とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

折々のことばより「私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならない」(2018年8月28日)

2018-08-28 16:53:44 | 折々のことば
 今日の朝日新聞の「折々のことば」を引用する。

 読書は、人生の全てが、決して単純でないことを教えてくれました。私たちは、複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。
                        皇后美智子さま
 人の思いや立場が交錯する中、複雑さにたじろぎ呑み込んだ息は、それに耐えうる知的な肺活量を鍛えもする。とくに幼時の読書は、人生の「根っこ」と想像の「翼」と「痛みを伴う愛」を育むと、皇后は20年前、インドで開かれた国際児童図書評議会世界大会でのビデオ講演で語った。「美智子」の名で刊行された『橋をかける』から。(鷲田清一)


 人はみんな様々な考え方をしている。もちろん日本人に限定しても同じである。それぞれが様々な考え方をしているのでその「総体」は複雑なものである。その日本人の「象徴」として生きていかなければならない皇族の方たちは、生まれてからずっと複雑さに耐えているのであろう。本当に大変である。結婚して後から皇族となった美智子皇后は、もっと大変であったであろう。このようなことばを聞くと、美智子皇后は尊敬できる人なのだろうなと感じる。

 すべての人の複雑な思いを受け止めること、これは国のトップになる人の必須条件である。他人の悪口を言ったり、馬鹿にしたような態度をとるような人に総理大臣になってもらいたくない。自分の過ちを素直にわびることなく、逆にそれを組織的にごまかそうとする人がトップにいるということはあってはならない。

 人生の複雑さを知っている人は謙虚である。その上でのリーダーシップがとれる人が国のリーダーになるべきである。
コメント

「雨の日は、しんみり物を考えるにはもってこい。人間にはそんな日が必要なのだ。」(朝日新聞「折々のことば」より)

2018-06-23 08:13:49 | 折々のことば
 2018年6月23日の朝日新聞「折々のことば」から。アニメ『アルプスの少女ハイジ』の「アルムおんじ」の言葉である。時間に追われながら毎日動き続けなければならない現代に警告を発している言葉のようにも感じられる。

 『アルプスの少女ハイジ』は奇跡的なアニメだ。1年間放送されたアニメだが、その間飽きさせることなく、最後まで構成がしっかりとしていた。そしてその中にたくさんの作品としての発明、工夫があった。ものすごい作品だ。『アルプスの少女ハイジ』は時間をかけてじっくりと作られた作品だったのだ。雨の日があったからこそ生まれた作品と言っていい。

 『アルプスの少女ハイジ』を演出したのが最近亡くなった高畑勲さん、場面設定・画面構成には宮崎駿さんだ。日本のアニメを世界の文化にした作品といってもいい。じっくりと人を育て、十分に時間をかけ、そして職人のように作品が作り上げる、そんなすばらしい日本の文化の中で生まれたのである。

 今、日本は毎日が追いまくられ、毎日動き続ける。国民みんなが自転車操業である。すりへるために生きている、そんな世の中になってしまった。「雨の日」をとりもどしたほうがいいのではないだろうか。

コメント

「折々のことば」より 愚かな自分に気づくために

2018-03-21 11:46:49 | 折々のことば
 私は今つらい。いろいろと思うようにいかないことが多い。その原因は何なのか。自分を見つめなおすことから始めようと思った。そんな時に今日の朝日新聞の「折々のことば」。自分の愚かさに気づかなかったからこうなってしまったのか。

賢者は、自分がつねに愚者になり果てる寸前であることを胆に銘じている。(オルテガ・イ・ガセット)

放っておけば人はすぐに「自分の思想の限られたレパートリーの中」に安住してしまう。自分を超えるもの、自分の外にあるものへの感覚をなくしてしまう。それを鈍らせないためには、たえず「自分を疑う」ことが必要だ。これより先に行けば危ない、それを言っちゃあお終いよ、という限界の認識もその中で磨かれる。スペインの思想家の『大衆の反逆』(神吉〈かんき〉敬三訳)から。(鷲田清一)


 もう一度自分を見つめてみよう。そして自分を疑ってみよう。もう一度自分を振り返り、自分の愚かさに気づくように努力しよう。もっと成長しなければならない。
コメント

「終わり」

2018-01-31 19:25:47 | 折々のことば
 今日の朝日新聞の「折々のことば」。

 生きているそのあいだ、なるたけ多くの「終わり」に触れておく。そのことが、人間の生を、いっそう引きしめ、切実に整える……(いしいしんじ)
 人は自分という存在の始点も終点も知らないし、知りえもしない。自分がどこから来てどこへ行くのか。いずれも霧の中だ。でも、人の生が「終わり」を孕(はら)んでいるのは確か。だとすれば、旅にせよ、茶事にせよ、小さな「終わり」をくり返し「からだの芯へ収める」ことで、中途としての人生にも光が射(さ)す。作家の『且坐(しゃざ)喫茶』から。(鷲田清一)


 昔は「終わり」は「ウザイ」ものだった。しだいに「いや」なものに変化してきた。そして今「終わり」に恐怖を感じている。いずれにしてもいつも「終わり」を避けてきた。そろそろ「終わり」を受け入れる準備をしなければいけないのかもしれない。「終わり」をしっかりと見つめることができた時、心が豊かになるような気がする。
コメント

感覚の形容詞はネガティブ?(「折々のことば」より)  

2017-12-23 09:59:00 | 折々のことば
 今日の朝日新聞の「折々のことば」で日本語学者の森山卓郎さんのおもしろい発見が紹介されている。

 感覚について言えば、不平不満が「形容詞」には渦巻いているようでもある。(森山卓郎)

 色名は無数にあるのに、まずい、辛い、苦い、酸っぱいなど、味覚を表す形容詞は意外に少ない。昔の人は素材をそのまま食し、どうもいけない、というヤバい味をおもに「○○い」と表現したからではないかと日本語学者は推理する。痛いや痒(かゆ)い、暑いや寒いもそう。感覚とは微(かす)かな異変の察知のことを言うのかも。連載エッセー「日本語ノート」(「船団」第115号)から。(鷲田清一)


 「快」の状態は当たり前なので「言葉」にならないが、「不快」な状態は当たり前でなくなるので、他者に伝えたくなる。なるほど、言われてみればその通りかもしれない。
 
 それをさらに発展されれば、人間が話し合うということは、「不快」を訴え合うためなのかもしれない。そう考えれば人をほめるという行為は本来的な人間の活動とは違う。意識的に行わなければならない行動である。逆説的に言えば、だからこそ、人間的な行為なのかもしれない。

 
コメント