とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

野矢茂樹氏の小論文研修会の講演に行ってきました

2018-09-14 08:06:14 | 高校国語改革
 仙台で行われた第一学習者の小論文指導研修会の講演で野矢茂樹さんの講演が行われました。共感すると同時に学ぶところのたくさんある講演でした。

 野矢茂樹さんは哲学者であり、今年の3月まで東大の教授でしたが、現在は大正大学の教授をなさっています。『論理トレーニング』や『大人のための国語ゼミ』などの著作があり、私も勉強させてもらっています。国語教師としては野矢さんを哲学者の印象よりも、基礎的な国語力の充実を提唱なさっている方という印象のほうが強くある方です。

 講演は「これから求められる国語力・論理力」と題されていました。野矢さんは国語力として3つのキーワードをあげます。

「つなげる」
「まとめる」
「たずねる」

の3つです。

 「つなげる」は文をつなげる力です。具体的には接続詞を的確に使える力です。接続詞はそんなに簡単なものではありません。基礎的なところからトレーニングしていくことが大切だと教えていただきました。

 「まとめる」は要約の力です。文章の中の幹か枝葉かを見極める力のトレーニングが大切です。

 「たずねる」は質問力です。質問力は、読む力、議論する力、考える力を育てます。

 以上の3つの力は国語の基礎力であり、そのような基礎的な日本語力を育てることが大切だと野矢さんは語ります。

 私は全面的に野矢さんの意見に賛同します。現在の高校の国語教育がゆがんだものになっているのはあきらかです。もっと基礎的な「言語技術」を大切にすべきなのです。

 その上で1つ申し上げておきます。野矢さんは新テストの記述式問題を高く評価していました。確かにモデル問題は私もいい問題だと思っています。しかし、去年の11月に行われたプレテストの問題はひどいものであったと思っています。問題の質が悪いのです。さらにマーク式の問題に関しては時間内に解答するのはとても無理なような量を出してきたので、国語力を的確に判断できるようなものにはなっていません。私は国語教育が正しい方向に向かうためにも、大学入試問題が適切なものになるように議論を深めてほしいと思っています。その中核メンバーのひとりとして野矢茂樹さんにも協力してほしいと思っています。
コメント

正答率0.7%は出題者が無能だから(新テスト国語の問題)

2018-03-27 10:05:33 | 高校国語改革
 以前、「大学入試共通テスト(新テスト)」について書かせていただいた。今回その正答率が公表された。私が不備を指摘した問題の正答率が0.7%だということがわかった。この正答率を見る限り、私が指摘した通りだと思われる。そこで再度、問題提起したい。

 2020年度から今の「センター試験」に代わる「大学入学共通テスト(新テスト)」が実施される。国語では記述式が導入される。今年の4月に高校に入学する生徒がその対象になる。
昨年(2017年)の5月と7月に記述式の「モデル問題」が公表され、昨年(2017年)11月に試行問題が実施され、その問題が12月に公表された。試行問題は従来のセンター試験型の問題+記述式試験という形になっており、試験時間は20分延びて100分となっている。点数は「200点+記述式の評価」という記載になっている。従来のセンター試験型の問題も、少し傾向は変わってきている。

 今回疑問に思うところがあり、取り上げたいのはその「試行問題」の第一問である記述式の問題である。記述式の問題の是非というような大げさなことを申し上げたいのではない。問題自体に不適切な箇所があるのではないかという問題提起である。

 この問題は大学入試センターのホームページからダウンロードすることができる。参考資料の問題である。

 問題のリード文を引用する。

 「青原高等学校では、部活動に関する事項は、生徒会部活動規約に則って、生徒会部活動委員会で話し合うことになっている。次に示すものは、その規約の一部である。それに続く【会話文】は、生徒会部活動委員会の執行部会で、翌週行われる生徒会部活動委員会に提出する議題について検討している様子の前半部分である。後に示す、執行部会で使用された【資料①】~【資料③】を踏まえて、各問い(問1~3)に答えよ。」

 このリード文の理解もかなり面倒である。この面倒さを理解することも問題の趣旨なのかは私はわからない。
 さて私が問題視しているのはこの中の問3である。部活動の時間延長の必要があるという認識で執行部では一致して、いくつかの資料をもとに提案理由を考えている場面である。「島崎」は委員長、森は「副委員長」である。【会話文】の中のその部分を引用する。

島崎 では、これらの資料を基にして、部活動の終了時間の延長を提案してみましょう。
森  ちょっと待ってください。提案の方向はいいと思うのですが、課題もあると思います。( イ   )
島崎 なるほど、そう判断される可能性がありますね。それでは、どのように提案していけばいいか、みんなで考えましょう。

 この部分を受けて、問3の問題が出題される。引用する。

問3 空欄(イ)について、ここで森さんは何と述べたと考えられるか。次の⑴~⑷を満たすように書け。
   ⑴ 二文構成で、八十字以上、百二十字以内で書くこと(句読点を含む)。なお、会話体にしなくてもよい。
   ⑵ 一文目は「確かに」という書き出しで、具体的な根拠を二点挙げて、部活動の終了時間の延長を提案することに対する基本的な立場を示すこと。
   ⑶ 二文目は「しかし」という書き出しで、部活動の終了時間を延長するという提案がどのように判断される可能性があるか、具体的な根拠と併せて示すこと。
   ⑷ ⑵・⑶について、それぞれの根拠はすべて【資料①】~【資料③】によること。


 これに対する正答例が次である。

・確かに、部活動終了時間の延長の要望は多く、市内に延長を認める高校も多いことから、延長を提案することは妥当である。しかし、通学路は道幅も狭い上に午後六時前後の交通量が特に多いため、安全確保に問題があり、延長は認められにくいのではないか。

 私が疑問に感じるのは内容の問題ではない。確かに資料から読み取れるのはこの正答例以外になく、ほぼこのような形の解答になるのではないかとは思う。しかしこの解答例は「判断」ではない。「どのように判断される可能性があるか」という問題の解答として適切だとは思えないのである。受験生は混乱してしまう。まじめで論理的に考える受験生ほど、この問題の解答を作る際に悩んでしまい、場合によっては別の解答を作り上げてしまったのではないかと予想されるのである。この問題についてふたりの同僚の国語教師に意見を聞いてみたが、少なくとも私が違和感を感じるのはわかると言うことであった。

 さて、今回この問題の正答率が公表された。なんと0.7%だったのだ。あきらかにこれは問題が悪かったのである。記述式がむずかしかったからではない。出題者が無能だったのだ。
コメント

国語の記述式問題にかかわる疑念

2018-02-01 17:25:17 | 高校国語改革
 2020年度からセンター試験が新しいものになり、国語は記述式が導入される。試行問題が発表されその中身について私も意見があるが、ここではそれにふれない。私は大きな流れとしては記述式の導入はわるいことではないと考えている。

 しかしひとつ気になっていることがある。記述式の問題作成と採点を民間に委託するという話で進んでいるような話が聞こえてきている。そしてそれを請け負った業者の名前がまことしやかに流れているということである。それが真実であるかどうかはわからない。しかしこのような情報が流れた以上、国語の問題集や参考書はその業者のものを採用する高校が増えるのはあきらかだ。その特定の業者の名前が広まっていることは絶対にあってはいけないはずなのだ。このことについては文科省はしっかりとした対応をしなければいけない。万一その業者が本当に請け負っているのであれば癒着事件である。

 現政権は教育関係の問題が多く出てきている。オリンピックの様々な問題も含めれば文科省がつねに問題となっているのだ。「教育は金になる。だから教育改革を進めているのだ」と国民に思われないように、決して疑念をもたれない姿勢を求めたい。
コメント

国語教育における客観性

2017-12-03 17:25:18 | 高校国語改革
 国語においても「客観性」が必要であることは言うまでもありません。しかし、「客観性」にこだわりすぎると危険です。そもそも「客観性」という言葉の曖昧性が問題の根本にあるのです。

 言葉が成立するためにはもちろん客観性がその条件になります。客観性が保たれているという保証がなければコミュニケーションは成立しません。しかし、そもそも「完全に客観的な文章」を人間が書けるはずがありません。単語の意味に人それぞれ揺れがあるのは当たり前です。経験の違う人間同士では文脈的にも理解の仕方が違います。だから「完全に客観手な問題」も成立するはずがないのです。

 本来「国語」の教育が目指すべき「解釈」とは、文章を読んでその文章中の語句に「根拠」を求め、その「根拠」から作者や筆者の「意図」を探るものです。「根拠」とすべきものが違えばそこから帰結する「意図」は違ってきます。また読者の背景が違ってくれば同じ根拠でも違う「意図」に帰結しても当然なのです。だから「解釈」には揺れが生じるのは当たり前なのです。それなのにセンター試験では揺れのない「解釈」が要求されます。そこに無理が生じてしまいます。

 「客観性」という言葉の曖昧性が混乱を生じさせているのではないでしょうか。「国語」における客観性とは、だれもが同じ解釈をするという保証ではありません。明確な「根拠」をもとに、納得できる論理によって解釈がなされるということです。そこで「解釈」に揺れが生じた場合は議論によって「すり合わせ」をすることによって、より客観的になっていくことができます。

 少なくとも「国語」という教科における読解の「客観性」は人間の言語活動を通してしか保証されないのです。ですから「国語」の読解の授業は教師の一方的な講義型の授業では成立するはずがないのです。読解は「読む」「書く」「話す」「聞く」の活動を通して行われなければいけない。それが「国語」授業の「客観性」を保証するものになるはずです。

 そもそも客観性にこだわるあまりに、教育界は多くのものを失ってきたように思います。「客観性」はひとつの座標軸にしかすぎません。このひとつの座標軸にこだわるあまりに、独自性、個性、創造性などを犠牲にしてきたというのが、近年の教育です。この「客観性」という座標軸は、偏差値という座標軸と似ています。ですからひとつの座標軸によって人間を評価するようになってきました。これこそがセンター試験の大きな罪とも言えます。

 さらに言えば、「客観性」重視は評価にまで影響してきます。よくアクティブラーニング型の授業において評価をどうすればいいかということが話題になります。アクティブラーニング型の授業は従来の点数による評価になじまないからです。しかし本来教育の評価というものは多面的に行われるべきもので、その意味でもアクティブラーニング型の授業は望ましいはずです。なんでもかんでも一つの基準で点数化するというのは、座標軸を一つにすることであり、個性を伸ばす教育の理念とは一番遠いものです。

 ただし、だからといって観点別の評価をするという発想に私は与しません。それは現状の教員の仕事量から考えると不可能でだからです。試験の点数で評価するのでしょうがない。授業の過程で生徒に自己評価をさせながら、よいものをほめていくことぐらいが現状で可能なことだと、私は考えています。
コメント

「大学入学共通テスト」マークシート問題モデル問題例2

2017-07-23 08:28:07 | 高校国語改革
 平成29年7月に大学入試センターから発表されたマークシート問題のモデル問題例についての感想を述べる。今回は例2について。

 例2の問題は2つの文章からの出題である。【文章1】は『平家物語』「忠度都落」からの1節で、【文章2】はそれを読んだ二人の人物による対談の一部である。【文章2】は高校生の対談ではなく、出版されている書籍からのものであり、著名な国語教師である黒澤弘光から、著名な理学博士である竹内薫氏が古典の読み方を教わる形で進む対談である。私はこの問題もおおむねいい問題であると考える。いくつかの点に分けて感想を述べる。

 1点目。難易度が適当である。題材が『平家物語』だったので、平安女流文学とは違い文脈がつかみやすい。最近センター試験の問題が難しくなる一方であったのでこの程度の難易度のほうがいい。ただしこのような難易度だと平均点が上がりすぎるという批判がおきそうである。そしていつの間にかどんどんむずかしくなっていくというのがセンター試験の歴史だった。そういう批判が起きてもこの難易度を維持できるのか。そもそも高校や大学がこのような難易度の問題に対して批判を言わずにいられるか、ここが大きなポイントである。

 2点目。文法や文学史が出題されている点も評価したい。文法に関しては、出題しないほうがいいという意見もよく聞かれるが、私はしっかりと10点ぐらい出題したほうがいいと考える。文法は日本語を客観視していくために大切な知識だからだ。同じように文学史も日本の文化の知識としてきちんと頭の中にいれておいたほうがいい。ただし、基本的な問題でなければならない。ガイドラインを作成し、そのレベルに達している生徒はだれもが正解を得られるような問題であるべきだ。

 3点目。【文章2】の対談はおもしろい。古典の読解の醍醐味を教えてくれる。国語教師として勉強になる。しかし、これをもとに問題を作成したのでは生徒の主体的な態度は育たない。生徒自身が発見すべきところが対談の中で言及されているからである。本来、生徒の自主的な態度は面接などで時間をかけて評価されるべきものであろう。それができず、センター試験で受験生を評価しなければならないことに最大の問題があるわけであるが、だとしたら、マーク型の問題でなんらかの工夫ができないのか。教育改革の根本が改善されないのではないかという懸念は残る。
コメント