地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「夢」@とある山村

2006-06-27 00:44:33 | 演奏
前回からの続き。
日本森林ボランティア協会の活動地にて。
早い時間から、宴会開始(写真)。

数時間後。
静かに包む暗闇。

「♪闇を打ち砕くものは、ただ、僕らの夢だけ。。♪」

私は、ギターを手に、森林ボランティア協会応援ソング「夢」を歌っていた。

ジャン、と、演奏終了。

「パチパチ!カズさん、ひとつ、頼みがあるんやが。。。」

と、部隊長のO-chan。

「この村では毎年9月に運動会があって、
 村の人たちみんな楽しみにしてたんよ。」
 でも、子供がいなくなって、出来なくなって。
 代わりに俺らで敬老会を企画してるねん。
 カズさん、弾き語りコーナーをやってくれるか。」

おお、これは、ミュージシャン冥利につきるぜ!
だが、まてよ。
9月といえば、10月の天満音楽祭寸前で、
精神的に追い詰められている時期だ。
だいたい、天満音楽祭での私のウリになるはずの、
ハチママソング、まだ、影も形もないではないか!

ギターを手にしたまま迷う私に、息子がしがみついた。

「フーコイーコサー!
 フーコイーコサー!」

おお、「ブルーソニックのサナッティ」をやってくれ、
て言ってる。

「うーん、やってもええよ。。。」

「そうか!ありがとう!」とO-chan。

えっ?
これはすごいことになってしまった。
引き受けたからには、ちゃんとやるぞ。
民謡?演歌?サブちゃん以外は演歌じゃねえ。。。
硬く握り締めた拳に、
フーコイーコサーアアア!と叫びながら
息子が小さな手を添えた。

コメント

クレーンシャ!

2006-06-27 00:44:04 | Weblog
とある小学校の校庭。
息子にせがまれるままに次々と描いた。

トッキューデンシャ!
トラック!
ブーブー!
ヒコーキ!

ちょっと待って、と、ケータイでパシャリ。
うん、いい絵だ。
さて、いつものように、モバイルでリアルタイム・ブログ更新だ!

と、思いきや。なんと、圏外。

そう、ここは、山奥の過疎の村。
ボランティア作業中の仲間たちを尻目に、
生徒がゼロになって昨年廃校になった小学校で
息子と遊びほうけていたのだ。

ケータイの二つ折りを開いて高く掲げた私に、
クレーンシャ!
と息子が叫んだ。

(ごめん、最後は作った)

つづく

コメント

最近

2006-06-23 01:35:06 | Weblog
この数週間、結構早く帰宅してた。
毎日息子と遊び呆けてたわけさ。
今日はしくじった。
久々、日付が変わって帰宅。
残念。
気を取り直して、絵など描いてみた。
毎日毎日、山ほどトラックの絵ばかり描かされてるからな。
ちょっとは上達してるだろう。
コメント (2)

親ばか脱出

2006-06-17 23:41:57 | Weblog
とあるバー(初めての店)に、
知り合いのライブを見に家族で行ったら、
赤ちゃんは困る、ということで、退散。
(店のかたに丁重に断られた。
 知り合いに気を使わせて悪かった。
 演奏に響いてなければいいが。)

これまで断られたことがなかったんで
びっくりしたけど、そりゃそうやな。
バーやもんな。

ちょっと最近、親ばかが過ぎるかなと
自分自身思っていたので、いい機会だ。
これを機に、親ばか脱出しよう。
今日だって、昼の散歩時、
JRを舞台にした似たような写真を
3枚もアップしてしまった。
もうやめよう。
と思いつつ、店からの帰りし、
阪急電車を舞台にした写真をアップ。
こりてないね!

しかし残念だ。
どうも、息子が、音楽に関して
本物がわかる男のような気がしていて、
(あ、やっぱり親ばか)
その知り合いの音楽は本物なので、
反応が見たかった。

例えば先日、万博公園に行った時のこと。
阪大のビックバンドが路上ライブをやっていた。
息子、二軍以下の演奏では静かに聴いていただけなのに、
(それでもめっちゃかっこよかったんよ)
一軍(ニューウェーブオーケストラ)の演奏のときは、
大興奮。
「うぉー、タバロペパラペチャ!」
とか叫んでたんだ!

あ、やっぱ、バーで演奏聴かしたらあかんわ。

コメント (2)

バイバイ

2006-06-17 21:35:11 | Weblog
コメント

今も

2006-06-17 12:19:06 | Weblog
コメント

相変わらず

2006-06-17 12:12:31 | Weblog
コメント

電車ずきなのだ

2006-06-17 12:05:24 | Weblog
コメント

エテルナメンテ

2006-06-16 02:22:40 | 
 ETERNAMENTE

 Tu cantas eternamente
 Yo tambien canto eternamente
 Yo canto eternamente en Japon, y tu cantas
 en Gatemala y en todo el mundo

 Tu cantas bien, Que maravilla
 Yo no canto bien pero continuare cantand
 Esta cancion continuara eternamente, ah
 Nuestra amistad tambien
 eternamente
 eternamente

 (語り)
    君は永遠に歌う
    僕も永遠に歌う
    僕は日本で永遠に歌う
    君はグァテマラで、そして、世界で

 eternamente
 eternamente

 Esta es la primera cancion en espanol que escribo
 Y es para ti
 Y es mui bien?

 いつまでも歌い続けてよ
 僕は君のように上手くないけど
 いつかまた会う日に歌えるように
 いつまでも、こうして、歌う
 グァテマラに、世界に、旅立つ
 君に歌う

---

この歌は、何年か前にグアテマラに帰る友人に送った歌。
今年になって、まず、ハチにてSAXフジイ氏と共演。
次に、高槻ジャズストでピアニカW氏と共演。
最後に、先日ハチでベースのトノくんと共演。
歌詞の中にある「語り」部分は、最近決めた方針。
まだ語ったことない。
この歌は、やるたびに評判がよくてうれしい。

よっしゃ。
これで、最近やったオリジナルソングは全部紹介したな。
さて、どうするねん、ハチママソング!
まだ、かけらも出来てないぞ。
今日のアサレンでも、

「ハチママソング、つくらないと。。。
 いや、まずは、エテルナメンテでも歌おうか。。
 ♪・・・エテルナメンテ・・・♪
 さて、ハチママソング作ろうか。
 あっ!もうこんな時間!出社しよう!」

なんて、いつものパターン。
さあ、さあ、さあ。

コメント

2006.06.12@神戸ホンキートンク

2006-06-15 01:46:57 | 演奏
 【演奏報告】2006.06.12@神戸ホンキートンク
  メンバー:OOTA兄(B,Vo),OOTA妹(Vo),SAMMY(G),O(P),S(Violin),T(Dr)
  第1セット
   (1)イパネマの娘
   (2)マシュ・ケ・ナダ
   (3)レオンジーニョ
   (4)サマー・サンバ
    (歌:ここまでOOTA兄。ここからOOTA妹)
   (5)明るい表通りで
   (6)オール・オブ・ミー

  第2セット
   (1)ジェット機のサンバ
   (2)トリステーザ
   (3)フェリシダージ
   (4)十字路
    (歌:ここまでOOTA兄。ここからOOTA妹)
   (5)カントリー・ロード
   (6)日のあたる場所

「ジャン」と、第1セット4曲目終了。
パチパチ・・・と、力のない拍手が聞こえてくる。
めげずに、私はMCを始めた。

「オブリガード。歌は、私、OOTA兄でした。
 ここからは、歌は、スペシャルゲスト。
 OOTA妹、さあ、どうぞ!」

テレながら、妹、舞台へ登場。
何年ぶりだろう。
SAMMYと私と「妹バンド」としてここで歌っていたのが
昨日のことのように思い出される。

恐怖の大王こと暴れん坊ドラマーT氏のカウントでスタート。
このT氏もスペシャルゲストだ。
たまたま遊びに来た。
ついてるぜ、あんた。
鬼の形相が売りのT氏、妹の歌が始まるや否や、
満面の笑みを浮かべ、きょろきょろ。
T氏と目が合う位置関係にいるプレーヤーが私だけだったので、
何度も微笑み合ってしまった。
カウンターでしらけていたお客さんが、
かっと目を見開き、

「え~!本当に兄妹ですか!?
 お兄ちゃんと全然違う!」

などといいながら、舞台前のテーブル席になだれ込んできた。

「ジャン」と演奏終了。
お客さん、大拍手。
プレーヤーたちも駆け寄ってくる。

「すごいぜ!」
「すごいな!」
「すごいよ!」

たいがい「妹バンド」後期でもすごかったんだけど、
更に進化したよ。
MUSICIAN of MUSICIANたちを興奮させるMUSICIAN。
妹に、
MUSICIAN of MUSICIAN of MUSICIANの称号を与えよう。
コメント (2)

MUSICIANofMUSICIANofMUSICIAN

2006-06-13 21:53:54 | 演奏
いやーほんま凄かった、凄すぎる
我が妹ながら
ベース弾きながら終始顔がにやけてた
多分真っ暗でわからんやろけどセッション後の店内の写真、横向き
一日たった
まだ興奮さめず
取り急ぎ携帯から
詳細はまた
コメント

2006-06-11 23:00:39 | 
 夢

 昔々ここは、溶岩と雷の大地
 草一本なかった
 今では君と、間伐作業

 昔々ここは、シダばかり生えて
 ステゴサウルスが食べてた
 時は過ぎ今では、炭焼きの森

 山、川、海、森
 本当に美しいものは、この世にある

 昔々ここは、氷に覆われた大地
 マンモスが歩いてた
 月日は流れ僕らは、田んぼ耕してる

 山、川、海、森
 本当に美しいものが、この世にある
 これらより美しいものは、ない
 しいてあげれば、闇
 闇を打ち砕くものは、ただ
 僕らの夢だけ

---

息子が生まれてからすっかりご無沙汰だけど、
妻が「日本森林ボランティア教会」て団体に参加していて、
私もたまに顔を出していた。
(めちゃめちゃいい団体だ。
 森林にちょっとでも興味がある人は、是非、参加してみて。)
先日ハチで演奏した、「夢」は、
何年か前にその団体のために(勝手に)作った歌だ。

ぼちぼち息子を連れまわすのも楽になってきて、
妻もだいへん意欲的。
近々、一家で泊りがけでその団体の活動に参加予定。
昨日、まずは宴会に顔を出した。
今度は、森林に出るだろう。
そして、晩は、ギターを取り出し、「夢」を歌うだろう。



コメント

OOTA妹の歌を聴け

2006-06-07 00:11:23 | 演奏
(前号まで)

歌が上手く歌えない。
もはやこれまでか?

(本文)

あの、OOTA妹が有馬に帰省中!
こいつは、見逃せないライブだぜ!

【演奏予定】
 場所:神戸ホンキートンク
 日時:2006/06/12(月) PM9:00ごろ~
 メンバー:OOTA兄(B&Vo),SAMMY(G),O(P),S(V)
 スペシャルゲスト:OOTA妹(Vo)

きっぱり言わしてもらう。
我が妹ながら、あいつの歌は素晴らしい。
そりゃそうだ、なんたって、東京の音楽教室でボーカル講師をやってるんだからね。
ちなみに先日実家ですき焼きをご馳走になりながら、私も妹から呼吸法その他ボーカルレッスンを受けた。
というわけで、冒頭の問題は解決。
当日までに、私も素晴らしいボーカリストに変身しているよ、きっと。




コメント

ハチ2006/06/03

2006-06-06 00:28:52 | 演奏
(前回までのあらすじ)

大阪駅に着いた。
ハチまで10分。
さあ、暴れるぜ!

(本文)

さあ暴れるぜ、なんてよく言うぜ、この減らず口。

ギターのシールドを忘れた。
ベースでセッション参加するための楽譜本(コード集)を忘れた。
極めつけは、
「太田さん、ベース弾く?」
に対し、
「いや、弾き語りするし、譲るわ。」

暴れる気、ないやんけ!
ここんところ、アサレン・ヒルレンで、
半分近くベース弾いてる。
なのに、ベースから逃げてどうする?

弾き語りは、まあまあ。
趣向を凝らし、ベースのトノくんとDUOしてみた。
声がなあ。。。出ないんよなあ。。
悪くはないんやけど、このサビのこの部分で
3dBアップ!が出来ない。
でも、客受けはかなりよい。
たまたま過去にいけてる歌を作ることが出来て、
現在はその遺産でなんとか成り立っている。
こんなことでいいんだろうか。

今日はベースからは逃げてしまったし、
歌は、なんだかな、だし、
ああ、まったく。。。
と思いながら、カウンターでハーパーをやっていると、
背後で声がした。

「もう一巡したよな。
 まだ30分以上あまってるな。
 誰か、もう一回、行くか?」

超高速で振り返った。
待ってたぜ。

  【演奏報告】2006/06/03@インタープレイ・ハチ

   メンバー:OOTA(G & Vo), トノ(B)
   (1) エテルナメンテ
   (2) 夢
   (3) 我が心のインタープレイ・ハチ

   メンバー:W(Piano), I(Dr), OOTA(B)
   (1) セイント・トーマス
   (2) 星影のステラ

W氏らとのピアノトリオ。
意気込んだだけあって、
また、W氏のアイデアの固まりなプレイに刺激を受け、
どんどんチャレンジャーなベースとなる。

そいつが裏目。
2曲目、ソロの最中に、曲を見失う。
あちらこちらと迷走した末、
W氏の頑張りで無理やり着地。

こりゃ駄目だ。
一旦崩れてごまかした以上、もう、チャレンジャーなプレイは出来ない。
無責任なチャレンジでは、会話が成り立たないのだ。

セッション終了後、
ああ、まったく。。。
と思いながら、カウンターでハーパーをやっていると、
背後で声がした。

「太田さん、あれで、平然とやってのけるところ、
 さすがやな!」

超高速で振り返った私、

「たまにはあんなこともないと、
 大ピンチからのリカバリー力も身につかへんしな!」

なんて、よく言うぜ、この減らず口。

コメント

2006/06/03

2006-06-03 20:43:47 | Weblog
八時半起床
昨日の新聞読んだり、ネットサーフィンしたり
九時半ごろ
ベース触り出す
一瞬でギターへ
今日はハチで何しよ
ほどなく息子起床
朝食後、妻をおいて二人で散歩
裏山、ちょうちょ
生瀬駅、電車、中山寺
ドルチェなんたらていうイタリア料理屋、めちゃうま
宝塚、公園、バス
家着いたら三時半だった
四時半から一時間だけクラフトルームへ
ハチでの曲かためる
昼寝あけの息子と再度軽く散歩
息子と風呂
晩飯
八時すぎ出発
しまった
電車で読む本忘れた
で、ブログ更新
次、大阪駅
さて暴れるぜ

コメント (2)