二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

フィルムカメラlove2019 ~ニコンFE2の巻

2019年03月31日 | Blog & Photo
  (わが家、東の物置の一隅。ほこりまみれの灯油置き場となっている) まもなく3月が終って4月となるが、何となくもやもやした気分をもてあましながら、新刊書店や古書店をふらふらしたり、気をとりなおしてカメラを手にし、そこいらを歩いたり。 そして夜は、老いた両親を相手に晩酌。 いつもの赤ワイン、水割りでほろ酔いとなってそのまま寝てしまう。 先日は忙しいあいまをぬって顆粒タイプの除草剤を少し散布、だ . . . 本文を読む
コメント

すばらしき一冊、S・モーム「サミング・アップ」(行方昭夫訳 岩波文庫)と巡り合う

2019年03月30日 | エッセイ・評論(海外)
「月と六ペンス」のモームによる、自伝。いや、よく読んでみると、自伝的な要素もあるが、人生論、文学論、随筆といったおもむきを備えている。自由闊達な筆運びともいえるし、乱雑な書き散らしともいえる。わたしは兼好法師の「徒然草」やモンテーニュの「エセー」を、しばしば連想しながら、読み飛ばしせず、356ページの最後まで読みおえた´0`*) 全部で77章の断章からなっていて、それぞれが完結したり、次章へつな . . . 本文を読む
コメント

玉乗りケンタ

2019年03月29日 | シャッフル/photos
玉乗りケンタ(^○^)/タハハ  尻尾でもバランスをとっている。 器用なやつだ。サーカスにでも売り飛ばそうか(~o~)  クルマの室内が気になって仕方ないのだ。 器用なだけでなく、好奇心もつよい。頭がいい証拠だろう、猫にしては。 . . . 本文を読む
コメント

小谷野敦「バカのための読書術」(ちくま新書 2001年刊)レビュー

2019年03月28日 | エッセイ・評論(国内)
三つ星にとどめようかと考えていたが、評価のランクを一つ上げておこう。 読書ガイド、読書術というジャンルの本は、過去に2-3冊しか読んでいない。モームの「世界の十大小説」が愛読書なので、これまで3回か4回読んできた。。しかしこれはメインテーマは作家論、わたしの場合、読書ガイドの役割もたはしたというだけのことである。 「バカのための読書術」は個性的ではあるけど、ごくまっとうな、正面切った読書ガイド、 . . . 本文を読む
コメント

ツクシ発見(*^-^)

2019年03月28日 | シャッフル/photos
90歳を大分越えた両親のお供をして病院、それから薬局へ。 待ち時間をもてあまし、そこいらをぶらぶらしていたら、足許にツクシ発見(*^-^)  田舎暮らしなので、あちこちの土手や空き地によく生えている。 こういう風物詩には、やや飽きてしまったな。 ヒマができると、本屋(新刊&古書店)ばかり歩いているので、撮影にはまったく身が入らない(・ω・)  欲しい本、好奇心を刺激して止まない本が次つぎ出現す . . . 本文を読む
コメント

派手な軽ワゴン

2019年03月27日 | シャッフル/photos
ときおり「けやきウォーク」というショッピングモールへ出かける。 用件はテナントとして紀伊國屋書店があるから。 そこへ出かけるたびに、このど派手な軽のワゴン車を見かける(^○^)/  ペイントしてあるのかと近づいてみたら、プリントしたものを貼り付けてあるのだ。 変わった趣味の持ち主がいるなあ。 目立ちたがりはどんな世界にも棲息しているけど('_') 生物にもね。 . . . 本文を読む
コメント

読書という悪習

2019年03月24日 | 小説(国内)
   (手許にあるモームの文庫本の一部) そろそろ撮影モード全開・・・といきたいところだけど、暖気運転ばかりしていて、一向に走りださないのはどーしたわけだろう(笑)。 まもなく4月となり、桜が咲く季節になるというのにね。 ところで、読書の世界ではこのところ迷走していて、あれもこれもと、やたらいろいろな本に手出ししている。 フィクションには復帰をはたした。そのため、小説を主に読んでいる。 読 . . . 本文を読む
コメント

ケヤキlove♪

2019年03月24日 | シャッフル/photos
都会暮しをしている人は、自然から隔離されているから、いい年をして、この木が何というか知らないかもしれないので書いておこう。 そう・・・ケヤキである(^^)/  この空に手のひらを拡げたような立ち姿、よく高木になるので、そばに立つと頭上を覆い尽くす見事さとなる。 地下深くから、大量の水を吸い上げ、空中へと発散させる。 だから、農家にはよくケヤキが植えられていたのだ。ケヤキが二三本あれば、屋敷まわり . . . 本文を読む
コメント

S・モームにやられた

2019年03月23日 | シャッフル/books
辛抱が足らず、長編が読めないため、短編ばかり漁っている。 宮本常一さんの「忘れられた日本人」を読み返しているけど、いやはや、どれも身に沁みる。じいさん、あるいはひいじんさんの話に耳を傾けているようなもんだな(。・_・)   多くの人がいうように、「土佐源氏」なんて、文学的にみて戦後屈指の名品!  そして昨夜はS・モームにやられた。 新潮文庫の短編集「ジゴロとジゴレット」の中の「征服されざる者」 . . . 本文を読む
コメント

ぼく食べる人

2019年03月21日 | シャッフル/photos
何といったらいいのだろう。 吊し柿作る人=父、食べる人=スズメ・・・アハハハ(=_=)  オナガが食べるのは何回も目撃しているけど、逃げ足がはやく撮影できたためしがない。このときはエンジンを止め、たまたまクルマの運転席にいた( ・ὢ・ )   二羽いたが、一羽はカメラをかまえる気配を察して逃げた。 周辺は昔からの米作地帯なので、スズメはいまでも多く、朝はたいていスズメどもが騒ぐ声で目を覚ます。 . . . 本文を読む
コメント