とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

中途半端に終わりました

2018-05-30 17:42:47 | お題
お題「ゴルフはやったことがありますか?」に参加中!
 ゴルフは20年前ぐらいから、数年前までやっていました。

 練習場でのゴルフがほとんどでしたが、適度な運動になるし、のんびりとした時間をすごすことができました。自分と向かい合う時間にもなり、好きなスポーツです。練習場はそれほど高くないのもよかったです。

 コースにも数度出たことがありますが、あっち行ったりこっち行ったりでまだ楽しめるというところまではいきませんでした。しかし貴重な時間を過ごしている気持ちにはなりました。
 
 やめてしまったのは腰のせいです。腰痛がひどくなり、ゴルフどころではなくなってしまいました。でも、もしかしたら、軽いスイングは逆に腰のストレッチになっていたのではないかという気もしています。あまりに動かしていないから腰がより悪くなっているのではないかという気もします。

 
コメント

日大アメフト問題は冷静な対応を

2018-05-27 09:21:39 | どう思いますか
 日大のアメフトの事件は、問題のプレーの映像を見る限り明らかに悪質であり、日大側に大きな責任があるのは明らかである。尋常ではない。ただしマスコミの報道姿勢には疑問がある。

 事件の真相があきらかではないのに、監督やコーチをすでに犯罪人扱いしている。もちろん監督やコーチに大きな疑惑があるのは明らかではあるが、まだ事件の真相が明確になっていないのに、極悪人扱いしてしまっているのは早すぎである。

 さらには日大という組織が巨悪のような報道までなされている。こういう報道はあってはならないことである。

 この間まではTOKIOの山口君で、その前は財務省の福田次官、そして今回は日大である。ターゲットが見つかれば集団リンチである。こんなマスコミがいじめ事件がおこれば、加害者と学校を集団リンチする。こんなことではいじめがなくなるはずがない。

 まずは真相を明らかにすること、そしてそれに応じて的確な処分と対応をすることが大切である。冷静な対応が必要である。

コメント

「ダイヤモンドと希望」

2018-05-24 08:06:03 | 国語
 教育出版の国語総合の教科書の一番最初に「ダイヤモンドと希望」という教材がある。筆者は森岡正博氏。哲学者である。現在は早稲田大学人間科学部教授のようである。

 この教材は教科書の一番最初にあるのにふさわしいいい文章である。

 最初にギリシア神話の「パンドラの箱」のエピソードが描かれ、「どんなに苦しいことに襲われたとしても、希望だけは飛び去ることな」いということを語る。次にカントが人間の中には誰も破壊いてはならないダイヤモンドが埋まっているといったことを紹介する。ダイヤモンドとは「人間の尊厳」である。「パンドラの箱」とカントの言葉をうけて、最後に筆者は人は「ダイヤモンド」を破壊することは不可能だと考えることを主張する。「そう考えることによって、私たちは、つらさや苦しみに見舞われた時に、それでもなお自分の人生を生きていくための小さな希望を与えられる可能性があるのではないか。」と筆者は主張するのだ。つまり人は生まれた時からそこに希望があり、その希望はたとえ死んでも消えることはないと言っているのである。

 この筆者の主張は阪神大震災や東日本大震災を経験して到達したもののようである。生と死を深く見つめて生まれてきた言葉で感動的な文章となっている。

 ただし、この教材は「評論」という位置づけで教科書に載っているのだが、これは評論とは言えないのではないかと思われる。評論ならばもっと根拠が明確になっていなければならないが、根拠が漠然としているのである。だから一見すると宗教のおさそいのようにも思われるのである。

 森岡氏の他の文章を読むことによって森岡氏の主張がもう少し見えてくる。扱い方を丁寧にして、他の森岡氏の文章を紹介するなどしないと変な誤解を与えて終わってしまうので注意が必要だと感じた。
コメント

「働き方改革」の懸念

2018-05-22 18:20:50 | 政治
 「働き方改革」というのは概ね良いものだという方向で話は進んでいる。全体としては労働時間の短縮の方向に向かっているように思われるからだ。

 しかし現政権は経済界の言いなりである。だから「働き方改革」も結局は経営者側の得になるような改革なのではないかとどうしても勘繰ってしまう。そう考えてもう一度考えてみるとやはりうさん臭い部分が見えてくる。この改革は労働時間の短縮という意味ではいいと思う。しかし一方では単一労働単一賃金が強く打ち出されている。これはよさそうに見えて、実は逆なのではないか。これまで正社員だった人間の労働時間が短縮され、一方では賃金がパートと合わせるために減額されるのではないか。つまり正社員のパート化が狙いなのではないかと思われるのである。これは実はうまく作られた罠だったのではないだろうか。

 さらに「高度プロフェッショナル制度」や廃案になった「採用労働制」などは、能力のある人はどんどん働かせようという制度である。何らかの能力の高い奴はたくさん働かせて、なんの特技もない人は安い金で働かせる。経営者の思うつぼのように思われる。

 おそらくこんな単純なことではないのだろうが、いずれにしても「働き方改革」の意味がわからなすぎる。マスコミの人は長所、短所をわかりやすく解説してほしい。
コメント (2)

教育改革の私物化をやめさせろ

2018-05-20 14:12:00 | 教育
 私は教育改革は必要であると考えている。日本の教育は旧態依然としたままで現代では時代遅れの代物となっていると考えられるからだ。しかしながら、最近の状況を見ると一部の企業と政治家が癒着して、教育改革の名のもとに改悪がなされているように思われるのである。

 有名なのは英語の大学入試における外部試験の導入である。公平性がたもたれないし、性急すぎて、平成30年度からの導入が決定しているのに大学の対応がわかっていない。こんなでたらめがまかり通っているので会う。この英語の検定試験の導入にあたって一部の企業はぼろもうけである。

 同様に小学校の英語必修も問題がある。英語を教える研修も受けていない小学校教師が英語を教える、こんなことが現実に起こっているのである。英語を教える研修をたとえ受けていたとしても、それは間に合わせでの研修であり、教育の現場の混乱を招くのは明らかなのだ。

 国語においても問題がある。平成30年度から国語の大学入試の共通テストに記述式が導入される。その問題は点数化しないと発表されている。ではどのように使用するのか。わかっていない。しかも点数化しないのに、点数化する問題と一緒に同じ時間の中で両方実施されるのだ。受験技術を競う試験になるのは明らかで、教育改革の意味は完全に失われれてしまう。しかもこの国語の記述式の問題の採点は業者が行うと言われており、その業者名がまことしやかに噂されているのである。

 改革の名のもとに改悪が進む。現場は混乱し、生徒が犠牲になりながら、一部の汚い奴だけがぼろもうけする。一部の人間の思惑に、「改革」がゆがめられていく。最近の政治はすべてそうではないか。警察が信頼できなければ治安は乱れる。政治が信頼できなければ、国家は滅びる。
コメント