見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

高等部本科「技術と人間」~その1~

2015年02月26日 | 日々つれづれ
本科の授業の紹介をします。

本科では1年を通して「技術と人間」という授業を行っています。
本科として行事の準備を行ったり、
身の回りにある様々なスキルを身につけていく授業です。
テーマはその時々に合わせ、生徒の要求も聞きながら決めていきます。

現在は3つのチームに分かれて学習を行っています。
ブログでは1つずつご紹介します。

まず1つ目は警察チームです。
このチームは犯罪などの危険から身を守る方法を学んでいます。

学園の生徒は基本的に公共交通機関を使って自立通学をしています。
時々生徒から、電車で困った。帰り道に怖い思いをした。という声を聞きます。
学園への行き帰りだけではなく、お家にいる時や遊びに出かけた時に
トラブルにあったり、見たりすることもあります。

そんな時にはどうるれば自分の身を守ることができるのか。
その方法を知って、身につけてもらいたいと思い
この授業を行うことになりました。

今週は中川警察署の地域安全科の方に直接お話しを聞かせていただきました。

一番始めに言われたことは、
身を守るということは、大人も子供も関係がありません。
と、いうことです。



この写真にあるパンフレットは当日配られたものです。
小学生向けに作られており、とても分かりやすいのですが、
子供向けだからと言って、軽んじるのではなく、
大人も同様に日々の生活の中で防犯の意識をしてほしいとお話されました。

また、電車の中やエレベーターの中など
具体的な場所を挙げて危険な場所、そこでの防犯対策について
教えていただくこともできました。

とても大切なお話でしたが、
終始和やかに、楽しく、分かりやすくお話ししてくださったため、
みんなとても熱心に聞くことができました。



3月には自分たちが学んだことを
他の生徒に発表します。
自分が大事だなと感じたことが、
友だちにも伝わるように準備をしていく中で、
さらに学びが深まっていけばいいな、と思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

学園の親のハナシ9

2015年02月18日 | 父母の声
先生や友だちに恵まれた小学生時代。

進路やいじめに悩んだ中学生時代。

そして、少し先を歩いていく先輩や、
わかってくれ、そして、しかってくれる先生に出会った
見晴台学園の時代。


この4年間でたくさの経験をし、少しずつ自分で考え、
できることが増えていった息子。
今ではとても頼りになる男の子に育ててもらいました。

私も事務に入ったりして、学園に関わるようになると、
入学して来る子たちを見る機会も増えました。


入学して来る時は息子と同じように不安そうな硬い顔・・・
それが時がたつにつれ、笑顔が増えたり、元気印になったり。

学園紹介になる「ぬるま湯のようで・・・」とありましたが、
私は温泉じゃないかな~と。
病んだり、疲れたりした時に湯治に行ってゆっくり養生する場所。
社会に出て行くために大事な場所。

この学園に出会えてとても良かったです。

この記事をはてなブックマークに追加