一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

屋根パネル、ダブルシールドパネルのメリットと実例

2024年01月06日 14時12分55秒 | 住宅ノウハウ・実例
▲この屋根パネルを使えば2階床には火打梁(斜め材)が必要だが、
天井部分には火打梁等が不要で、こういう大空間が安全にできる 


現在新築工事中ですが、
その家には屋根の構成材にダブルシールドパネルを使っています。

理由は、北側斜線で天井が低くなりながらも2階に大きな空間が欲しいためです。
これを使わないと、梁や火打梁、束などが出てきて空間が狭くなるからです。

強度がかなり強いだけでなく、屋根断熱も兼ねています。
費用は高くなりますが、適材適所で
20年くらい前から何度か使っています。

但し、通常の構造計算事務所でも、やったことがないと理解できなくて、
構造計算がチンプンカンプンな人もいるようで注意が必要です。

  

▲このような材です。(ダブルシールドパネルホームページより)


要は、断熱材を強度のある面材で挟んでパネルにしているのですが

それだけでなく、
通常であれば、野地板、垂木、母屋、束、火打、天井野縁と作るところを
一気にそれらを大きな空間で兼ねて設計できる強度があり、断熱材も不要になるのです。

  

▲上棟時に屋根パネルを準備


▲▼上棟の時に、クレーンで吊り上げて取り付け



▲この現場を内側から見た状況


▲▼完成後の例



このパネルを使わずに済めばそれでも良いのですが
構造計算を行わず、火打梁や通常の梁も省略している設計を見かけます。
それは、耐震的にはかなり不安で構造計算するとNGな場合が多いので
注意が必要です。


……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2024 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

元旦の能登半島地震に思う

2024年01月02日 14時54分57秒 | 建築家の日記
▲ 2024年1月1日能登半島地震、テレビ中継画像より 


2024年の元旦は、午後から事務所で仕事をしていたのですが、
揺れを感じたのでWEBで地震速報を確認しました。

地震速報で、震度6強と表示されたので「被害が出ているな」と感じ
さらに地震が続き震度7と表示された時には、大変な大地震だと確信しました。
被災された人々が早く救済されますように。

久々の元旦ブログをアップしてから帰宅しテレビで状況を確認していました。
南海地震がいつくるのか、また大津波がきてしまった場合の被害を避けるのは難しいですが
地震でご自身の家の強度が心配な方もいらっしゃると思います。

震度5であれば、ほぼ被害はありません。
1980年以前の旧耐震の建物(正確には1981年4月以前に完成した建物)でも
震度5で倒れることなど、まずありません。

自治体の耐震診断で、0.2という判断された家でも、

当時の建築基準法の趣旨と横浜市からの依頼で
旧耐震の家には「耐震診断」やその結果説明の「訪問相談」を
長年行ってきた経験からも倒壊はしないはずです。

東日本大地震の時には、「耐震診断」で0.2の結果が出たお宅に
横浜市からの指示で、「訪問相談」といってその結果説明にお伺いしていた時でした。

耐震診断で0.2の結果が出たお宅では
「震度4でも倒れるのではないか?」と心配されていしたが

「0.7であろうと0.2であろうと、震度5までは大丈夫です。
 震度6以降になると、揺れは体感で2倍になる感じですので
 どうなるかはわかりませんが。」

という説明をしていました。

ちょうどその時に東北大震災による震度5の揺れが長く生じ
お客様が揺れが大きくて心配になりだしたので
外へふたりで出たのです。
電柱や電線が大きく揺れていたのを覚えています。

やはり、大きく揺れただけでその家自体は何ともなかったのです。
事務所へ戻るとその時事務所にいたスタッフ4人全員がビルの外へ飛び出して待機していて
鉄筋コンクリート造のビルですが事務所内の本棚からたくさん本が落ちていました。

その他の住宅でも、0.2またはそれ以下の耐震強度でも横浜市の依頼で
たくさんお伺いしています。
横浜市青葉区では東日本大震災で震度5になりましたが、
0.15の家も含めて1軒も大きな被害は受けていませんでした。

阪神大震災では、馴染みのあるビルや阪神高速道路までが
完全倒壊しているという生涯忘れられない衝撃的な映像、

小千谷地震(中越地震)では関越自動車道の小千谷ICの建物や施設の建設に
携わったので、小千谷の街を含めてひとりで被害がどうかを確認に行きました。

東北大地震(東日本大震災)では、津波の衝撃に建築家としての無力さを感じ
建築士仲間と現場を見に行った時は、
辺り一面流されて何もない場所にとどまっていた時に
気分が悪くなってしまいました。

大きな地震が起きない地域だったはずの熊本では、震度7を2回記録し、
新しく建てられた長期優良住宅が大きな被害を受けるという事態も起きました。

今回の能登半島地震のテレビ映像を見ていて、
驚いたのがテレビから拝借してしまいましたが、最初の写真です。

既存の旧耐震の構造の住宅に耐震補強を行う方法はいくつもあります。
コンピューターを使って計算するのですが、
同じ家に対しても1.0にする方法は何千通りもの組み合わせが考えられます。

基礎を強くする方法は費用がかかる割に効果が薄いので、
同じ費用を使うなら、私は効果の高い建物を強くする方法をお勧めしています。

「基礎がもし折れても、建物がしっかりしていれば傾いても倒壊しない。
 コンピューターを駆使して建物をしっかり補強した方が基礎を強くするより
 費用も安くできる場合が多く有効です。

 基礎をしっかりさせても、旧耐震の構造の場合は熊本地震で起きた
 長期優良住宅が倒壊したケースになってしまうこともあります。」

とお話しています。

最初の上の写真は、
新耐震の建物でしかも最近建てられてしっかり造ったので建物は倒壊しなかった、
傾いても建物の耐震的な構造体がしっかりしていたためです。
私の考えていたような建物だったのです。

しかし基礎というよりも地盤が軟弱で(多分、液状化した)で
家がひっくり返ってしまったのでしょう。

これでは、いくら基礎と建物だけを補強しても無駄です。
地盤を変えないといけません。
新築時ならともかく、既存の耐震補強では費用や工事方法を考えても
実質的に無理があります。

そこまでするなら、費用的にも建て替えた方が良い
という結論になるでしょう。

お住まいになっていた人が無事かどうかは不明です。
ただ、家屋が壊れて人の上に載ってくることはなかったので
人が投げ出されての衝撃と家財道具がぶつかって来なかったかどうかです。

しかし、下記のように1階がつぶれて2階が載ってきた、
またはその後、2階も衝撃で壊れたという方が、はるかに危険です。
これだと圧死してしまうか、全く動けなくなってしまいます。

 





▲いずれも私が撮った中越地震(小千谷地震)の写真から 


お伝えしたいことは、次の事項です。

1)旧耐震のお宅は、全国の自治体で無料で耐震診断を受け付けています。
 まだの人は申し込みをして、どの程度の耐震強度か知ってください。

2)横浜市の場合は、さらにその結果に対しての説明や、どのような工事をするか
  耐震強度1.0にするにはどの程度の工事費用が掛かるかなどを教えてくれる
 「訪問相談」があります。
 耐震診断をしただけで、まだ受けていない人は無料ですので
  横浜市建築局(下記に連絡先記載)に申し込んで受けて下さい。

3)耐震強度1.0以上にするために旧耐震の人には補助金制度はあるのですが、
  自己負担額が多く期間も長いので断念される方も多いです。

  その場合、寝室だけとか、2階が載っている1階部分だけとか、
  その状況と予算に応じて耐震補強をすることも可能です。
  予算100万円で、1階だけを補強したこともあります。
 (診断結果にもよりますが、1階がまず潰れて2階は衝撃がなければ
  そのままのケースが多い)

4)それも難しい場合、 下記の耐震ベッド
 (そこで寝るか、中にいると家が崩れても守ってくれる)があります。

  この費用が工事費含めて65万円程度のようです。補助金は10万円だけですが、
  お年寄りがいる人、脚の不自由な人、
  または居間のコーナーや近くに設置すれば、小さなお子さんの遊びスペース、
  読書やテレビを見ている間なども守ってくれます。
  何もしないよりも良いので、検討してください。


▲耐震ベッドの例です

横浜市の場合の、耐震診断、訪問相談(耐震診断を受けた方のみ)、防災ベッドの問合せ先は
横浜市建築局企画部建築防災課で

TEL 045-671-2943   FAX 045-663-3255 
となっています。


5)耐震補強工事を行う場合、
  横浜市の補助金を使う場合は設計チェック、工事中チェックもしてくれるので安心です。
  但し、家全体を耐震強度1.0にしないといけないため自己負担額が多いのです。

 断念して部分的に行う場合は、耐震補強を専用のコンピューターソフトで行うだけでなく
 本当に既存耐震工事をしっかり知っている建築士かどうか確認してください。

 横浜市でコンピューターソフトを使って耐震診断を行う新しい判断基準の採用のため
 建築士を募集し、希望者に試験したところ一級建築士でも半分が不合格となり、
 耐震診断と補強を専門に行っていた建築士事務所の人さえも不合格になった例がありました。
 
 これは、新築の考え方を既存住宅に適用するには実質的に工事が無理なため、
 既存耐震補強の場合は、新しい考え方や判断で行うためです。
 新たに自分で勉強しないと建築士も知らない内容なのです。

 リフォーム工事会社が耐震をうたってのリフォーム詐欺がありますが
 当然、それには注意して下さい。
 床下や小屋裏に器具を付けまくることで、高額な金額を請求しますが
 この工事に耐震の効果はありません。
 さらに、外壁を補強することなく外壁から柱と基礎に金具を
 付けることも効果はありません。

6)新耐震の方は、手抜きや耐震性を無視した1、2階のバランスでなければ 
  あまり心配はしなくて良いのですが 
 (阪神大震災でも、大きな被害、全壊などは少なかった)

 家具転倒防止(突っ張り棒だけだと、天井が壊れて意味がない場合がある)は考えること。

 また2000年~2002年頃に家を建てて、中間検査が無かった地域は、
 建築基準法の内容が大きく変わったのですが、職人が慣れておらず、
 筋交いを切ってホールダウン金物を付けたりなど、本末転倒、
 とんでもない工事も頻発したので、安心はできません。

 不安な人は、リフォーム工事の時に、確認すれば良いでしょう。
 (その確認のために壁を剥がすのは不経済過ぎるからです)


▲2002年に私が月刊ハウジングに寄稿した記事と写真の一部

 さらに、建築確認申請で筋交い計算が不要となったため、
 新築の瑕疵担保保険が付かない時期で中間検査も不要の地域では
 構造計算違反で建築士の処分が出たりしました。発覚しただけで一部だと思います。
 (書類チェックも検査もなかったので、間取り優先で建築士がしっかり検討をしていなかった)

 不安な方は筋交いがどこに入っているか、
 それを示している図面をご自身が受け取っているか
 確認すると良いでしょう。

以上、建築士として旧耐震の方が最低限行って頂きたいこと
新耐震でも不安な方に対しての考え方を段階的に述べてみました。


……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2024 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新年あけましておめでとうございます。

2024年01月01日 18時37分11秒 | 建築家の日記
▲2023年12月25日 伊勢神宮 内宮 


新年あけましておめでとうございます。
2024年、今年もよろしくお願いします。
年賀状はこれからで、ここで先にご挨拶を。
(みなさんすみません。)

昨年末もおかげ参りに行ってきました。
少し早めの2023年12月25日、26日に行ったため
非常に空いていて、移動時間も短くて済み良かったです。

神社ブームが起こる30年くらい前の
年末の伊勢神宮という感じでした。

しかも、陽射しはぽかぽかで空気は冷たくて気持ち良い最高の天気でした。
 

▲新幹線の移動中から快晴で富士山もハッキリと


▲2023年12月25日伊勢神宮の外宮です。
 空の色や雲は、まるで加工したように綺麗です。(加工していません)


▲その後に バスで移動して伊勢神宮の内宮で御垣内参拝。
 道路も空いていてスイスイ。快晴です。


▲内宮の参道に、この時期に柑橘系の実がなっている樹があります。
 5~6年前に気づいたのですが、毎年確認するのが楽しみとなっています。


▲荒祭宮にもお参り


▲五十鈴川からの太陽を


▲直会は、今回はおかげ横丁には行かず、内宮バス停入口にある店のうな丼の安さに惹かれ
 ふらふらと吸い寄せられて遅めの昼を


▲出てきたのは、写真通りたっぷりウナギが敷き詰められて美味しそう。
 実際に食べた味? 値段だけあって、うなぎの肉厚が薄くイメージとは違いましたが
 安いので仕方ないです。


▲翌朝、12月26日もう一度外宮で御垣内参拝、同じような清々しい天気で快晴でした。


▲外宮の近くの赤福で、赤福ぜんざいを頂きました。

余談ですが、

▲「カラオケ喫茶 お笑い横丁」という店を伊勢駅と宇治山田駅の間で見つけました。
  昭和レトロ館とも書かれていて、行ってみたいような恐いような…
 ここに店があったのは昔から知っていましたが、
 店の内容がこれだったのかまでは記憶にありませんでした。



▲▼この後、名古屋でオープンする自習室の建物の竣工検査に行って、横浜の事務所に戻りました。




皆さんにとって今年も素晴らしい年となりますように。
そして、また年末に私もお参りできますように。

……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2024 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本日より、解体工事の外壁塗料アスベスト問題に注意

2023年10月01日 15時55分55秒 | お知らせ
▲解体工事中の例 
解体工事は予算オーバーとなってしまういろいろな問題を経験しましたが
今回の2023年10月1日からは、桁違いの大問題となる場合があります 


2023年10月1日から、建て替えや解体工事などについて
悩ましい問題が生じています。

この1年は調査を義務付けてきた
外壁塗料にアスベストが含まれているかどうかという問題です。

もし含まれていたら、大変面倒な手間と費用を掛けて
処分しないといけないのです。

それが2023年10月1日から、確実な処理対応とその証明を
義務付けられるのです。

問題は、その費用です。

屋根材のスレート材料にアスベストが含まれていた場合は、
(よくあります)

10万円とか20万円とかのアップで済むのでまあ許容範囲でした。

ところが、外壁塗料にアスベストが含まてていた場合、

全て手でその塗料を剥がし、散乱しないように特殊な機械で吸い込みながら
の作業になるのです。

作業者も大変な装備で吸引しないようにします。

そのために余分に係る費用は、いくらか?

30坪の木造2階建ての解体で、見積もりを取ったら

「外壁塗料にアスベストが含まれていた場合は
約250万円のアップとなります。」と2社に言われました。

あくまでアップ額です。解体費用とは別にです。

30坪の木造2階建ての解体は、かなり高くなったといっても
通常の条件だと200万円(消費税10%)程度の予算で考えています。

それが250万円加算だと、なんと450万円になるのです。

ある大手の解体屋さんがこの1年で解体した家で調べたところ
その確率は2割を超えたそうです。

本日からは、外壁塗料にアスベストが含まれていた場合
その金額を支払わないと解体ができないのです。

ただでさえ、建築工事費が高騰しています。
アイアンショック、ウッドショック、原油高騰、円安で
コロナ前と比べると、工事費は5割くらい上がっています。

工事費が、5割ですよ!

木材価格は安定してきましたが、全体として下がる気配はありません。

いずれ、運送業界と同じように人件費の賃金問題、労働条件問題が出るでしょう。

職人さんの手間賃は、何十年と上がっていませんし、
残業という概念も週休2日制の概念も、現状はほぼないからです。

しかし、ここで不思議に思うのが2004年まで認定していた材料に
アスベストが含まれているからといって、

その多額な撤去処分費用を全て個人の責任に押し付けるのは、
どうかと思うのです。

なぜ、マスコミもみんな沈黙しているのか、不思議です。

これが医療問題なら、政府がその費用を全額負担していますよね。
排気ガス規制でも、車を廃棄するか使うなとはなりませんよね。

建築業界だけです。いつも軽く見られているのは。
補助金もないのです。

防火サッシ問題でもそうでした。

公的な機関、ほぼ役所と同類といえる機関が
強制的に防火性能を高い検査料や認定料を取って
認定、使用を承認しておきながら、

後で
「やっぱり性能を満たしていなかったから、メーカーは交換が必要」
となり大問題になったのです。

建物に既に付けられた防火サッシを全て交換するのに
どれだけの費用が掛かるか、
それをメーカーが全額負担って有り得ないですよね。

私の事務所にも調査に来ました。
いつ、どこに何軒使ったかと。

これは、最終的に各メーカーが大反対してうやむやになりました。
理不尽すぎますから。

しかし、認定を受けた住宅用の防火サッシが存在しない
ため設計に落とし込めないという大変困った時期もありました。

ちなみに外壁塗料は、下塗り塗料もありますし
2006年くらいまでは、現場で使われていた可能性があるそうです。

まだ17年しか経っていません。
それ以前に建てられた住宅が、どれだけ残っているか。
とんでもない戸数です。

それでなくても、新築工事やリフォーム工事の費用が上がって
予算が足りない、苦しいという連続です。

政府が進めている省エネで性能の良い、耐震強度も強い住宅になるのに
解体工事でさらに追い打ちを掛けないで欲しいです。

空き家問題の解消にも足枷になります。

本日の申請から、この問題が拡がってきて
みなさんのために国土交通省が動いてくれることを願っています。


……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2023 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木造1階床下地までの工事

2023年07月24日 15時48分30秒 | 住宅ノウハウ・実例
▲木造住宅の基礎工事のあと、
     土台敷、白蟻防蟻工事、断熱材、床下地合板が終わって
     ブルーシートで養生した上棟前々日の状態  


こんにちは、ミタス一級建築士事務所の清水です。
今年の初めに、昔のように頻繁に情報発信するぞ、と思っていたら、
もう今年の後半になっていました。(^^;)

基礎配筋や基礎コンクリート、土台敷などは
以前から何度も写真アップしているので
今回は、その直後から上棟前の状態までを説明しましょう。

ここはアッという間に進むので、なかなか見れないと思います。
  

▲基礎コンクリート打設後に、型枠を外した状況


▲▼ 床下の配管工事です。

   給水・給湯の分岐はヘッダーを使ってジョイントが外れないようにします。


▼ 床下と外部桝の配管工事です。




▲土台が現場に運び込まれます。

 土台や大引きを敷いて、白蟻防蟻工事を行ないます。
 ここまでは、何度か紹介しています。


▲これが、床下の断熱材敷きです。
 断熱材の性能で厚さを決めます。
 これは一番性能が良い断熱材で、その分、薄くてすみます。

 最近はプレカットといって、事前に寸法カットしてもらった断熱材を
 大工さんが入れ込む、というパターンが多いです。
 ここは、大工さんが現場で寸法を測りながらカットして丁寧に入れてくれています。


▲足元にある僅かな隙間もしっかりと隙間なく断熱材を入れる、これが大切。

 この大工さんは、いつも丁寧にしてくれます。
 断熱材を受ける金具があるのがわかります。


▲土台の下の基礎との間にある緑色の発泡剤も断熱材です。

 これは気密目的の発泡剤で、
 他の箇所は土台下で床下通気を取るのでそのままですが、

 玄関などは、冷暖房効率を考えて
 外部からの冷気や暖気を遮断するために塞ぎます。

 また、土台にある丸い金具がアンカーボルトです。
 昔は、ボルトが上に飛び出していました。

 現在は、ナット部分を土台に埋め込む金具が通常は使われ
 それも改善されながら進化してきています。



▲土台の材料を示しているJAS規格のラベルです。

 国産無垢桧材、強度を示すヤング係数E90以上、含水率15%以下
 などの性能や、岡山産であることが記載されています。


▲▼床の合板を敷き終わったところ。
  仮止めですが、土台敷からここまで大工さん2人で1日で行います。




▲▼ついでに、下地合板のマークも

  JAS規格、厚さ24ミリ、構造用合板特類、国産材100%、
  石巻工場などがわかります。




▲この合板は、撥水処理をしているというマークです。


そしてトップの見出し写真に至るのですが、
雨で床下に水が入らないように、簡単にブルーシートで囲っています。

もし雨が入った場合は、床下に水抜き穴もありますが、
それだけでは濡れたままなので、
工事中に乾燥するまで、床下換気口から確認を続けます。

この翌日以降に外部足場、さらにその翌日以降に上棟、
と続くことになります。


……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2023 mitasu 
<img
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする