二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

フジフィルム FinePix F900EXRがやってきた

2014年02月28日 | Blog & Photo
ふだん腰のポッシェに入れて持ち歩いているCX6が2台とも不具合。ブラックボディはセンサーのゴミ、シルバーボディは、ズームリングの伸縮が不安定となって、思った位置に止まらない(ρ_・). それほど乱暴な使い方をしているわけではないが、ブラックボディは1年未満、保証期間内にズーミングの不具合が生じて修理している。高倍率ズーム機は、耐久性に問題あり・・・というのが、わたしの印象。しかし、いつでもどこでも持ち歩ける、低価格のコンデジを1台はどうしても欲しいのである。 . . . 本文を読む
コメント

「おどろきの中国」橋爪大三郎×大澤真幸×宮台真司(講談社現代新書)レビュー

2014年02月28日 | エッセイ・評論(国内)
三人の社会学者による、中国論。刊行は2013年2月なので、まだ賞味期限内である。時事問題をあつかっている著作は、その国の政治方針や元首や政治的な指導者が変わると、著作物としての意味がたちまち薄れてしまうことが多い。本書は時事的なネタをあつかってはいるけれど、社会学的な観点から「中国とはどんな国家なのか」に照準を合わせて、本質論を展開しようとする、なかなか野心的な鼎談となっている。日本人はお隣の大国なのに、中国を誤解していたり、必要以上に脅威を感じていたりする。それに対し、現在の日本をリードしている俊英社会学者三人が、長時間討論を繰り広げていてなかなか読ませる。鼎談は4部構成。 . . . 本文を読む
コメント

フォト4枚に託して何思う

2014年02月21日 | Blog & Photo
このところ、日記=blogのアップをさぼっていた。理由はいろいろだけれど、いちいち書くのはやめておく´Д`Mikenekoさんは大雪と寒さのせいで、写真モードから活字モードへすっかりお引越し。レビューを2本アップしたけれど、そのほか2冊読みおえた。昨日はいつものようにカメラ情報誌を3冊買ってきた。その中では金村修さんのグラビアとコメントがおもしろかった。彼は失敗作(・・・とおもわれるもの)しか残さないというのである。だから、グラビア写真は、何が写っているのかわからない作品ばかり(゜Д゜;) . . . 本文を読む
コメント

「これから世界はどうなるか ~米国衰退と日本」孫崎享(ちくま新書)

2014年02月19日 | エッセイ・評論(国内)
あまりにルーズなタイトルなので、サブタイトルを読まないと、何について書かれた本かわからないだろう。孫崎享(まごさき・うける)さんの著作はこれまで読んだことがなく、わたしにとっては未知の著者だった。「国際関係や国防について論じられたおもしろい本はないかな?」というわたしの質問に、友人はほかの数冊とともに、「孫崎さんを読んでみたら」と教えてくれた。外務省出身の論客で、複数の国の大使をつとめた外交の専門家。防衛大学で教鞭をとっていたこともあると、その略歴にしるされてある。論議の大前提となるのは、米国の衰退と、日本の外交指針。東南アジア、東アジア各国・・・とくに中国のいちじるしい抬頭によって、アメリカの経済力、軍事力が相対的に衰退し、新しい枠組み作りがはじまっているというものである。 . . . 本文を読む
コメント

豪雪後遺症

2014年02月17日 | Blog & Photo
積雪73センチという、観測史上最高の豪雪となった前橋、高崎地方。 二夜明けた今日も交通が半分麻痺したまま。わたしも敷地からクルマを出すことができず、やむをえず土曜日曜と会社を休んだ。今日はもうだいじょうぶだろうと予想し、大通りへ出てみたが、わたしの進行方向は大渋滞で、いつもなら10分で走り抜けられる距離なのに、1時間かかってもたどり着けないありさま(^^;)そもそもこの地方では、一夜で73センチという豪雪を想定していない。スーパーも、コンビニも、駐車場の除雪はまったくおこなわれておらず、ノーマルタイヤで侵入すると、そのままスリップして身動きできなくなる。 . . . 本文を読む
コメント

観測史上最高の積雪

2014年02月15日 | Blog & Photo
目を覚ましてびっくり!つぶやきではYahooの記事を見て54センチと書いたけれど、ちょっと古い情報だった。その後前橋地方気象台から73ンチと発表された。前橋、高崎地方では、観測史上最高の積雪。小学生だったころ数回、大雪の記憶がある(^^;)しかし、せいぜい50-60センチだったという記憶がある。ボイラーが埋もれてしまったらしく、ガスが使えないが、電気はいまのところ大丈夫。5軒の隣人が出入りで使っている3.5m幅の町道も、クルマが通行した形跡なし。皆さん家の中に閉じこめられているのだ。新潟のような雪国とは違って、豪雪の経験はほとんどない。 . . . 本文を読む
コメント

イメージセンサーにごみ

2014年02月14日 | Blog & Photo
また雪が降っている。このあいだより積もりそうだなあ、このあと友人とランチだけれど、様子を見て早上がりしよう(;´-`) こんなに降るようだと、スタッドレスか、チェーンを用意しないと。サニー用のはあるのだけれど、タイヤの径が合わない。うむむ、降る降る。ところによっては、関東は積雪40cmになるとか。ところで、さっき会社の前から雪景色を撮影したら、なんとCX6のセンサーにごみが/_・)/_・)叩いたりゆすったりしたけれど、全然動かない。レンズ交換式のカメラのように、自分で除去することはできない。CX6はもう1台あるけれど、そっちはズームレバーがくたびれて、動きがスムースではない。はて、メモ用の常用コンデジ、どうしようかな・・・。キヤノンのS120でも買うか(´д`;; CX6の後継機種は発売されていないしね。 . . . 本文を読む
コメント

冬来たりなば春遠からじ

2014年02月13日 | Blog & Photo
繁忙期前半の忙しさのピークが過ぎていった。昨日は休みがとれなかったので、本日がお休み。朝寝坊し、洗濯をすましてからぐたぐたと時間の波間をただよっている。・・・日はおだやか、たばこを吸い、コーヒーを飲み、テンちゃんの様子をうかがったりしながら。日本語にはすばらしいことわざがたくさんある。「冬来たりなば春遠からじ」もその一つ。これは逆境にあえぐ人をはげますことばとして、よく使われる、わたしの好きなことわざ。風は冷たいが、よく晴れていて、陽ざしが温かい。 . . . 本文を読む
コメント

マライア・キャリーに首ったけ

2014年02月11日 | Blog & Photo
いままではカセットデッキしかないクルマに乗っていた。ところが、NOTEに換えたら、CDデッキがついているので、なにか聴きたくなった。夕食時しかTVは見ないけれど、ラジオはわりとよく聴く。仕事場でも、ふだんはラジオがBGM代わり。しかし、せっかくCDがついているんだから、なにかかけて座席の空気をガラッと変えてみるのもいいだろう・・・とはいえ、クラシックは運転のテンポとまるでそぐわない。そう思って、ビートルズを手はじめにポップスのCDを何枚か買ってきた。 マライア・キャリーの「The Ones」はそんな中の1枚。ボーナス曲3曲をふくめて、19曲が収録されている。そしてそのうちの数曲に、もうメロメロなのだ♪ . . . 本文を読む
コメント

雪景色2014

2014年02月08日 | Blog & Photo
関東地方では、今年初の本格的な雪景色(´∀`*)゜通勤途中、利根川にかかる橋の上など、バリバリに凍てついて、ほとんどアイスバーン状態。わたしのはノーマルタイヤだから、凍結したら手におえない。今日も明日も仕事。危険なのでこのblogをアップしたら帰宅の準備ゞ(´Д`明日にまわせる仕事は、明日にする。<今日のわが家の庭><途中の雪景色1><途中の雪景色2>クルマの運転席から、信号待ちでパチリ!こういうときは腰のケースにつるしたCX6の出番。 . . . 本文を読む
コメント