見晴台学園トピックス

 1990年、学習障害や発達障害の中学生・高校生が学ぶ全国にも珍しい父母立の学園です。

春の土曜教室のご案内

2010年05月07日 | 土曜教室
 NPO法人学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会(略称すすめる会)では、
発達に遅れをもつ小学生の子どもたちが休日を豊かにすごす居場所づくりをおこなって
おり、下記のように春の遠足を行います。

 

  日 時 : 2010年 5月22日(土)10:00~15:00 
  集合・解散場所:地下鉄東山線「藤ヶ丘」駅
  集合時間:10:00
  行き先 : モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
  対 象 : 発達に遅れをもつ小学生(ご兄弟でも可)
  定 員 : 10名程度
  参加費 : 1,000円(別途教材費500円が要ります)
  内 容 : みんなでリニモに乗って、モリコロパークに行こう!
          公園で遊んだり、いっしょにお弁当を食べよう!
  その他 : 子どもたちがでかけている間、親も一息ついておしゃべりしな
          がら交流する予定です。当日は集合場所までの送り迎えをお願
          いします。

申込締切日:2010年5月20日(木)までに電話・FAX・メールにて子どもさんの氏名、
        学年、保護者名、連絡先(住所・電話番号)をお知らせください。

この記事をはてなブックマークに追加

土曜教室クリスマス会

2010年01月08日 | 土曜教室
土曜教室では一足早いクリスマス会を12月19日に開きました。

 今回は、9人の子どもたちと親の方・ボランティアさんも含めると25人の参加が
あり、ここ最近では一番の「大所帯」となりました。

 午前は、“まつぼっくり”をツリーに見立て、自分だけの「オリジナルクリスマ
スツリー」を作成。実は、事前の準備では、学園の生徒が木工の時間にツリーの台
座を取り付けてくれるなどの協力もありました。

 子どもたちは、スプレーで色を塗ったり、ビーズで飾り付けたりしながら、丁寧
に取り組んでいる姿が印象的でした。スプレー液の出具合で、はじめて「シャカシ
ャカ」振ってから使うことの意味に納得する子どもたち。ふとしたところに、新しい経験と学びの機会が転がっていました。


 午後は、学生ボランティアさんの企画による“クリスマスゲーム”。3つの部屋
にあるそれぞれの企画ゲームをクリアすると「ごほうび」がまっている…!
組み合わせると「クリスマス」の文字が完成する大きなパズルでは、近くにいる友
だち同士で相談しながら協力して取り組んでいました。



 今回の土曜教室は、親の方やボランティアの方なども積極的に会の企画や活動に
参加してもらいました。

 お昼は、お母さんたちがかわいい形のサンドイッチをいっぱい作り、ケーキ作りでは、子どもたちがトッピングしやすいように段取りを工夫してくれました。そして自分のお子さん以外の子どもたちとも楽しく活動していました。
 
 また、ボランティアさんたちが、たまたま見学をしていたお父さんをつかまえて「サンタ役」を引き受けてもらいながら、一緒にゲームに参加してもらいました。

 参加する全員が、それぞれの立場で子どもたちが楽しく活動するために工夫し、見守り支える。これまで大切にしてきた「土曜教室」の特徴が、今回自然なかたちでみられたことにこの取り組みの積み重ねの成果を実感します。

最後に、今回参加した2人の親の方からいただいた感想を紹介します。


 初参加でしたが、秋の「みはらしだいまつり」で学園の和やかな雰囲気を知っていたので今日はとても楽しみに、そして期待以上に楽しむことが出来ました。特に子供たちは食後のゲームが楽しかったようです。今も隣で「あぁ今日は本当に楽しかった」と言っています。当日は私がそばにいなくても、ボランティアのお姉さんと楽しげに話をしていました。何を話していたのかは内緒らしいです。そう話す様子がとても楽しそうで私も嬉しく思います。

 工作やケーキのデコレーションなど、盛りだくさんの内容で息子も楽しかったようです。
自分で作ったツリーはとても気に入っているようで、大切に飾っています。
また、ボランティアの方にたくさん来て頂いて、サポートしていただいていたので、親の私も安心してお任せできました。お友達とのかかわりは、まだまだですが、そのうち土曜教室のお友達を意識して(名前も覚えて)、良い関係が持てるようになるとよいなあと期待しています。


 次回の活動はまたお知らせします。

この記事をはてなブックマークに追加

12月土曜教室のお知らせ

2009年12月04日 | 土曜教室
 12月を迎えました。
今年も1年間、小規模ながら子どもたちの笑顔にあふれた土曜教室でした。

 さて、12月といえばクリスマス! 
土曜教室でも恒例の行事となったクリスマス会を下記の要項にて実施します。
 
日時:2009年 12月19日(土) ≪10時~15時≫

場所:見晴台学園

対象:発達に遅れをもつ小学生(兄弟参加も可)

定員:10名程度

費用:2000円(参加費1000円、教材費500円、昼食代500円)
   ※親の方の昼食代は別途500円かかります

内容:
   午前:手作りクリスマスツリーとケーキを作ろう!
      昼食(オードブルとサンドイッチ)
   午後:クリスマスパーティー

その他:子どもたちが活動している間、親たちも一息ついて
   おしゃべりしながら交流しましょう。
   申し込み期限:12月14日(月) ※ お問い合わせは見晴台学園まで
   お願いします。
 
土曜教室は、参加する子ども・親・ボランティア・スタッフが
   それぞれの立場で、活動内容を考え実現できる場です。
   一緒に土曜教室でつながる仲間の輪を広げてみませんか。
   ご参加こころよりお待ちしています。
 

この記事をはてなブックマークに追加

楽しい夏の思い出ができました(土曜教室)

2009年09月10日 | 土曜教室
 夏休み最後の週末、学園では小学生の子どもたちを対象とした「土曜教室」を
開催しました。

 今回のテーマは「水遊び」!竹のキットで作った「マイ水鉄砲」を使って、
ビニールプ-ルの中で遊びます。

 今回は、毎回来てくれるメンバーに新しい仲間も加わりました。水鉄砲作りで
は、上手に組み立てられるかどうか自信なさげでしたが、周りの子どもたちとの
やりとりをしながら、じっくり取り組む姿がみられました。そして午後には、作
ったマイ鉄砲を握りながら、目があった仲間・スタッフそれぞれが必死になって、
競うように水を掛け合い楽しみました。

 今回、サプライズ企画に「スイカ割り」を用意し、子どもたちは目隠しをした
状態で順番にチャレンジしました。少しずつスイカの切れ目が広がってくると、
「もうちょっと左!」「そこだ!いけ!」と、チャーレンジャーの動きに注目し
ながら、大いに盛り上りました。会が終わっても、なかなか帰らずに友だちと話
をしたり、友だちの様子を眺めながら会の余韻を味わうなど、夏休み最後の楽し
い思い出ができたようです。
 

「土曜教室」の企画は、参加する子どもたちのやってみたいことや親の「子ども
にこんな体験をさせたい」思いを大切にしています。今年度は2か月に一回のペー
スで行い、6月には子どもや学生ボランティアさんたちと一緒に、「東山動物園」
での散策を楽しみました。また、活動の要所要素で親が「縁の下の力持ち」となっ
て活動を支える「もう一人の参加者・スタッフ」となって一緒に活動をつくってい
きます。

 土曜教室は、参加する子ども・親・ボランティア・スタッフ全員が会の中身を考
えて実施できる場所です。

 今後の動きとして、10月25日(日)に実施する見晴台学園の学園祭「みはらしだ
いまつり」にお店を出店する予定です。また、冬に入ると12月には「クリスマス
会」も企画しています。

 土曜教室の今後の日程・内容については随時お知らせいたしますので、お気軽に
ご連絡ください。
                                 土曜教室担当:加藤、岡
                                 文      責: 岡



            

この記事をはてなブックマークに追加

夏の土曜教室開催のお知らせ

2009年08月07日 | 土曜教室
 8月29日(土)に夏の土曜教室を行います。
 テーマは、ずばり「水遊び~夏を楽しもう!~」

 日 時:8月29日(土)10:00~15:00

 場 所:見晴台学園

 内 容:水遊びと水遊びで楽しむおもちゃづくり

 対 象:発達に遅れをもつ小学生

 定 員:10名程度

 参加費:1000円(教材費は別途500円いただきます)

 持ち物:お弁当・お茶・上履き・水着・タオル

 申込方法:8月25日(火)までにFAXまたはメール(件名に「土曜教室の件」と
      明記)に、お名前(参加するお子様と保護者のお名前)、住所、
      電話番号、お子様の年齢・学年を明記の上、お申し込みください。

 連絡先:見晴台学園(〒454-0871 名古屋市中川区柳森町1911)
 電 話:052-224-7378 FAX : 052-354-0354
 E-mail: gakuen@miharashidai.com

※お申込みいただいた方には、後日当日の詳しい予定をお知らせいたします。
 なお、学園は、8月11日~16日の間、夏季休業となります。電話でのお問い
 合わせはできませんのでご了承ください。

夏休み最後の思い出作りを一緒につくりましょう!

見晴台学園の所属する「NPO法人学習障害児者の教育と自立の保障を
すすめる会(通称:すすめる会)」では、地域の子どもたち(小学生)の
楽しい活動の場・豊かな居場所づくりを保障する取り組みとして、
「土曜教室」を行っています。

 土曜教室は、学園が刈谷市にあった1995年にはじまり、名古屋に移転後、
活動を休止していましたが、一時の準備期間を経て、2007年度より再開し
ました。今年度は、2か月に一回のペースで行い、すでに6月に実施しまし
た。徐々に参加メンバーも増え、その中で、仲間を意識し合える場面、何
より前の日から心待ちにしてくれる子どもたちの様子に、参加する親の方
や我々スタッフも励まされながら、子どもたちと関わっています。


この記事をはてなブックマークに追加