地球に夢中研究所

肺ガンIV期。自身のガンを治しつつ、世界の人々の健康への貢献を目指す、「地球に夢中研究所」代表 太田和廣の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

演奏予告 明日 伊丹オールウェイズ

2008-09-30 21:32:27 | 演奏
明日のオールウェイズライブ、ミヤゲヤが来れなそう、てことで懐かしのジャズレパートリーを加えてみた
ミヤゲヤのギターがないならいつもの曲やる意味ないからね
でもミヤゲヤ来れたら来てほしい
かつて独りでやってたときは、最後の二三回は、ハチャメチャギターソロをやってたけど今の私に出来るだろうか
今朝のアサレンでは出来なかった
ハチャメチャなのに出来るも出来ないもないと思うんだけど
どういうことだろ
明日再チャレンジだ

1st:
イパネマ
ジェット機
エテルナメンテ
オールザシングスユーアー
バットノットフォーミー
バイバイブラックバード

2nd:
candy
降っても晴れても
酒と薔薇の日々

シング
エモルドゥラーダ
コメント

牛乳アレルギー

2008-09-29 23:29:26 | Weblog
一度、かなりやばいアレルギー発作を起こしたことがある。
去年の5月、ロキソニンという痛み止めで、
涙、鼻水、脂汗、動悸、息切れ、嘔吐。
後で考えたら危なかったんだけど、
2日後に大きなライブを予定していて、
入院とかになるのがいやで、
救急車呼ばずに耐えたのだった。

今回のはそんなたいしたことなかったんだけど、
なんせ、相手が牛乳だからな、びっくりだ。
もともと牛乳飲んだらおなかがゆるくなる体質なのは
わかってたけど、まあ、むしろええ按配だったので、
最近まで気にせず飲んでた。
先日読んで書評もかいた、アンドルーワイル「治す力、癒す心」に、
アレルギー体質の人は牛乳や乳製品を避けたほうが無難、
て書いてあったので、最近は、厳密にではないけど、
なんとなく避けてた。
結婚式でミナミでマークンと泊まった翌朝日曜、
久々にホットミルクをのんだ。
やられた。
「尋常じゃない肩こり」と、名づけていた症状。
牛乳のせいだったんだ。
昔から時々起きてたけど、単純に肩がこってるんだと思ってた。
そういえば、最近起きてなかったのは、牛乳を断ってたからか。
強烈な肩こりと、肋骨を胸から背中から圧迫されてるような感覚。
吐き気。動悸。息切れ。

えっと、なんも面白くない日記だけど、
もしアレルギー体質の人がいたら、
ちょっと牛乳との関係を振り返ってみて、
と伝えたかった。
私はもう二度と飲みすぎた翌日に牛乳は飲まないだろう。
今日は思いっきりスパゲティーにチーズ振ったけど。

今日は大事をとって休んだ。
朝まだちょっと熱があった。
風邪自体長いこと続いてたし。
でももう大丈夫。

あさって水曜、オールウェイズライブ、ミヤゲヤは仕事の都合でこれないようだ。
久々一人のライブ、どうしよう。

とりあえずMCネタひとつゲット。


コメント

マークンと音楽3

2008-09-28 14:25:40 | Weblog
ラッパが吹ける
私はならせない

昨日は本当に素敵な結婚式だった
よってたみたいでよくわからない写真をあげてしまったな
コメント

エコーマウンテン

2008-09-27 21:32:10 | 文化
かっこいい
でも眠い
でも踊る
そんな結婚式デビュー
(もう寝る時間やね)
コメント

ブルーソニック出動

2008-09-27 13:25:24 | Weblog
さあミゾレけんちゃんの晴れ舞台だ
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(11最終回)

2008-09-26 23:12:28 | 
(Eu sempre chorei por outra escola
Amei a Portela por ela)
Ali naquela hora


読み:
(エウキセンプリショレイポロウトレスコーラ
アメイアポルテーラポレーラ)
アリーナケラオーラ

直訳:
(僕はいつもは別のサンバチームのために泣いていた
彼女のためにポルテーラを愛した)
あの時、あの場所で

太田訳詞:
(本当は別のチームが好きだったけど
君が好きだから)
本気で泣けたのさ


Ali:
あそこ
アリー

naquela:
en+aquela
enは「~の中」
aquelaは「あの」
無理やり英語にすれば「in that」てとこ
ナケーラ

hora:
時間、時
英語のtime,hour
オーラ


アリーナケラオーラ
なんてサウダージな響き
あの時あの場所で
と訳してもこの響きは出ない
結局のところ飛びきり素敵な歌は原詞が一番
めったにないけどアリーナケラオーラで泣けることがある
訳詞の「本気で泣けたのさ」でそれはない
訳詞作りなんて、勝ち目のない戦いだ
それでもたまに「日本語の詩が面白いね」なんて言われると「ほとんど直訳ですよ」
なんて言いつつ結構うれしかったりする
そうそう
AメロはAABAみたいにたくさん登場するけど最後のAは
「瞳はキャンバス、君自身はえもいわれぬ額縁なのさ」

「瞳はキャンバス、それ以上に、えもいわれぬ額縁を愛す」
と変えてます
ご愛読ムイトオブリガード
チャオチャオ!
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(10)

2008-09-26 08:11:19 | 
(Eu sempre chorei por outra escola)
Amei a Portela por ela

読み:
(エウキセンプリショレイポロウトレスコーラ)
アメイアポルテーラポレーラ

直訳:
(僕はいつもは別のサンバチームのために泣いていた)
彼女のためにポルテーラを愛した

太田訳詞:
(本当は別のチームが好きだったけど)
君が好きだから


Amei:
愛した(私が主語の場合)
もとはamarアマール
a:
女性名詞の定冠詞


Portela:
ポルテーラ
人気のサンバチームの名前

por:
~のため
ポル

ela:
彼女

今日はここまで
次号、感動の最終回!
チャオチャオ!
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(9)

2008-09-26 07:49:16 | 
Eu sempre chorei por outra escola

読み:エウキセンプリショレイポロウトレスコーラ

直訳:僕はいつもは別のサンバチームのために泣いていた

太田訳詞:本当は別のチームが好きだったけど


Eu:

エウ

sempre:
いつも
センプリ

chorei:
泣いた(主語が私の場合)
ショレイ

por:
~のため
ポル

outra:
他の
オウトラ
一般的にポルトガル語の形容詞は修飾する名詞の男女にあわせて語尾がかわる
ここでは女性名詞エスコーラ学校にあわせて語尾がaになってオウトラ
男性名詞を修飾する場合は語尾がoになってオウトロ
例えば「他の本」ならオウトロリーブロ
韻が踏みやすい
というか自然に踏んでしまうのでそれをいかした歌が多い

escola:
学校、サンバチーム
英語のschool
エスコーラ

今日はここまで(ほんまか?)
チャオチャオ!
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(8)

2008-09-25 20:16:10 | 
(Cantei por no´s
Chorei por ela)
Com Monarco e Paulinho da Viola


読み:
(カンテイポルノイス
ショレイポレラ)
コンモナルキパウリーニョダビオラ

直訳:
(僕は僕たちのために歌った
僕は彼女のために泣いた)
モナルコやビオラ弾きのパウリーニョと一緒に

太田訳詞:
(ともに歌い
ともに泣いた)
サンバチームはパウリーニョダビオラ

Com:
~と一緒に
英語のwith
コン

Monarco:
モナルコ
人の名前

e:

英語のand


Paulinho:
パウリーニョ
人の名前

da:
de+a
deは「~の」
aは女性名詞(単数)の定冠詞
英語の「of the」


Viola:
ビオラ
ギターみたいな楽器?
ギターではない
ギターはビオラォン

またあげてしまった
しかも中途半端
今度こそ今日はここまで
チャオチャオ!
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(7)

2008-09-25 20:01:31 | 
(Cantei por no´s)
Chorei por ela


読み:
(カンテイポルノイス)
ショレイポレラ

直訳:
(僕は僕たちのために歌った)
僕は彼女のために泣いた


太田訳詞:
(ともに歌い)
ともに泣いた

Chorei:
泣いた
主語が私の場合これ
逆に主語が私(eu)とわかるので省略されてる
ショレイ
もとはショラール(Chorar)、泣く、英語のcry

por:
~のため
英語のfor
ポル(ルはふつうは喉を鳴らす音なんだけどここでは後ろの母音とひっついて普通のラ行)

ela:
彼女
英語のher
エラ

またあげてしまった
今度こそ今日はここまで
チャオチャオ!
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(6)

2008-09-25 19:50:56 | 
Cantei por no´s

読み:カンテイポルノイス

直訳:僕は僕たちのために歌った

太田訳詞:ともに歌い

Cantei:
歌った
主語が私の場合これ
逆に主語が私(eu)とわかるので省略されてる
カンテイ
もとはカンタール(cantar)、歌う、英語のsing

por:
~のため
英語のfor
ポル(ルは喉を鳴らす音。痰をはくみたいな)

no´s:
私たち
英語のus
ノス、だけどノイスと読まれたりする

今日はここまで
チャオチャオ!
コメント

歌解説(1)エモルドゥラーダ(5)

2008-09-24 18:16:45 | 
(E na tela do olhar)
Da minha amada, emoldurada
Passava a Portela


読み:
(イナテーラドリャー)
ダミーニャマーダ、エモルドゥラーダ
パッサーバポルテーラ

直訳:
(そして、)僕の恋人「額縁」の(瞳のキャンバスの中を、)ポルテーラが通り過ぎていった

太田訳詞:
(瞳はキャンバス)
君自身は、えもいわれぬ額縁なのさ


Da:
de+a
deは「~の」
aは女性名詞(単数)の定冠詞
英語の「of the」


minha:
私の
女性名詞に対して使われる
英語の「my」
ミニャ

amada:
恋人、だと思う
愛する人、かも
アマーダ

emoldurada:
額縁、フレーム
エモルドゥラーダ

Passava:
通り過ぎていた
ポルトガル語やスペイン語は過去形が二種類あって、ごにょごにょ
人称変化も激しいし文法ちゃんとやろうと思うとかなりたいへん
ここでは過去進行形のような使い方
パッサーバ
もとはパッサール(passar)、通り過ぎる、英語のpass

a:
女性名詞(単数)の定冠詞
英語の「the」


Portela:
有名なサンバ隊の名前、だったと思う
大文字で始まってるし固有名詞だろう
動詞のあとにあるけど主語
ポルテーラ


エモルドゥラーダ、て額縁、て辞書見ても載ってないし最初このあたりよくわからなかった
参考にした訳では

「彼女の瞳というフレームを通して、ポルテーラが通り過ぎていくのを僕は見てたんだ」

のような感じだったと思う
エモルドゥラーダ(フレーム)は彼女の瞳、という解釈だ
それでも十分素敵な詩なんだけど、「額縁」という意味をある人から聞いて、すべての謎が解けた
エモルドゥラーダは瞳なんかじゃない
彼女自身のことだったんだ

イナテーラドリャ(瞳の中をね、)と下降フレーズをクールに歌う
ダミーニャマーダ(その瞳は僕の彼女のなんだ、)とウキウキフレーズ
エモルドゥラーダ(だからいわば彼女は額縁だね、なかなか上手いこと言うでしょ)と、ここはダミーニャマーダと全く同じメロディー
パッサーバポルテーラ(ポルテーラが通り過ぎていくんだ)とここでクールな感じに戻る
メロディーと歌詞の見事な連携プレー
完璧だ
ユーチューブなんかみてると、みんな実に楽しそうにこのあたり歌ってるよ

直訳だけ見ても十分素敵だけどメロディーとあわせるともっといろんな意味が見えてきてもっと素敵になる
でも悲しいことに訳詞ではそこまで表せない
せめて心を込めて歌うとしよう

今日はここまで
次回からサビです
サビもいいよ
チャオチャオ!
コメント

今月の散髪したて2(今週末着る服)

2008-09-23 11:57:28 | Weblog
コメント

今月の散髪したて

2008-09-23 11:37:37 | Weblog
コメント

日記(昨日)

2008-09-22 02:27:23 | 
写真:リハ後、風邪薬でネムネムになってグロッキー状態。
 (ずっと喉が悪くて、喘息悪化かと思ってたら単に風邪だった。)
 ピアニカナベ氏撮影。
音源:my space。「奏(かなで)」リハ。1stテイク。自転車にコマつけて喜ぶマークンの声入り。

昨日(土曜日)。部室のすぐ外で。ブルーソニックの音もかすかに聞こえる。
コメント