見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

ワールドカップ特別授業

2018年06月15日 | 日々つれづれ

ロシアワールドカップが開幕し、寝不足な日々が続いています。

学園では4年前の前回大会のときと同じように「運動文化とからだ」の時間を使って

ワールドカップの特別授業をおこないました。

毎日のようにニュースで取り上げられるので生徒も聞きなれた言葉がちらほら…。

試合時間が夜中なので生徒と一緒に観戦できないのが残念!

まだまだ眠れない日々が続きそうです。

----------------------------

見晴台学園では、7/27(土)、28(日)にオープンスクールと学園説明会をおこないます。

オープンスクールは参加費無料!ぜひご参加ください!!

お問い合わせはこちら↓

見晴台学園 http://miharashidai.com/contact/


通常授業が始まりました

2018年05月30日 | 日々つれづれ

見晴台学園では、ゴールデンウィーク明けから通常授業が始まりました。

入学式から1か月以上がたち、新入生も学園の日課に慣れてきた様子です。

学年が変わった在校生たちも、昨年度より少し頼もしく見えます。

この日は「みはらしだいまつり」の出店にむけてどら焼き、マドレーヌ、五平餅を試作しました。

グループに分かれての作業でしたが、時には先輩の手を借りながら、それぞれ完成させました。

クラスの枠を越えた交流が多いのも学園の特徴で、同級生だけでなく、先輩・後輩とも楽しく話す姿が見られます。

完成後の試食会では、お互いに食べ比べをしました。

今回の試作品は、まつりで採用されるのでしょうか。

乞うご期待(?)

----------------------------

【生徒募集情報1 第1回学園説明会】

見晴台学園では、6/3(日)に今年度第1回目となる学園説明会をおこないます。

詳しくは こちら をご覧ください。

たくさんのご参加をお待ちしています。


「みはらしだいまつり」まであと10日!

2017年10月18日 | 日々つれづれ

みはらしだいまつりまで2週間を切りました。

今週からまつりに向けた準備が本格化しています。

 

今日はステージ周辺に使う備品の準備をしました。

慣れないペンキ塗りに苦戦?!

服や顔を汚しながら作業しています。

 

こちらも力を合わせて組み立てています。

どんな仕上がりになるのか...完成が楽しみです。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

見晴台学園

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

MAIL gakuen@miharashidai.com


専攻科ぶどう袋がけ実習2

2017年07月07日 | 日々つれづれ

いよいよぶどう袋がけ実習の最終日となりました!

今日は日差しが強くて暑いです(>_<)
さすがに疲れが出ていますが、みんながんばっています!
日に日に袋をかけるのも上達して、枚数も右肩上がり!

昨日は本科3年生たちが来たこともあり、先輩風を吹かせてやっていました。
普段の学園での姿と違い、黙々と作業に向かう姿や、「100枚終わりました!」と報告し、
次の袋をもらったら「ありがとうございます!」と大きな声で返事や報告、
あいさつする姿を見て、みんなの成長を実感します。

その勢いのまま合宿でもお互いに協力することや自分のことは何とか自分でやることなど、
なかなかできない経験をしています。
あと半日!がんばります!


遠足へ行ってきました!

2017年05月01日 | 日々つれづれ

4月27日(木)、本科と中等部が合同で遠足に出かけました。

行き先は岐阜市のシンボル・金華山(標高329m)。
山頂にある岐阜城を目指して、1時間ほどの山行です。

名古屋出発組はJRと岐阜バス
(偶然、「清流ライナー」という2両連節の珍しいバスに乗ることができて一同感動!)
を乗り継いで、登山口のある岐阜公園へ。
前日の雨もすっかりあがった爽やかなお天気の中、
山頂をめざしてそれぞれのペースで登り始めました。

今回のルートは百曲り登山道。
ところどころに剥き出しの大岩がある健脚向きのコースです。
時には岩場をよじ登りながら、どこに足をかけたら安全か、
を慎重に考えながら、みんなしっかりとした足取りで一歩一歩登り続けました。

私はゆっくりペースのグループと一緒に登ったのですが、
山登りはどんなに疲れても苦しくても、自分の力で足を動かさなければ前には進めません。
そんな時に聞こえる「がんばれ〜!」や「もう少し登ったら休憩しようね」
という先生や友だちからの励ましの言葉。
これは何よりの推進力です。
そして、速いペースでも登れるのに、ゆっくりな友だちを気遣い励ましながら、
一緒に歩く優しい姿にも出会うことができました。
毎日の学園生活で育まれた思いやりを間近に感じられたひとときでした。

山頂でのお弁当のあとは、お城のことならお任せ!という頼もしいOBも合流して、いざ岐阜城へ。
楼上の展望台からは、麓に長良川、遥か向こうに名古屋の街並みも見えて、
ここまで登ってきてよかった、とみんな大満足でした。

岐阜城ゆかりの武将・織田信長とも一緒に記念撮影?!をすることができ、
帰路はロープウェイを体験し、充実した山行の締めくくりとなりました。


入学式準備~会場準備~

2017年04月13日 | 日々つれづれ

16日(日)の入学式に向けて準備が続いています。

こちらは会場の飾りつけ担当チームです。

 

会場の壁面を春らしく飾ります。

みんなで紙を折ったり、切ったり、字を書いたり...。

今年はどんな会場になるのでしょうか?

当日のお楽しみです。


先輩 見晴学園台大学・入学おめでとうございます。

2017年04月12日 | 日々つれづれ

3月に見晴台学園を卒業した先輩が、見晴台学園大学に入学するのでお祝いに行きました。

会場に行ったとき知っている人もいたのにとても緊張してしまいました。

式が終わる頃には、緊張もほぐれて先輩と話が出来てうれしかったです。

『入学おめでとうございます。今度、先輩を訪ねて大学に行きたいです。』 中等部3年 S T

 

子どもから数日前に『先輩の入学式に行きたい』という話があって入学式に親子で伺いました。

見晴台学園大学の入学式に参列するだけですが、普段と違う場所に子どもがしきりに緊張したり恥ずかしくなったりしていました。

しかし、式が進むうちに緊張がほぐれて集合写真に入ったり・先輩と話したりして楽しく入学をお祝いすることが出来ました。

このような体験を通じて、先輩と子ども(後輩)のつながりを築いた時間は何気ない日常の学園生活だと実感することができました。

そして方向音痴の子どもに付き添い私も一緒に式に出席が出来たおかげで子どもが大切にしているものを身近に感じとれて良かったです。


入学式準備~プログラム作り~

2017年04月07日 | 日々つれづれ

4/16(日)に見晴台学園入学式があります。
プログラムの作成を任された私(学園親)は学園に行き準備をしてきました。
「学園の生徒に手伝ってもらえば早く終わるかも!!」と思い、
教室を回りお手伝いの声かけすると7名の生徒が快く引き受けてくれました。

プログラムを学園キャラクターの「ぽわんちゃん」に沿ってハサミで切ってから、
桜の花びらにピンク色を塗りました。
みんな、テキパキと作業をしてくれたので、あっという間に80部が出来上がりました。
ひとつも同じものがない、オリジナルの素敵なプログラムが出来たと思います。

学園では、生徒・先生・親、みんなが今年度入学される2名の新入生を心待ちにしています。
「ようこそ、見晴台学園へ」そんな気持ちを込めて、入学式の準備を進めています。

学園の入学式はいつも、心暖まる、笑顔溢れる素敵な入学式です。
新入生のみなさん、楽しみにしていてくださいね。


今年も東海道53次WALKが始まりました!

2016年11月08日 | 日々つれづれ

みはらしだいまつりから1週間がたち、学園では通常授業が再開されました。

生徒も教員も徐々に普段のペースを取り戻しつつあります。
昨日はまつりの出店で残った天ぷら粉を使っておやつ作りをしました。
「ドーナツ」「たこ焼き」「チヂミ」の3種類です。
意外にもいろいろなものが作れるのに驚きました。

さて、本科の生徒たちがお腹一杯おやつを食べている中、
専攻科の生徒たちは、東海道53次WALK(通称TKD53)に出かけています。

TKD53は東京の日本橋から京都の三条大橋までをリレーで歩く企画です。
2012年に始まり、毎年専攻科の生徒たちが取り組んでいます。

そして、ついに今日愛知県に突入したとの報告がありました!
思わぬトラブルも発生しているようですが、着実に前へ前へと進んでいます。

旅の様子を綴ったブログには生徒たちによる写真の投稿もたくさんあり、
学園に残っている生徒たちにも楽しそうな雰囲気伝わってきます。

ぜひ、ご覧ください。

 

(※学園ホームページ右側にある「東海道53次WALK」のバナーをクリックすると、ご覧いただけます。)


小林農園職場実習二日目

2016年07月07日 | 日々つれづれ

本日実習二日目。

今日は朝から照りつける陽が痛いくらいの天気の良さ…。

正直、屋外での作業には適さない日…。

けれども、ぶどうは待っててくれません。

すでに色づいている房もあり、早く掛けてあげないと鳥害にあってしまいます。

生徒たちは昨日の自分がかけた袋の数を超えることを目標にする人、

今日は昨日より丁寧にやることを目標にする人、

最後まで作業にをやりきることを目標にする人など、

それぞれが自分で立てた目標に向かってがんばっています。

手先が不器用なため昨日はうまく袋をかけられなかったTくんとIくん。

今日は朝から袋の掛け方を何回も確認しながらやってきたことで、

「コツがわかってきた」と作業がペースアップしてきました。

こまめに水分を摂りながら暑さに負けないように今日もがんばります!