一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

スペイン海外視察研修(9)

2014年03月28日 09時34分21秒 | スタッフのブログ
▲これは、どこにあるロエベの店でしょう…? 
ま、どこでも良いか


スタッフの海外視察の掲載、

これで予定の半分が経過しました。

 

スペイン【9】

2014年2月5日 (2)

マンションのベランダの日射しよけ



スペインの夏の日射しは凄いようです。

通常ベランダにはオーニングを取付けますが、
カーテンがベランダに取付けられているマンションが多くありました。






スペインで有名なブランドといえば

「LOEWE」

さすが、重厚な店構えです。



LOEWE エントランス脇の門柱

綺麗なモザイクタイルです。

可愛らしい色合いとデザインに見惚れてしまいました。



この日のホテルもモダンでスタイリッシュでした



色鮮やかなフロント



フロント脇のソファ

パープル&グリーン、

シンプルなデザインですが存在感があります。



ホテル内のレストランの照明

妖艶です。




次回を観る

スペイン研修視察を最初から観る

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミハスの白い家(8)

2014年03月26日 09時32分41秒 | スタッフのブログ
▲ ミハスのイメージにピッタリの写真
この写真は、ここの 日西観光協会からお借りいたしました


ミタスじゃなくて、ミハス!

山と海、太陽の光に輝く漆喰の白い住宅

観光で何日がボォ~とできれば
良いですよね~


スタッフのスペイン海外視察研修(8)です。

今回も写真は、多いです。

………………………………………………………………

 
スペイン【8】
2014年2月5日 ミハスにて(1)

地中海を望む白い家で有名な街「MIJAS」:ミハス





町の端の展望台からは、天気のいい日は、
アフリカも見ることができるほどのすばらしい眺めで

青い海と白い家のコントラストを望むことが出来るようです。
この日は残念ながら曇り空でした。






白い家の壁は、
ハチの巣状の穴が空いたレンガで作られ
その上を白い漆喰で塗り固めているそうです。



白は光を反射しますから、
夏の灼熱の太陽から家屋を守るため、
また室内への強い日射しを和らげるため
漆喰で塗り固めているようです。



この白い村には世界最小の「闘牛場」があります。





白と赤のコントラストが可愛らしいとても小さな闘牛場です。
味のある観客席



日本の焼き栗の屋台を思わせるお店
売っているのは名物ガラピニャーダ。



大鍋でアーモンドと砂糖を和えた甘いお菓子で、
おやつやビールのおつまみにもぴったりです。
これが名物になったのも、
昔はこの辺りの人々はアーモンドとオリーブの栽培で
生計を立てていたので、その名残なのでしょう。



街の銀行のキャッシュコーナー



店舗の入り口:真っ白な漆喰壁にアイアンが映えています。





一般住居の玄関
どんなお洒落な方が住んでいらっしゃるのでしょうか。





一般住居の玄関ポーチ階段:タイルの使い方が素敵です。







一般住居のベランダの物干金物:
耐荷重は期待できませんが街並みにぴったりです。



公衆トイレ:女子トイレ表示は踊り子(フラメンコ)です。



公衆トイレの壁:タイルで世界地図が描かれています。



街の公園:なんともいえない色使いです。



街の黄色いポスト
日本でも存在するようで、
幸せの黄色いポストと言われているそうですね。






次回を観る

スペイン研修視察を最初から観る

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グラダナでのランチ(7)

2014年03月24日 12時51分17秒 | スタッフのブログ
▲街中のホテルより、
田舎のレストランの方が、う~んと美味しいときもあります



スタッフのスペイン海外視察ブログ(7)です。

オリーブで樹齢600年? 凄いですね。

………………………………………………………………


 

スペイン【7】
2014年2月5日 グラナダにて(3)

昼食は家庭的な雰囲気のレストランで。




グラナダの伝統料理『レモホン』をいただきました。
干し鱈とオレンジとポテトを使ったサラダです。
珍しい組み合わせですが意外に美味しかったです。




デザートのティラミス
添えられたオレンジピールチョコが
とても美味しかったです。




こちらのレストランの陽気なオーナー




こちらのオーナーは日本が大好きなようで
レストランの一角には日本庭園?がありました。





こちらのレストランの庭先には
樹齢600年のオリーブの樹がありました。
凄い幹の太さです!



オリーブ生産量第1位はスペインだったんですね。
イタリアだと思っていました。



次回を観る

スペイン研修視察を最初から観る

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グラダナのホテル(6)

2014年03月22日 10時04分14秒 | スタッフのブログ
▲円柱ではなく、長円柱の建物です 



スタッフの海外視察ブログ(6)になります。

グラダナのホテルにて、です。

私は、以前、イタリアの新幹線で、

便器の蓋に関心を持ちましたが

スタッフは、斜めの手摺に反応しました。(^^)v

………………………………………………………………


 

スペイン【6】
2014年2月5日 グラナダにて(2)

この日の宿泊ホテル外観





ホテルのエレベーターホール





日中は13世紀に建てられた宮殿で歴史を感じてきたので、

到着したホテルのモダンさは日中とあまりにも対象的で
衝撃でした!

ホテルエントランスホールの巨大な大理石の花瓶





モダンな部屋のサニタリールーム
洗面化粧台のカウンターの高さは900㎜はありました!

日本では通常800㎜です。

158㎝の身長の私には900㎜の洗面カウンターでの
洗顔は大変でした!

カウンターは水浸しです!





綺麗なデザインの便器







ホテル、ドライブイン、レストランの便器は
「ROCA」というメーカーのものがほとんどでした。





「ROCA」はスペイン バルセロナに本社を置く衛生陶器メーカー。

便器では世界最大のシェアを占めているようです。

なんと、1991年にあのINAX(現在LIXIL)と合併した
会社なのです。

宿泊したホテルにはすべてバスタブが設置されていました!

どこのホテルでもバスタブの横に設置された手摺は、
タテでもヨコでもなく斜めに取り付けられていました。

身長、年齢に関係なく万人が使用できるようにという配慮に
よるものなのでしょうか?





ドライブインのトイレ
こちらの手摺も”斜め”でした。





次回を観る

スペイン研修視察を最初から観る

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グラダナ アルハンブラ宮殿(5)

2014年03月20日 09時55分09秒 | スタッフのブログ
▲美しい場所はいろいろあります  アラヤネスの中庭



今回は、写真が多いです。

スタッフのスペイン海外視察研修(5)です。

………………………………………………………………


 
スペイン【5】

2014年2月5日 グラナダにて(1)

『アルハンブラ宮殿』(世界遺産)

イスラム文明の輝かしいモニュメント
イスラム芸術の最高傑作とも言われています。









イスラム建築の特徴:外は質素で中は豪華







星型の豪華な天井、鍾乳石です。




こちらも豪華な彫刻天井、ウォールナットです。




アルハンブラ宮殿敷地内のヘネラリーフェ庭園
石畳みが素敵です。






綺麗な石畳み:中央にあるのは排水口です。




花模様の石畳み





宮殿の一部、アラヤネスの中庭

地味ですがシンメトリーで美しい中庭。
逆さアラヤネス?





宮殿の一部、ライオンの中庭(王族のプライベートな空間)



 
12頭のライオン
水時計になっています。




ライオンの顔は
猛獣というより招き猫のような可愛い顔でした。
ちょっと笑えます。





宮殿の中庭の壁には手作りのタイル







中庭ゲート、扉周りはブルーを基調としたタイル貼です。
こちらも綺麗なシンメトリーです。




こちらのアルハンブラ宮殿のなかには
宮殿を改修した国営ホテルがあり、

1泊6万円程度で宿泊できるようです。
ちなみに、1年先まで予約が埋まっているようです。

スペインにはこのように宮殿や修道院などの文化財を
ホテルに改修し、海外からの観光客を招致している宿が
90か所以上あるようです。

このような宿は「パラドール」と呼ばれ、
パラドール巡りのスペイン豪華ツアーもあるようです。


アルハンブラ宮殿を案内してくれた現地のガイドさん
完璧な日本語でした!





スペインで有名なボディービルダーのガイドさん
おかげで安心してついていくことができました。










次回を観る

スペイン研修視察を最初から観る

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バレンシアでの食事(4)

2014年03月18日 10時23分48秒 | スタッフのブログ
▲ 本場スペインのパエリア



私は、ワインより
おいしいバレンシアオレンジジュースがいいなぁ。(^^)ゞ

スタッフのスペイン海外視察研修(4)を続けます。

 
………………………………………………………………

スペイン【4】

2014年2月4日 バレンシアにて

バレンシアといえばバレンシアオレンジ。

ドライブインで絞りたてのバレンシアオレンジジュースを
いただきました。

オレンジ絞りマシーン





オレンジジュースってこんなにおいしかったんだ・・・
と感動しました。

翌日のホテルの朝食から、
必ずバレンシアオレンジを飲みました。





夕食には・・・
スペインといえばパエリアということで

2種類のパエリアをいただきました。
大きなフライパンにビックリ!


イカ墨を炊き込んだ真っ黒なパエリア





鶏肉のノーマルなパエリア





どちらもスパイシーで美味しいのですが

ちょっと塩っ辛く、
その夜は喉が渇いて仕方ありませんでした。


食事時には
昼食からワインをいただきました。







スペインのワインはフルーティーで飲みやすいです。

現地の方に教えてもらった安くて美味しいワイン
『RIOJA』 : リオハ 

スペイン語の『J』は『H』で発音します。

日本円で1000円程度のクラスが
一番美味しかったです。

前回記事は、これ


スペイン研修視察を最初から観る

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガウディの建築視察(3)

2014年03月15日 08時59分38秒 | スタッフのブログ

▲バルセロナといえば、ガウディの建築 


 
連続して、アップしていきます。

インテリアスタッフの海外視察研修のブログ、その3です。

………………………………………………………………

スペイン【3】

2014年2月4日 バルセロナにて(2)

ガウディの作品を二つ見ました。

①『カサ・パトリョ』(世界遺産)

ガウディが増改築をてがけた作品

テーマは『海』





バルコニーの形から『骨の家』『あくびの家』と呼ばれています。




②『カサ・ミラ』(世界遺産)

実業家ペレ・ミラの依頼により建設した高級アパート

テーマ『山』

石を積み上げたような形状から『石切り場』と呼ばれています。



こちらは参考写真





こちらも参考写真





広さ300㎡、8室 (現在も4世帯居住)
家賃:約15万(建設当初、100年前からほとんど値上げなし)

あまりにも奇抜なデザインと高額な家賃設定で
全く入居者がなかったそうですが

3世代にわたり家賃値上なしとういう契約内容にしたそうです。

思わず安い!!なんて思ってしまいましたが

残念ながら新規入居者の募集はないようです!

築100年ですから。

実際に私が見たカサ・ミラは・・・




現在補修工事中でシートが被され
外観さえ見ることができませんでした。

芸術的?なシートで覆われたカサ・ミラ。
赤い車、バルコニーや窓は全て巨大シートに描かれたものです。



ドメネク・モンタネルの作品を二つ見ました。

『ドメネク・モンタネル』
ガウディとともにバルセロナで有名な天才建築家。

ガウディの先生でもありライバル。

信念:芸術は人を癒す力がある

①『カタルーニャ音楽堂』(世界遺産)
現在もコンサートホールとして使用されています。

坂本龍一さんのコンサートも開催されたようです。
世界遺産でコンサート、さすが世界の坂本龍一さん!








②『サン・パウ病院』(世界遺産)

2009年まで診療が行われていたそうです。

患者を建築の力で癒そうと建てられたので
病棟はまるで宮殿のように素晴らしいようです。
(中には入れませんでした)






前回記事は、これ

次回記事は、これ

スペイン研修視察を最初から観る


……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スペイン海外視察研修(2)

2014年03月13日 11時32分36秒 | スタッフのブログ
▲ 『サグラダファミリア聖堂』 完成予定イメージ



前回に続いて、スタッフのスペイン海外視察(2)です。


 

………………………………………………………………


スペイン【2】

2014年2月3日 バルセロナにて(1)


1992年開催 バルセロナオリンピック 聖火台



岩崎恭子さんが平泳ぎで金メダル獲得したオリンピックです。
もう22年も前なのですね。




『サグラダファミリア聖堂』
(アントニ・ガウディ作 世界遺産)





池に浮かぶ聖堂(逆さ聖堂?)









完成予定イメージ




1882年に着工、2026年完成予定
ガウディ没(1926年)後、100周年に完成とする予定。

ガウディは設計図書をあまり描かなかったので
残された数少ない資料を基に工事が行われているようです。

アントニ・ガウディ、あまりにも有名で
今まであまり興味がなかったのですが

このたびのガウディとの出会いは衝撃でした。

外観を見て「凄い!!」と歓声を上げ

聖堂の中に入った時は、思わず言葉を失い
心臓がバクバクする感動を受けました。



中に入ると、ステンドガラスの美しいこと・・・











どこを見ても飽きない・・・




どこを見ても感動・・・

12年後、完成後のサグラダファミリアを
この目でまた見たい!

スペイン、バルセロナへの直行便が復活していますように!



写真 (ガウディ)


聖堂での仕事を終え、毎日通ったミサに向かう途中、
路面電車にひかれ亡くなったそうです。

本当かどうかわかりませんが、
女性恐怖症?!だったらしく終生独身だったようです。

次の記事は、これ

スペイン視察を最初から、見る


……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スタッフのスペイン視察(1)

2014年03月09日 18時05分49秒 | スタッフのブログ

▲私も観たかった、サクラダファミリア 



今年は、スタッフに海外視察研修に行ってもらいました。

場所は、私が行きたかったスペインです。(^^)ゞ


ミタス一級建築士事務所で10年目になる

インテリアスタッフです。

このブログで、順次紹介していきます。


………………………………………………………………




2014年2月2日~2月9日 8日間

ミタス一級建築士事務所 海外視察研修として
スペインに行かせていただきました!

バルセロナ → バレンシア → 
グラナダ  → ミハス → 
セビリア  → トレド → マドリード
 
周遊8日間



情熱の国 スペインをご紹介いたします。



スペイン【1】

2014年2月2日  成田空港からスペイン バルセロナへ出発。

直行便がないのでオランダ アムステルダム スキポール空港で乗継。

かつてはスペイン直行便があったようですが

採算がとれないためか直行便はなくなりました。



KLMオランダ航空にて約11時間30分で

アムステルダム スキポール空港着。









スキポール空港は、ヨーロッパの空の窓口と呼ばれ、

規模・サービスにおいて世界の空港ランキングで
上位にランキングされる空港。

空港にワインバー・カジノ・美術館まで完備されているそうです。

勿論、空港を堪能する時間はなく
15分の時間でオランダらしい小物を購入。








アムステルダム空港から約2時間でバルセロナ空港着。

バルセロナは日本と時差が8時間あります。

空港に到着後直ぐにホテルへ。

重厚感たっぷりの部屋の入口



モダンでスタイリッシュな部屋




窓際に一脚の椅子

座り心地もまぁまぁです。



ベッド、ヘッドボードに取り付けられた読書灯。

日本では見当らないシンプルで機能的なデザイン。
何ていうメーカー?

探しましたが、残念ながら分からずでした。




建築研修その(2)

……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

横浜 注文住宅

横浜市 一級建築士事務所



ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ




All contentsCopyright R 2014 mitasu 




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする