見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

本科 キャンプ  3日目

2013年08月23日 | 学園行事
いよいよ最終日!

自分たちで作る最後のごはんは、朝食のサンドウィッチです。
ハムや野菜、玉子などの具を準備して、セルフでパンにはさんで出来上がりです。



朝食を食べ終えると、部屋の片づけをして、キャンプ場をあとにしました。

途中、温泉によったり、ご飯を食べに食堂によったりして学園に帰りました。


不安な気持ちを抱えてキャンプに参加した人もいましたが、終わってみると、「楽しかった」という感想をたくさんきくことができました。普段とは違う環境の中で、友だちとおしゃべりしたり、企画など時間をかけて準備たことの成果を発揮できたりと充実した時間を過ごせたようです。

チームに分かれて食事や企画を担当することで、それぞれが自分の役割に責任を持って取り組むことができました。
雨が降ったことは残念でしたが、素敵な思い出の一つになりました。



(スイカの早食い競争の様子)



終わり


本科 キャンプ 2日目

2013年08月23日 | 学園行事
2日目の朝は、どしゃぶりの雨の音で目が覚めました。
日中の活動のことを心配しながら有志で集まった朝ごはん係の人は、早めに着替えを済ませ、準備開始です。

メニューはおにぎりと味噌汁。事前におにぎりの具を何にするかアンケートを取り、それぞれが食べられる味のおにぎりを作りました。
みんなで食べる頃には、雨も止み、眠たい目をこすりながら外でいただきました。



午前中の企画は、“のらねこチーム”が準備した「冷たいおやつ作り」と「遊び」です。

冷たいおやつはアイスを作りました。味は抹茶・チョコ・レーズンの3種類です。


遊びは、ケイドロと大縄とびを行いました。
ケイドロは、息を切らしながら必死に逃げたり追いかけたり・・・
最後までつかまらなかったドロボウはジュースをゲットしていました。


大縄とびは、八の字とびに挑戦しました。みんなで声をかけあいながら、楽しく取り組みました。連続で跳ぶことができると「お~」「すご~い」と歓声が!



体を動かして汗をかいたあとは、「冷たいおやつ作り」の人が準備していたかき氷で一息つきました。



企画が終了すると、次は“協力チーム”が担当している昼食づくりにとりかかります。メニューはカレーうどんとサラダ。作り始めると心配していた雨が降ってきたので、少々ぬれつつ調理です。
部屋の中でおいしくいただきました。



午後からは、川遊びを予定していましたが、雨は止んだものの流れが急なため中止になり、まったりと過ごすことに・・・。

川辺で芸術と文化「造形」で使用する石を拾いました。

夕食は“エグ猿チーム”のお好み焼きと焼そばです。

食べる頃には、また雨が降り出したので部屋の中でいただきました。「おいし~」と大好評でおかわりする人がたくさんいました。



夜になっても雨は止まず、“協力チーム”担当のナイトプログラムを実施するか悩みましたが、準備をしてきた人みんなが「やりたい!」と強い希望を持っていたのでカッパを着ながら外で実施しました。

企画内容は肝試しです。真っ暗な道を進んでいくと・・・手作りの生首が出てきたり、包丁を持った人が突然現れたりしました。「ぎゃー」と驚く人、大笑いする人、反応はそれぞれでしたが楽しんでいる様子でした。


暗いところや怖いものが苦手な人のために射的も準備されていました。
木工の先生に協力してもらって作った木の鉄砲で紙コップの的をねらいます。参加した人は、高得点を目指して、真剣に取り組んでいました。


雨で川遊びができず残念でしたが、色々と楽しむことができた2日目でした。


つづく・・・




本科 キャンプ 1日目

2013年08月21日 | 学園行事
去る8月4日(日)~6日(火)まで、今年も高等部本科メンバーで岐阜県の付知峡へキャンプに行ってきました。

メンバーは、キャンプ初参加で戸惑いもある1年生10名と2年生2名・2回目の参加で楽しみ方を工夫できるようになってきた2年生1名・3回目の参加でキャンプはベテラン?の3年生7名の20名です。

初めての人が多いということで、1学期にも時間をかけて準備をしてきました。
1~3年生を3つの縦割り班に分け、それぞれが食事やお楽しみ企画の準備を1つずつ担当しました。
また、縦割り半とは別にキャンプのことをよく知っている2・3年生がみんなで楽しめる企画も用意しました。

まずは、1日目の様子をお伝えします。


9時30分に学園を出発し、お昼頃にキャンプ場に到着しました。
まずは、昼食タイムです。



午後からは、2・3年生企画。
「おやつ作り」と「レクリエーション」の2つの企画を準備してくれていました。

おやつ作りでは、クレープ・フルーツポンチ・クッキーを調理しました。
クレープは薄い生地を焼くのに苦戦しながらも回数を重ねることに上達し「できた~みて!」と笑顔!
クッキーはキャンプ場にオーブンはないのでフライポンで焼きました。火加減が難しく、焦げたものもありましたが、サクサクでおいしく出来上がりました。




レクリエーションでは、人間知恵の輪・手押し相撲・股開きじゃんけんを行いました。
人間知恵の輪は、みんなの絡まった手をほどくのに一苦労。「いてててて・・・」「どうなってるの?」とワイワイ騒ぎながらがんばりますが・・・「もうむりだ~」と断念!!



手押し相撲と股開きじゃんけんはトーナメント戦で行われました。優勝者は冷たいジュースをゲットしていました。



余った時間はみんなでビーチボールのポス回しをして遊びました。生徒も大人も全力でボールを追いかけていました。



1日目の夕飯は“のらねこチーム”が作るオムライスとなめこの味噌汁、コーンスープです。
飯盒でケチャップライスをたき、ライスの上に乗せる玉子は力を合わせて全員分焼きました。



夕飯を食べ終わると雨が・・・ナイトプログラムのキャンプファイヤーができるか心配しましたが、雨も止み、30分遅れでスタート!

火の神が現われて火を灯してくれました。火の神の正体はいったい・・・?



この日のために練習してきたファイヤートーチ。最後までかっこよくやりきることができました。



そのあとは、火をかこんでじゃんけん列車や猛獣狩りのレクをして楽しみました。



最後に花火をして1日目は終了しました。



つづく・・・