!
これからも、よろしく!

写真は、今朝の愛宕山。
突然、ひょうにおそわれた!
これも、ストレス?(笑)
コメント

凡事徹底、再び。

2012-04-04 09:47:29 | 健康


凡事徹底、再び。
もっとも、旅先でも、朝の山登りと、半身浴は実施してたけどね。
違うのは、食事、マントラム、マントラ(オーム)、治った(大笑い)、ボイトレ。
結構、あるな。



玄米菜食。
野菜は味噌汁の中にたっぷり。
玄米食べてれば、これで十分。
人間の体は、食べ物から出来ている。
ガンも、人間の体。
ならば、食べ物から出来ている。
正しい食事を正しい量だけ食べることで、ガンを育てず健康な体をそだてる。
それが、玄米菜食の考え方だと、理解している。

とりあえず、旨い!
海洋民族から、農工民俗へのスイッチ切り替え、完了!
昨日、凄い嵐やったらしいね。
畑、見に行ってこようかな
コメント