見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

親のハナシ40

2018年09月10日 | 父母の声

 学園に通うようになって2度目の夏休み。

 1学期が終わってから毎日、合宿の準備に学園へ通う娘が、

「いったい、夏休みはいつからなの?普通、高校生はもう夏休みじゃあないの?」と。  

 学園に行くのは楽しいのだけど、もう、休みのはずでは…と疑問に思ったようです。

「夏休みだからみんなで合宿の準備ができるんだよ」と答えると納得の表情でした。

 1年生だった昨年は、気がつかなかったことも、少し余裕ができ、

考えることが出来るようになってきたように思われました。(少し、成長したかな…)

 今は、2学期が始まり、毎日、元気に通っています。

 

 


親のハナシ39

2018年09月07日 | 父母の声

息子が見晴台学園中等部に入学して4か月がたちました。

小学校時代不登校だったので学園に通えるか正直とても不安でしたが、4月、5月と親の私も一緒に学園で過ごし、親子共に学園に慣れることで一人立ちデビューに成功し、今では一人で登校し、1日過ごせるまでになりました。

クラスの子たちともゲームをしたり、楽しく会話したり、少し前までは考えられないことで本当にびっくりで、とてもうれしいです。

現在は中等部は夏休みで、息子はのんびり過ごしており、2学期は一からやり直しか⁉と心配な今日この頃…。親はあせってしまいがちですが、息子のペースに合わせあせらず(できるかな⁉)がんばろうと思います。


親のハナシ38

2018年08月22日 | 父母の声

学園に通い始めて4カ月が過ぎました。

今では、帰りは一人で帰宅しますが、

行きはまだまだ家族の手を借りて登校しています。

(違いは、名鉄を先に乗るか後に乗るかだけなのですが…)

 

学園生活において、初めての体験夏合宿では、

流しそうめんを10杯食べたこと、

少し怖い動画をクラスメートと一緒に夜見て肝試しをしたことなど、

嬉しそうに帰宅後話してくれました。

 

なかでも、モリコロプールに行ったことが印象に残っているようで、

合宿後も「プールへ連れて行け」と、

自ら言ってきたことにすごく驚きました。

なぜなら、小・中学生のときは一度もプールに入ったことが無かったからです。

友達に励まされ、行く勇気が湧いてきたのかもしれません。

 

わたし自身も8月は、息子と出かける時間が多く取れました。

今シ―ズンは、あと何回行けるかわかりませんが、

息子が「もういいよ」と言ったとき、父親の役目が終わる日。

それまでは息子に付き合おうと思います。

学園には、貴重な時間を持てるきっかけを作って頂いたことを感謝しています。

余談ですが…プールは、浮き輪につかまって流されるだけですが大人も楽しいですよ


親のハナシ37

2018年07月24日 | 父母の声

学園では、毎年夏合宿をしています。

 

いつもは中等部・本科が別々でキャンプ地へ出かけるのですが、

今年は中等部・本科合同で学園で合宿をすることになりました。

学園での合宿と聞いて私が思い出したのは、娘が学園中等部に入学し、

初めての合宿が学園での合宿だったことです。

 

まだ学園に入学して慣れないことも多く、

合宿前は娘も私も心配していましたが、終わってみれば、

昼はプールに行き夜は花火をし、友だちと楽しい時間を過ごし帰ってきて、

ホッとしたことを覚えています。

 

それ以後は毎年、夏合宿やスキー合宿へ参加し、

たくさんの仲間と「同じ釜のメシを食う」ということを経験してきました。

これは色々な体験、友だちと笑えること、頑張ること、我慢することなど、

親だけでは味合わせてあげることのできない経験で、かけがえのないのもだと思っています。

 

学園では6年目となる娘。

今年入学した新しいメンバーと共に、先輩らしく今までの経験を活かし後輩に優しく、

みんなと助け合って、なおかつ先生たちの役に立って、

合宿に参加してほしいと思っています。。。というのもありますが、

一番肝心なのは、みんなと笑顔で過ごせる時間、

それを味わうことができる合宿を思いっきり楽しんできてほしいです。


親のハナシ36

2018年07月20日 | 父母の声

先日ぶどうの袋掛け実習に参加しました。

私は普段あまり学園に行くことが出来ず、生徒さんたちと接する機会も少ないのですが、

当日はF君と一緒に1日作業させて頂きました。

 

私の中での彼は無口でおとなしいイメージでしたが、気さくに話しをしてくれ、

吹いてくる風に「気持ちいいね」とか、袋掛けしやすそうなぶどうを一緒に選び、

「難しそう。こっちのほうがいい!」と自分の気持ちを伝えてくれたり…

一生懸命黙々と作業に取り組んでいる姿を目にし、彼の色々な面を見ることができました。

 

学園は我が子だけでなく、色々な生徒さんの姿を見ることができます。

その中で成長を見守ったり、感じたり、私たちに色々なことを教えてくれます。

普段の娘のことに関しても、先生だけでなくお母さんたちから、

学園での様子や言動を教えて頂けることがあります。

そのたびに、娘のことをこんなに見て下さっている方がいるんだ…と、

とても嬉しくなったり、励まされたり、心強く感じます。

久しぶりに行事に参加し、改めて学園の良さを実感したとともに、

色々な意味で貴重な体験をさせて頂いた…と感じた1日でもありました。


学園親のハナシ35

2017年08月23日 | 父母の声

子どもも中学3年生になり進路をどうすべきか?

一人の親として悩んでいる今日この頃です。


親として困難を持つ子どもに全面的に進路の選択を任せれる訳にもいかないですが、

子どもにこの際思い切って、とことん悩んでもらうことにしました。

ただ、私自身がせっかちな性格のため子どもが考えているあいだ、

口を挟まないでいることが出来るかが今の心配です。

色々な場面で子供を通じて親の成長も試されていると思います。

 

今日も朝からセミが11時頃まで鳴き熱い夏です。

進路選択の問題でわが家庭の熱気はこれよりも更に熱い夏を過ごしそうです。

 

中等部3年保護者


学園親のハナシ 34

2017年06月29日 | 父母の声

   娘は高等部本科2年生になりました。学園に入って2度目の夏がやってきます。

 

 先日、講師の先生が学園まで大きな笹を運んでくださった、とのこと。今年も、七夕の笹飾りが学園の初夏を彩っています。

 学園の生徒一人ひとりが願いごとを短冊に書いて、思い思いに飾り付けるのですが、わが娘の今年の願いごとの一つは……。

 

            「これからも友達と過ごせますように……」

 

 友達…。この言葉は、私たち親子にとって格別の響きをもって聞こえます。

 娘は小学校時代を普通学級で過ごしました。身体が小さく成長がゆっくりな娘にとって、

 クラスメイトはいろんなことを手伝ってくれる優しい存在でしたが、対等な友達、というよりは、

 お姉さん・お兄さん的な位置づけだったように思います。


 中学校は支援学級を選択しましたが、その年度に支援級に入学したのは娘ひとり。

 以後、後輩には恵まれたものの全員男子生徒で、中学生らしい女子トークをかわすことなく3年間が過ぎました。

 なので、学園に入学する際の面接で、友達とのやりとりなど友人関係についての質問があっても、

 正直、具体的なエピソードが思い浮かばず……、 「これから学んでいくことになると思います。」とお答えした記憶があります。

 

  あれから、一年と少し……。

  娘は、七夕飾りの短冊に〝友達″という文字をしっかりと書いています。

 

  学園のみんな、ありがとう。

  みなさんの願いごとが、かないますように……。

 


学園親のハナシ33

2017年06月19日 | 父母の声

先日、みちくさ版『TKD53 WALK』に親子で参加しました。

知立から宮の渡しまで、3分割されたそれぞれの区間を歩きました。

行事が苦手な息子は、最後まで「帰ろうか」と抵抗していましたが、

みんなと合流すると諦めたのか、一緒に歩き始めました。

 

お天気も良く、心地よい風が吹いて、みんな元気に歩き進めました。

が、後半に入る頃には、最近めっきり体力の落ちた私がつらくなってきました。

そのヘロヘロ感が見えたのか、息子がちょこちょこと気にしてくれる様子を見せるように!

うれしくて最後まで頑張って歩ききることが出来ました。


さらに、帰り道では一緒に帰ってきた友達を最寄り駅で見送り、自分が降りる駅では、

私をつついて「降りるよ」と起こしてくれたのです。

頼もしく成長してくれた事を実感出来た、とても嬉しい1日でした。

ただ、その後2、3日復活できなかった私ですが…

 

息子はグレーゾーンにいて、小学生までは普通学級で勉強の全然出来ない子、

中学で支援学級に転籍した後は何でも出来る子として、

彼の生き難さを解ってもらえる場所はありませんでした。

 

外では必死に我慢して頑張って、家に帰ってそのストレスを発散させる日々を送ってきました。

そして高校受験、精神的に追い詰められた状態になり、

すっかり自信を無くし自暴自棄になっていた時に学園に出会いました。

今では、家でも落ち着いて手足が出ることも、何かが壊れることもありません。

 

学園の皆さんのあたたかさに包まれ、解ってもらえる安心感を感じて、

自分の足で歩いて行こうとしているように思えます。

 

こんなに早くこんなに嬉しい成長を見ることができたのも、

学園の皆さんのおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。


ご参加ありがとうございました。

2017年06月14日 | 父母の声

6月4日(日)に「学園説明会」「発達障がい児をもつ母親と語る会」を開催しました。

ご参加いただき、ありがとうございました。

今後、お子さんの進路の一つとして考えていただければ幸いです。

 

次回の学園説明会は7月21日(金)・22日(土)、オープンスクールと同時開催となっています。

まだまだ定員に空きがありますので、ぜひお申し込みください!

 

また、見晴台学園では見学・体験入学(有料)を随時受け付けております。

ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

見晴台学園

TEL 052-354-0354

FAX 052-700-6087

MAIL gakuen@miharashidai.com


学園親のハナシ32

2017年05月17日 | 父母の声

娘は今年、本科2年生になりました。

小学校を卒業して学園の中等部に入学したのは、4年前のこと。

入学当時、先輩ママから「8年は長いわよ~。」と言われましたが、

中等部3年間+本科3年間+専攻科2年間の8年のうち、すでに折り返し地点を過ぎたのかと思うと、

何だかここまであっという間だったような気がします。

あの頃の未来に立てているかな?と、有名な曲の歌詞と同じことを考えてみたりします。

 

この4年間で、娘はできることが増え、親としてうれしいこと、驚くことの連続でした。

でも、実を言うと……昨年、娘は専門機関で発達検査を受けたのですが、

その結果は、3年前と全く同じ発達年齢、つまり、中等部入学当時と比べて「発達していない」というものでした。

目の前にいる娘は、こんなにも姿や様子が変わり、毎日楽しく学園に通っているのに、

発達検査上は「発達していない」という結果に、親としてとてもショックを受けました。

 

娘は、今年1月に行われた駅伝大会に自らエントリーし、学園チームの一人として出場しました。

当日、号砲直前に走順&距離の変更を言い渡され、どうなることかと思いましたが、

大きな動揺を見せることなく、何とか走りきることができました。

最下位のアンカーとしてゴールする娘の姿を見て……きっと、ひと昔前のわたしなら、下を向いていただろうと思います。

でも、このときは、途中で止まったりやめたりせず、ゆっくりでもゴールまで走り続けた娘を、心から「すごい!」と思いました。

すきをつなごうとがんばった仲間たちにも、感謝の気持ちでいっぱいでした。

おまけに、スタンドにいる大勢のお客さんに拍手で迎えてもらってゴールすることができ、ラッキーだったじゃん、と。

わたしは親として、少しは発達しているのかもしれません(笑)。

そして、娘本人もやっぱり発達していると、わたしは実感しています。


ゴールデンウイークには、親から離れ、学園の友達と7人でカラオケに行き、5時間歌って楽しんできたとのこと。

わたし以上にスマホを使いこなし、どうやら仲間とLINEのやりとりも楽しんでいる様子。

いまどきの高校生らしく青春を謳歌しているな、と思うと、こんなにうれしいことはありません。

成長の実感は、自信となり、やがて確信へと変わっていくでしょう。

 「発達障がい者は、ゆっくりだけど、たしかに発達する」

 「発達障がい者の親も、発達する」

この学園で、そんな機会と仲間に恵まれていることを、とても幸せに思います。