二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

すぐた薬局駐車場

2019年06月30日 | フリッカー/photos
ひゃ~、びっくり(@_@) こんな作品を撮っている人がいる!!  カメラに内蔵されたピクチャースタイルなのか、パソコンで加工して仕上げているのか?  一種独特な絵画調。 これでアマチュアならすごい実力者。 コピーしたらまずいだろうから、ここにはわたしの普通の街撮りを掲載しておく(・ω・)ドテ PHOTOHITO:https://photohito.com/user/26242/  こういう . . . 本文を読む
コメント

“優遊自適”の人 ~永井荷風のかたわらで(5)

2019年06月30日 | エッセイ・評論(国内)
「日和下駄」を最初に読んだのはいつのことであったか?  わたしはこの本を読む以前から、カメラをさげて友人とよく東京へ出かけ、おもに下町をほっつき歩いたものだ。 いま読み返しながら、このエッセイは、「断腸亭日乗」は別格としても「墨東綺譚」とならぶ荷風の代表作であるとの感を深くしているところだ。 鴎外、漱石の名品と較べてもなんら見劣りしない秀作である。 こういう本を大正4年、36歳のとき刊行している . . . 本文を読む
コメント

中桐雅夫詩集「会社の人事」について ~憤りと悲しみのソネット

2019年06月28日 | 俳句・短歌・詩集
   (本屋の散歩で、39冊の中の一冊として、この詩集と巡りあった) きっとだれかが亡くなって、遺族が遺品を始末したのだろう。 今日近所のBOOK OFFへいったら、わたしが欲しくなるような本たちが、大量に売られていた。 そうか、そうか・・・そうか。 いろいろと買った中に、中桐雅夫(1919~1983年)さんの「会社の人事」という、いささか風変わりなタイトルの詩集(晶文社 1979年刊)があっ . . . 本文を読む
コメント

高梨豊「面目躍如」その他のこと

2019年06月28日 | 写真集、画集など
BOOK OFFにどなたか大量に本を放出した方がいる。 今日は森山大道さんの写真集「凶区」はじめ○9冊、金額で○万5千円も買ってしまった(^^;)アセ  その中でわたし的に最大の目玉がこれ、高梨豊さんの「面目躍如」「ライカな眼」。 とくに前者は20年ばかり昔、神田古書店街で8千円くらいしたなあ。 そんな写真集が田舎のBOOK OFFで手に入るとはねぇ。 えっ、高梨豊知らないって!?  フィルム . . . 本文を読む
コメント

稀覯本の世界について ~永井荷風のかたわらで(4)

2019年06月27日 | エッセイ・評論(国内)
   (川本三郎「老いの荷風」白水社2017年刊) 川本三郎さんの「老いの荷風」を手に入れ、おもしろく読ませていただいている。 川本さんといえば、現在荷風研究の第一人者(・・・とわたしはみなしている)。 以下のリストは、ある時点における発禁本(初版)『ふらんす物語』の所有者リストである。 1.佐藤春夫(神代帚葉) 2.徳川武定(入江文庫) 3.小倉重勝(中村武羅夫) 4.増田徳兵衛(不明) . . . 本文を読む
コメント

「昨日いらつしつて下さい」 ~室生犀星の三つの作品をめぐって

2019年06月25日 | 俳句・短歌・詩集
先日新藤兼人さんの「『断腸亭日乗』を読む」を読みおえ、表現しにくい、ある感動を味わった。終章の「墨東綺譚」について語ったところは委曲を尽くしていて、あますところがない。“お雪”は実在したのか・・・。新藤さんは荷風の日記を丁寧に読みこんでゆき、ついにその記事をさぐり当て、小説誕生の舞台裏に迫る。 モデルとされた女と、荷風は出会っていたのだ、じっさいの玉ノ井で。 この女が荷風に霊感を呼び覚ます。日記 . . . 本文を読む
コメント

カメラのメンテ

2019年06月24日 | Blog & Photo
梅雨時、湿気が高くムシムシしている季節になると、カメラのメンテが気になってくる。防湿庫(電源は使わず乾燥剤のみ)からはみ出している機材が心配(~o~)  初代キヤノンF-1は、前期型後期型と2台手許にあるが、一昨日久々にチェックしてみたら、後期型の露出計がダウンしていた。 前期型の方はまだピンピンしているってのに、ね♪  古い機材なので、いつ毀れてもおかしくない。わたしが所有している機材は露出 . . . 本文を読む
コメント

わが家の植物たち ~2019年6月

2019年06月23日 | Blog & Photo
  (ご存じナスの花。もう食べはじめているが、つぎつぎと10月中旬まで食べられる) ヒマなとき、よく庭や裏庭、藪の中で植物を観察し、撮影して、「草木花伝」というアルバムに写真をUPしている。 ネイチャーフォトではなく、図鑑写真。 あとになってその写真をもとに「おや?」と思ったものを、同定するために撮っているからだ。 正面から、あるいは斜めからズバリと切り取ることを心がけている。 元が小農家で . . . 本文を読む
コメント

桔梗が見頃♪

2019年06月22日 | フリッカー/photos
雨が上がったので水たまりに撒くための小砂利を買いにいって、20kgの砂利を通路に撒いた。湿っているから、えら〜く重かった。 ついでに庭を一回り、おや、桔梗が「さあさあ、あたしをご覧!」 とばかり咲いていた(^-^)  この紫、見応えあるなあ♪ . . . 本文を読む
コメント

しずく

2019年06月22日 | フリッカー/photos
はじめて“しずく”のおもしろさに気が付いたのはいつのことだろう?  大気の循環、水の循環・・・そういう中の生活。 雨粒が蜘蛛の巣と出会って、こういうオブジェをつくり出す。 周囲の広大な空間が、一滴一滴の内側に取り込まれている。 コンデジの広角接写(^^)/ . . . 本文を読む
コメント