プリミティヴクール

シーカヤック海洋冒険家で、アイランドストリーム代表である、平田 毅(ひらた つよし)のブログ。海、自然、旅の話満載。

融合の海

2012-09-12 08:49:56 | インポート
P1010175

 昨日9月11日は2001年9.11米同時多発テロから11年目になるが、その時ぼくはシーカヤックでの日本一周単独航海中で、下関近くにいた。で、その後関門海峡を渡りずっと九州沿岸を南下していたのだが、アフガン空爆、イラク戦争と推移する世界の流れの中、非常に胸の痛みを感じながら漕ぎ続けていた。
 昨日ふと、そのことを思い出した。
 海はリアルな世界である。海ほどリアルな世界はない。それまで計10カ月近くリアルワールドの舞台である海に喜び、海にビビリ、海に圧倒され、海に同化する毎日を続けてきた結果、陸上の人間世界に対するリアルの感受性もこれまでにないほど高まっていたのだった。
 「アメリカに従うかいなか、2つにひとつを選べ、従わないものはすべて敵とみなす」とジョージブッシュが言い、戦争になだれ込んでいった時、これ以上ないほどの憤りを覚え、たまらないほど胸が痛くなった。
 要するに異文化に対する圧倒的な不寛容の精神を全世界に押し付けたわけだが、そこの部分に異様なほどの憤りを覚えたのだ。よくよく考えると日本でふつうに生きる上においてそこまでの感情に至る必要のないことかもしれないが、やはり海というのは人間の感情感覚に及ぼす作用という意味においても「超伝導体」のような媒体なのかもしれない。2000キロ向こうの台風からも波うねりは今ここに届けられこの身を揺らすように、水平線の向こうのリアルワールドから届けられた世界のうねりも我が心を揺さぶる。異文化に対する不寛容、それは多分世界の諸悪の波をまき起こす根源のハリケーンなのだろう。
 その後いかにして自分の中で折り合いをつけるかと考える中でひとつの発想に達することによってようやくその異様な憤りのようなものが和らいだわけだが、それがぼくのひとつの原点にもなっていて、またそれがアイランドストリームの底に流れる発想にもなっている。ぼくの考えるシーカヤック観の一番深い所に渦を巻く潮汐流。
 それはこんなのだ。
 http://blog.goo.ne.jp/islandstream/d/20051206


刺激的なキャンプツアー

2012-09-11 16:38:07 | インポート
6_074

 前回記事でお勧めツアーのご案内をしましたが、
 中でも特筆すべきは9月29日(土)~30日に開催する
 湯浅湾北岸のやびつ海岸でのキャンプツアーですね。
 
 スペシャルゲストに日本シーカヤック界の第一人者である、
 内田正洋氏に来ていただきます。
 また2010年、2011年にアイランドストリームでのアシスタントガイドを経て、
 現在日本一周中の鈴木克章君もゲスト参加します。
 さらに現在紀伊半島をシーカヤック一周のトライをされている
 女性カヤッカーのYさんもゲスト参加します。

 というと何やら猛者ばかりが集合するイベントで気が引けるわ・・・、
 という方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな心配はなく、
 むしろ誰でも参加できるような、沿岸ツーリングが基本になります。
 (アイランドストリームのワンデーに数回参加したような方でOK)

 「普段出会わないような面白い人たちの話を、
  焚火を囲んで聞きにいき、
  いっちょ刺激を受けてみるべかな」

 くらいの軽いノリでご参加いただければと思います。
 どうぞよろしくね。
 http://homepage3.nifty.com/creole/yabitsu2012.html


お勧めイベント

2012-09-11 16:32:00 | インポート
F_053

 通常の湯浅湾ワンデイツアーと並行して、
 色々な場所でのツアーを催行するにあたって、
 スケジュールを組んでいくのがなかなか難しいのですが、
 とりあえずちょっと先の予定は下記のようなこんな感じになります。

 のちのち、ツーリングをより重視したツアーを
 さらに組み込んでいこうと考えているのですが、
 あんまり載せると多すぎてゴチャゴチャになっちゃいますので
 とりあえずこんな感じです。
   
☆【9月18日(火) みなべ海岸ツアー】
ウミガメも寄りくる海岸から、神の住む島へ。
http://homepage3.nifty.com/creole/minabe.html

☆【9月24日(火)ナヴィゲーション講習】
自分自身で海を渡ってゆくために不可欠な知識を身につける。
http://homepage3.nifty.com/creole/navischool.html

☆【9月26日(水)南白浜ツアー】
富田川河口のアシ原の風情から、太平洋の大海原へとワープ
http://homepage3.nifty.com/creole/minamishirahamatour.html

☆【9月29日(土)~30日(日) やびつ海岸キャンプツアー】
スペシャルゲスト・内田正洋氏も迎えて1泊2日シーカヤックキャンプ
http://homepage3.nifty.com/creole/yabitsu2012.html

☆【10月21日(日)湯浅湾一周35キロツアー】
湯浅湾の南端・白崎海岸から北端・宮崎の鼻まで湯浅湾を一周ツーリング
http://homepage3.nifty.com/creole/yuasaisshu.html

☆【10月22日(月)湯浅湾一周35キロツアー】
湯浅湾の南端・白崎海岸から北端・宮崎の鼻まで湯浅湾を一周ツーリング
http://homepage3.nifty.com/creole/yuasaisshu.html


白い岬

2012-09-11 16:10:54 | インポート
Vb_088

Vb_082

 昨日は久しぶりに白崎海岸へのツアーでした。
 湯浅湾の南の端に位置する、
 山ひとつほどもある石灰岩がそびえる、
 真っ白な海岸。

 湯浅湾の、
 フィールドとしての奥深さを感じされてくれる場所でもあります。

 真夏のギンギンの太陽がやや弱まり、
 ようやくシーカヤックのツーリングそのものが
 面白くなってくる季節に入ってきました。

 ここはうちのべースから、
 片道12キロほどの距離がある場所なのですが、
 波や風や景観の質感に対する感覚を、
 徐々に徐々に研ぎ澄ませてゆきながら進んでゆくのに
 ちょうどよいくらいの距離となるわけです。

 漕ぎ終えた充実感とともに、
 普段閉じていた感性がほどよく開けたというか、
 五感が鋭敏でありながらもリラックスしたってニュアンスの、
 その独特のオープンマインド感覚は
 なにものにも代えがたいものがあります。

 ぼくがお伝えしたいのは、
 この夏にシーカヤックデビューした方はぜひ、
 機会を見つけて漕ぐ回数を重ねていってくだされば、
 ということですね。
 
 いい場所、いっぱいありますからね。