緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画の展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



「目からウロコの講演&癒しのピアノコンサート」の歩み No.242

2019年06月24日 | 緑の館 心の世界

 

 目からウロコ講演を通して、長年に渡って研究をしてきた「心の法則」の一部を可視化しました。

まだ、「心の法則大観」を完成させるには、道半ばです。

完成する前に寿命が尽きる事も考えられますので「心の法則」研究の足跡を様々な分野に残しておくことにしました。

ピアニスト浅野純子さんが子供の頃に実家でレッスンしていたピアノは、緑の館絵画展示室で蘇りました。

「目からウロコの講演と癒しのピアノコンサート」が同時進行で始まり「ピアノと緑の館絵画」が喜んでいるように思います。

第10回の講演のテーマは、心の法則 第3章 「希望」 第1節〜第2節 「忍耐」です。

「希望」を叶えるためには、たゆまぬ「忍耐」が必要になります。

 

10回癒しのピアノコンサートは予定曲をサプライズで一部変更がなされました。


今後の癒しのコンサートも、「想像と挑戦」により一部変更される事もあります。

 

バッハ パルティータ 第1番より

「プレリュード」

(ソロ 浅野 純子)

 

3つのアヴェ・マリア

シューベルト

(ソロ 浅野 純子)

カッチーニ

(ソロ 浅野 純子)

バッハ=グノー

(連弾 浅野 純子&千田 陽子)

ショパン 幻想 ポロネーズ

(ソロ 千田 陽子)

シューベルト 3つのピアノ曲より

1 (ソロ 浅野 純子)

ベートーヴェン バガテルより

(ソロ 浅野 純子)

コンサート終了後に演奏する希望の星(矢吹拓夢さん)

 「緑の館絵画を楽しむ会」はこちらです

 


この記事についてブログを書く
« 第10回・目からウロコの講演... | トップ | 創造の世界」からの贈り物 No... »
最近の画像もっと見る

緑の館 心の世界」カテゴリの最新記事