一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

新築ご入居後のお言葉

2013年10月17日 16時44分22秒 | ユーザーズコメント
▲ご家族5人が有効にお使いになられている
吹抜のホール 



昨日の2013年10月16日に、メールで、

ご入居後の感想(ユーザーズコメント)を頂きました。

そのままコピペで紹介させて頂きます。

スタッフ一同、ワイワイと楽しく打合せしていたときのことを思い出し

また、お褒めの言葉を頂いて、喜んでいます。

ありがとうございました。



………………………………………………………………

昨年7月に引渡しを受け、新居での生活が始まってから、
もうすぐ一年三ヶ月になります。

さかのぼれば2011年6月にそれまで住んでいたマンションの近所に
建築条件なしの土地を見つけ、ミタスさんに相談したのが最初です。


ミタス一級建築士事務所のことは、以前にホームページを見つけて、
清水先生の膨大なコメント、特に施工管理をしっかりしないといい家はできない
というご意見を読んで、ずっと気になっていて、

家を建てるならこんな設計事務所に頼みたいと思っていました。


不動産会社に紹介されたハウスメーカーからも提案を受けていたものの、
清水先生と何度かメールでやり取りさせていただき、

最終的に「ハウスメーカーよりミタスの方が、同じプランなら、
設計費用等を含んでも安くなることが多い。


プランは同じでも素材や断熱などはミタス一級建築士事務所の方が当然上」
という言葉におされ、遂にハウスメーカーの熱烈な営業を振り切って、
設計契約したのが2011年8月でした。


その時点では、ハウスメーカーのそれなりに魅力的なプランが出ていた一方、
契約までは具体的なプランを見せてもらえるわけではなかったミタスさんは
ゼロからのスタートで、どうなるか心配な面もありましたが、

二度目のプランを見せていただいた時点で、懸念は解消しました。


基本的には、一階に個室を配置し、二階をリビングやダイニングを共通の場として、
できるだけオープンな空間にするという希望だったのですが、

清水先生のプランは、一階に単に個室を並べるのでなく、
玄関正面に吹き抜けのホールを設けるというもの。

最初に見たときは、床面積が限られている中、
ホールというのは贅沢でもったいないと思いましたが、

ピアノをそこに置き、単なる通過点のホールでなく第二のリビングと考えれば、
個室より共用スペースを重視したいというこちらの希望にぴたりとはまったプランだと
確信しました。


図面を見ただけでは十分に理解していなかった妻も、
打ち合わせで説明を受けると「いいですね」とトーンが変わりました。

実際、訪ねてきた誰もがほうと感心してくれる空間になっているとともに、
いろいろな用途を兼ね備え、楽しめるスペースになり、大正解でした。


結局、数回の打ち合わせとメールでのやり取りで約2ヶ月かけて
プランAから始めてE-3まで進めて、基本的な間取りが決まったのが、
9月終わり近く、そこから展開図など詳細の検討に進んでいきます。


こちらの希望に対しても無駄なこと、勧められないことははっきり必要ない
と言われましたが、

持ち込みのタンスがぴたりと入るような納戸スペースを取ってほしいとか、
北側は見通しがいいので洗面台の正面は鏡でなく窓を設けてほしいとか、
様々なこちらの要望は、いろいろ検討、工夫して対応していただきました。


その後、電気・設備関係を決めて、工務店の見積が出たのが年明け。

外壁は漆喰にし、洗面台は造作ものにする等、
いろいろ加えていったこともあり予算を上回ってしまい、
ロフトをやめるかなどの案もありましたが、

どこも捨てがたく、どこかをあきらめたら後で後悔すると覚悟を決めて、
ようやく2月半ばに工事請負契約まで漕ぎつけました。


そして、工事の始まりです。

現場は当時の住居の近所で、駅からの帰り道にちょっと寄り道すれば
見に行けてしまう場所だったせいもあり、

休みの日は必ず、平日も勤めからの帰りがけに時々は、という頻度で、
現場を見に行き、家の外形にワク取りされ、土が掘られ、捨てコンが打たれ、

鉄筋が組まれ、基礎が立ち上がりというステップを追っていました。


基礎の立ち上がりで、一階の部屋の間取りがわかるので、
基礎の上に立って初めて実際の部屋の大きさを確認でき、
やはり小さ目だったかな、この部分は結構広いなどと眺めていました。


本体の木工事の初めに上棟式があり、
式当日は雨の予報だったので人を入れて屋根までやると
メールでお知らせいただいていました。


前々日に木材が現場に搬入されたと家人から聞いていたところ、
上棟式に来たら、基礎だけだった場所に柱が立ち、

二階の屋根まで家の外形が姿を現したのは魔法を見るような思いでした。


内側から見ると、柱や梁が複雑に組み込まれ、ボルトや金物で固定されており、
部材一本一本の長さや孔位置が緻密な設計の下で工場で調整加工されているのが見て取れ
(これはミタスさんでなく、工務店の仕事なのでしょうか?)、

それを現場で短時間で組み上げる手際の良さには、職人の技を感じました。


この調子なら意外に早く完成と思いきや、
「ここまでは早いけど、これからが時間がかかるんですよ」と設計の方から聞き、
その言葉通り、引渡しまではそこから三ヶ月余りかかりました。


一年を越え、二度目の秋を迎えている今、
二階に共通のパソコンスペースとして希望したカウンターでこのコメントを書いています。

吹き抜け越しの正面にある大きな窓から、
隣家との間に植えられたクスノキが見通せ、この開放感が、なんとも気持ちいい。


西向きの窓ゆえ、夏の西日が暑いのが玉に瑕ですが、
窓からは季節と時刻によっては月も見え、吹き抜けの床には月明りの影がさします。

逆に外から見れば、この窓が建物の外観を特徴づけるポイントとなっており、
特に夜間、吹き抜けの照明が灯ると、この家の別の顔を見せてくれます。


四方の窓から射す太陽の光は、
射し込む角度によって季節の移り変わりを日々感じます。

周囲の建物の条件から、目立った窓がない東側からも、
こんな所から朝日が入ってくるんだという意外な発見もありました。


無垢の床は一階は濃茶、二階はブラウンと二種類で、
白い壁(一部漆喰、他は壁紙)や持ち込んだ茶系の家具、黒いピアノにもしっくり合い、
観葉植物の緑が良く映えます。

外観以上に、足元の柔らかなさらさら感、一枚一枚のなめらかな凹凸感が素足に心地よく、
そのまま寝転がってもGOOD。室内で緑がよく育つのも、湿気が少ないのも、
この無垢の床のおかげではないかと思えます。


その後、生活の場となった家を訪れていただいた清水先生からは、
この床だとピアノやオーディオの音が美しく響くようだとも聞きました。

設計を重ねて練られた間取りにより、朝起きてから顔を洗って食卓に着くまで
全く無駄なく動け、帰りは一階で着替えまですませ気分を切り替えて二階に上がるなど、

機能上も自分の行動パターンに合って、スムーズで快適です。


一階の洗面台や本棚、ユーティリティの棚など、要求を伝え造作家具にしてもらい、
多少お金が余分にかかっても、見るたび、使うたびに得られる満足感には代えられない
と実感しています。

夏冬はさすがに冷暖房機器が必要なものの、
広さや部屋数の割に、今までと比べて特に目立った電気代の増加があるわけではありません。


水道代は、節水機器を導入したことによって、以前から三割以上の大幅な削減です。

外観、住み心地、機能面の素晴らしさに加え、
ホームページで力説されていたように、
しっかりした管理の下で施工されていたことによる安心感が大きい。


青いシートがかかっている三ケ月間、
外側から見る限りはなかなか進んでいるように見えませんが、

断熱材の吹き付け、石膏ボード張り、床板張り、外壁の何層もの下地仕上げと、
いくつもの作業が行われていました。


前述したとおり、頻繁に現場にお邪魔していたので、
出来上がってからはわからない部分で、一つ一つが丁寧に造りこまれていくこと、

ミタスの設計者の方の厳しいチェックを受けながら
工務店の大工さん達が黙々と作業を繰り返し、

少しずつであるけど着実に完成に近づいていく様子が、
そばから見ていてよくわかりました。


プロの仕事をしてくれた多くの職人さん、それをしっかり管理していただいた、
清水先生はじめミタスのスタッフの皆さんには本当に感謝しています。

一年以上経った現在でも、立派なロフトがほとんど物置スペースになっていることなど、
まだ使いきれていない面もあります。

子供の独立など、家族の変化に合わせて住まい方も変わるでしょう。
それに合わせて成長、発展していける素晴らしい家であり、
インテリアや庭も含め、次はどこに手を加えようなどと話したりしながら、

未だ新鮮な気持ちで快適さを満喫しています。


………………………………………………………………

いつものように、訂正や加筆は、一切しておりません。

ご満足して頂けている様子をお知らせ頂き、

スタッフと喜んでいます。どうもありがとうございました。


その他のユーザーズコメント

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!


横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2013 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しいユーザーズコメント

2013年08月01日 17時30分58秒 | ユーザーズコメント
▲2階の改築部分 



2013年8月1日(木)、新しい月が始まりました。

今朝、ユーザーズコメントをメールで送って頂いた方が
いらっしゃいました。

ブログで紹介してから、ホームページにも公開いたします。


2世帯住宅にすべく、増改築を行ったのですが

法規上、プラン上、構造上、高さの問題、土地の問題

様々な制約があったので、新築との比較を考えながら、

いくつかご提案させて頂き、方向性を決めていきました。



数ヶ月前に、ご入居後、約1年経っていましたが、

お伺いしたところ、設計や工事中に、これら様々な難しい問題を解決して、

良くこんなに構造的にも機能的にも上手まとめたな、

と自分で感心してしまいました。(笑)



では、紹介させて頂きます。

以下、頂いた原文のままで、手を入れていません。

ステキなコメントを頂き、どうもありがとうございました。

スタッフも私も感激しております。

………………………………………………………………


新しい家に住みはじめて1年が経ちました。
この家で暮らし,私たちはとても幸せです。

「外に出かけるのも良いけど,家にいたい!」
そう思っているのは大人だけではありません!
子どもたち(3歳・1歳)も家が大好きです!


ミタスさんにお願いすれば,「家にいるのが大好き」になります。

「こんな感じの家…」という漠然なイメージでも,

清水さんをはじめ,ミタスさんのスタッフ皆さんが,
多くの提案でイメージを現実のものに変えてくれました。


さて,清水さんへの依頼は2世帯へのリフォームでした。
我が家のリフォームは難題だったと振り返ります。

元々は2階建ての戸建てで両親が住んでいました。

5年ほど前に,「自然素材で耐震もしっかり,
嘘をつかない建築士さんにお願いしたい!」

という母の切実な思いが清水さんとの出会いに結びつき,
1階部分のリフォームをお願いしています。


その時のリフォームでは,

キッチンをアイランドキッチンに変え,
リビングとダイニングの壁をなくした開放的な空間に加え,

壁は珪藻土,床・天井は無垢にし,気持ちも居心地もよく,
優しい家になりました。


「素敵な家だなあ」,

「いつかはこんな家に住みたいなあ」と思っていた私たち夫婦。

そんな時,ふとしたことから同居話が出て,
トントン拍子に清水さんへの相談となりました。


もちろん両親の清水さんへの信頼は厚く,

私たちもお願いできるなら!と2世帯住宅へ向けた
リフォームと増築の設計依頼となりました。


前回の経験から,

母を中心に2世帯住宅へのイメージを膨らませ,
清水さんにお会いしました。


素人の私達が知恵を出し合って考えたイメージはハチャメチャなものでしたが,
清水さんは静かに聞いてくださり,

それを実現するには想像以上の予算と時間がかかること,

さらに全部さら地にして立て直した場合など,

現実的な3つの提案を平面図で示してくださりました。


今になって振り返ると,その瞬間,
私たちのイメージが非現実的であることを知り,

初めて現実的な設計のスタートラインに立てたように思います。


結局のところ,1階部分は前回のリフォームで居心地の良い空間になり,
家族の皆が愛着を持っているので,

(大きな変更をせず,もちろん)間取り,柱,構造的に制約が多かったのですが,

最終的に2階部分のリフォームを中心に,
そして家の全体的な雰囲気を変えないまでの増築をするという方針に決定しました。


方針が決まってからは,月に2~3回のペースで打ち合わせが始まりました。

私たちは2世帯が仲良く過ごすために?!

共有部分をつくらない完全分離の道を選び,
1階は親世帯,2階は子世帯という住み分けにしましたが,

そこにいきつくまでにも、水回り(キッチン・お風呂・トイレ)を
どこまで共有していくのか,子世帯の玄関をどう配置するか,

外階段をつけるのか,車庫をどうするかなどなど,

毎週のように打ち合わせすることもあり,
その度ごとにいくつかの提案を丁寧に準備してくださいました。

「希望」と「予算」との譲り合いの中で,

打ち合わせで決まらないことは,その提案を家に持ち帰り,
家族で十分話し合い結論をだす。

それを次の打ち合わせで伝えていく。
そんな作業の繰り返しでした。

時には私たちと両親との間の架け橋的な存在にもなってくださり,
良きアドバイザーでした。



1年近くの話し合いを経て,施工を始めたのは2011年の7月でした。

もちろん様々なプロセスがありましたが,
特に電気系統の打ち合わせには驚きました。

自分たちが実際に生活する動線を設計図からイメージし,
スイッチやコンセントの場所を決めます。貴重な体験でした。



施工が始まってから,楽しみで現場を見に行きましたが,
両親が1階に住んだままでの工事ということで,

「今日はドコドコやっていたよ!」と聞き,
「先に見たな!?」というやり取りもまた大変楽しみでした。


工事業者に任せきりでなく,
ミタスさんのスタッフがほぼ毎日現場に顔を出して,

工事の進み具合や,設計管理をされ,些細な疑問にも,
一つ一つ丁寧に対応してくれ,

「気になったらミタスさんに連絡!」といった具合で,
これほどの安心感をもったことはありませんでした。


大工さんたちも,きっと気の抜けないことでしょうね。
家ができる工程を見るのは,本当に楽しい時間でした。



先日1か年点検をしてもらいました。
清水さん,設計担当の○○さん,
(ここだけは、現在も頑張ってるスタッフですが匿名にしておきます)
大工さんの立ち合いです。

改めて,「我ながら,よくできている!」と清水さんからポロっと嬉しい本音が!

また,化粧板も木目が揃うようにしてくださっていたなど,
素人では気が付かないミタスさんのこだわりも教えてくださり,

我が家の魅力を再発見した点検となりました!


モヤのかかったイメージが,打ち合わせを重ねるごとに明るく視界が開け,
また私たち家族も多くの話し合いが同居への心の準備期間になったように思います。

「家を建てる」。生涯でそうそうある出来事ではありません。

とても大きな買い物です。使い捨てでもなければ,
100円のものともわけが違います。

だからこそ,ミタスさんにお願いして本当に良かったと感じています!


最後になりましたが,

2年近くにわたってお世話になりました清水先生さんをはじめ,
ミタスのスタッフの皆さん,そして施工業者の皆さんに厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました!


 

こちらこそ、どうもありがとうございました。

その他のユーザーズコメント





……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2013 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする