一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

メディアへの対応

2021年08月21日 13時26分48秒 | ユーザーの方へ
▲昨年末、テレビの「クイズ距離感カジノ」 という番組で少しだけ解説 


メディア関係、雑誌やテレビ等の問合せがある場合は、
できるだけ対応するようにはしています。
(広告宣伝は受け付けませんので)

ニュースになる建築関係の事故やトラブルが起きた時とか、
分かりやすい例ですと以前、新東京タワーのエレベーターが強風で止まった時とかも
電話でテレビ局から問合せがありました。

私が不在の時が多いので、その場合はスタッフではコメントできませんが
私がいる時でも、電話での話の後に「明日、スタジオに来て解説して下さい」
と突然言われて、予定を崩せないのでお断りすることはあります。

テレビの場合は、1~2時間取材を受けても、そのうちの
数十秒だけカットされて終わりという場合も当然あります。

TVのビフォーアフターの番組では、
毎日現場撮影をしていましたが、
張りきって毎日現場へ入っていた職人さんでも
全く映らなかった場合がほとんどでした。

それらをわかった上で対応しているのは、建築関係の
テレビニュースなどの解説を見ていて「う~ん、違うなあ」と
思ってしまうことがあるからです。

これは、裁判や建築紛争でも同じです。

それまでの建築紛争の経過を読んで、
裁判官等にアドバイスする仕事もしていますが、
片方の建築士の指摘が間違っていたり、
極端に偏っていたりする場合があります。

間に入らないとそれが正しいかどうか
誰も判断できなかったり、指摘もできないからです。
裁判官が全く反対の理解をしていたこともありました。

メディアでも同じで、一級建築士が述べていれば、
偏った意見でも一般の人は正しいと思ってしまうので
私が理解できる内容の場合は、対応するようにしています。

これは、一級建築士事務所という立場もありますが
ゼネコンでの現場監督の経験や、

机上の住宅の設計だけでなく
毎日のように現場をみて、実際はどうやって工事がなされているのか
その場合の問題点を感じたり、指摘することが多いためです。

そういえば、以前、ダイヤモンド社から取材を受け LIXILの「住人オンライン」というWEBサイトでは、1カ月以上前に4回連載でアップされていました。

メディア関係のまとめをホームページでまとめようと思いながら
既に10年以上手付かずで、資料がどこにいったかわからないものも
出てきています。いずれまとめたいと思います。


…………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2021 mitasu 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新築ユーザーからの頂いたコメント

2021年08月09日 14時59分51秒 | ユーザーの方へ
▲ユーザーとの新築打合せ中の写真 


東京オリンピックが無事終わり、台風が連続して来ています。

さて、新築ユーザーコメント12 を
久しぶりに新規アップしました。

実は3年ほど前に、素晴らしいコメントを頂いておきながら、
さらにはその前もその後もたくさんの新築ユーザーから
コメントを頂いておりますが、掲載はしていませんでした。

今回は、ご入居後7年経ってのコメントなので
みなさんの参考になると思います。

掲載していない方は、短いめのコメントの方で
掲載しなくても私やスタッフが読んで喜び、目的を達していました。
お礼の返信はさせて頂いております。

従来のコメント掲載も全てかなり長いので、他のユーザーの方は
「みんなこんなに長いコメントか。」と逆にユーザーコメントを書くことを
しり込みされます。

今回は、さらに長かったので、
「どうしたらよいかな?編集はしない前提だし」と
こちらの怠慢もあり約3年迷っていました。(^^)ゞ

結局、後半をバッサリ、カットさせて頂きました。
申し訳ございません。また貴重なコメントをどうもありがとうございました。
今後は、短めのコメントでも掲載させて頂こうと考えています。

……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!
注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2020 mitasu 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

快適な住宅の創り方(2)

2020年02月10日 18時41分55秒 | ユーザーの方へ
▲夜間の照明の見え方も、スイッチをひとつづつ点灯、
または組み合わせて点灯し、それぞれの明かさ、
感じ方を照度計を持参して、夜に確認します。 


前回 快適な住宅の創り方(1)の続きです。

本当に快適な住宅を創るには、設計や仕様などの机上の空論だけでなく、
設計監理が、同じくらい重要だと申し上げてきました。

何百軒という新築工事や何百軒というリフォーム工事で壊して中を見てきて
一流のハウスメーカーや注文住宅はもちろん、
構造体や雨漏れ、耐久性の重要な部分でも、
完全な品質管理を行っている現場を見たことがないからです。

しかし、今回のスタートは、この話ではありません。

「快適な住宅」って、人によって違いますよね?
デザインが命という人もいれば、立地条件が一番という人も

もう少し具体的にいうと
家事コーナーと書斎があって4LDKで、駅徒歩で車庫があって
予算が合えば文句なし、という人だっているはずです。

多くのトラブル相談や不満を私の事務所だけでなく
公的機関でも聞いてきましたし、
リフォーム時にもお聞きしてきました。

そもそも、依頼先と探し方、契約の仕方が間違っているのす。

完成まで行かずに、トラブルになって困っている人も
少なくありません。
完成したけど、住んでみたら不満という人もいます。

住んで満足していても、10年後、20年後に
リフォームで気付いて「しまった!」という人も多いです。

家が寒くて、家が暑くて不満という人もいます。

でも、冬に暖房点けてコート着ていても寒いけど
この家で満足という人もいます。

あなたにとって「快適な住宅」を創るには、
まず依頼先を間違わないようにしなければなりません。

そして、間違わないだけでなく、できれば
あなたにとっての「快適な住宅」を創ってくれる
工務店、ハウスメーカー、設計事務所、建売を探さないといけないのです。

当たり前と思うでしょうね?
でも、できていませんから。
誤解していますし、探し方も求め方もハッキリしていません。
何を求めているのかも、わかっていない人もいます。

求めるものがハッキリしている人は、
逆に依頼先を間違えたゆえに、不満に早く気付きます。

「ニューヨークに行きたい。」そう願って
アメリカ行きの飛行機に乗ればいいだろうと
ハワイ行きの飛行機に乗った。着きませんよね。

「アメリカ行きなのになぜハワイにいかないのだろう?」
と思っている人に、

みなさんは、「乗る飛行機を間違えたから」
と回答できるし、正しい方法を教えることができます。

私から見ると、住宅を依頼している人に
そういう間違いをしている人は少なくないと思っています。
そんなバカな、と思うでしょうが本当です。

建築トラブル相談で、

「建売ですか?注文住宅ですか?」とお聞きすると
「注文住宅です」とお答えになる方の半数近くが
建売フリープランや建築条件付きだったりします。

これは、ご本人は注文住宅だと思っているのですが
実は、建売なのです。業者、職人、営業、設計
すなわち注文を受けている側が建売と思っているのです。

ですから、注文住宅のレベルを求めるのは、
最初から無理ですし期待できないのです。
それを期待して購入すると
あなたにとっての「快適な住宅」になりません。

「おかしい、凄く冬に寒くて、夏に凄く暑い」
と不満に思ってしまいます。

ハワイ行きに乗って、なぜロサンゼルスに行かないのか
と思っているのと、私から見ると同じなのです。

「いやいや、私は一流のハウスメーカーに依頼して予算たっぷりの
注文住宅だから、大丈夫ですし、完成後も満足しています。」
と思っている人も多いでしょう。それならOKです。

でも、現実を知れば「そうだったのか、そんなことはないと思ってたのに」
と後悔する人もいます。
無理に現実を教えることは、避けましょう。

建売でも良い点はたくさんあります。
満足して住んでいる人に、わざわざ欠点を知らせて
不快にする必要はありません。

しかし、これから家を考える人で
同じ建売を選んでも、工務店に依頼しても、
ハウスメーカーでも
最初からメリットもデメリットも納得して購入すれば、

後悔はかなり少なくなるでしょうし、
満足度が大きくなります。

次回は、例えていえば

どの飛行機のチケットを買うか
アメリカ行きで良いのか、ホノルル行きなのか
ロンドン行きに乗るべきか、シドニー行きか

それを皆さんに知ってもらう方法を説明できればと思います。
2020年2月25日のブログ記事一覧-一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」へ続く

……………………………………………………………………………
ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

注文住宅 横浜市
横浜市 一級建築士事務所

ミタス一級建築士事務所へ


メールでのお問い合わせ

All contentsCopyright R 2020 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミタス一級建築士事務所のユーザーの皆さんへ

2019年09月09日 11時44分54秒 | ユーザーの方へ
▲ 他の家の屋根から飛んできた板金で、サッシのガラスが割れました。
ペアガラスですので、メーカーに寸法を確認して作成してもらう必要があります。


ミタス一級建築士事務所のユーザーの方へ投稿します。

メールアドレスがわからない方、切れてしまった方もいらっしゃいますし、
多くのみなさんへ、メールを出すシステムを作っていないので、

ひとまずブログに「ユーザーの方へ」というカテゴリーを作って書きます。

ミタス一級建築士事務所のユーザーの方とは、

新築やリフォームのの設計監理はもちろん、
住宅検査を有料で行わせていただいた方もそうです。

ミタス一級建築士事務所は、現在20年目に突入しています。
来年が20周年となります。

そのため、リフォームや修繕、取り換えが必要に
なってきた人が、だんだん増えてきています。

工務店がすぐに対応してくれれば良いですが
それができない場合もあります。

その対応を見越して、私も緊急で動いたり判断や対応ができるように
水道工事、電気工事、大工工事、内装工事の工事実習を何回にも分けて

合計2週間程度ですが、へとへと、そして汗だくになりながら、
昨年から今年にかけて学んできました。

あくまで緊急の場合、私も対応できるようにです。

修繕や取り換え、その他リフォームにできるだけ早く対応できる体制を
現在も充実していっています。

本日の2019年9月9日は、関東に上陸した過去最強の台風15号が
夜中に通った翌日ですので、事務所で待機しています。

昨年の台風では、他の人の屋根の板金が外れて飛んできて、
ガラスが割れたというケースがありました。

本日は、やはりタイルのようなものが飛んできて、
ガラスが割れたという連絡が入りました。

以前と違って簡単にガラス屋さんが行って入れ替えるということが
できなくなっています。

ペアガラスのため、サッシメーカーに寸法に合わせて作ってもらってから
交換作業となります。図面でサッシを指定し、指示をした方が早くて確実です。

ユーザーの方は何か起こったら、修繕、交換、リフォームなども
遠慮なくミタス一級建築士事務所へ連絡してください。

工務店がすぐに対応してくれる場合は、もちろん直接、工事会社に依頼でOKです。



……………………………………………………………………………

ご意見があれば、お気軽にどうぞ!

メールで問合せ

注文住宅 横浜市

横浜市 一級建築士事務所

横浜市青葉区 不動産

All contentsCopyright R 2019 mitasu 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする