とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

「羅生門」シリーズ① 「批評する〈語り手〉」(田中実)

2018-08-09 14:42:18 | 国語
 芥川龍之介の「羅生門」を授業で扱う予定である。教材研究をメモ的に書き残しておく。今回は田中実氏の『小説の力』という書籍において「羅生門」を扱った章「批評する〈語り手〉」について思う所を書いておく。

 田中氏はこれまでの多く見られる『羅生門』論は〈明るい『羅生門』論〉であるという。それは「若い下人が内なる拘束から解放され「盗賊」になる話」だという。例えば三好行雄氏は、老婆について、

「人間的秩序の崩壊のなかに生きるものならば、生き延びるためにする行為は、秩序社会の倫理の側から見れば当然禁忌(タブー)そのものに映ることであったとしても、それは許されてしかるべきもの」

と紹介している。田中氏はさらに三好氏の論を引用しながら、

「『下人に真に必要だったのは〈許すべからざる悪〉を許すための新しい認識の世界、超越的な倫理をさらに超えるたまの論理にほかならぬ。下人と老婆の遭遇は認識と認識の出会い』であり、そこには『倫理の終焉』『〈虚無〉』の世界が生じ、『〈無明の闇〉』にいたると論じ、(三好氏の論は)多大な反響を起こした。」

と解説する。

 田中氏がここで述べているのは老婆と下人が同じ次元で語り合っているということであり、さらには〈語り手〉も同じレベルにいることである。

 この三好氏の論を批判する形で、田中氏は自身の論を展開する。田中氏は老婆は社会秩序の崩壊した生の場、つまり「崩壊しつつある」世界に生きていたのだという。その中で「ひとつの生命体として弱肉強食の生き物の摂理を生きるためにいきていただけだ」という。だから老婆のことばは論理なんてものではなく、生きていくためだけの「方便」にすぎないのだ。一方下人は生きていくのに困ってはいるものの、まだ秩序のある世界に生きていた。言ってみれば老婆が餓死寸前の状態であったのに対して、下人はリストラされた程度のものでまだ最下層までは落ちていないのだ。下人が老婆の論理を借りて自分も盗人になることを肯定するのだが、それは老婆の単なる「方便」を、下人は自己の論理としてしまったということであり、老婆と下人のことばにはあきらかな階層の違いがあると田中氏は主張しているのである。

 ここで「批評する〈語り手〉」の意味が説明される。引用する。

「述べたように、老婆の〈ことば〉は生きるための方便である。その老婆の〈ことば〉は考える男である下人には伝わらない。下人が行為を獲得し、「夜の底」に駆け下りていくときのある種の「解放」感、それこそ〈語り手〉の批評の対象であり、〈語り手〉は下人が己の既成の〈観念〉によって〈世界〉の方を組み替えてしまう、その若々しい倨傲と錯誤、観念の陥穽にあることを語っていたのだった。」

 つまり、〈語り手〉は下人と老婆を客観的に見つめ、その論理の階層の違いを描くことによって、その違いに気づかずにことを起こしてしまう人間を批判しているというのだ。

 田中氏はこの論をさらに発展させ、次のように芥川論を展開する。

「芥川の小説の主眼は登場人物どうしの対立であるよりも、そうした人物を〈語り手〉がどのように捉え、批評していくのかに特徴がある。」

 確かに芥川の小説は〈語り手〉が目立つ。〈語り手〉が目立つことによって物語世界が構造化され、物語自体を批判的に見る視点を感じずにはいられない。

 だとしたら、これは芥川だけの問題なのか。一つの近代文学の傾向であったのか。「小説」というジャンルの構造に潜在的に存在するものであるのか、なだ、「語り」についての体系的な研究や解釈の必要な問題のように思われる。

 田中氏のこの論は文学における重要な問題を提示している。
コメント

山形弁の「た」表現

2018-07-29 10:15:23 | 国語
 標準語では「~です」と言うべき時に、山形弁では「~た」という表現をすることがある。例えば電話に出た時、標準語では
「もしもし、山田です。」
と言うはずの場面で、
「もしもし、山田でしたー。」
と言うのである。他県から来た人は、この表現に大変驚くことであろう。

 この表現について疑問には感じていたのだが、まあ単なる方言だと思っていたのだが、最近この表現についてのおもしろい考察を発見した。放送大学の『新しい言語学』の中で類似の表現を説明していたのである。このような表現は「対人配慮(ポライトネス)の『田』」と説明している。現在形で表現すべきところを過去形で表現することによって遠回しな印象を与え、婉曲な表現になるというのである。
 具体例として次のような表現を挙げている。
・ご注文は以上でよろしかったでしょうか。
・(新千歳空港で荷物を預けるとき係員が)乗車券はいけんしてましたー。
・(仙台のホテルで)ドアの内側に非常口のご案内がありましたー。
・(仙台のレストランで)お席でのお会計でしたので、このままお待ちください。
 このような「た」表現は東北や、北海道で少しずつ広がっているそうである。

 長年の疑問が氷解するような納得いく説明だと思うし、また徐々に変化する言葉を感じる案件でもある。方言について興味がわいてきている。
コメント (2)

「〈害虫〉の誕生」と自然災害

2018-07-11 09:28:26 | 国語
 教育出版の『新編現代文B』に「〈害虫〉の誕生」という教材がある。難しすぎなく、また筆者の主張とその根拠が明確になっており、また構成もわりとしっかりとしているので、高校の上級生が学ぶ教材としてはいい教材だと評価したい。

 最初の一文で、
「〈害虫〉とは何だろうか」
と、問題提起がなされ、最後の形式段落で
「人間にとって有害な虫をひとくくりにして総称する「害虫」というカテゴリーは、日本においては近代の産物である。」
と、筆者の主張がなされている。そしてその間にその主張にいたる筆者の論理が展開している。明確な根拠があるので論理が把握しやすい。「害虫」は高校生にとってあまり興味のあるテーマではないかもしれないが、「近代」について考えるという意味では分かりやすい教材である。

 近代以前には「害虫」という概念がなかった。だから害虫を駆除するという発想がなかったという。当時の日本人は自然を神と考えていた。だから自然を人の力で制御するという発想がなかったのである。自然とは受け入れるべきものであったのである。

 近年異常気象が頻繁に災害をもたらしている。被害にあわれた方にお見舞い申し上げる。この異常気象が自然本来の姿なのか、それとも人間の環境破壊が原因なのか。「自然」の姿をしっかりと見据え、原因を追究し、現代人としてのエゴを抑え、人類としての対応を考えなければならない。
コメント

「ダイヤモンドと希望」

2018-05-24 08:06:03 | 国語
 教育出版の国語総合の教科書の一番最初に「ダイヤモンドと希望」という教材がある。筆者は森岡正博氏。哲学者である。現在は早稲田大学人間科学部教授のようである。

 この教材は教科書の一番最初にあるのにふさわしいいい文章である。

 最初にギリシア神話の「パンドラの箱」のエピソードが描かれ、「どんなに苦しいことに襲われたとしても、希望だけは飛び去ることな」いということを語る。次にカントが人間の中には誰も破壊いてはならないダイヤモンドが埋まっているといったことを紹介する。ダイヤモンドとは「人間の尊厳」である。「パンドラの箱」とカントの言葉をうけて、最後に筆者は人は「ダイヤモンド」を破壊することは不可能だと考えることを主張する。「そう考えることによって、私たちは、つらさや苦しみに見舞われた時に、それでもなお自分の人生を生きていくための小さな希望を与えられる可能性があるのではないか。」と筆者は主張するのだ。つまり人は生まれた時からそこに希望があり、その希望はたとえ死んでも消えることはないと言っているのである。

 この筆者の主張は阪神大震災や東日本大震災を経験して到達したもののようである。生と死を深く見つめて生まれてきた言葉で感動的な文章となっている。

 ただし、この教材は「評論」という位置づけで教科書に載っているのだが、これは評論とは言えないのではないかと思われる。評論ならばもっと根拠が明確になっていなければならないが、根拠が漠然としているのである。だから一見すると宗教のおさそいのようにも思われるのである。

 森岡氏の他の文章を読むことによって森岡氏の主張がもう少し見えてくる。扱い方を丁寧にして、他の森岡氏の文章を紹介するなどしないと変な誤解を与えて終わってしまうので注意が必要だと感じた。
コメント

小説の構造 「語り手」と「作者」の関係 

2018-05-16 07:58:58 | 国語
 高校生に小説の構造について説明しました。次のような内容です。

 いったい小説って何なのでしょうか。「語り手」と「作者」の関係を考えながら小説の構造をかんがえてみましょう。

《第1段階》
 小説の骨格には話の筋(ストーリー)があります。具体例として次の桃太郎の冒頭部分を使ってみましょう。

  むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました。
 ある日、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ選択にいきました。


 この筋だけの話(ストーリーだけの話)を第1段階とします。いわゆる「物語」の状態です。

《第2段階》
 さて、この話を誰かが誰かに語り聞かせる場面を想像してみてください。そのとき「語り手」は少し聞き手を意識して語り始めます。

 きょうは花子ちゃんにおもしろいお話しをしてあげるね。
 むかしね、むかしっていうのはね、花子ちゃんが生まれるずっと前のことだよ。
 花子ちゃんが生まれるずっとずっと前にね、田舎の村にね、おじいさんとおばあさんが住んでいたんだ。
 おじいさんはね、おばあさんととっても仲良しでね、ふたりっきりで生活していたけど、毎日毎日働いて、幸せだったんだ。
 秋になってきてね寒くなってきたんだと思うんだけど、昔って枯木に火をつけてストーブにしてたんだけど、その枯木を準備しなければならなくなってね、おじいさんは山に枯木を探しに行ったんだ。
 おばあさんはね、今はどの家だって水道があるけど、昔はなかったから、洗濯しに川までいったんだ。


 なんて話をし始めます。これは語り手が聞き手を意識して聞き手に理解しやすいように筋(ストーリー)に介入しているわけです。これを第2段階とします。「語り」の段階です。

《第3段階》
 次第に語り手は介入の度合いを高めていきます。その具体例を書きます。

 トンビが輪を描いている。北からの風がゆるやかに流れている。風は山の上の木々を赤く染め始める。秋の空は高く澄んでいた。
 山のふもとに小さな家がある。その小さな家で老夫婦が生活をしていた。家といっても今の感覚から言えば小屋である。雨風を防げばそれでいいという建物である。その頃のそのあたりに住む人々はそれが当たり前の家であった。
 科学という言葉のなかったころである。誰もが神を信じていた。神の力で生かされていると信じていた時代だ。彼らは死は怖くなかった。いや、死は怖くないというのを建前として生きていた。かれらは静かに生きていた。子供のいない老夫婦にとってそれが生きるということであった。
 この時期になると冬を越す準備をしなければならない。年老いた男は山に枯木を取りにいく。男は年を経るにしたがって体が動かなくなることを感じていた。背中に痛みを感じて生きていくことに苦しさを覚え始めていた。体のいたみは心を締め付け始める。漠然とした不安。
 「ちくしょう。」
 男は山に向かって一言叫ぶ。その叫び声が返ってきたとき、涙があふれてくる。
 年老いた女は川に洗濯に行く。女にとって耐えることが生きることだった。この時期水が冷たいのは知っている。しかし、それを悔やんでいてはいけない。いつも自分を殺すことだけを心掛けてきた。

 例えばこのように語り手はどんどんストーリーに介入していきます。最初のほうでは聞き手に視点の誘導をしています。そしてストーリーを壊さない程度に勝手に設定を作り上げていきます。そして登場人物の心を描き始めます。

 このように、語り手はどんどん第一段階の筋(ストーリー)に介入して脚色していきます。ここまでくるとほとんど小説と言っていいですね。

《一人称小説と三人称小説》
 さて右の例は視点が上からの視点です。このような語りの小説を三人称小説といいます。しかし小説にはもう一つの語りの小説があります。それは一人称小説です。これは語り手が「私」になる小説です。たとえば「おじいさん」が語り手だったらどうなるでしょう。

 妻は洗濯にでかけた。私は家にひとりになった。何もすることがない。ひまだ。ひまだからと言って、何もしないわけにはいかない。ひまなときに何もしないと、ひまが私を苦しめ始めるからだ。年を取るとその苦しみが一番つらい。だから無理やり仕事を見つける必要があった。山に柴刈りにいくことにした。とは言え、一冬分の柴はすでにある。これ以上の柴はもういらない。柴の山が夢に出てくるのもつらい。しかしそれは「ひま」よりはマシだ。「しば」は「ひま」よりまし。私の一日はそれを考えているだけだ。
 
 こういうのが一人称小説です。この一人称小説は視点がはっきりしているという特徴があります。右の場合、おじいさんが見えるものしか描けません。だからおばあさんの心情は書けなくなります。

 そして語り手が筋(ストーリー)にどのように介入していくかは、作者が決めているのです。小説家の作者というのは、語り手に筋(ストーリー)の語り方を演出していく総合プロデューサー的な役割をしていることがわかります。逆に言えば、語り手の介入の仕方に作者の意図が表れるといっていいのです。
 
コメント