馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

癒されます

2019-06-20 15:31:05 | 首都散策・夏季

今日から夏

モンゴルという極寒地国には冬と秋のような夏があるだけ
春と冬の区別が明確じゃない(氷が解けたとき春である?)

夏もわからない春かと思いきや秋になっている
春・夏・秋が5月から11月まで三季やってくる

    

駅前レストランの飼い猫ちゃん
私を友達と認識したようである

飼い主は私を猫泥棒と思い込んでいる
私の日本語が嫌いなようで猫と話していると

家族が全員出てきて猫を家の中に入れてしまう
猫好きな人に言わせると猫種名・メインクーンという猫の雑種という

何せ誰にでも穏やかというか優しく人懐きのいい猫
昨日調べたらオスです(私は三毛猫と思い込んでいた)

三毛猫のオスは3千万円というから飼い主が
私が来ると猫を家に入れるのが理解できます

私は猫種が分かるまで、この猫を3千万円と
思い込んで眺めていたんです

宝石の種

  

国鉄中央駅前にある遊歩道の植物植え付けが完了し
夏観光客のための整備が完了しました

厳寒期になると大半の植物が凍死・水不足枯れで死滅します
松科の樹木が植えられています

松ぼっくりが鮮やかで宝石のようです
このまま何かの異変で化石化すると高価な宝石になる

何十万年先になるわけで私は生きていないか

爽やか

  

跨線橋からの眺めです
この景色を見て春から夏に季節を変えました

今日から夏です

欠陥建築

  

旭鷲山ビル・ホテルの隣にある集合住居の最上階壁面が
老朽化で壁が崩れ落ちている

レスキュー隊員が壊れ落下しそうな壁面を
ハンマーで落としている

これも消防レスキュー隊の役目・訓練の一つなのか
下では交通警官が車の通行整理をしていた

夜汽車

  

3地区で様子を見ていたり学生と遭遇しタカラレタり
していたら遅くなった

鉄橋まで来ると後ろから機関車が
見張り役の保線員の爽やかな姿にもう夏なんだと

やはり夏だなぁ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

コメント