とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

舞台評『誤解』(10/13 新国立劇場 小劇場)

2018-10-15 12:03:59 | どう思いますか
[作]アルベール・カミュ
[翻訳]岩切正一郎
[演出]稲葉賀恵
[出演]原田美枝子 / 小島聖 / 水橋研二 / 深谷美歩 / 小林勝也

 しっかりとした役者と台本を読みこんだと思われる演出によって濃密な演劇空間を作り出していた。布を使った抽象的な舞台美術が空間を作り上げている。家族を殺す物語であり、その不条理なテーマは見る者の目の前にナイフを突きつけるようである。いい舞台であった。

 あらすじは次の通り。

 マルタとその母は片田舎でホテルを経営している。彼女らはホテルに泊まりに来る客を殺し金品を奪い取る。ある日、そのホテルにマルタの兄ジャンが帰ってくる。ジャンは成功し、母とマルタに何らかの恩返しをしようとしていたのである。しかしマルタと母はその男がジャンであることに気付かない。マルタと母はジャンを殺す。死後にジャンのパスポートから、その男がジャンであったことが判明する。母はジャンの後を追い死ぬ。マルタの妻が登場しマルタを責めるが、逆にマルタはこの結末を喜んでいる。破滅を喜ぶのだ。マルタは去り、残された妻は神を呼ぶ。するとそこにホテルの使用人があらわれる。妻が「神の御恵みを!」と懇願する。使用人は「いやだ。」と言う。(幕)

 現代の資本主義によって人間は心を失う。そういう風な言い方はありきたりな表現かもしれないが、人間の心の弱さは普遍的なテーマである。欲望に目がくらみ、他者を傷つけながら生きる。そしてそれを正当化する言葉を吐き、その言葉はいつか自らを傷つける。このように観客はいつしか自分自身を見ているのである。

 ラストシーンは衝撃的であるが、それしかないと思わせる終わり方である。

 「集中力のある舞台」という印象の舞台だった。


コメント

森喜朗さん、開き直るな 

2018-10-05 18:07:24 | どう思いますか
 結局オリンピック経費はどんどん膨らんでいく。こうなるのはみんなわかっていた。しかし森喜朗氏は低く見積もってオリンピック予算を認めさせたのだ。詐欺と同じといっていい。森喜朗氏の後ろには利権団体がたくさんうようよしており、みんながバブルを狙っている。スポーツ団体もこれを機に甘い汁を吸おうとする人が力を持ち、利権団体となっていく。将来に大きなつけを残し、それを尻拭いしていくのは次の世代の人たちなのだ。

 おそらくもうスポーツは従来の「汗と涙」の美しいものというイメージは失われている。技術と体力を向上させ、競争し、勝利を喜び敗北を悔しがる、そんな純粋さはもはやなくなったのだ。金と権力に操られ、ショービジネスの一つとなり、自分の能力を売り物にするものになってしまっているのだ。政治と経済の道具でしかない。もうスポーツは「美しい」ものではなくなった。今や「金と名誉」のための肉体労働でしかない。経済界にとってのコンテンツのひとつでしかなくなってしまったのだ。

 オリンピック経費の増大について組織委は「過去大会の経費などをもとに大会に直接必要な経費を計上しており、通常の行政サービスやレガシーになるものは計上していない」とし、組織委の森喜朗会長は「これをレガシーとして、日本が新しい分野に素晴らしい事業を展開できるなら、惜しい予算じゃないと僕は思う。そう理解していただきたい」と語ったという。

 せめてこういう開き直りのような言動は慎んでもらいたい。日本はあなただけのものではない。日本人みんなのものだ。森さん、あなたの言うことなもはや誰も信じてはいない。
コメント

組織の機能不全 政治、スポーツ団体、そして教育

2018-09-28 10:06:54 | どう思いますか
 スポーツ界での組織不全のニュースが連日報道されている。つい先日までは政治官僚の不祥事が話題になっていた。これも政府ならびに省庁という組織の機能不全である。私が職業としている教育界においてもそれは同じであり、最近では大学入試における大混乱はあきらかに教育界の機能不全である。

 組織というのは社会にとって必要であり、組織があるからこそ社会は成り立っていくとい言ってもいい。個人の幸福も組織があってこそのものであり、組織を否定するわけにはいかない。しかし一方では組織というのは機能不全に陥りやすい。なぜなのか。

 組織は、本来は何かの目的のために構成されたものである。しかし、時間がたつといつの間にか組織維持のために機能しはじめる。本来の目的が見失われるのだ。たとえば会社などでは業績を上げ社会貢献するのが本来の目的であるはずなのに、いつの間にか社員の多くが出世しか見えなくなる。出世が目的となり本来の目的がどこかに消えてしまうのだ。この状態は明らかに機能不全である。

 多くの人がこの機能不全の中で苦しみ始める。まじめな人ほど、苦しみが強く、混乱状態に陥ってしまう。

 学校も同じである。本来時代とともに変わらなければならないのに、変わろうとする勢力は排除される。そこで変わろうする勢力は外部との連携を強めていき、非現実的な新しいもの好きの集団が形成される。一方では変化のとぼしい学校に対しては政治からの圧力がかかる。しかし変化の意味が解らない、偉くなりたかっただけの上層部は、形だけを求めて一般の教員に圧力をかける。まじめな教員は何をしていいかわからなくなる。

 大学入試改革の混乱はこんなところから生まれてきている。大相撲における貴乃花問題の混乱とも通じるところがある。

 しっかりとした見識あるリーダーが必要なのだ。優れた真のリーダーはどうやれば生まれるのか。今真剣に考える時期が来た。
コメント

麻生財務大臣の下劣さはなんとかならないのか

2018-09-22 08:02:11 | どう思いますか
 自民党総裁選で一番目立ったのは麻生財務大臣の下劣さだ。このような人が日本の財政を統括する立場にいることが、経済に対する不信を生んでいるのではなかろうか。

 石破茂自民党総裁候補が自民党総裁選で善戦したのかどうか、意見は分かれるところかもしれないが、普通に考えれば善戦したと言っていいだろう。安倍総理圧勝という構図が崩れてしまった印象が強く残ったのだから、屁理屈を言ってもしょうがない。それでも麻生氏は安倍圧勝だったといってしまう。石破氏に対する礼を失する発言だ。なぜそこまで言わなければならないのか。だれがどう見ても脅しや恫喝と同じ類の発言である。

 選挙中に石破派の齋藤農林水産大臣に対して安倍陣営から圧力がかけられたことが話題になった。その後、麻生氏はそのことに対して「何が悪い」と開き直った発言をしていた。これも脅しや恫喝である。

 日本国民はこんなやくざみたいな人が財務大臣であることに不信感を抱いている。麻生氏は言う必要のない発言を繰り返し国民は何も言えなくなる。しかし国民の心には麻生氏に対する不信感、さらには安倍政権に対する不信感はどんどん蓄積されていくのだ。麻生氏や安倍氏に対する不信感は財政に対する不信である。日本が景気回復しないのはそのせいのような気がしてならない。

 麻生氏にはすべての国民から信頼されるような言動に心がけてもらいたい。まあ麻生氏が謙虚になるのはどうせ無理なんだからやめてもらったほうがいいのでしょうがね。
コメント

1年前シリーズ 新大河ドラマ題材庵

2018-08-19 08:03:02 | どう思いますか
 以下1年前に書いたブログを振り返る。自分ではいい案だと思うのだがいかがでしょうか。

 大河ドラマは視聴率のとれる戦国時代か、あるいは大きく歴史が動いた明治維新の時代を描くことが多い。しかし、これだけでは息詰まるのは明らかだ。再来年、宮藤官九郎脚本で東京オリンピックを描く大河ドラマになるそうだ。新たなチャレンジだ。とても楽しみにしている。そのほかにもこういう大河ドラマがあってもいいのではという私案をいくつか挙げてみたい。

 ①藤原道長を中心に、平安文化の華やかだった時代を描く。平安時代はほとんどドラマになったことがないが、平安中期の道長の時代はたくさんの有名人がいるし、いくつかの文献があるのでドラマにすることは可能であろう。道長と伊周の権力争いもあるし、清少納言や紫式部、和泉式部などの有名人もいる。視聴者の興味がある時代でもある。なぜこの時代が取り上げられないのか不思議でもある。

 ②元禄時代を描く。主人公は綱吉になるのだろうか。忠臣蔵の事件があるし、芭蕉、西鶴、近松などの有名人もいる。綱吉自身も生類憐みの令などおもしろい題材のある人である。元禄を忠臣蔵を中心に描いた大河はあるが、元禄という時代をもっと大きく扱うとおもしろいドラマになりそうである。

 ③夏目漱石と森鷗外を主人公に明治を描く。近代国家の成立の中で奮闘した日本の偉大な文化人ふたりをぜひ大河ドラマにしてもらいたい。漱石と鷗外は日本の宝である。ある意味では政治家よりも日本という国家を形成していった人と言っても良い。ふたりの活躍を見てみたい。
コメント