とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

エアコンの温度

2018-07-27 08:07:52 | お題
お題「エアコンの温度は何度に設定してる?」に参加中!
 今回エアコンの温度設定の話がでた。官公庁などでは28度設定である。しかしこれは効率が悪い。部屋の中がぬるくなってしまい、かえって不快に感じてしまう人が多く出る。最近では26度設定ぐらいのほうがいいという説も出てきている。いずれもなんの科学的な根拠もないではったりで議論されているように感じられる。私も何の根拠もないのだが、実感としてエアコンの温度設定は26度ぐらいが適温なのではないかと感じている。もちろん個人差はあるのだが、多くの人が快適だと感じるのは26度ぐらいのような気がする。

 去年学校にエアコンをつけるべきだというブログを書いた。その際、電気代ぐらいは受益者負担で生徒負担の形にしてもいいのではないかと書いた。それに対して生徒側が負担するのはおかしいとの反論をいただいた。それはもっともな話ではある。しかし私は自説を曲げるつもりはない。

 学校にエアコンをつけても、予算が限られているのでケチケチ使うに決まっているのだ。28度設定だったり、30度を超えるまでは使用してはいけないとか、いろいろな制約をつけてくるだろう。さらに懸念されるのはエアコンの財源を他の教育予算を削って捻出してくるということである。エアコンをつけたのはいいが、教員の数が減らされるなどということが起こってもおかしくないのだ。行政はこういうことを目に見えない形でやってくる。すばらしい改革の影には、たくさんの犠牲がついてくるのである。そんなことになるくらいならば、冷房費の電気代ぐらいは受益者負担でもいいのではないかと考えるのだ。

 誤解のないように言っておくが、私が言っているのは公立高校の場合である。公立義務教育の状況はわからない。わが県の公立高校では授業料以外でも、授業に関連する必要な経費は集金している。最低限の光熱費は県の予算で賄っているのだが、それでも足りなくて、夏は暑くて冬は寒い状況が続いているのだ。だったら、それにプラスする分は受益者負担でもいいのではないだろうか。それによって快適な学校生活が送れるのならば文句を言う保護者はいないのではないだろうか。

 もちろん、根本の問題は日本の教育予算が低すぎるのということであり、それを改善する必要があるというのは言うまでもない。しかしそんな悠長なことを言っている余裕はない。

 教員の多忙化を解消することもできないのに、不祥事を繰り返す文科省のキャリア官僚を見ていると胸糞悪い。さらには大学入試改革のうさん臭さの影には利権がからんでいるのはもはや明らかである。自分のことだけを考えて、日本の教育のことは後回しにしている文科省の官僚に何を期待すればいいのか。何も期待できない。

 大切なのは現状の改善であり、それを早急に行う知恵である。
 
コメント

ドムドム

2018-07-20 10:01:01 | お題
お題「好きなハンバーガーチェーンは?」に参加中!
 最近はハンバーガーを食べることもほとんどなくなってしまった。チェーンのハンバーガー屋に行く機会はまったくない。しかし若いときはハンバーガー屋にしょっちゅう行った。

 私が小さいころ生まれ育った地方の小さな都市に初めてハンバーガーショップができた。マクドナルドなどのような大きなチェーンではなく、『ドムドム』だった。ハンバーガーなんて食べたことのない田舎少年は、こんなにおいしいものがるのかと感動した。その後『ドムドム』のハンバーガーを食べるのが楽しみになった。だから私にとってハンバーガーといえば『ドムドム』だった。

 『ドムドム』はダイエー系列のハンバーガーチェーンであった。だからダイエー倒産とともに次々に消えていくことになる。もちろん私の生まれた町のドムドムはすでにない。

 しかし、今私の住んでいる山形市になぜかまだ『ドムドム』は残っているのである。山形駅に近い「山交ビル」という山形交通のバスターミナルの地下でひっそりと営業を続けているのだ。この「山交ビル」というのは以前ダイエーが入っていたビルなのでその名残なのだと思うのだがここにあるというだけで、私はノスタルジックな奇跡を感じずにはいられないのだ。

 その事実は事実としてハンバーガーはやっぱりもう食べないのだろうなと思う。
コメント

ヘビースモーカー

2018-06-01 08:00:30 | お題
お題「禁煙をしたことがありますか?」に参加中!
 昔ヘビースモーカーでした。1時間我慢するのもやっとの状態でした。だから自分は絶対に禁煙しないだろうなと思っていました。

 しかし、20年くらい前にどうも胸のあたりが詰まっているような感覚に襲われ始めました。24時間息苦しいような感覚です。これは厳しい。煙草をやめるしかないと決意しました。

 禁煙は厳しかった。禁煙ガムを使ったのですが、その期間は戦いでした。やめられたかなと思った瞬間に気が緩み、もとにもどったり、何度か「禁煙」を繰り返しました。

 2年ほどでようやく禁煙に成功しました。今は煙草を吸いたいという気持ちもなくなりました。逆に煙草のにおいに敏感になり、近づくのもいやになってしまいました。

 禁煙するといいことがたくさんあり、ずいぶん楽です。経済的にも、時間的にもいいことばかりですし、以前は禁断症状に悩まされてきた長距離の旅行も何の苦でもなくなりました。

 いまだに「ヘビースモーカー」っているんでしょうか。そういう人はどうやって生きているんでしょうか。もう生きる場所がなくなっています。「ヘビースモーカー」の実態というドキュメンタリーでも作ってくれないかな。
コメント

中途半端に終わりました

2018-05-30 17:42:47 | お題
お題「ゴルフはやったことがありますか?」に参加中!
 ゴルフは20年前ぐらいから、数年前までやっていました。

 練習場でのゴルフがほとんどでしたが、適度な運動になるし、のんびりとした時間をすごすことができました。自分と向かい合う時間にもなり、好きなスポーツです。練習場はそれほど高くないのもよかったです。

 コースにも数度出たことがありますが、あっち行ったりこっち行ったりでまだ楽しめるというところまではいきませんでした。しかし貴重な時間を過ごしている気持ちにはなりました。
 
 やめてしまったのは腰のせいです。腰痛がひどくなり、ゴルフどころではなくなってしまいました。でも、もしかしたら、軽いスイングは逆に腰のストレッチになっていたのではないかという気もしています。あまりに動かしていないから腰がより悪くなっているのではないかという気もします。

 
コメント

無理せず確実に前進する

2018-01-01 16:21:56 | お題
お題「2018年の抱負は?」に参加中!
 昨年度はブログをできるだけ毎日書きました。ブログを書くという行為を通して、毎日毎日を前向きに充実させようとしていたのかもしれません。去年はたくさんのことをしました。これまでは中途半端なことが多かったのですが、去年は一応形にすることができました。「書く」という行為は、少なくとも私にとってはとても重要なことなのだと改めて感じました。

 しかし、あまりに無理をし過ぎているようにも感じられます。こ年を取り、体もゆうことをきいてくれません。残された時間も無限ではないことがわかってきています。私にとって本当に大切なとは何か。そしてそれに向けて全力をつくすためにどうすればいいか。小さな目標を積み重ねていきたいと考えています。

 具体的な目標としては、読書は去年は『カラマーゾフの兄弟』読破だったのですが、今年は夏目漱石の長編小説を最低6つ読みたいとおもいます。主だった長編を全部とも思ったのですが、無理をしすぎてはいけません。それは2年間の目標にします。

 国語教育に関する小論文を最低5つ書きたいと思います。発表も最低2回したいと思います。

 5キロの市民マラソンに再度挑戦します。挑戦というほどの距離ではないのですが、腰を痛めてからほとんど動けなかったので、すこし動ける体を取り戻したいという意味です。

 ブログは最低週3回書きたいと思います。これは去年よりも減らすという意味でもあります。

 ほかにもひそかな目標がありますが、それは秘密にしておきます。かなりむずかしいと思われるからです。

 「無理をしないで、しかし確実に前進すること」を今年の抱負にします。

 

 
コメント