釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

6月10~11日 コロナと時化た海

2021年06月12日 | 日記
10日は、掛かり付けの病院に電話。

コロナワクチン注射の、予定日を聞いた。

7月に入っての注射と、予定日の確認が取れた。

注射時間は、午後2時から4時の間となっている。

「貰わない、移さない」を、気を付けている。

平日なので、船から帰ってきて、病院に出向けば良いだろう。


コロナが早く終息して、孫達と楽しい時間を過ごしたい。




11日の朝は、船着き場では南東の風が吹いている。

自宅を出る頃には、既に風邪が吹いていた。

「時化てきたら、引き上げます」

と、お客様と話して、大島の内場に出てみた。




南東の風がやや強く、既にウネリが出ている。

先日は、フグらしい気配もあったので、内場でも気になる。

ベイト反応は、まずまずの感じで出ている。

何か、強いアタリはあったが、針掛かりしなかった。

アタリが来て。針掛かりしてきたのはカイワリ。


天気予報では、10時アタリから風が強くなってくる予報。

雨が降る気配が無いのが、幸いだ。

雨が降ると、雷が気になる。


「ロックをやってみたいです」

お客様からの要望に、浅場に移動。

海底の岩場を丁寧に探っていくが…。

南よりの風の時は、何故がアタリが少なくなる。


アタリが来た。



鬼カサゴだった。

高級魚なのだが、棘に隠された毒が怖い。

直ぐに海に帰す。


その後は、思うようなアタリが出なくなった。


「南東の風が強くなる前に、帰りますか」

南東の風は、帰りは追い風になる。

ウネリが高くなる前に、帰港した。
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月9日 真鯛がヒット | トップ | 6月12~13日 雨の週末 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事