一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

ミタス 一級建築士事務所概要

2006年10月15日 15時13分02秒 | 会社概要



ミタス 一級建築士事務所 について




代表    清水煬二(しみずようじ)


登録    一級建築士事務所登録
      神奈川県知事登録 第11598号 
      建築物調査・鑑定業務登録事務所   
                                 
所属団体  社団法人 神奈川県建築士事務所協会 
      社団法人 横浜市建築事務所協会                
      ※日時連・建築士事務所賠償責任保険に加入済
       
スタッフ  5名  一級建築士・二級建築士・
          インテリアコーディネーター 他

                            
 
〒227-0062
横浜市青葉区青葉台1-15-22 綾匠ビル3階
TEL 045-989-2661
FAX 045-989-2665

メールでのお問い合わせは
ホームページ http://www.mitasu.com/
をご覧下さい。



代表の清水煬二について


1980年 神戸大学工学部建築学科卒業後
      株式会社青木建設
      株式会社東急アメニックスに勤務
2000年 一級建築士事務所 ミタス建築アドバイス を開設
2001年 ミタス 一級建築士事務所 に事業所名変更

所属団体   日本建築学会
       神奈川県建築士協会
       横浜市建築事務所協会技術部会委員

資格等

 一級建築士(大臣登録第192860号)・一級建築施工監理技士
 インテリアコーディネーター・福祉住環境コーディネーター
 住宅性能表示評価員・宅地建物取引主任者・住宅断熱施工技術者
 青山環境デザイン研究所 非常勤講師   NPO建築Gメンの会所属
 スーパーすまいるドクター 区役所の安心安全相談員

 最高裁判所が任命する横浜地方裁判所と横浜簡易裁判所の建築紛争の調停委員。

 災害時に公共団体のボランティアとして活躍する 応急危険度判定士・被災宅地 危険度判定士。
 同じくボランティアの「建築よろず相談」解説委員。

阪神大震災 ショックを受け、新築住宅の検査を始め現状の住宅工事方法や検査内容があまりに問題が多いことに気づき、契約前のアドバイスや工事中の業者への指導も行う。

住宅リフォームで施工の問題点や新築設計時の問題を嫌というほど見てきたため、一目で 問題点を指摘できるようになる。工事ミスや問題点は理由を丁寧に伝えるため、建て主・業者の両者から感謝されている。
 
設計依頼は、新築の方が多いが、本当の意味での高品質、耐震面、構造面、耐久性、健康面を追及しており、これを実現するには、設計はもちろん、工事中の設計監理も、施主の立場で行う建築士でなければ実現できないという確信のもとに設計と監理を行っている。

住宅設計、工務店やリフォーム会社へのコンサルティング、顧客への提案指導、
住宅の耐久性や断熱、防湿、構造に対する工事指導、セミナーや講演でも活躍中。

住環境研究会を主宰しているが、多忙のため、活動できない状態。

TV劇的!大改造 ビフォー&アフターにも匠として出演、
NHKテレビなどでもミタス一級建築士事務所の実例が紹介されました。

代表・清水煬二のコメント
「イタリアで数百年もの間、平気で建っている石の文化を見ました。レオナルドダヴィンチの生家は、500年経ったいまでも存在しています。、これからの地球の温暖化による災害を考えると地震だけでなく、台風や洪水にも強い300年住宅の必要性を感じています。そのため、木造以外の住宅も研究を続けます。

但し、断熱材の無いコンクリート打放し住宅は、住宅の温熱環境を考えるとポリシーに合わないため、ミタス一級建築士事務所では設計いたしません。

本当の意味で住宅の品質を求めて、ミタス一級建築士事務所の考え方に共感される方のためには、年中無休対応での設計監理を、喜んでさせて頂きます。」  





ミタス 一級建築士事務所のホームページ  




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする