一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

プリンスアイスワールド2011 その(1)

2011年04月30日 23時13分17秒 | アイスフィギュア
▲会場スタート前のスクリーン



本日、2010年4月30日、プリンスアイスワールド2011の初日でした。
5月5日まで、毎日、1日2回公演しています。

絶好のチャンス、緊急のお知らせです!

世界選手権の日程の関係で、高橋大輔選手や村上佳菜子選手が
出場できません。但し、5月4日と5日は、出場します。

その関係で、4月30日~5月3日までは、
当日席でもすべての席で空席があり、
オークションではチケットが安く買えたりします。

こんなチャンスは、めったにありません!
一度、生で観たい方は、新横浜プリンススケート場は
小さいので、A席でも、物凄く近くで観れます。

オークションに慣れている方はそれを利用して
そうでない方は、当日券も考えてみてください。

観たい方は、ぜひ、このチャンスを生かして下さいね。


さて、プリンスアイスワールドをご存知でない方、
また高橋大輔選手が出ていないのに、観る価値はあるのかと
疑っている方に、

早速お知らせします。

価値はあります。生で観たことに無い人には充分あります。
荒川静香さんを観るだけで、充分ありますが、


プリンスアイスワールドのアイスショーは、
一流の選手やプロが単独で滑って、それで終わるという
パターンではありません。

特徴は、プリンスアイスワールドチームの
たくさんのメンバーによるフォーメーションや
学芸会風…?のコミカルな演技などがあります。

これはこれで他では観れない楽しさがあります。


他の選手の紹介をします。
本日の4月30日に出演した選手ですので、

日や場所が変われば、メンバーも多少変わるようです。

 


▲太田由希奈さんです

2003年に世界ジュニア選手権で優勝
2004年に四大陸選手権で優勝

これだけの柔らかくて繊細でスムーズな動きや滑りができる女性は
世界を見ても、クラシックバレエで培った太田由希奈さん以外では
いないのでは?と思います。

最初に試合に登場されたときは、従来のスケーティングの
イメージをはるかに超えた素晴らしいスケーティングで
世界に絶賛されたのだろうと想像できます。

怪我が無ければ、間違いなく世界選手権でもメダリストに
なれた選手でしょう。怪我から大変な努力で復活してプロに転向され、
こうして我々が観れるようになって良かったです。


太田由希奈さんと荒川静香さんを観れるだけで
観に来た価値は充分あります。





▲▼ペアーのフィオナ・ザルドアとドミトリー・スハノフ組


プリンスアイスショーでは、おなじみの人気ペアーです。
恵まれたボディラインの美しさと動きの美しさはピカ一です。

そのため、どの瞬間、どのポーズで見てもすべて美しく、
ペアーならではの、ダイナミックな動きも魅力です。

フィナーレ後でも、ファンへのサービス精神と感謝の態度は
日本語ができなくても、ナンバーワンかもしれません。



その他の選手の紹介は、この次の その(2)に。


……………………………………………………………………………

注文住宅 横浜
一級建築士事務所 横浜市


ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ

mitasu1のツイッターを読む


All contentsCopyright R 2011 mitasu

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界フィギュア選手権2011

2011年04月29日 18時04分14秒 | アイスフィギュア
▲2008年のプリンスアイスワールでの高橋大輔選手。後ろは荒川静香さんです。



昨年の世界アイスフィギュア選手権は、男女ともシングルは日本が金メダル。
考えれば、物凄いことでした。

今年は、男女ともシングルで各3人がメダル候補という
これまた凄いレベルと層の厚さで、期待が高まります。

昨日2011年4月28日は、男子シングルのフリーで
高橋大輔選手は、アクシデントもあり、メダルを逃してしまいました。

パトリック・チャンの完璧なジャンプの連続成功で
優勝は当然ですが、

あれだけの高得点が出てしまったことや
高橋大輔選手より、プレゼンテーションの点が高かったことに

採点方法やルールに、ちょっと不満を感じるのは
私だけでしょうか。

表現力という私がイメージしている意味と
採点でのプレゼンテーションは、
完全には一致していないからだと思いますが、

やはり高橋大輔選手は、アイスフィギュアの表現力は
誰が何と言おうと圧倒的に世界一と感じてしまいます。


良かったことは、アクシデントでも怪我をしなかったこと、
さらには、引退の話も出ていましたが、

高橋大輔選手が「ソチオリンピックを目指す」
ということになったそうでから、バンバンザイです!


高橋大輔選手には、オリンピックの銅メダリストではなく、
ぜひ金メダリストになって欲しいと思います。


小塚崇彦選手は、私が今まで見た中でも
本当に一番良かったですし、完璧でした。

銀メダルに拍手、拍手です!!
良くメダルを獲ってくれました。


織田信成選手は、メダルを狙えたのに残念でした。
同じルール違反のミスを、これまでで4回繰り返しているそうなので
コーチやバックアップしてくれている廻りの人も気の毒でした。


本日の夜は、女子のショートプログラムが始まります。

こちらも日本には3人のメダル候補がいて、
さらにオリンピックで圧倒的な強さを見せたキムヨナ選手との
対決に、観るほうも力が入ります。

浅田真央選手は、ジュニア時代にオリンピックに出れば
金メダル最有力候補の実力と実績を既にあげていたのに、

ルールに泣いて出場できず。

さらに前回のバンクーバーオリンピックで、
何が悔しいかというとキムヨナ選手に、金差ならぬ僅差ならともかく

20点もの圧倒的な大差で負けてしまったこと…。


私は、あのときの浅田真央選手の涙の訳は…

単に銀メダルで悔しかったのではなかったと思います。

オリンピックイヤーの1年間、突然の不調で苦しみながらも
最後の最後でギリギリ復活。

本番で力を出し切ってあれだけ完璧に近い演技、
トリプルアクセルを史上初の3回成功させたにもかかわらず、

キムヨナ選手に大差を付られてしまった。

自分のベストを出せば、トリプルアクセルを
3回成功させさえすれば、

当然結果は付いてくるはずと信じていて
それを行うことができたのに…

これだけの点数差ということは
一体、これからどうすれば良いのか…

という悔し涙だったと思っています。


キムヨナ選手の演技は、確かに良かったのですが

浅田真央選手が優勝しても、全く不思議ではなく
それが当然だと私は思いましたし、

もし負けても、ほんの僅かの勝負のアヤ
という程度なら納得できましたが…。


1年以上も経って、

言いたくて仕方がなかったコメントを
愚痴になるので抑えていましたが

今さらながら言っています…(^^)ゞ


ということで、浅田真央選手がオリンピックで
連続金メダルを獲得していても、おかしくはなかったのですが

勝負の世界ですから、そういう残念な例は数え切れないくらい
あるかもしれませんね。


本日は、世界選手権であり、あくまでオリンピックでの
金メダルを浅田真央選手には、期待していますので

今回の結果は、どうなっても軽く流すことにしておきましょう。


安藤美姫選手も、村上佳菜子選手もメダルが期待できますし
どんなプログラムと演技なのか、

本日のショート、明日のフリーと楽しみに応援することにします。


さて、明日からは、プリンスアイスワールド2011が新横浜で始まります。

いつものように、オークションでチケットをゲットしました。

今年は、世界選手権の影響で日程が重なっていますが
高橋大輔選手も最後の2日間だけは、出てくれるそうです。


私は、荒川静香さんの応援もありますし
3回分は既にチケットを入手していますので、観に行くつもりです。

また、ご報告いたします、お楽しみに。

……………………………………………………………………………
注文住宅 横浜
一級建築士事務所 横浜市


ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ

mitasu1のツイッターを読む


All contentsCopyright R 2011 mitasu


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東日本大地震とブログ

2011年04月28日 13時02分11秒 | 建築家の日記

震災から、約1.5ヶ月が過ぎました。

この1ヶ月間は、ブログのアップを自粛していました。

家創りは、めでたいことですし、楽しいものです。
施主との行事や節目も、今まではアップしていました。

この震災で、今までのようにアップして良いのか…
遠慮気味に中途半端にアップしたくないし、
どうしたら良いものかと…

また、原発が未解決で残っており、
従来の震災後のように、「復興へ向かって頑張ろう!」
ということもできませんでした。



ニュースを聞くたびに
その対応や考え方、責任逃れ

に対して毎日腹を立てをいましたが、

解決ができないくせに
愚痴になるだけのコメントをアップしたくない、

一体自分はどうやって貢献していいかもわからない、
どんな貢献ができるかもわからない…

という気持ちや迷いで結局ブログを自粛していました。



義援金を出すのは簡単ですが、
僅かな額の気持ちだけで終わらせて良いのか…

今回は、もっと違った形で貢献できないか。


ミタス一級建築士事務所の10周年がまもなく
終わります。その前にプラン・ジャパンに関して、

今までの個人としての細々とした貢献から
ミタス一級建築士事務所としての貢献や提携方法を
考えていました。

ですが、ミタス一級建築士事務所としては
世界の子供達への貢献の前に

この震災にどう貢献するかを考える方が、
先だということで、それを考えるどころでは
なくなりました。



世の中では、ようやく

「自粛、自粛では日本全体が沈んでしまう」

「震災の被害を受けていない我々が、自粛はそろそろ止めて
 もっと元気に盛り上げないと、逆効果になる」

「今まで通り、できることを精一杯行うことが先決」

というコメントが増えてきました。



スタッフにも同じことを最初から言っていましたし、

昔から悩みの相談をする人には

「空を観ても雲ひとつない快晴、晴天というのは、ほんの一瞬しかない。
 青い空がたくさんあるのに、雲をわざわざ見つけて嘆くより、

 青し空が少しでもあれば、それを観て喜んだ方が良い。
 雲があっても、それはそれ。

 悩みがあっても、それはそれとして、引きずりながら毎日前進して行く。
 悩みがあるからと解決するまで一々止っていたら、前進できる日なんてない。

 悩むのと、前進していくのとは、全く別だと考えれば
 今、何をすべきかに迷う必要はない。
 
 前に進んでいけば、悩みも、いつも間にか解決しているよ」

というようなことを言っています。


今、自分自身がこれらの迷いに相談に来たら

同じことを言うだろうと思います。

結論が出なくても、迷いは脇においておいて
毎日、できることを精一杯やって前進前進。



メールやお電話で、いつまでもブログ更新していないことで
ご心配のお問い合わせを、たくさん頂いてしまいました。

体調が悪いのではなく、私の迷いで自粛している旨を
述べさせて頂いていました。


明日からゴールデンウィークに入ります。

この1ヶ月の自粛を経て、今までと同じように
楽しいことも含めてブログアップをスタートさせます。


毎日、更新しているかとクリックをして頂いていた方々に、
お礼とお詫びを申し上げます。


ニュージーランドや大連などの海外視察を
立て続けに自粛しましたが、今年も機会があれば、

今まで通り、インプットのためにトライしたいと思います。

というわけで、自分の課題はまだ解決しておらず、

モヤモヤを抱えたままですが
本日からようやく再開させて頂きます。

よろしくお願いいたします。


……………………………………………………………………………
注文住宅 横浜

一級建築士事務所 横浜市


ミタス一級建築士事務所へ



メールでのお問い合わせ

mitasu1のツイッターを読む


All contentsCopyright R 2011 mitasu


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする