見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

まちがい探しのこたえ(4月)

2020年05月21日 | Weblog

4月のまちがい探しの答えです。

みなさんわかりましたか?

答えは

・まくらの向きがちがう

・真ん中の桜が星のかたちになってる

・湯のみがティーカップに

・桜もちの葉っぱがかじられてる

・串の先のかたちがちがう

でした。

 

5月もおたのしみに~

 


学園親のハナシ60

2020年05月21日 | 父母の声

学園に入学してから3年目。

息子は中等部最後の年になりました。

入学時は幼く、見た目も子どもって感じでしたが、

今ではぐっと大きくなり、少年から青年になりつつあります。

中身はまだまだ幼く子どもですが、

少しずつ将来に向けて話をする様になりました。

この1年は親子で話をする機会が増えそうです。


学園親のハナシ59

2020年04月30日 | 父母の声

我が子が学園中等部に入学してから月日は流れ……、
今春、8回目の入学式に参加しました。


学園の入学式は、何度経験してもいいものです。
そして、学園の「春」も、何度迎えてもいいものです。


親も子も出会いにどきどきし、新たな一歩を踏み出すその瞬間をみんなで祝う、
毎年、他では味わうことのできない温かい雰囲気に包まれます。


ただ今年は、わたしたち親子にとって、「この気持ちを味わうのは、これが最後……」と、ちょっぴり身の引き締まる思いでもありました。
我が子は専攻科2年生になり、いよいよ最終学年の1年がスタートです。


2020年度は、何ごとも「例年通り」ではいかなくなりそうですが、
「研究論文は?」
「まつりのお店は?」
「TKDのゴールは?」
「成人を祝う会は?」
と、これから始まる1年に親子共々わくわくしています。


1年後に卒業を控え、「進路」や「自立」が大きな課題にはなりますが、
我が子には、二度とない「今、この時」を仲間とともにおおいに楽しみ、おおいに学んでほしいと願っています。
そして、おおいに楽しみ、おおいに学ぶ……学園では、子どもだけでなく、親であるわたしも、です(笑)。


まちがい探しの答え(3月)

2020年04月10日 | Weblog

3月のまちがい探しの答えです。

みなさん、わかりましたか?

右の赤まるで囲ったところが違ってましたね。

ちにみに三人のぽわんちゃんはそれぞれ3月に見晴台学園を卒業した

卒業生がモデルです。みんな、卒業おめでとう!

4月のまちがい探しもお楽しみください。

 


学園親のハナシ58

2020年04月09日 | 父母の声

わが子が学園に入学して、早いもので3年目の春、入学シーズンを迎えました。


そう2年前、わが子が入学する際には、学校に通ってくれるだろうか、初めての学園に慣れていけるだろうか、

公共交通機関にも乗れるだろうか、乗り換えは?と不安な気持ちでいっぱいでした。

ところが今から振り返ると、親の予想をはるかに裏切るがごとく、子どもは変わっていきました。

今は公共交通機関を使って学校どころか、市外の友だちの家まで行くようになってしまいました。

また先生方も障害特性をよく理解してくださったり、あたたかく接してくださるため、嫌がることもなく

学園にも毎日通うことができるようになりました。昼休みには気の合う友達同士で、近くの公園でサッカー

したりすることも楽しみのようです。

とかくゲームやインターネットなどのインドア生活中心のわが子ですが、学園主催のキャンプやスキー合宿、

駅伝、お祭りにも参加し(宿泊を伴うものは嫌がりますが…笑)、親が思っている以上に、いろんなことを吸収して

成長したんだな~と実感しています。

競争や職業中心の教育が多い中、人格形成の上で、とても大事な思春期・青年期を、学園で生活できていることに幸せを感じます。

これも先生方、保護者はじめみなさんのおかげです。

また学園は、親の学びの場でもあります。

先輩保護者さんからや、生徒さんからは多くのことを学ばせていただいています。

「共育ち」(ともそだち)って言葉があります。親も子も成長しあえる、気持ちが豊かになれる、

という意味です。まさに学園は共育ちの場です。


2020年度入学式のご案内

2020年04月09日 | 父母の声

見晴台学園は開校30周年の今春、2名の高等部新入生を迎えます。

諸般の事情に鑑み例年行っている「入学を祝う会」は中止とし、

入学式のみ下記の日程で行います。

 

日時:2020年4月12日(日) 10:00~11:00

会場:見晴台学園

 

※ 当日は感染防止対策(会場の換気とアルコール消毒)を行い、

  できるだけ安全に配慮いたします。皆さま方にも咳エチケットなど

  ご協力をよろしくお願いいたします。


2019年度見晴台学園卒業式、卒業生を送る会のご案内

2020年03月13日 | 学園行事

日頃より見晴台学園へのご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

来る3月15日(日)名古屋市港区にあります名古屋港ポートビル講堂におきまして、

2019年度見晴台学園卒業式、卒業生を送る会を執り行う運びとなりました。

年度末の時期皆様方にはご多忙のことと存じますが、ご臨席賜わりますようご案内申し上げます。

 

日時:2020年3月15日(日)

13時20分 受付

13時30分 卒業式

15時00分 卒業生を送る会

16時30分 終了

※ 進行具合により途中開始時刻が前後することがあります。あらかじめご了承ください。

 

会場:名古屋港ポートビル講堂(4階)

最寄り駅:地下鉄名港線「名古屋港」駅下車 1番出口より徒歩8分

車:ガーデンふ頭駐車場より徒歩5分

 

-----------------------------

見晴台学園

~見学・相談・体験入学は随時受付中!お気軽にお問い合わせください。~

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

お問い合わせフォーム http://miharashidai.com/contact/


学園親のハナシ57

2020年03月03日 | 父母の声

普通の子のように、楽しい学生生活を送って欲しいと願い見晴台学園に入学しました。

中学生の頃は、将来に少しでもいい仕事につけるようにと高等養護学校を目指していましたが、

厳しい高校生活を送ることが我が子にとっていいことなのか悩みました。

短い人生、楽しい時間は今しかないと思い学園に決めました。

 

私と同じ気持ちだったのか分かりませんが、

「見晴台学園に行きたい」「みんなとカラオケに行きたい」(学園紹介の写真をみて)

と言いました。

そんなカラオケの願いはすぐに叶いましたが…(笑)

 

それからの我が子は、私の思ってた以上に楽しく過ごしとても成長して来ました。

この成長も、学園での生活・先生方や保護者の方のおかげです。

 

そんな我が子は今年3月に卒業します。

 

-----------------------------

見晴台学園

~見学・相談・体験入学は随時受付中!お気軽にお問い合わせください。~

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

お問い合わせフォーム http://miharashidai.com/contact/


まちがい探しの答え(2月)

2020年03月02日 | 日々つれづれ

2月のまちがい探しの答えです。

みなさんわかりましたか?

3月もお楽しみに!

-----------------------------

見晴台学園

~見学・相談・体験入学は随時受付中!お気軽にお問い合わせください。~

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

お問い合わせフォーム http://miharashidai.com/contact/


学園親のハナシ56

2020年02月14日 | 父母の声

娘はこの春、学園を卒業します。

 

忘れもしません。

5年半前の体験入学、入試選考、入学式と彼女は見事に一言も話しませんでした。

面接でさえ一言も発しなかったそうです。

入学してからも「出来ること」しか取り組まず、苦手なことややりたくないことは頑として取り組みませんでした。

 

そんな彼女が本科2年の時「入学を祝う会」でみんなの前で堂々と話していた姿に感動したことを思い出します。

学園での1年間でこんなに変化するんだと驚きました。

5年間の学園生活で自分の意見を言えるようになったり苦手なことをやってみたり、出来る我慢なのか出来ない我慢なのかも自分なりに考えられるようになってきたような気がします。

 

正直、「わがままな娘に対してもう少し厳しくして欲しい」と思ったこともありました。

その都度先生から「彼女の意思を尊重したい」と言っていただいたことが今になって理解できますし感謝しています。

ありのままの彼女を受け入れて下さったからこそ今、自分の意思で考えそれを人に伝える事ができるようになったんだと思います。

当初、このままだと専攻科のカリキュラムも終えられるのか心配していましたが、終わってみれば彼女なりではありますが全ての取り組みをやり終えてくれました。

中でも研究論文は先生に助けてもらいながらも立派にやり終えることが出来たし、本人の自信にもつながって行きました。

 

学園での5年間は子供だけではなく親の私にとってもいい時間でした。

親の役割は時には大変なこともありましたが、終えてみれば貴重な体験を沢山させてもらいました。

同じ悩みを持つ親の方々との交流も本当に有り難かったし楽しかったです。

 

娘は学園を卒業して社会に出て行くには、まだまだ足りないことがたくさんあります。

でも、この先も学園で学んだ「ゆっくりでも自分のペースでいい」「出来ないことは恥ずかしいことではない」を忘れなければきっと大丈夫だと信じています。

-----------------------------

見晴台学園

~見学・相談・体験入学は随時受付中!お気軽にお問い合わせください。~

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

お問い合わせフォーム http://miharashidai.com/contact/