釣船 開進丸(鯛ラバ、ジギング、一つテンヤ)

釣れる日もあれば、釣れない日もある。楽しかったり、悔しかったり「船釣り」の一時を過ごしてみませんか。

6月29日 動かない潮と激流の潮

2022年06月30日 | 日記
「風が南風が吹いてきますね」

「最近は、昼前から南風が吹いていますね」

「風が南になる前に、沖目のポイントから行きますか」

「そうですね」

「風が変わってきたら、波立つ前に移動しましょう」


天気予報で出ている、南寄りの風を警戒する。


沖目のポイントに、走る。

潮色が「青々として、綺麗ですね」と、声が出る。

潮色が良いと、自然と釣果の期待が上がるが…。


竿を出して、仕掛けを落としていく。

「潮が、動いていませんね」

「下潮がスカスカと、抜ける感覚が有りますね」

潮が動かない状況に、苦慮する。


ジグを替え、仕掛けを変えて、トライする。


何とかして、アタリを引き出す。




竿先を叩く、強いアタリ。


「真鯛だと思います」


良型の真鯛が、姿を見せた。




動きの悪い潮の中から、真鯛がヒットして来た。

「嬉しいですね」

自然と、元気が出てくる。

次の流しでも、アタリが来た。


「真鯛だと思います」




良型の真鯛が、続けてヒットして来た。

少しでも、潮が動けば、もっとアタリが出そうな気がするのだが…。


「中々、思う様に行かないな…」


新しいポイントを、探ってみる。


やはり、潮が動いていない。

「移動しましょうか」

声掛けした時に、アタリが来た。


「小さいですね」

「あれ…、外れたか…」

抵抗感が、あまり感じられない様子だが…。






姿を見せたのは、赤アマダイ。

「赤甘鯛でした」

苦戦の潮の中から、釣果を拾えた。



南寄りの風が、吹き始めた。


ポイントを変える。


浅場に戻ると、潮が激流になっていた。

「2ノット近いですね」

200g近いジグでも「底取りが厳しいですね」と、激流に苦戦。

潮目の出ている処、潮目から外れた処と、移動していく。

「潮が速すぎますね」

大きなベイト反応が出てきても、ヒットするのは小さなカマス。

近場と沖目で、ここまで流れに差が有るのは、チョット驚きだ。


期待した後半は、潮の大きな変化に大苦戦した。

6月28日 朝から南風

2022年06月30日 | 日記





早朝の港内では、既に南寄りの風が吹いていた。

雨雲も、低く垂れこめて、天候の変化も気になった。


「風が変わった時に、直ぐに対応できるようにポイントを選びます」

船上にて、風の状況説明をして、ポイント選定する。


潮行きは、上り潮がゆっくりと、北上している。

「潮は、0.7ノット前後ですね」

魚探に出てくるベイト反応も、まずまずの反応になっている。


しかし、なかなかあたりが出てこない。


最初のあたりは、ウッカリカサゴ。




ベイト反応の正体は、かますが多い様子。





そんな中、強い当たりが来た。

ドラグ音が鳴って、ラインが引き出される。





「青物ですね」

「引きが楽しいですね」

何度も、引き出されるライン。

ゆっくりと、巻き上げていく。

「見えた。ブリですね」





丸々と太った、ブリが上がってきた。

「やったね」

ガッチリと、祝福の握手を交わす。


ブリの釣果で、船上が活気づいた。


良型の真鯵も、ヒットしてきた。







40センチ近い真鯵が、ヒットしてくるのは楽しい時間だ。


南風が、徐々に強くなってきた。

風の強さに、船が流される。

「1ノット以上に成っています」

仕掛けが、流されるようになってきた。


潮の緩い処の見当をつけて、ポイントを移動する。


魚探に反応が出始めると、アタリが出始めた。







ウッカリカサゴ、ホウボウ、真鯛と、ヒットしてくる。


その中に、強い引きを見せるあたりが来た。

「このアタリは、強いよ」

ゆっくりと、巻き上げていく。

姿を見せたのは、白甘鯛。




良型の、白甘鯛が上がってきた。



船首でも、あたりが来た。

「いい引きをしますね。バタバタ暴れます」


これも、姿を見せたのは、白甘鯛。




6月27日 霧が立ち込める

2022年06月28日 | 日記





早朝の水平線に、黒い雲が広がっていた。

「嫌な感じの雲だな」

そう思いながら、ポイントに入った。

その黒い雲が、南寄りの風に乗って、広がり始めた。

雲の位置が、かなり低い。

やがて、海上に霧が立ち込めて来た。





段々と、霧が濃ゆくなってきた。

周囲の状況が、分からなくなってきた。

太陽の位置で、自分がどの方向を向いているのか判断するが…。

近くにいる仲間の船からも「霧が深くて、動けない。レーダー反射板を取り付けた」と、連絡が来た。

他船、特にタンカーの動きに注意する。


不安が、少しずつ大きくなっていく。




霧の切れ間に、海岸線の山並みが見えた時は、ホッとした。



釣果の方も、イマイチ思う様なアタリが出てこない。

かめや釣具宮崎(神宮)店の金丸さん、皿良さんが竿を出していく。

「鰺、イサキが釣れると良いな」

この思いに、釣果が追い付かない状況。


真鯵がポツポツと来るが、連発が出ない。

そんな苦戦中のお二人に、ダブルヒット。








ハガツオが、ヒットして来た。

ハガツオも、以前よりは、少し大きく成っている様だ。


霧が晴れてきて、ポイント移動が可能になって来た。


潮の動きが、0.7ノット前後と緩い。

上り潮が入っているのだが、大潮の緩慢な動きなのだろうか。




金丸さんに、レンコ鯛がヒット。


潮の動きの良い処を探して、ポイントを移動していく。






金丸さんに、イトヨリダイがヒットして来た。


皿良さんにも、強いアタリが来た。



最初のアタリで、ドラグ音が鳴る。

「何だろう」と、期待を込める。




姿を見せたのは、良型の白甘鯛。

「高級魚が釣れた」

皿良さんの笑顔が、霧の晴れた青空に映える。


この頃から、南寄りの風が、少しずつ強くなってきた。


「ロックフィッシュは、どうですか」

皿良さんの問い掛けに、金丸さんが「行きましょう」と、元気良い返事。

南寄りの風が、白波を立て始めているだけに、早めに勝負したいと移動する。





南風に流される方向を考慮して、船の位置を決める。


二流し目に入り、金丸さんにアタリが出始めた。





小さいアカハタは、直ぐに海に帰す。

アカハタのアタリが、連続して来る。

「これは、大きいかも」

浅場のアタリだけに、瀬に入られない様に気を付ける。

「良型です」




40センチ近い、太ったアカハタが上がって来た。

「嬉しいですね」

金丸さんの、偏光グラスの下の笑顔が輝く。



後1~2回は、流してみたかったが、南風を警戒して、引き揚げることにした。

6月25~26日 風が凪いだ

2022年06月27日 | 日記
天気予報では、南寄りの風が、吹くようになっていた。

ただ、そんなに強く吹く予報ではない。

南寄りの風を警戒しながら、船を出してみた。


潮行も、上り潮が0.7ノット前後で流れる。

昨日までは「潮が速い」と、聞いていた。

実際に、船を出した日は、2ノット近い速い下り潮だった。


潮が緩い間に、釣果を上げたい。


宮田さんの一投目に、早々のアタリが来た。





上がって来たのは、キジハタ。

仲間達の準備ができる前に、嬉しいヒットになった。


辻さんにも、アタリが来た。




良型の真鯵がヒット。


宮田さんと、岡本さんにも鯵がヒット。





出足のアタリは、順調に感じる。

鰺のアタリは、ずっと続いているが、数は少なくなっている。


辻さんに、アタリが来た。

姿を見せたのは、イサキだった。





イサキのアタリは、久し振りの様な気がする。


小さなカマスも、針掛かりしてくる。

「このカマスは、青物の餌に丁度良いよね」

そんな話をしていると、辻さんに強いアタリが来た。





「青物みたいです」

ドラグ音が、気持ち良く鳴り響く。

巻いては、引き出されを繰り返す。

ライトな仕掛けだけに、やり取りはスリリングだ。

上がって来たのは、ハマチだった。





元気の良い、ハマチ。

狙いの青物が来て、仲間達との会話も弾む。


しかし、午前9時を過ぎる頃から、アタリが少なくなってきた。

ポイントを移動しながら、鯵のアタリは出てくる。




岡本さんに、イトヨリダイがヒット。





宮田さんには、珍しいハタがヒットして来た。


マハタとアオハタを足したようなハタ。

「ホウセキハタモドキ」にも似ている気がするが…。

正式名称は、只今調査中。



この後は、暑さが増して、アタリも出なくなってきた。

6月23~24日 船が出せない日

2022年06月25日 | 日記
最近は、南寄りの風が強く、船が出せない。

出られたとしても、途中で帰ってくる事になった。

風は強く、潮は速いと、難儀な日が続いている。


今日も、宮崎までの海岸線を走ってみた。

早朝から、南寄りの風が吹いて、海上は白波が散見できていた。

昼前に、宮崎から帰ってくる頃は、海上は白波だらけになっていた。

南西の風が、一層強く吹いていた。


明日も風がつよく、雨模様の天気予報になっている。

愉しみな週末だけに、船が出せるのが一番なのだが…。


「無理はできない」と、そう思う気持ちが強い。




船が出せない日が続く最近は、家庭菜園の手入れは進んでいる。





キュウリは、毎日、朝と夕に収穫する。

時には、ご近所さんに配ったりもする。



百合の花壇では、鬼百合が満開。




葡萄棚でも、デラウェアが、その実を大きくしている。

毎年のように、沢山の身を付けている。

無農薬で、種有りの葡萄。

テレビでは、種有りの葡萄が美味しいと言っていた。






今年の楽しみは、メロンが収穫できるかどうか。

初めてメロンを植えてみた。

子弦から孫弦が伸びて、メロンの身が花を付けている。




収穫できると、嬉しい。

肥料も、欠かさずにやっている。



トウモロコシと、小玉スイカも実を付けている。






去年は、小玉スイカを20個くらい収穫した。

「甘くて、美味しい」と、感じた。

これから、熟して収穫できる日が楽しみ。


富有柿の実も、少しずつ大きくなっている。

収穫は、秋口になってからなので、まだ先の事。





摘果もして、大きくなるのを待つばかり。

これからの季節、台風の心配もある。

台風で、遣られない事を祈るばかり。



茄の成長も、順調。





夕方にかけて、涼しくなる時間帯に、妻と畑のお世話。

無農薬を心掛けている分、色々な虫も寄ってくる。

葉っぱを食べる虫に、一番手こずる。






ジンジャーエールを作るための、生姜も芽が伸び始めた。

船が出せない時は、畑仕事に精を出すしかないかな…。

6月19~22日 天候回復の隙間に

2022年06月23日 | 日記
19日の日曜日、20日の月曜日、21日の火曜日と、雨が続いた。

夜中に、雷も鳴った日も有った。

知り合いの元漁師さんは、船を出していた。

「雨や風が凄かったよ」と、笑っていたが…。


22日になって、ようやく天候回復。

午前中に、風が思ったよりも弱い時間帯が有った。

その間だけ、船を出してみた。


ポイントに着くと、西南西の風が吹いている。

ウネリは、南東から寄せてくる。

予想したよりは、低いウネリになっている。

「これなら、風が南西に変わる前までは、やれそうだ」と、判断する。


しかし、魚探に出てくるベイト反応は、思ったよりも小さい。


その中を、攻めていく。


一投目から、真鯵がヒットして来る。






ヒットの数は、思ったよりも少ない。

良型の真鯵は、40センチ近く有る。






ベイトが小さい事も有り、ポイントを少しずつ移動していく。


ポイントによっては、大きなベイトボールが出てくる。

上手く仕掛けがその中に入ると、アタリが来る。


強いアタリで、大きく竿を曲げるアタリ。

上がって来たのは、指5本のタチウオ。




ベイトの正体が、小さなカマスや鰯。

そのベイトに、タチウオが付いているのかもしれない。


時間経過とともに、南西の風が強くなってきた。

白波も立ち始めて、潮も速くなってきた。


上潮が1.6ノット前後で、流れ始めた。

風と同じ方向に、流れている。


下潮の流れも、速い。

200gのジグが、直ぐに流されていく。

「厳しくなったな…」




速い流れの中から、イトヨリダイがヒット。


これを締めとして、引き揚げた。

6月18日 潮が動いた瞬間

2022年06月21日 | 日記







一日を通して、潮の動きが悪かった。

アタリが出たのは、潮が動いたその瞬間に集中した。

潮止まり前の、上げ7分と言われる時間帯だった。


朝間詰の潮行は、フラフラとして、安定していなかった。

「何処をどう流したら、アタリが出るだろう」

その事を考えながら、潮行を見ていた。


ベイト反応が、イマイチ良くない。


そんな状況の中、真鯵がヒットして来た。






良型の真鯵が、ポツポツとヒットして来た。


「今日は、昼前から雨が降る予報ですね」

「風も、南寄りに変わるみたいですね」

天候の変化には、常に気を付けて、天気予報を確認する。


ポイント移動を早めにして、アタリを探る。


四月一日さんに、強いアタリが来た。




50㎝クラスの、真鯛が上がって来た。

「良いサイズの真鯛ですね」

綺麗にピンク色に、笑顔になる。


直後に、福田さんにも強いアタリが来た。




チャンスタイム到来とばかりに、元気が出てくる。

慎重に、やり取りを繰り返す。

「見えた。鰤です」





82㎝の、丸々とした魚体だ。

「嬉しいですね。腕がパンパンです」

満面の笑みに、会話が弾む。


船尾では、小田さんも釣果を上げている。





「グチですね」

直ぐに血抜きをして、クーラーの潮氷の中へ。


潮止まり前の時間帯。

アタリが続いた。




良型のキジハタが、ヒットして来た。






レンコ鯛に、ニベがヒットして来た。








アヤメカサゴに、ニベがヒットして来た。


真鯵のアタリは、続いていた。


しかし、満潮の潮止まりを過ぎても、潮の動きが良くない。

雨も降り始めて来た。

天候が崩れる前に、引き揚げた。

6月17日 フラフラ潮の午前便、南西の風の午後便

2022年06月19日 | 日記
期待の朝間詰。

その潮行は「どっちに流れるのかな?」と、首を傾げたくなる潮だった。

一流しの間に、西に行ったり、東に流れたり、はたまた、北に流れたりとフラフラしている。

ベイト反応の出ている処を流したいのだけれど、上手くいかない。


それでも、ポツポツとアタリは来た。




鰺のアタリが、ポツポツと来る。




潮がフラフラしているのに、船の近くでイルカがゆったりと泳いでいる。

「こりゃ、ダメかな…」

暫くは、イルカの行方を追っていた。


イルカの姿が見えなくなって、元気に釣り再開。


直ぐにアタリは来た。


良型の、真鯵が多い。





大きいのは、43㎝あった。

鰺が大きい分、アタリが来ても、口切れで外れる。







イトヨリダイも、良型だ。

大鯵のアタリは、いきなり竿先が突っ込む。

「イサキかな」と思うような、楽しい強い引きだ。



ポイントを移動して、海底付近を探って行く。

突然、強いアタリが来た。





慎重に、ゆっくりと巻き上げていく。

「途中で、切れません様に」と、願いを込める。


上がって来たのは、59㎝の真鯛。




良型の真鯛に、思わず笑顔になる。

「やりましたね」

「嬉しいですね」


笑顔で、会話も弾む。


白アマダイも、姿を見せた。




「嬉しい白甘鯛です」


思わず、サングラスの下に笑顔が見える。


午前便の締めも、嬉しい釣果。




これも、先に釣れた真鯛と、同型。

59㎝の、良型真鯛だ。


真鯛が釣れ、笑顔で午前便を切り上げた。








午後便と交代して、船を出す。


風が、南西に変わっていた。


午前便の納竿時には、既に、南西の風に変わり始めていた。


夕方の、鯵、イサキが狙い。

ポイントに入ると、良い感じのベイト反応が出ている。

2度、3度と、船を流しているうちに、南西の風が止んできた。


すると、アタリが出始めた。











40㎝前後の良型の真鯵が、連続してヒットして来る。

徐々に、その数が増えていく。


しかし、鯵は口が弱い。

口切れで、逃がす数も増えてくる。

「鰺がヒットしした時の、宿命ですね」

と、諦める。


ポイントを移動して、イサキを狙ったが、釣果には結びつかなかった。





6月16日 また逢う日まで

2022年06月19日 | 日記
 いつもお世話になっている、かめや釣具宮崎(神宮)店の岡本さんが、移動された。

 ロックフィッシュや、SLJ等々の釣行では、いつも力添えして頂いた。

 「16日の午後便に、行きませんか」

 誘いの連絡をする。

 「午後4時過ぎになると思います」
 
 と、連絡を頂き、夕間詰を狙って船を出す。


 これまでの感謝を込めて、ポイントに案内する。

 狙いは、今が旬のイサキ。


 南西の風が、やや強い中の釣りになった。


 強いアタリが来た。





竿が気持ち良く、弧を描いている。

「何だろう」と、期待が膨らむ。

「見えました。ニベです」





重量感の有る、大きなニベが上がって来た。


獲物を掲げる笑顔が、夕日に映える。


短時間の、夕間詰の釣りになった。


この笑顔に、又、いつか逢いたいものだ。


お世話になりました。


有難う御座いました。(^^)/(^^♪


6月15日 ウネリの残る海

2022年06月16日 | 日記
朝のウネリは、大きかった。

時折、目線を超える大きなウネリが、寄せてくる。

ウネリが寄せてくる方向も、南からと東からと二方向に思える。

その分、船の揺れが、波に揉まれる感覚を覚える。


「沖には出られないな…」

そう判断して、浅場からの釣り開始になった。


ベイト反応は、まずまずの出方をしている。

最初に当たって来たのは、カマスだった。

仕掛けを入れれば、ヒットして来る。

ヒットしては、放流の繰り返し。


その合間に、真鯵もヒットして来る。





少しずつ、流すコースを変えていく。


岩場の多いポイントを、流していく。

強いアタリが来た。






上がって来たのは、良型のイサキ。

イサキが、ヒットしたポイントを再度流してみる。

又しても、強いアタリが来た。




今度は、良型の真鯵だった。

真鯵は、ポツポツとヒットするのだが、鯵が大きく口切れで外れる。


ウネリを気にしながらの、釣りが続く。


風も、徐々に南寄りに変わって来た。

南寄りの風を受けて、流すコースを変えていく。

海底付近に、良い感じのベイト反応が出て来た。


直ぐに、アタリが来た。




時折、竿を叩くアタリを見せている。

「真鯛なら…」

期待を持ったが、姿を見せたのはニベだった。





このニベを皮切りに、アタリが繋がり始める。

アタリは、真鯵が多い。







良型の鯵が、ポツポツと上がって来た。


昼過ぎから、風が南西に変わって来た。

少しずつ、風波も出始めた。

バタバタと波が出る前に、帰港した。